永野芽郁 ニコラ。 清原果耶、二階堂ふみ、永野芽郁も!元「ニコラ」モデル “朝ドラヒロイン”起用続くワケ “全国の美少女”集まるファッション誌(ザテレビジョン)

ニコラ卒業!!

永野芽郁 ニコラ

そんな清原と、現在放送中の「エール」 毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか でヒロインを務める二階堂ふみ、また「半分、青い。 実は、NHK東京制作分だけに限ると「半分、青い。 」以降4作中3作の朝ドラヒロインが同誌出身となり、例外は「なつぞら」の広瀬すずのみだ。 続々と人気女優を排出する「ニコラ」や、同誌出身タレントについて探る。 朝ドラ関連では、上記の清原たち以外に「あまちゃん」で主演を務めたのん 能年玲奈 、「半分、青い。 また「麒麟がくる」 毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか 出演中の川口春奈、そして新垣結衣、蒼井優、池田エライザ、沢尻エリカらも十代の頃に「ニコラ」で活躍しており、そうそうたるメンツが同誌から女優として羽ばたいている。 また女優ではないが、バラエティ番組に引っ張りだこの藤田ニコルも元ニコモだ。 これは読者側だけでなく、出る側=モデルとしても同様。 十代前半に雑誌モデルとしてデビューする場合、まず選択肢として上がるのが「ニコラ」となる。 こういった人気を背景に、毎年行われる「ニコラモデルオーディション」には、毎年約1万人の応募がある。 つまり、日本全国の美少女が「ニコラ」に集まると言っても過言ではないのだ。 実際「ニコラ」公式サイトにも、『全国各地に在住し、撮影のたびに上京しているのもニコモの特徴』との記載がある。 前述の新垣結衣、川口春奈、のん、藤田ニコル、古畑星夏ら、多くのニコモは同オーディションのグランプリを経て誌面に登場。 なお、テレビなどで見る女性タレントの肩書で「ニコラモデル」を目にする機会は、他ファッション誌と比べて少ない。 清原果耶、永野芽郁は「ニコラ」から「Seventeen セブンティーン 」へ。 池田エライザは「ニコラ」から「CanCam」へ。 藤田ニコルは、「ニコラ」から「Popteen」を経て「ViVi」のモデルとなった。 実際、清原果耶のSNSにはヒロイン発表後にファンからの応援コメントが殺到しており、「ニコラから応援してるよ!絶対に見るね!! 」「おめでとう!! 果耶ちゃんのこと、ずっと前から好きでした!絶対見ます」などの祝福が寄せられている。 また永野芽郁が「半分、青い。 」でヒロインを務めた際には、「芽郁ちゃんが出てるから、初めて朝ドラをちゃんと見てます!」というファンからの声が、永野のSNSに多く届いていた。 朝ドラに限らずドラマの場合は演技力、バラエティの場合はコメント力などが重要であることは言うまでもないが、モデルとしての活動実績がプラスに働くのは当然だろう。 南沙良は、映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 2018年 で第61回ブルーリボン賞・新人賞を獲得。 映画「もみの家」 2020年 では主役を務め、ルックスはもちろん演技力も高く評価されている。 清原果耶と同じく「Seventeen」でモデルを務める秋田汐梨も注目株。 文=菊池正和 (ザテレビジョン).

次の

多すぎも困るでしょ?永野芽郁の超絶かわいい厳選プリ画像7選

永野芽郁 ニコラ

Sponsored Link 年齢は?出身は?身長は?本名は? 永野さんは、1999年9月24日生まれ、 東京都のご出身、 身長163センチ、 血液型はAB型、 趣味は、ギター、ドラム、ウクレレ、和太鼓の演奏、 特技は、モノマネ、 はまっていることは、写真を撮ること、 好きな食べ物は、麺類とフルーツ、 目標の女優は、さん、 ちなみに、「永野芽郁」は本名です。 趣味でバンド練習 永野さんは、小学校3年生の時に、 東京の吉祥寺でスカウトされ、 芸能界入りされているのですが、 その頃出られた番組の企画で、 ウクレレを弾いたことがあり、 弦楽器の楽しさに目覚められたそうです。 そして、中学生の時、 アコースティックギターを始められ、 エレキギターやドラムなども、されるようになったのでした。 なんと、永野さんが演奏している曲は、 レッド・ホット・チリ・ペッパーズの、 「アラウンド・ザ・ワールド」だとか! 見た目とのギャップがありすぎて びっくりですね~ ドラムをされている友達と趣味でバンドを組まれ、 スタジオで練習されることもあるのだとか。 人前で披露するレベルではないと、 謙遜されていましたが、 スタジオを借りて練習されるなんて、 なかなか本格的のようです。 いつか、バンドデビューされる日が、 来るかもしれませんね! 女優デビューは? 永野さんは、2009年、 さん主演の映画、 「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」で、 子役でデビューされました。 どんな役で出演されているのか調べてみましたが、 情報がなかったことから、 ちょっとした役だったのだと思われます。 そこから、タレントや女優として、 活動していくのでしょうね。 永野さんは、現在、 この 「nicola」のモデルと女優業を、 並行して活動されているようです。 出演作は? それでは、ここで、 永野さんの主な出演作を紹介しましょう。 映画では、 2010年 「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲」「私の優しくない先輩」 2012年 「るろうに剣心」 2014年 「繕い裁つ人」「ガチバン ULTRA MAX」など、 ドラマでは、 2010年 「ハガネの女」 2011年 ほんとにあった怖い話 夏の特別編2011 「深淵の迷い子」 2012年 「STAND UP! ヴァンガード」 2013年 NHK大河ドラマ 「八重の桜」 2014年 「東京にオリンピックを呼んだ男」 2015年 「テディ・ゴー! 」 などに出演されています。 「俺物語!! 」に出演 そして、2015年には、 さん主演の映画 「俺物語!! 」で、 ヒロインを演じ、注目を集められています。 この映画は、 同名の人気少女漫画が原作で、 身体能力に長け、正義感にあふれ、 不器用で朴訥とした高校生、 剛田猛男(鈴木亮平さん)の、 純愛ラブコメディだそうです。 永野さんは、原作を何度も読み返して、 役作りされたようですが、 オーディションでは、 作っていたものを出したというより、 素の自分を出されたとのこと。 凛子とご自分が似ている部分があると気づき、 自然に凜子の役に入ることができたそうで、 とても自然な演技で、 凛子を演じることができたようです。 役作りは? 実際の撮影では、監督から、 「目のお芝居と動き」を意識するように言われ、 何度も台本を読み返し、 細かいところまで考えるなどして、 役作りに励まれたそうです。 ちなみに、主役の鈴木さんは、 役作りのため、30キロも増量されているのですが、 そんな鈴木さんの役者魂を目の当たりにされ、 鈴木さんがこれだけ努力されているのだから、 自分ももっと役と向き合わないと。 と刺激を受けられたそうです。 作品のためにできることは、 なんでもやらなければならないことを、 イチから教わったような、現場となったのだそうです。 一方で、凛子が想いを寄せる、 猛男の親友、砂川誠役を演じられたさんについて、 相談事などを真剣に聞いてくれ、 アドバイスなどもしてくれる、役柄通りの方だったとのこと。 撮影現場では、一緒にふざけたりする一方で、 カメラが回り始めると、一瞬で役に入れるところに、 感銘を受けられたそうです。 先輩俳優から学んだり、 ご自身でも役作りで努力されたりと、 とても貴重な経験ができたようですね。 Sponsored Link 大きな家族 そして、この映画の撮影は、 東京都内ではなく、仙台ロケだったとのことで、 撮影後にみんなで食事に行かれたり、 1日あったお休みの日は、 カラオケやボーリングをしたり、 映画を観に行ったり、プリクラも撮られたのだとか。 ずっとみんなと一緒だったことから、 「俺物語」の世界に、浸っている感じだったそうで、 撮影が終わることが寂しくて、 クランクアップの時には、泣いてしまわれたのだとか。 永野さんはその時の気持ちを、 本当に皆さんによくしていただいたので、 クラックアップは「大きな家族」が、 消えてしまうような、そんな感覚でした。 と、語っておられました。 「大きな家族」と言われるところに、 永野さんの気持ちが強く表れていますね。 2016年1月18日スタートのドラマ、 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 にも出演されるなど、 着実に女優としてのキャリアを積んでおられる永野さん。 その明るい笑顔で、 ぜひこれからも頑張ってほしいですね。 さらなるご活躍を期待しています!!.

次の

STARDUST

永野芽郁 ニコラ

Sponsored Link 年齢は?出身は?身長は?本名は? 永野さんは、1999年9月24日生まれ、 東京都のご出身、 身長163センチ、 血液型はAB型、 趣味は、ギター、ドラム、ウクレレ、和太鼓の演奏、 特技は、モノマネ、 はまっていることは、写真を撮ること、 好きな食べ物は、麺類とフルーツ、 目標の女優は、さん、 ちなみに、「永野芽郁」は本名です。 趣味でバンド練習 永野さんは、小学校3年生の時に、 東京の吉祥寺でスカウトされ、 芸能界入りされているのですが、 その頃出られた番組の企画で、 ウクレレを弾いたことがあり、 弦楽器の楽しさに目覚められたそうです。 そして、中学生の時、 アコースティックギターを始められ、 エレキギターやドラムなども、されるようになったのでした。 なんと、永野さんが演奏している曲は、 レッド・ホット・チリ・ペッパーズの、 「アラウンド・ザ・ワールド」だとか! 見た目とのギャップがありすぎて びっくりですね~ ドラムをされている友達と趣味でバンドを組まれ、 スタジオで練習されることもあるのだとか。 人前で披露するレベルではないと、 謙遜されていましたが、 スタジオを借りて練習されるなんて、 なかなか本格的のようです。 いつか、バンドデビューされる日が、 来るかもしれませんね! 女優デビューは? 永野さんは、2009年、 さん主演の映画、 「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」で、 子役でデビューされました。 どんな役で出演されているのか調べてみましたが、 情報がなかったことから、 ちょっとした役だったのだと思われます。 そこから、タレントや女優として、 活動していくのでしょうね。 永野さんは、現在、 この 「nicola」のモデルと女優業を、 並行して活動されているようです。 出演作は? それでは、ここで、 永野さんの主な出演作を紹介しましょう。 映画では、 2010年 「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲」「私の優しくない先輩」 2012年 「るろうに剣心」 2014年 「繕い裁つ人」「ガチバン ULTRA MAX」など、 ドラマでは、 2010年 「ハガネの女」 2011年 ほんとにあった怖い話 夏の特別編2011 「深淵の迷い子」 2012年 「STAND UP! ヴァンガード」 2013年 NHK大河ドラマ 「八重の桜」 2014年 「東京にオリンピックを呼んだ男」 2015年 「テディ・ゴー! 」 などに出演されています。 「俺物語!! 」に出演 そして、2015年には、 さん主演の映画 「俺物語!! 」で、 ヒロインを演じ、注目を集められています。 この映画は、 同名の人気少女漫画が原作で、 身体能力に長け、正義感にあふれ、 不器用で朴訥とした高校生、 剛田猛男(鈴木亮平さん)の、 純愛ラブコメディだそうです。 永野さんは、原作を何度も読み返して、 役作りされたようですが、 オーディションでは、 作っていたものを出したというより、 素の自分を出されたとのこと。 凛子とご自分が似ている部分があると気づき、 自然に凜子の役に入ることができたそうで、 とても自然な演技で、 凛子を演じることができたようです。 役作りは? 実際の撮影では、監督から、 「目のお芝居と動き」を意識するように言われ、 何度も台本を読み返し、 細かいところまで考えるなどして、 役作りに励まれたそうです。 ちなみに、主役の鈴木さんは、 役作りのため、30キロも増量されているのですが、 そんな鈴木さんの役者魂を目の当たりにされ、 鈴木さんがこれだけ努力されているのだから、 自分ももっと役と向き合わないと。 と刺激を受けられたそうです。 作品のためにできることは、 なんでもやらなければならないことを、 イチから教わったような、現場となったのだそうです。 一方で、凛子が想いを寄せる、 猛男の親友、砂川誠役を演じられたさんについて、 相談事などを真剣に聞いてくれ、 アドバイスなどもしてくれる、役柄通りの方だったとのこと。 撮影現場では、一緒にふざけたりする一方で、 カメラが回り始めると、一瞬で役に入れるところに、 感銘を受けられたそうです。 先輩俳優から学んだり、 ご自身でも役作りで努力されたりと、 とても貴重な経験ができたようですね。 Sponsored Link 大きな家族 そして、この映画の撮影は、 東京都内ではなく、仙台ロケだったとのことで、 撮影後にみんなで食事に行かれたり、 1日あったお休みの日は、 カラオケやボーリングをしたり、 映画を観に行ったり、プリクラも撮られたのだとか。 ずっとみんなと一緒だったことから、 「俺物語」の世界に、浸っている感じだったそうで、 撮影が終わることが寂しくて、 クランクアップの時には、泣いてしまわれたのだとか。 永野さんはその時の気持ちを、 本当に皆さんによくしていただいたので、 クラックアップは「大きな家族」が、 消えてしまうような、そんな感覚でした。 と、語っておられました。 「大きな家族」と言われるところに、 永野さんの気持ちが強く表れていますね。 2016年1月18日スタートのドラマ、 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 にも出演されるなど、 着実に女優としてのキャリアを積んでおられる永野さん。 その明るい笑顔で、 ぜひこれからも頑張ってほしいですね。 さらなるご活躍を期待しています!!.

次の