恋つづ 最終回 感想。 恋続【恋つづ】最終回結末ネタバレ!ラストは結婚式でキス?|mama♡sapu

恋はつづくよどこまでも最終回!完結?続編は?これまでのネタバレ!

恋つづ 最終回 感想

本記事ではTBS、テレ東系のドラマやバラエティーなど豊富なラインナップで人気の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」の新規会員登録方法を画像を用いながらわかりやすく解説していきます。 これからご紹... ドラマ【恋はつづくよどこまでも】最終話の予告動画 まずは「恋はつづくよどこまでも」最終話の予告動画を観て、気持ちを高めておきましょう! 「恋はつづくよどこまでも」最終話のあらすじ・ネタバレ 「恋はつづくよどこまでも」公式ページに最終話のあらすじが公開されました。 「恋はつづくよどこまでも」最終話あらすじ 出勤の準備をする佐倉七瀬(上白石萌音)と天堂浬(佐藤健)の前に突然、着物姿の流子(香里奈)と仁志琉星(渡邊圭祐)が現れる。 なんと仁志は、流子をお見合いの席から連れ去ってきたというのだ。 一方で、より看護師として成長したいと考えていた七瀬は、流子や若林みおり(蓮佛美沙子)をはじめ、身近な人たちの向上心に触発され始めていた。 七瀬は、看護師長の茉莉子(平岩紙)から看護留学を勧められるが、天堂と離れたくない気持ちから踏み切れずにいて…。 tbs. 交通事故の怪我から回復した七瀬は、ごはんを作っています。 そこに天堂が「おはよう」と起きてきます。 ごはんを作ってる七瀬をバックハグしてキスをし、一緒にご飯を食べる2人。 七瀬は夜勤に行く時間だと言い、準備をしようとパンを口に入れながら席を立ちます。 そんな七瀬に「ダメだ」と言いながらパンキスをする天堂。 そこに着物姿の流子と仁志が帰ってきます。 お見合いだったと言う流子。 そこに仁志がやってきて「結婚しないでくれ」と言います。 そんな仁志についていく流子。 お見合いを破談にしてきたようです。 実家に一緒に行くよう天堂に頼む流子ですが、天堂は断り代わりに七瀬が一緒に行くことになるのです。 天堂の実家に行った七瀬は、ド Sでラスボスの天堂の父親に初めは緊張していましたが、母親が作った小籠包に惹かれる七瀬。 人の家庭に口出すな。 君は誰なんだ?と言う父に嫌な予感がすると感じた天堂が実家にきて七瀬を「俺の彼女です」と紹介するのです。 そして両親の前で「俺を変えてくれたのが彼女です。 結婚したいと思っている人です」と言います。 その言葉を聞いて飛び跳ねて嬉しがる七瀬。 そんな2人の様子を見て優しく微笑む父でした。 先に実家から出てきた流子は、実家の前で仁志と会います。 一緒に謝ると言う仁志に「大丈夫」と言い歩き出す2人。 流子は、実家の天堂総合病院を継ぐ事を決意した事を話し、仁志に「一人前になったらまた会おう」と話します。 天堂が子供の頃に遊んでいた公園でブランコに乗る2人。 もう一度さっきの言葉を言って欲しい七瀬。 夢じゃないよねと不安になります。 「自分で自分をつねってみろ」と言い横を見ると七瀬がいません。 すると後ろからハグしてくる七瀬。 「もう絶対話しません。 先生は私のものだと言いふらします。 先生大好きです」と言う七瀬に嬉しそうな天堂なのでした。 そして天堂は仕事の帰りに指輪を買います。 仕事復帰した七瀬。 先輩ナース沼津の弟が海外看護留学のパンフレットを持ってくるのです。 興味がありそうな七瀬。 そんな七瀬の様子を見ている天堂。 みおりから食事に誘われて天堂と一緒にうな重を食べる七瀬。 そこでみのりの日記に「浬が言い医者になれますように。 その時笑顔でいますように」と書かれている事を知るのです。 そしてみおりは七瀬に感謝している事を伝えるのです。 酒井は来生に在宅で酸素をしたいと言う患者のことを話します。 検討すると言う来生に「結論を先延ばしにするのか」と。 来生が「検討すると言う時は、ムッとしてる時。 病室の前で立っている時は診断に迷いがある時。 カレーパンを食べてる時は疲れている時」とちゃんと来生の事を見ている酒井。 そんな2人の様子に天堂は「良く理解してるな」と来生に言うのです。 そこに杏里が退院すると朗報が入るのでした。 退院する杏里は、いっぱい勉強して天堂みたいな医者になると話します。 そして天堂に七瀬をりっぱな看護師に育ててねとお願いするのでした。 そこに主任たちから海外留学の話が舞い込んできます。 海外旅行にすら行った事がないといい断る七瀬の姿を見ている天堂。 天堂と七瀬は、ジェンカをして遊んでいます。 お互いを見つめながらジェンカを楽しむ2人。 必死になる天堂に愛嬌を振りまく七瀬。 そんな七瀬にキスをするです。 お風呂の後七瀬の髪を乾かしてあげる天堂。 七瀬が眠った後に机の上にある海外留学のパンフレットを見つけます。 本当は行きたそうにしている七瀬の気持ちを理解してるものの離れたくない気持ちもあり葛藤しているようです。 一方流子は実家の病院で忙しく働いています。 そこに仁志が面接にやってきます。 「2人で一人前になりたい。 流子の部下になってあなたを全力で笑顔にしたい」と言う仁志を抱きしめる流子。 そんな2人の様子を流子の父は嬉しそうに見つめています。 七瀬と天堂は、初めて2人が出会った場所います。 天堂は「留学しろ」と言います。 「先生は私と離れても平気でしょうけど」と言う七瀬に「俺だって離れたくないに決まってるだろう」と抱きしめる天堂。 そして天堂は、「今の俺は厳しくしてあげれない。 俺はもうお前を可愛がることしか出来ないんだよ」と看護師として成長したいと言う七瀬の背中を押してあげるのでした。 留学を決めた七瀬。 天堂と高級ディナーをする約束をしているため早めに仕事を終えていいと言われレストランに向かいます。 しかし緊急カテーテルの手術が入り天堂は閉店までくることはありませんでした。 帰り道不安で寂しくなる七瀬。 さらに雨まで降ってきます。 そこに傘をさした天堂があらわれ、「たった何時間会えないだけで頭が回らないほど寂しいのに、この先1人なんて耐えられる自信がありません」と天堂に抱きつきながら泣いてしまうのです。 そして七瀬が出発の当日。 天堂にとっては補助人工心臓の記者会見の日でもあります。 七瀬の出発は 18時と聞いていたため、会見が終わり次第空港へ行くつもりで会見に望みます。 しかし実は 16時出発でした。 来生がその事を天堂に伝えます。 火急の用事が入ったと言い天堂を空港に行くよう伝える小石川。 そのおかげもあり七瀬と空港で会うことが出来ました。 そして用意していた指輪をはめてあげます。 「お前浮気するなよ」と言う天堂に七瀬は胸ぐらをつかんで「ばぁ〜か」と言いながらキスをするのです。 1年後日浦総合病院にも新人ナースたちが入ってきました。 七瀬も帰国。 舞い散る桜をつかもうとするしている七瀬に「何やってるんだ、岩石」と声をかける天堂。 嬉しそうな七瀬に「相変わらず俺のことが好きでたまらないって顔してるな」と言い、「ただいま、先生」と七瀬。 「おかえり、七瀬」と言われ走って天堂の所へ。 2人は抱き合い、再会を喜びます。 酒井と来生は、相変わらず患者さんのことで言い合いになっています。 また結論を先延ばしにするのかと言われる来生。 決着をつけようと食事に誘うのでした。 帰国してバタバタしていた七瀬と天堂に日浦総合病院のスタッフからサプライズ挙式が用意されました。 バージンロードを歩く2人ですが、七瀬はそこでも転んでしまいます。 脱げた靴を優しく履かせてあげる天堂。 そして2人の誓いの言葉の途中で沼津の弟が倒れることに。 すぐに処置をするスタッフたち。 状態も落ち着いたところで天堂は、七瀬に「まだ聞いてなかったな。 誓うか?」と聞き、「誓います」と。 「先生、私のことが好きでたまらないって顔してます」と笑顔で言う七瀬に「身の程をしれ、岩石」と笑顔で言う天堂。 2人は誓いのキスをします。 スタッフに見守られ幸せそうな2人でした。 「恋はつづくよどこまでも」最終話を実際に観た感想 とうとう終わってしまいました。 最終回も健くんの予告通りお腹いっぱい&胸キュンの連続でしたね。 ドラマ冒頭からのバックハグからのキスにパンキス。 そして実家でのプロポーズらしき言葉に、ブランコでのバックハグなど最終回は本当に2人のラブラブがてんこ盛りでした。 ジェンカキスの後の髪を乾かしてるシーンも、この2人やっとそういう仲になったのねと嬉しく思いましたし、空港で魔王が「七瀬」と呼んだ時は、思わず叫んでしまいました。 そして空港での勇者からの「ばぁ〜か」と胸ぐらをつかんでのキス。 一番好きなシーンです。 映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」のラストのキスシーンを思い出す程。 普段男の方がドSな感じなのに、女性がドSな感じで攻めてきたときに男性がためらう感じがいいですよね。 空港のキスシーンもそんな感じでした。 それにしても魔王。 指輪を出すだけでなのに何であんなに激しい出し方をしたのでしょうか?思わず笑ってしまいました。 また魔王を空港に行かせるために小石川の機転の利き方にウィンク。 思わず「カッコいい」と言ってしまいました。 ハッピーエンドになることは分かっていましたけど、ラストの幸せそうな2人。 見てるこっちも幸せな気分になり、お決まりのドラマ終了後のTwitterを見ながらまたキュンキュンして、そしてロスになりまた最終回を見直してしまった私。 しばらくYouTubeで何度も好きなシーンを見る日々が続きそうです。 続編希望です。 留学して成長した看護師としての七瀬。 そして魔王との新婚生活を描いて欲しいです。 映画でもいいですし、スペシャルドラマでもいいです。 あの感じだと続編はなさそうですが、でも見たいです。 また王道のラブストーリーでキュンキュンしたいです。 今みたけど天堂先生時々見せる全力笑顔可愛すぎるしキスした後に絶対音出すんよ モヤモヤしない最終回で最高だった🥰 完全に恋つづロス — こゆり。 php on line 694.

次の

【恋はつづくよどこまでも(恋つづ)】最終回のネタバレと感想!視聴率は?

恋つづ 最終回 感想

もくじ• ひょんなことから、家族に天堂を紹介することになるが、結婚の挨拶だと舞い上がる佐倉家をよそに、「先生に好きって言ってもらったことがない」と気づいた七瀬は不安な気持ちに。 そんな中、七瀬は、診療所の院長を務める中沢(モロ師岡)の医師としての志に心動かされ、天堂と共に東京へ戻り、患者の命と真摯に向き合う決意を新たにする。 日浦総合病院の副院長・小石川六郎(山本耕史)の計らいもあり、循環器内科に復職することができた七瀬。 再び看護師として奮闘しながらも、なかなか気持ちを伝えてくれない天堂に不安を覚え、どうにかして誘惑しようと躍起になっていた。 そんな矢先、七瀬と天堂は、歩行者を巻き込んだ交通事故の現場に遭遇し・・・。 ドラマ「恋はつづくよどこまでも」9話までを振り返って このドラマ「恋つづ」で驚いたのは、視聴率の上がり方ですね。 これまでの視聴率を振り返ると 1話 9. 9% 2話 10. 5% 3話 10. 2% 4話 10. 6% 5話 9. 7% 6話 10. 9% 7話 11. 9% 8話 12. 1% という感じで12. 1%まで上がってきました! これは、義母と娘のブルースを思い出すような評価のされ方ですね! 佐藤健さん&上白石姉妹、恐るべし・・・ぎぼむすは、綾瀬はるかさんもかなり良かったですよね。 ドラマ「恋はつづくよどこまでも」9話はどうなる? 9話では、七瀬の実家に天堂が行き、家族に天堂を紹介することになるが、結婚の挨拶だと舞い上がる佐倉家・・・。 とありますね。 そして七瀬と天堂は共に東京へ戻り、患者の命と真摯に向き合う決意を新たにする。 そして再び看護師として奮闘しながらも、なかなか気持ちを伝えてくれない天堂に不安を覚え、どうにかして誘惑しようと躍起になったり、七瀬と天堂は、歩行者を巻き込んだ交通事故の現場に遭遇したりと、色々とあります。 ちなみに、原作ではこんな場面もあります。 天堂は海外留学する事になり、海外留学するまでの間、「恋人らしいこと」を満喫すると、七瀬と天堂は決めます。 そんな限られた時間の中で愛を深めるけれど、天堂の実家の跡継ぎ問題が勃発します。 そして天堂の実家の病院に七瀬が押しかけて、天堂の父親に直談判したり、色々とあります。 これは9話では描かれなそうなので、最終回の10話で出てくるのか? 何にしてもこれから残り少しの「恋つづ」が楽しみですね! ちなみに「恋はつづくよどこまでも」の原作最終話のネタバレはこちらの記事にあります。 ドラマ「恋はつづくよどこまでも」9話のネタバレ 「こんなことで喜ぶなら、いくらでも言ってやる。 好きだ。 お前が好きだ。 人は伝えたい想いがピュアであるほど、涙が込上がってしまうのかもしれない。 「何事にも一生懸命なところ」 「どんなに怒られてもめげないところ」 「患者さんのことをよく見てるところ」 「人を信じすぎるところ」 「ご両親に愛されて育ったところ」 「自分で色気がないと思ってるところ」 「酔っ払うと変な歌うたって」 「ソフトクリームをうまく食べられなくて」 「家事がまったくできなくて」 「すぐ寝落ちして」 「笑った顔が誰よりもかわいい・・・」 七瀬のどんなところが好きなのかを、ひとつずつ挙げていく天堂の目が次第にうるんでいく。 まさに、魔王の目にも涙・・・。 天堂の目からあふれる美しい涙に、改めて思い知らされる。 第1話では、ただ一方的に気持ちをぶつけるだけだった七瀬も、第9話では、看護師として、そして天堂のパートナーとしての成長をしっかりと見せてくれました。 突然の事故にも動じることなく対応し、自分のことは後回しにしてでも、多くの人を救おうと健闘する。 もしかしたら、そのまま倒れてしまうのではないかと過去の悲しみとリンクして不安になった天堂の目を見つめて 「大丈夫。 私はいなくなったりしません」 と言った七瀬の力強い眼差し・・・。 そして来週はいよいよ最終回の10話です! この恋がどこまで、七瀬と天堂を突き動かしていくのか・・・。 そして、私たちが、その恋を見届けることで、どんな気持ちを抱くことができるのか・・・。 なんと仁志は、流子をお見合いの席から連れ去ってきたというのだ。 一方で、より看護師として成長したいと考えていた七瀬は、流子や若林みおり(蓮佛美沙子)をはじめ、身近な人たちの向上心に触発され始めていた。 七瀬は、看護師長の茉莉子(平岩紙)から看護留学を進められるが、天堂と離れたくない気持ちから踏み切れずにいて・・・。 漫画「恋はつづくよどこまでも」の最終回ネタバレ 原作の「恋はつづくよどこまでも」の最終回では、3年後の世界から始まる。 新人ナースを指導するようになった七瀬。 新人ナースから 「佐倉さんがいなかったら続けてこれなかったかも・・・」 なんて言われるほどに先輩として、頼りになる存在になっていました。 今では考えられないですね 笑 七瀬に指導されている新人ナースの山本は、担当の患者がなかなか曲者のようで、担当としての付き合いが難しい様子・・・。 しかし、そこを七瀬がサポートして、何とかやっていけているようです。 そこで七瀬は、明日休みを取るようです。 明日、天堂がようやく帰国するそうです。 2年間はちょこちょこ帰国してましたが、3年目は忙しくて帰ってこれず、メールのみのやり取りでした。 空港に迎えに行くつもりの七瀬は 「1年も会ってなかったから、さすがに変わって見えるところもあるよね・・・先生がガッカリしないといいんだけど・・・」 と心配そうにしています。 そんな時、新人ナースの山本からメールが届く。 「少しだけ病院にかを出せないか?」 という内容に 「マジかーーーー!!!!!」 となる七瀬。 そして七瀬は病院へ向かいます。 天堂にメールをすると、天堂はため息をつきながらも 「なら俺から病院まで会いに行くか」 と言いスーツケースを転がします。 そして病院に着いた天堂。 看護師やスタッフから迎えられるも 「けど、何で病院に来た?」 と聞かれてしまった。 どうやら七瀬はとっくに病院を出て迎えに行ったらしいです。 またすれ違う2人!! さすが!! 七瀬からは何の連絡もきておらず、 「あのバカ!全く!!」 とプンスカして出て行く天堂。 そして、七瀬に天堂から着信がくる。 七瀬は喜びながら電話に出るも、天堂からは 「おいバカ、今どこにいる?」 と言われます。 いかにも天堂! 行先をメールしたはずが、送信できていなかった事に気づく七瀬・・・変わってない・・・。 そんな七瀬に、天堂は 「そこに行くからもう動くな!」 と言われ、待っていてもなかなか会えない2人。 そして天堂から電話がきて、タクシーで現場へ向かう七瀬。 「先生ー!来ましたよー!どこですかー!?」 と公衆の面前で涙を浮かべながら叫ぶ七瀬。 そこを天堂に呼び止められ、ようやく再開できた2人。 天堂は七瀬を優しく抱きしめます。 そして最後、2人は婚姻届けを出します。 天堂の父親には快諾してもらえなかったものの 「籍入れちまえばこっちのもんだ」 と言う強気な天堂。 天堂に一目惚れしてから10年。 ようやく婚姻届けを出して夫婦になりました・・・。 原作の評価は良いですし、ドラマの評価も凄く良いですね! また、Paraviでは主演キャストも出演するチェインストーリーが限定配信されます! これも見逃せないですね!.

次の

恋はつづよどこまでもの最終回のネタバレ、感想!各シーン動画あり!全員集合動画!

恋つづ 最終回 感想

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』最終回のあらすじ・ネタバレ 七瀬が天堂家へ 朝からラブラブな佐倉七瀬(上白石萌音)と天堂浬(佐藤健)。 そこへ着物を着た流子(香里奈)が仁志琉星(渡邊圭佑)とともに入ってきます。 なんと仁志はお見合い中の流子を略奪してきたのでした。 父の怒りを和らげるため、流子は七瀬に天堂家に行かないかと誘います。 そして七瀬は、流子が「ラスボス」と言う浬の父に会いに行くことになります。 父の第一声は「邪魔だ、岩石」。 浬よりもずっと怖い父に七瀬は恐縮してしまいます。 しかし、父が流子に「このままだとお先真っ暗だぞ」と言い出すと、七瀬は流子のことを日本一かっこいい女性だと反論します。 そして流子と父がケンカするのを和らげようと、浬の母が作った点心を食べようと提案します。 その姿に父は「だいたい誰なんだ君は」と怒りますが、「俺の彼女だよ」と浬が入ってきます。 そして、自分を変えてくれた女性で結婚したいと考えてると七瀬のことを紹介します。 その言葉に大喜びする七瀬。 すると堅物な父もテーブルにつき、みんなで点心を食べ始めます。 流子が外に出ると仁志が来ていました。 一緒に謝るという仁志でしたが、流子はもう大丈夫と言うと一緒に歩き始めます。 そして父が経営する病院へたどり着くと、「うちの堅物親父見返してやるんだから」と流子。 病院を継ぐ決意を固めます。 流子は「私が一人前になったらまた会おう」と言いますが、驚きを隠せない仁志に「待てないよね、若いもんね」と言って去ってしまいます。 七瀬は浬と公園へ。 ブランコに乗って、「さっきの夢じゃないですよね」と七瀬。 浬が「自分でつねってみろ」と言うと、七瀬は浬に勢いよくバックハグ。 改めて「大好きです」と言うのでした。 その後一人で街を歩いていた浬はティファニーを見かけると中に…? 看護の海外留学に推薦される七瀬 ある日、沼津幸人(昴生)の弟が病院に来ることに。 弟(亜生)は海外看護留学のパンフレットを持ってきます。 七瀬と浬は若林みおり(蓮佛美沙子)と一緒に食事。 2人のラブラブな様子を見ながら、みおりはみのりのノートを取り出します。 その中には「浬が笑顔でいますように」と書かれていました。 そしてみおりは「姉の願い叶えてくれてありがとう」と言うのでした。 一方、病院では酒井結華(吉川愛)が治療方針について来生晃一(毎熊克哉)に相談していました。 「考えておく」と言う来生に「結論を先送りにしていたら、いつまで経っても進めませんよ」と結華。 来生のことは何でもわかっていると言い残して去ります。 手術を受けた杏里(住田萌乃)は退院することに。 「天堂先生みたいな医者になるの」と夢を語った杏里は「看護師としての目標は?」と七瀬に聞きます。 「まだまだ修行あるのみ」と答えた七瀬。 そのあと根岸麻莉子(平岩紙)に看護留学を勧められますが、七瀬は断ってしまいます。 浬は七瀬の部屋で一緒にジェンガをします。 流子が父の病院を継ぐことになったと話します。 七瀬が先に寝ると、浬は七瀬の机に看護留学のパンフレットがあるのを見つけるのでした。 それぞれの運命 父の病院でバリバリ働き出した流子。 面接と言って向かった先には仁志がいました。 「僕が部下になって、全力であなたを笑顔にします」と語る仁志に、流子はハグ。 その様子をそっと見ていた流子の父も、笑顔でその場をあとにします。 ある日七瀬は浬とともに、最初に会ったときに行った神社へ。 そして最初に出会った場所を通りがかります。 七瀬は今までのことを振り返ります。 すると浬は立ち止まって「行けよ、留学。 行きたいんだろ」と言い始めます。 1年も離れるなんて耐えられないと言う七瀬に「俺だって離れたくないに決まってるだろう」と浬。 七瀬は浬から、好きという気持ちと看護師になりたいという気持ちをもらったと話します。 そして、もっと看護師として成長したいと。 そんな七瀬にマフラーをかけ、今の自分は七瀬に優しくすることしかできないと言い、留学の後押しをします。 最後までドタバタな見送り 七瀬の海外留学が正式に決まります。 感慨にふける根岸。 その夜七瀬は浬とのデートで、初めての高級ディナーへ。 浬も急いで病院を出ようとしますが、患者の急変で呼び止められてしまいます。 七瀬は一人で待ちますが、閉店の時間になっても浬は来ませんでした。 暗い顔で歩いていると雨が降ってきます。 そこへ浬が。 七瀬は泣きながら飛びついて「たった何時間か会えなくなるだけで、頭が回らなくなるほど寂しくなるのに」「一人なんて耐えられる自信がありません」と打ち明けるのでした。 浬は七瀬を優しく包み込みます。 いよいよ出発の日。 浬は小石川六郎(山本耕史)と会見の仕事。 そんな中、根岸が七瀬がフライトの時間を間違えていることに気づきます。 来生が慌ててその事実を伝えに会見の会場へ。 すると小石川が会見を代わり、浬は急いで空港へ向かいます。 その頃空港に着いた七瀬は、係員の案内で初めて時間を間違えていることに気づきます。 あたふたしている中、なんとか七瀬を見つけた浬は「七瀬!」と叫びます。 謝る七瀬に「バカ、とりあえず抱きしめさせろ」と抱きしめる浬。 そして「今から言うことをよく聞け」と話し出し、最後に「戻ってきたら…俺と結婚しろ」と浬がプロポーズをします。 七瀬は涙ぐみながら「はい」と答えます。 浬はポケットの中から指輪を取り出すと、七瀬の左手の薬指に。 浮気するなよと言う浬に、七瀬は浬の襟元を掴んで「バカ」と言ってキスします。 勇者と魔王がついに結婚…! …1年後。 病院には新人ナースが入ってきます。 いよいよ七瀬が帰ってくる日。 バスを降りた七瀬が桜の花びらを掴もうとしていると浬に見つかります。 「おかえり、七瀬」と言う浬に七瀬は飛びつきます。 病院では結華と来生がまた治療方針でもめていました。 「また結論を先延ばしにするんですか?」と言う結華に来生はついに「いや決着はつけよう」とご飯に誘うのでした。 その様子を微笑ましく見つめていた七瀬。 根岸を中心に同僚たちで結婚式の準備をしてくれていました。 式場に続々と人が集まります。 そこへドレスアップした七瀬と浬が入ってきて、バージンロードを歩きます。 途中で七瀬がこけてしまいますが、浬は脱げた靴をそっと履かせると「バーカ」と言い、再び歩き始めます。 小石川から祝福の言葉をもらうと、神父の前へ。 七瀬が「誓いますか?」と聞かれたタイミングで、沼津の弟が急に倒れてしまいます。 すばやく対処すると全員で病院へ。 弟は大したことなく無事でした。 浬は誓いの返事を聞いていないと言い、「誓うか?」と七瀬に聞きます。 七瀬が「誓います」と答えると、みんなが「おめでとう」と祝福。 「先生、私のことが好きでたまらないって顔してますね」と七瀬。 浬はその言葉に微笑むと優しくキスするのでした。 ドラマ『恋はつづくよどこまでも』最終回の感想 最終回の第10話。 七瀬は一人で海外留学に行くことになりますが、そんな恋の試練を乗り越えて、2人はついに結婚…!まさかこんな風になるとは、最初は予測できませんでした。 そして今回は2人のラブラブな胸キュンシーンが満載でした。 また、七瀬が海外に行く前、浬が空港に駆けつけるシーンではついに浬が七瀬を名前で呼びます。 名前を呼ぶのは初めてだったので、ドキッとするシーンでした。 今まで消極的だった七瀬が、大胆になっているのも素敵でしたね。 結婚後の2人の様子も気になります。 本当にドキドキするシーンが満載なドラマでした。 はじめて登録する方は、2週間無料です!ぜひお試しください。 Paraviオリジナルストーリー「」も一緒に見ることができますよ。

次の