外出 自粛 要請。 休業や外出自粛要請 月末まで延長 知事が発表 中旬に緩和検討|政治・経済|上毛新聞ニュース

都知事、週末の外出自粛要請 感染爆発「重大局面」―新たに41人確認・新型コロナ:時事ドットコム

外出 自粛 要請

兵庫県は26日、全国での緊急事態宣言の解除を受けて対策本部会議を開き、クラスター(感染者集団)が発生したスポーツジムや夜間の接客を伴うスナックなどに続けている休業要請について、6月1日午前0時以降の全面解除を決めた。 外出の自粛要請も努力目標に緩和し、県内での観光振興を再開。 ただ、宣言が最後まで続いた首都圏や北海道、人口密集地との不要不急な移動は控えるよう求めた。 県は緊急事態宣言が出された後の4月15日、施設や店舗に休業を要請。 新規感染者が減少した5月15日に一部の要請を緩和し、兵庫への宣言が解除された同23日にはさらに多くの業種で休業要請を外した。 今回の見直しでは、ライブハウスやスポーツジム、接客を伴う夜間営業のスナックなどクラスターが発生した業種で継続していた休業要請を全面的に解除。 県などのガイドラインに沿って感染防止対策を徹底することを再開の条件とした。 井戸敏三知事は会議後の会見で、政府の対処方針や新規感染者ゼロが続く感染状況に触れて判断の理由を説明。 解除の対象やタイミングを調整してきた大阪や京都府に先駆けての決定には「段階的に解除を進めており、期待に応えないといけないと考えた」と事業者への配慮をにじませた。 また、再び感染拡大の兆しが出た場合について、「急激な感染者の発生が生じて、(県独自の)警戒基準を満たせば、休業をお願いすることも大きな柱としてある」と強調した。 一方、外出の自粛要請は努めてもらう目標とし、首都圏や北海道、人口密集地との移動自粛を求めた。 観光振興は段階的に再開し、当面は県内観光を中心とする。 これらの対応は、政府が示した対処方針に沿って6月18日までの間とし、同19日以降は再度検討する。 (井関 徹) 【記事特集リンク】.

次の

都知事、週末の外出自粛要請 感染爆発「重大局面」―新たに41人確認・新型コロナ:時事ドットコム

外出 自粛 要請

「東京と一体となって外出自粛を」 黒岩知事はで、東京都と連携し、県民に対して外出を自粛するよう要請すると発表。 「東京と神奈川で一体となって外出自粛をお願いしたい」と呼びかけた。 あわせて、「密閉、密集、密接」の「3つの密」を避けること、仕事は自宅で行うように工夫すること、イベントの延期や中止・開催方法を工夫することも要請した。 「頑張れコロナファイターズ」応援も呼びかけ さらに、新型コロナウイルス感染症の対応に追われている医療従事者を 「コロナファイター」と呼んでエールを送った。 黒岩知事は、 「いま医療崩壊が起きていないのは、医療従事者のみなさんが全力で新型コロナウイルス感染症と闘っているからでありまして、心から敬意を示したい」と説明。 一方で、新型コロナウイルスの陽性患者を受け入れた病院では、「医療従事者の子どもの託児所の受け入れ拒否、医薬品を納品する業者の納品拒否」などが起きているという。 によると、神奈川県の相模原中央病院は2月、病院の職員やその子供が「いわれのない差別的扱いを受けている」と訴える書面を公表していた。 黒岩知事は、 「このような偏見や差別は断じて許されません」と強調。 「医療崩壊を防ぐためにも、医療従事者やご家族を応援する機運を高めていきたい」として、 「全力でコロナウイルスと闘う医療従事者、コロナファイターの皆さんにエールを送る」とキャンペーンの意図を説明した。 具体的な内容として、SNSで「がんばれコロナファイターズ」と応援メッセージを送ることなどを呼びかけた。 ステッカーも作成したという。

次の

新型コロナ:感染者急増で外出自粛要請、小池都知事「重大局面」 :日本経済新聞

外出 自粛 要請

「東京と一体となって外出自粛を」 黒岩知事はで、東京都と連携し、県民に対して外出を自粛するよう要請すると発表。 「東京と神奈川で一体となって外出自粛をお願いしたい」と呼びかけた。 あわせて、「密閉、密集、密接」の「3つの密」を避けること、仕事は自宅で行うように工夫すること、イベントの延期や中止・開催方法を工夫することも要請した。 「頑張れコロナファイターズ」応援も呼びかけ さらに、新型コロナウイルス感染症の対応に追われている医療従事者を 「コロナファイター」と呼んでエールを送った。 黒岩知事は、 「いま医療崩壊が起きていないのは、医療従事者のみなさんが全力で新型コロナウイルス感染症と闘っているからでありまして、心から敬意を示したい」と説明。 一方で、新型コロナウイルスの陽性患者を受け入れた病院では、「医療従事者の子どもの託児所の受け入れ拒否、医薬品を納品する業者の納品拒否」などが起きているという。 によると、神奈川県の相模原中央病院は2月、病院の職員やその子供が「いわれのない差別的扱いを受けている」と訴える書面を公表していた。 黒岩知事は、 「このような偏見や差別は断じて許されません」と強調。 「医療崩壊を防ぐためにも、医療従事者やご家族を応援する機運を高めていきたい」として、 「全力でコロナウイルスと闘う医療従事者、コロナファイターの皆さんにエールを送る」とキャンペーンの意図を説明した。 具体的な内容として、SNSで「がんばれコロナファイターズ」と応援メッセージを送ることなどを呼びかけた。 ステッカーも作成したという。

次の