恋人 類語。 「逢瀬」の意味と使い方、類語、反対語、「逢引」との違い

恋人繋ぎに隠された男性心理。付き合う前につなぐのってアリなの?

恋人 類語

1 それぞれ、男にも女にも用いる。 2 「恋人」は、その人が恋をしている異性の相手。 多くは、両方が互いに愛しあっている場合をいうが、「永遠の恋人」のように、一方だけが理想像としてあがめている異性をいうこともある。 また、「仕事が恋人だ」のように、比喩 ひゆ 的に、好きで夢中になっている物事の意でも使う。 3 「愛人」は、愛している異性の意であるが、婚姻外で肉体関係のある相手をさすことが多く、あまり良い意味では使われない。 また、内縁関係にある相手にもいう。 4 「情人」「いろ」は、もっぱら婚姻外で性的関係にある、後ろめたい関係の相手の意で使われる。 「情人」はやや古い語。 「じょうにん」とも。 5 「いろ」は、「情人」と書くこともある。 現在ではほとんど使わない、ややくだけた語。

次の

恋人(こいびと)の類語・言い換え

恋人 類語

「好き嫌い」という表現があるように、特定の物事に対して肯定的な「好き」と否定的な「嫌い」という言葉は対義語(反対語)の関係です。 「好き」という言葉には、以下のような意味があります。 (物事に) 心がひかれること。 気に入ること。 また、そのさま:「好きな人、好きな食べ物」など• 何かに偏った好み。 物好き:「彼は物好きな人だ、蓼食う虫も好き好き」など• (異性に対して) みだらな気持ちを抱くこと:「好き者、男好き」• 自分の思うままに振る舞うこと。 気ままなこと:「好きに遊ぶ、好きに行動する」など いずれの意味も、人が何かに魅力を感じるといったポジティブな思いが背景にあります。 そして、その物事を自分に引きつけたい、逆に、自分がそれに近づきたい、大事にしたいといった行動に結びつくのです。 【愛好】(あいこう) 好きな物事を趣味などにして楽しむことです。 特定の物事を愛好している人のことを「愛好家」と言い、愛好家が集まりを「愛好団体」など呼びます。 1だけでなく、2(ときには3)の意味の「好き」の類語です。 【首っ丈】(くびったけ) 誰かにすっかり夢中になることを、足の先から首まではまり込む様子にたとえた表現です。 おもに、恋愛について用いられます。 【目がない】 心を奪われて、思慮分別(しりょふんべつ)をなくすほど好きなことという意味を持っています。 おもに、食べ物や飲み物に対して用いられる言葉です。 [例文]• 織田信長が茶を愛好したので、当時の戦国武将はみな茶道を学んでいたそうだ。 彼女はアイドルのAくんにすっかり首っ丈だ。 父は日本酒には目がないのですが、肝臓が悪いのであまり勧めないでください。 【三昧】(ざんまい) 自分がやりたいことだけをやる状態を指しますが、おもに、「ギャンブル三昧」「旅行三昧」といった複合語として用いられます。 【出鱈目】(でたらめ) 振ったサイコロの「出たその目のままにする」というのが本来の意味で、「出鱈目」は当て字です。 いいかげんであること、後先考えずに勝手にすることを指します。 ただし、「好き」にはいいかげん、首尾一貫していないといった意味合いはありません。 【奔放】(ほんぽう) 常識や規則を逸して気ままに振る舞うという意味です。 「奔」という漢字には、好き勝手にする、勢い任せに行動するといった意味があります。 [例文]• 彼は会社経営が傾いても贅沢三昧な生活から抜け出せずにいる。 彼の出鱈目な行動には毎回振り回される。 私は娘に甘く、奔放に育てすぎたのかもしれない。

次の

「好き」の類語とは?意味や使い方を含めてご紹介

恋人 類語

「惚気」の読み方 「惚気」は 「のろけ」と読み名詞になります。 「惚気」とそのまま読む事もあれば、後ろに 「〜る」とつけて 「惚気る」 のろける などと動詞として使う事もあります。 まず 「惚気」の 「惚」という漢字には、心を奪われる・心がぼーっとする・ぼんやりするという意味があり、音読みで 「コツ」訓読みでは 「ほれる」 「ぼける」 「ほうける」 「とぼける」と読みます。 「惚」は意味と音を合わせた漢字で形成文字になり、部首は[りっしんべん]なので人の心を表し、右側の 「勿」には打ち消しの意味の 「〜ない」や 「〜してはいけない」などの意味があります。 また 「勿」の下にはもう一つ 「心」があるため、この漢字には部首の意味である心も合わせ"心"が失くなる、奪われてしまう意味や様子が強く表れた漢字になります。 「惚気」の意味 「惚気」とは男女間において、もしくは自分の大切な人やパートナー、恋人、配偶者の事を得意げに自慢したり褒めたりする事をいいます。 殆どの場合は 「聞かされる」側が何も質問していない場合が多く、何かキッカケを見つけては勝手に惚気出すパターンが多いといえるでしょう。 惚気られること自体は限度を超えなければ周りも話を聞いたり相手をしますが、やはりあまりいい印象を与えないようです。 それはおそらく、会話の主体や論点がズレている事にも気付かず話し続け、挙げ句の果てには呆れられている事に気付かずに勝手に 「羨ましいんだな」や 「僻んでるんだ」と勘違いするからではないでしょうか。 中には本当に羨ましくて素っ気ない人も居ますが、殆どの場合は、聞いてもいない事を勝手にペラペラ話された上に、質問と関係のない答えをされる事が面倒臭いと思っていりことが多いでしょう。 また 「惚気る」の 「のろ」は、速度が遅いという意味の 「鈍い」の 「のろ」と同じ語幹であり、 「惚気」は 「頭の動きや感情がのろくなった精神」という意味を持ちます。 つまり頭の中が恋愛でいっぱいになっていて、周りが見えず一人勘違いや空回りをしては盛り上がり、空気も読めないほど頭の回転が鈍っている状態を指すのが 「惚気る」という行為だと言われています。

次の