アキラ ミヤコ。 『AKIRA』のミニフィギュアシリーズ 第3弾は「アキラ」「AKIRAと鉄雄」「ミヤコ」「金田とバイク(Ver.2)」

『AKIRA』名言集

アキラ ミヤコ

概要 におけるナンバーズとは、突出した超能力が認められ、特別に番号を与えられた子供達のことである。 歴史 1960年代、名前のない「プロジェクト」が防衛庁に設けられた。 のちにアーミーが28号の作る爆発を「新型爆弾」と呼んでいることなどから、超能力を持った人間を軍事利用できないかというものであったと思われる。 はじめはデータの収集・分析を行っていただけだったが、70年代に入ると要素を持つ人物に対し初歩的な訓練を行うようになった。 この頃は人を集めていたというような書き方であるため、少なくとも倫理感が問われるようなことはしていなかったと推測される。 しかし、プロジェクトに興味を持った神経生理学を専門にしていた学者が参加すると、研究は飛躍的に進歩はしたものの過激な実験が行われるようになった。 それに研究員達が従ったのは長らく良い結果が出ていなかったためである。 そして、 「塩水を脳の神経細胞に刺入し、電気刺激を繰り返し与えて作り出した変異の因子を遺伝子に組み込んでいく」というやり方が編み出されることとなる。 20番台のナンバーズを作るための子供達は、体外受精か不明だがとにかくそれ用に生み出された。 28号がよくDNAの二重螺旋構造のように物を浮かせていたのは、このことと繋がっている可能性がある。 遺伝子操作によって"生まれてきた"子供だということは『アキラ グラフブック』にある辞典の「螺旋模様」に記載されている。 その実験の結果はというと、大勢いた子供達 6巻359ページ参照 の多くは命を失うか精神に異常をきたし去り、力を持った8人の子供が20番台としてナンバーズ入りした。 また、28号より後のナンバーズは、資料や学者の消失により28号までとは別のラボでの開発。 超能力 未来予知や精神感応、念動力による浮遊・破壊、遠視眼、瞬間移動、幻覚攻撃、治癒能力など。 強力なものになると肉体の肥大化、生命と物質の融合、果ては異次元の解放まで引き起こす。 その発祥や存在理由は不明瞭であるが、人類には過ぎた力であることが示唆され、アニメ版では超能力を扱いかねて暴走する人間を「人間の力を得た」に例えている。 登場したメンバー ネタバレ注意 19号 ミヤコ 20~24号 名前や、誰が何番なのかは不明 眼鏡をかけた少女、前髪の長い少女、姿勢のいい少年、髪がはねている少年 25号 キヨコ 26号 タカシ 27号 マサル 28号 アキラ 29 ? ~40号 諸々不明 1巻の154ページでそのうちの何人かが確認できる。 41号 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

AKIRA(大友克洋)

アキラ ミヤコ

窪田順生 [ノンフィクションライター] くぼた・まさき/テレビ情報番組制作、週刊誌記者、新聞記者、月刊誌編集者を経て現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌へ寄稿する傍ら、報道対策アドバイザーとしても活動。 これまで200件以上の広報コンサルティングやメディアトレーニング(取材対応トレーニング)を行う。 情報戦の裏側 できれば起きてほしくない「不祥事」だが、起きてしまった後でも正しい広報戦略さえ取れば、傷を最小限に済ませることができる。 企業不祥事はもちろん、政治家の選挙戦略、芸能人の不倫ネタまで、あらゆる事象の背後にある「情報戦」を読み解く。 「AKIRA」は単に昭和の時代に起きた出来事を未来風に描いただけ。 「AKIRA」とは大友克洋氏が1982年から「週刊ヤングマガジン」に連載していたSF漫画で、88年にはアニメ映画が公開。 「ジャパニメーション」の代名詞として海外でも高い評価を受け、誕生から38年経過した今も世界中で多くのファンに愛されている作品だ。 どれくらいこの「AKIRA」がスゴいのかというのは、日本でもおなじみのスティーブン・スピルバーグ監督が「こんな作品を作りたかった」などと絶賛し、グラミー賞常連の世界的ミュージシャン、カニエ・ウェストが「この映画は俺のクリエイティビティにもっとも影響を与えている」と発言していることからもわかっていただけるのではないか。 さて、そこで「AKIRA」のことをご存じのない方が次に気になるのが、「予言ってナニ?」ということだろう。 この日本が誇るSF作品が、いったい何を言い当てて、どんな未来を予見しているのか。 そのあたりを正確に理解していただくためには、まずはこの「AKIRA」がどんな物語なのかということを知っていただく必要がある。 舞台は、2019年の「ネオ東京」。 ネオって、と半笑いになる人たちの気持ちもわかるが、これにはちゃんと理由があって、作中で東京は原型をとどめないほどの壊滅的な被害に遭って新しく生まれ変わっているからだ。 1982年、東京で新型爆弾が炸裂し、これが引き金となって第三次世界大戦が勃発。 凄まじい爆発で巨大なクレーターができ、大半が水没してしまった東京は戦争が終わると、「ネオ東京」として復興の道を歩み出した。 そして2020年の東京オリンピックを控えたこの街で、「AKIRA」という凄まじい超能力を持つ子どもを巡る争いが繰り広げられていくのだ。 そう、この作品はなんと30年以上前に「TOKYO2020」が開催されることを予見していたのだ。 この他にも作品内の描写が現実とピタリと重なっている。 例えば、「AKIRA」の第2巻の中で、その東京オリンピックの競技場の建設現場が描かれているのだが、そこには「開催まであと413日」という看板とともに、「中止だ 中止」という落書きがなされている。 「TOKYO2020」が開幕する今年7月24日の413日前は2019年6月7日。 この月は、五輪招致時の「裏金疑惑」をめぐってフランス当局から捜査対象となっていた、竹田恒和・JOC会長(当時)が任期満了で退任している。 これを受けて、五輪反対派からは、「グレーなままでまんまと逃げおおせた」「こんな黒いオリンピックは中止にすべき!」という批判が持ち上がっていたのだ。 それだけではない。 なんと「AKIRA」には現在、日本のみならず世界に混乱を引き起こしている新型コロナウィルス騒動を連想させるような描写も確認できるのだ。

次の

AKIRA 全6巻完結セット(KCデラックス)

アキラ ミヤコ

3「アキラ」』 4,080円 消費税込:4,488円 <ラインナップ 全4種> ・アキラ 物語の核心。 28号。 超能力の暴走で東京を崩壊させ、永久に冷凍封印されていた少年。 ・AKIRAと鉄雄 体を組織別にバラバラされ冷凍封印されていた「AKIRA」と対峙する鉄雄。 ・ミヤコ 新興宗教の教祖。 元ナンバーズ19号。 アキラの厄災を予言。 他人と視覚を共有できる能力をもつ。 ・金田とバイク(Ver. 2) 本作の発表当時、モチーフやモデルが全く存在しない斬新かつ画期的デザインであった。 予めご了承ください。 詳細は以下のURLのページでご覧になれます。

次の