楽天 引き落とし でき なかっ た。 楽天カードの締め日と引き落とし日!楽天銀行利用が超お得

【楽天カードの再引き落とし】時間はいつ?できなかった時の対処法

楽天 引き落とし でき なかっ た

この記事の目次• 楽天カードの引き落としが行われるのはいつですか? 楽天カードを利用すると、いつまでのお買い物が毎月何日に引き落としされるのか、これについてお伝えしていきます。 引き落とし額が確定される日にちについてもぜひ覚えておきましょう。 毎月の支払い日 楽天カードの引き落とし日は毎月27日です。 ただし、金融機関の休業日と重なった場合は翌営業日となります。 たとえば27日が土曜日にだった場合は翌々日の29日の月曜日に引き落としが行われます。 締め日について 楽天カードの締め日は月末です。 ただし、楽天市場でのお買い物については毎月25日となっています。 月末までのお買い物分が翌月27日に引き落としされます。 引き落とし額の確定日 毎月12日に請求金額が仮確定された後、15日~20日に本確定します。 「楽天eーNAVI」に請求確定日が記載されるのでそちらで確認できます。 また、支払方法をコンビニ払いまたは銀行振込みに指定している場合は毎月10日に請求金額が確定されます。 これについてはメールでもお知らせが届くので、もし請求金額が多すぎると感じた場合は何らかの応急処置を行いましょう。 いつから使えるようになる?楽天カードの引き落とし日後の可能額の反映 では、楽天カードの利用可能額が回復するのは毎月何日なのか、こちらについてもご紹介していきます。 利用料金を支払ってから反映されるまでのタイミングについては、実は指定銀行によって違いがあります。 楽天銀行と楽天銀行以外での場合に分けてまとめました。 利用可能額が回復する日 利用料金が引き落とされてから翌営業日~4営業日の間に利用可能額に反映されます。 楽天銀行での引き落とし 楽天銀行を指定した場合は 翌日~翌営業日に利用可能額へ反映されます。 楽天銀行以外での引き落とし 楽天銀行以外の銀行の場合は 2~4営業日後に利用可能額へ反映されます。 残高不足で引き落としができなかった!再引き落としはいつ?何時まで? もし残高不足で引き落としが行われなかった場合はどうしたらいいのでしょうか。 この場合は自動再引き落としのお知らせがメールにて届きます。 これに従って再引き落としを行いましょう。 自動再引き落としが行われる日程は金融機関によってズレがあります。 自動再引き落としの日程 自動再引き落とし日・・・口座振替日の27日以降4営業日が再引き落とし対象日となっています。 口座振替日が土日祝にあたる場合は翌営業日となり、再引き落とし日についてもその分ズレ込みます。 年末年始の場合は次のようになっているので注意が必要です。 間に合わなかった場合の支払い方法 再引き落とし日にも口座へ入金できなかった場合は指定口座へ振込をする手続きを行います。 指定口座はその人によって違うので確認が必要です。 また振込手数料または手続きによる通話料は自己負担となります。 ・自動音声ダイヤルでの確認 再引き落とし日ができなかったことが反映された日から翌月9日14時45分まで、自動音声専用ダイヤルに電話をすると音声ガイダンスによって指定口座を知ることができます。 ・自動音声ダイヤルが使えない場合 何らかの事情で自動音声ダイヤルが利用できない場合は、楽天カードコンタクトセンターへ電話をして指定口座を案内してもらうことになります。 ・その他の支払い方法 指定口座の登録が行われていない、再引き落とし日までの支払いが確認できない場合はコンビニ払いが可能な振込依頼書が送付されるので、こちらで支払いを行います。 この場合は支払い金額に応じた遅延損害金がかかります。 1万円未満:64円• 1万~5万円未満:108円• 5~30万未満:324円 延滞による信頼について クレジットカードというものは残高不足で引き落としができないとすぐに信頼が失われると思われがちですが、再引き落とし日に入金を行えばさほど影響はありません。 しかし、再引き落とし日をすぎて1日でも延滞をしてしまうと信頼度は失われ、その日程の長さによっても大きく変わります。 その人のクレジットカードの使い方や支払い方によっても信頼度は変わりますが、やはり延滞をしないことが大切です。 もし延滞をしてしまったとしても、その後の支払い状況によって回復させることは可能です。 クレジットカードは計画的に利用をしてください。 楽天カードの支払いを延滞してしまいことで受けるペナルティ 楽天カード延滞してしまうとどのようなペナルティが付けられてしまうのか、気になる内容を見ていきましょう。 信用情報にキズがつく クレジットカードを作成する時に行われる審査は、信用情報機関に問い合わせてその人のカードの利用履歴を調べています。 延滞をしてしまうことで信用情報機関での評価が下がります。 この信用情報機関には、いつ支払いを延滞したのかという内容まで送られてしまうものです。 この評価が低い人は別のクレジットカードの申込やローンを組む際に断られる可能性が出てしまいます。 延滞したまま放置してしまえばブラックリストに登録され、今後クレジットカードを作成することができなくなります。 延滞料金が加算される 再引き落とし日の最終日の翌日から延滞料金が発生します。 支払い金額に応じて遅延損害金の利率はお買い物での利用なら 14.6%、キャッシングなら 20.0%となっており、実際にかかる延滞料金の計算方法はこちら。 強制解約 楽天カードは簡単に作ることができる分、延滞については厳しい処分が行われる傾向にあります。 場合によっては1度でも延滞をすると強制解約となることも。 強制解約になる前に利用停止の処置が行われることが多いですが、延滞をしてしまうと非常に不利な状況になるということをよく覚えておき、やはり延滞しないことが重要です。 このような強制解約が行われてしまうと信用情報にも大きな傷がついてしまいます。 こうなる前にしっかりと支払いは済ませることが重要で、金額が大きくなった場合はリボ払いに変更をして少しでも応急処置を行うべきです。 楽天カードの引き落としに間に合わなかった時の回避方法 27日の引き落とし日の前に別の支払いがあってうっかり残高不足になってしまった、こんな事になってしまっても慌てずに行動をしましょう。 気づいたらすぐに口座へ入金 残高不足に気付いた時点で速やかに口座へ入金をすることで、27日当日に入金をしても間に合う場合があります。 引き落とし日の何時に引き落としが実行されるかと言えば、たいていの場合は27日0時から午前9時までの営業時間開始前に行われます。 この時に残高不足だった場合はその日に何度か引き落としが実行され、午前中もしくは午後15時までに入金をすることで支払いをすることが可能です。 ただ、金融機関によって違うのでやはり前日までの入金を済ませておきましょう。 27日当日は引き落としがきちんと行われたか確認をするように意識をしておくことで、素早い対応をすることができます。 指定振込口座へ支払う もし再引き落とし日までの入金ができなかった場合は延滞となってしまいます。 この場合は先ほどお伝えした方法で指定口座を確認し、1日でも早く振込手続きを行いましょう。 届いたハガキで支払う 再引き落としが行われない場合や引き落とし口座が未登録の方には督促状のハガキが送付されます。 コンビニや金融機関で速やかに支払いを済ませましょう。 利用金額が大きくなった時はリボ払いに変更する もしお買い物金額が大きくなってしまった場合、1回払いをリボ払いに変更することで請求金額を減額させることができます。 リボ払いに変更する方法は 「楽天eーNAVI」から行えます。 支払い予定月の20日まで変更が可能なので、残高不足が予想される時は救済措置として利用してみましょう。 1度リボ払いに変更したものについては1回払いへと戻せなくなるのでよく考えて行ってください。 楽天カードの引き落としに関する疑問や質問 楽天カードの支払い方法や引き落とし手続きに関する疑問や質問を集めてみました。 支払い日の変更は可能ですか? 支払い日は毎月27日と決まっているので変更することはできません。 カードが使えないのはなぜですか? 楽天カードが使えない理由としてはいくつかあげられます。 利用限度額の超過• 引き落としができなかった• 支払いの延滞• カードの不正利用によるもの• カードの磁気不良• カードの紛失、盗難届出済みのカードの利用• 有効期限が過ぎている 「楽天eーNAVI」または楽天コールセンターへ問い合わせて確認をしてください。 カードの利用残高を支払い日より前に返済する方法は? 引き落とし日の27日より前に利用残高を支払いたい場合、利用残高を一括で支払いたい場合は電話でのお問い合わせが必要です。 一括支払いを行う場合は自動音声専用ダイヤルから手続きが可能。 いずれも振込手数料がかかります。 口座変更をする方法は? 引き落とし口座を変更したい場合は「楽天eーNAVI」または口座振替依頼書で変更ができます。 まとめ 作りやすく便利な楽天カードですが、請求金額が確定される日と引き落としまでの流れはしっかりと把握しておく必要があります。 延滞をしてしまうことは信頼を失うばかりでなく、突然利用停止になってしまうこともあります。 引き落とし日の前日までに指定口座への入金や残高確認は怠らないよう注意をしましょう。

次の

クレジットカード代金の引き落とし日に、残高不足を起こしてしまった時の対処法まとめ!支払遅延を起こしたらどうなるのかも併せて解説。

楽天 引き落とし でき なかっ た

今回はクレジットカード代金の引き落とし日に、銀行口座の残高不足を起こしてしまったときの対処法をまとめてみたいと思います。 いきなりクレジットカードが利用停止になるんじゃないか?とか、ブラックリストに載ってしまうんじゃないか…などなどと過剰に心配してしまう方も多いかも…ですが、正しく措置をすれは入金遅れなど怖いことはありませんよ。 実際、クレジットカードの専門家である私でも、何年かに1度はやっちゃうくらいなのでご安心ください。 残高不足を起こした時の対処法: とにかく電話をするのが最優先: まず、『今日はクレジットカードの引き落とし日だったのに、入金を忘れてしまった!どうしよう!』と自分で気づくことが出来た場合には、兎にも角にもカード会社に電話で連絡をいれるのが一番。 よくハガキ(督促状)が送られてくるまで待てばいいよとか、カード会社から電話がかかってくるからそれでOK…などという情報を広めているサイトもありますが、あなたがもし、カード会社からの信用を失いたくないと思うのであれば、自分から1秒でも早くカード会社に連絡を入れるのがベストです。 おすすめ:自分から電話を入れて相談• おすすめしない:カード会社からの対応待ち 「お金を借りていること」を忘れてはいけない: これはまぁ説明するまでもありませんが、みなさんが例えば誰かにお金を貸していたとして昨日がその返済期限だったとする。 その時、相手側からなんの連絡もなくお金の返済がなかったら不審に思いますよね。 『なんて信頼の出来ない奴だ!』なんて、もう二度とお金を貸さないと心に決める人だっているはず…。 しかし、相手から『申し訳ない!昨日、入金を忘れてしまったので、今日振り込むから!』と電話がしっかり入ったら少しはイライラも収まるというもの。 そういう事情があったんなら大目に見てやるかと思う方も多いのではないでしょうか?• お金を貸した相手から連絡がない:信用ができない!• お金を貸した相手から連絡があった:信用ができるかも? 返済が遅れてる旨を伝えるだけで、信頼が維持される このようにたとえ相手が企業であっても、こちら側から支払いが遅れた旨の連絡を入れるのが信用のある対応。 特にクレジットカードはいわば、カード会社からお金を借りているようなものなわけですから、 相手側からの信頼を失わぬように「自分から電話をする」という誠実な対応をしてもらえればと思います。 土日や平日夜だった場合には: クレジットカード会社の中には365日24時間体制でカード会員へのサポートを実施しているところもありますが、大手クレジットカード会社はそのほとんどが土日や夜間はサポート対象外。 そういった場合は焦る気持ちもわかりますが、翌日、電話対応の時間内になってから電話をすれば大丈夫です。 肝心なのはとにかく誠実に対応をすることなので、少し遅れてしまったとしても自分から電話をかければ問題ないですよ。 お金がある場合の対処法: その後の対処法&対応はクレジットカード会社によって異なります。 支払いをするに十分なお金がある場合の対処法としては、大きくわけると3つ。 それぞれ解説していきますね。 1.すぐに銀行振込をする カード会社が指定する銀行口座に対して振込で、カード代金を払ってしまう方法です。 私の場合は1秒でも早く返済してしまおうと思う人間なので、電話で口座番号を聞いてその場で振り込む方法をとりますね。 これが一番、カード会社にとってみれば「信頼のおける行動」。 支払遅延の原因がただのウッカリ入金忘れであるのなら、すぐにでもお金を振り込んでしまいましょう。 それであなたは信用を失わずに済みます。 2.再引き落としがかかる 『銀行振込します!』とカード会社に伝えても、「いやいや大丈夫です。 こういう場合にはその話の通り、十分なお金を銀行口座に入れておけばOK。 これでその日になれば支払い完了となります(カード会社からの信頼を失うこともない)。 最近は即日引き落としもある: ちょっと昔までは数日経ってから引き落としがかかることが多かったカード代金の銀行振替ですが、最近では株式会社ジェーシービーなど、平日であれば毎日引き落としをかけてくれるカード会社も存在します。 最近:15時までに入金しておけば自動で引き落とされると言われる こういった会社が発行しているクレジットカードを保有している場合には、とにかく引き落とし用の銀行口座にお金を入れておくことが大事。 入金をしておけばあとは勝手にカード代金の引き落としがかかるので楽チンですよ。 3.コンビニ払いの用紙を送ってくる 最近ではあまり見なくなりましたが、コンビニ払い用の用紙を郵送で送ってくるカード会社もあります。 その用紙に記載されている日付までにコンビニ払いをすれば支払い遅延は解消…という流れですね。 仮に手元に十分なお金があるのであれば、そういった用紙が送られてくる前に銀行振込してしまうほうがおすすめ。 コンビニ払いだとコンビニ決済用の手数料がかかるだけでなく、支払い遅延による金利負担をしなくてはいけないので、銀行振込よりも高くついてしまう場合が多いです。 手元にお金がない場合の対処法: 次に引き落とし日に残高不足を起こしたものの、そもそも請求された利用代金を払うだけのお金が手元にない…という場合にはどうすればいいのでしょうか? 今度は手元にお金がない場合の対処法をまとめてみます。 1.怖くてもカード会社に電話 支払いができそうもないという時にまず、やらなくてはいけないことはカード会社に電話をすることです。 『えっ?そんなことしたら電話越しに怒られるんじゃないの?』なんて思われるかもしれませんが、実際には事務的な対応で淡々とあなたの状況を確認してくれるので安心してください。 イメージ:返済できないというと怒られる• 実際:返済する意思を示せば、淡々と今後について説明される 少なくとも相手がクレジットカード会社の場合には、『このやろー!金返せ!』とか、『返済できないなら東京湾に沈めるぞ!』みたいな感じで怒鳴られるようなことは100%ありません。 電話をする理由は信頼してもらうため: ではなぜ、返済ができないにも関わらずクレジットカード会社に電話をしなくちゃいけないのかというと、これは前述の「お金を貸した友人とのやりとり」を思い出してみてください。 仮にお金を貸した相手が『どうせ返済できないんだから、連絡してもムダだと思ってたんだよ』なんて言ってきたら信頼関係はその瞬間に崩れ去りますよね。 そうではなく、『今月、10万円返済する予定だったんだけど、3万円しか用意できなかったんだ。 どうしたらいい?』と相談してきたら、まだその相手を信用しようと思えるはずです。 信頼できない:お金を貸した相手が連絡をよこさない• まだ信頼できる:お金を貸した相手から返済ができないと連絡 要するにこの「返済できなくてもカード会社に電話をする」というのは、そういう作業をしているのと一緒なので、返済できようができまいが、 引き落とし日に残高不足を起こしてしまったら兎にも角にもカード会社に電話をすることが重要になりますよ。 2.リスケジュールをしてもらう: カード会社に電話をして相談したら、次にすべきはリスケジュールをお願いすることです。 リスケジュールとは例えば10万円の引き落としがあるならそれを毎月2万円の分割払いに変更してもらうとか、支払い金額を固定できるリボ払いに変更してもらう…という方法(返済スケジュールを変更するということ)のこと。 近々、お金が入る予定がある:返済日を先延ばししてもらう• すぐお金が入る予定がない:リボ払いや分割払いに切り替えて、無理のない返済にする 返済が出来ないなら、リスケジュールをしてもらおう つまり今月支払えないのはしょうがないものとして、それじゃどうすれば返済できるかをカード会社と相談しあうのがリスケジュールという作業です。 カード会社としてもお金を返してもらえなければ損失になってしまうので、みなさんがリスケジュールをお願いすれば応じざるを得ないのですね。 3.自己破産などの債務整理を考える: だいたいリスケジュールさえすれば無理なく返済できるようになっていくと思いますが、すでにいろいろなカード会社から返済を求められ、消費者金融にまで手を出してしまっているという場合には、リスケジュールをしたところで一向に未払金(債務)が減っていかない場合もあるかもしれません。 こういう場合の最終手段は任意整理や自己破産といった債務整理。 いわゆる借金の棒引きのことです。 これ以上先は当サイト『』で詳しく解説するよりも、下記のような弁護士事務所等に相談するのが無難なのでそちらで解決先を見出してください。 匿名で相談可能ですよ。 特に自己破産については『自己破産なんてしたらそこで人生が終わってしまう』と恐怖に怯えてしまう方も多いかもですが、それよりも怖いのはヤミ金などの違法業者のほう。 もうこれ以上返済できないというところまでいってしまったら、素直に専門家に相談するほうが得策だと言えますよ。 詳しくはお金に困った時の知識についてまとめた、下記記事を参考にどうぞ。 理想は引き落とし日の前に対処を: 理想は引き落とし日後に支払い方法をリスケジュール(リスケ)するのではなく、支払日の前に分割払いやリボ払いに切り替えておくのがおすすめ。 こちらであれば一切、あなたの信用力を落とすことがないためです。 振替日の後にリスケ:信用力は傷つく• 振替日の前にリスケ:信用力に傷がつかない とにかく銀行口座の振替時に十分な残高を用意できるよう、常に次の支払日にはいくら必要なのか、そして自分は今、どのくらいのお金を持っているかを把握しておくようにしてください。 これをお金で損をしないためのコツでもありますよ。 まだまだ不安だという方は是非、参考にしてみてくださいね。 クレジットカード利用停止になるの? クレジットカード代金の引き落とし日に残高不足を起こしてしまった場合には、即、そのクレジットカードは利用停止になってしまうのでしょうか? これについては安心してください。 一度の支払い遅延くらいであれば利用停止になることはごくごく稀。 二度目の引き落とし日やコンビニ払いの期日までにカード会社側で入金が確認できなかった場合のみ、利用停止になると思ってもらって間違いないと思います。 次の引き落とし日までに払った:利用停止にはならない• 次の引き落とし日でも払えない:利用停止になる 常習犯は一発利用停止も: 但し、これはあくまでたまに残高不足を起こしてしまう方の話。 年間3回以上とか2ヶ月連続…といったように、頻繁に支払い残高不足を引き落としてしまっている方の場合には即、利用停止になってしまう場合もあるのでご注意ください。 その辺りの判断はあなたの信用力次第でいくらでも変わるということです。 信用力が低い人:一発で利用停止になることも• 信用力が高い人:一発停止はありえない また、楽天カードのように支払い遅延に厳しいカード会社…なんていうところも。 こういったクレジットカード会社では一発で強制解約になるケースもゼロではないので、くれぐれも支払い遅延を起こさないようにご注意ください(詳しくは下記記事のエラーコード2問題を参照)。 ブラックリストに載せられてしまう? 引き落としができなかったということは、「こいつは信用できない人間だ」ということになり、結果的にブラックリストに載せられてしまうのではないか? そんな感じで極端に支払遅延による悪影響を心配する方も多いのですが、1度や2度の支払遅延ではそういったことにはならないので安心してください。 特に今回、この記事で紹介しているような誠実な対応をカード会社側にとった場合には、よほどのことが無い限りブラックリストに掲載されるようなことはありません(自分から電話をし、すぐに振り込むことが重要)。 支払いをしないまま放置すると載る: 反面、クレジットカード発行会社に電話もせず、支払いをしないままに逃げてしまった場合には100%ブラックリストに掲載されることになります。 まぁこれは自業自得ですし、載せられても文句は言えないですね。 一度でもブラックリストに載ってしまうと後々、人生が大きく狂ってしまうことにもなりかねないので、たとえ支払いができなくても放置はせず、怖くてもカード会社に電話をすることを心がけてもらえればと思います。 強制解約させられてしまうの? 銀行口座振替が残高不足によって出来ない場合には、クレジットカードを強制解約させられてしまうのではないか?という心配される方もいますが、こちらも基本的には大丈夫。 支払いをする意思を示す:強制解約はない• 支払いをせずに逃げる:強制解約の可能性大 更新停止になる可能性は高い: 但し、頻繁に支払遅延を起こしてしまった場合や、あなたの信用力が最初からあまり高くないという場合には、残念ながら強制解約はされなくてもクレジットカードの更新停止措置は行われるかも。 更新停止とはクレジットカードの有効期限到達時に再契約が行われないことで、そのカードはそのタイミングで使えなくなります。 そのため、クレジットカードを失ってしまいたくないのなら、繰り返しにはなりますがこの記事で紹介しているような誠実な対応をカード会社に対してとるようにしてください。 それだけでもだいぶ、カード会社の心象はかわってくるものと思いますよ。 残高不足は起こさないようにしよう: ここまでクレジットカード代金の引き落としができなかった場合の対処法や疑問について書いてきましたがいかがでしたでしょうか? まれに支払い遅延を起こす分にはそれほど大きな影響はありませんが、頻繁に支払遅延を起こしていると最悪、カードを失ってしまうことにも繋がりますので、みなさんは保有クレジットカードの引き落とし日を正しく把握し、十分な残高を銀行口座に用意しておくようにしてください。 お金に困ってどうしたらいいかわからなくなったら、下記記事も参考にしてもらえればなと思います。 以上、クレジットカード代金の引き落とし日に、残高不足を起こしてしまった時の対処法まとめ!支払遅延を起こしたらどうなるのかも併せて解説…という話題でした。 参考リンク: 手元のお金に余裕がない…という方は、1回払い以外の支払い方法についてもしっかり勉強しておきましょう。 2回払いやボーナス払いなどは活用次第でだいぶ、家計を楽にしてくれますよ。 : マニア向けの雑談になりますが、この際、セブンイレブンやミニストップでnanaco&WAONによる収納代行が使えるという話がありますが、支払い遅延を起こすデメリットのほうが大きいのでポイント目当てで遅延させるのはやめたほうが無難。 いくらポイントが稼げたとしてもそれより大事な「信用」を失ってしまうことになるだけですよ。 : むしろ電話越しに相手が怒鳴ってきたらラッキーくらいに思ったいい面もあったり…。 そういう態度にでるクレジットカード会社があればすぐにでも金融庁に通報してしまってください。 : 人によっては安易に自己破産をすすめるな…と思われる方もいるかもですが、もうどうやっても返済できない方はヤミ金などの違法業者からお金を借りてしまいがちなので、ここが怖いんです。 仮に3万円でもヤミ金からお金を借りてしまったら、そこから先は家族や知人・友人を巻き込んだツラい返済生活がはじまってしまうだけなので、絶対におすすめしませんよ。 大事なのはヤミ金に手を出す前の債務整理です。 cardmics.

次の

楽天カード 口座引き落としができなかった場合、HPで調べたら下記の案内があ...

楽天 引き落とし でき なかっ た

以下の金融機関に指定することができません。 イオン銀行では、印鑑(サイン)未登録でも総合口座の開設ができますが、個人型確定拠出年金の掛金の口座振替にご登録いただく際は事前に金融機関届出印(サイン)が必要です。 利用できる金融機関を確認するには (詳細は掛金の引落先に指定する各金融機関にお問い合わせください。 2017年10月より、楽天銀行をiDeCoの掛金引き落とし金融機関としてご利用いただくことが可能となりました。 楽天銀行を掛金引き落とし金融機関にご指定なさる場合には、以下の点にご留意ください。 楽天銀行には「届出印」がございませんので、申込書類の「金融機関届出印」欄へのご捺印は不要です。 楽天銀行を掛金引落口座に登録する場合、申込書類の送付のみでは手続きが完了しません。 お客様が書類を投函してしばらくお待ちいただくと、楽天銀行より口座振替設定についてのご連絡(メールまたは楽天銀行画面内お知らせ)がございますので、そちらに必ずご回答ください。 なお、一定期間内にお客様からご回答がない場合、お手続きが進まず、書類不備となりますのでご注意ください。 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の加入手続きが完了すると、お客様宛てに以下3通の書類が普通郵便にて届きます。 同時に、メールアドレスご登録のお客様へは当社より「加入手続き完了メール」をお送りいたします。 書類とメール到着にはタイムラグがございます。 書類が到着していない場合はいましばらくお待ちください。 【楽天証券の総合口座をお持ちのお客様へ】• にログイン後、画面右上の「確定拠出年金iDeCo(イデコ)」のメニューをクリックしてください。 初期設定画面が表示されますので、「口座開設のお知らせ」に記載の[加入者口座番号]と「コールセンター/インターネットパスワード設定のお知らせ」に記載の[インターネットパスワード]を入力し、初期設定をおこなってください。 「掛金の配分方針を設定(商品別配分設定)」画面に切り替わりますので、画面の案内に沿って、配分指定をおこなってください。 初期設定は書類が到着した月の20日前後に設定できます。 【楽天証券に口座をお持ちではないお客様】• にログイン後、画面上部の「個人ポートフォリオ」のメニューをクリックしてください。 左側に表示される「商品別配分変更」から、画面の案内に沿って、配分指定をおこなってください。

次の