エクセル フリガナ 関数。 氏名を入力すると自動で「姓」「名」を分割し、フリガナを表示

PHONETIC関数でふりがなを設定しようとしても、もとの漢字のままが表示されるとき

エクセル フリガナ 関数

スポンサーリンク ふりがなの仕組み では、しょっぱなから重要ポイントを。 Excelでは、入力したときの読み情報が、セルに記憶されます。 Excelは、人間が漢字に変換する前に、「あいはら」と入力したことを記憶し、 「まさき」と入力したことを記憶します。 ですので、このセルには「あいはら まさき」という読み情報が、自動的に記憶されたことになります。 Excelでは、この読み情報を表示して、ふりがなとして活用していきます! そして、その読み情報の記憶されたセルとは別のセルに、読み情報を表示させるのが、これからご紹介する PHONETIC関数。 「フォネティック」と読みます。 それでは早速、PHONETIC関数についてマスターしていきましょう! PHONETIC関数の使い方 今回は、C列の「フリガナ」欄に、B列の各「氏名」のセルに記憶されている読み情報を表示して、ふりがなとして活用していきましょう。 まずは、ふりがなを表示させたいセル範囲のうち、先頭のセルをし、[関数の挿入]ボタンをクリックすると、 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されます。 [関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 今回は PHONETIC関数を使いたいので、一覧から「PHONETIC」をクリックで選択し、[OK]ボタンをクリックします。 ちなみに、この一覧から「PHONETIC」を選択する際、「PHONETIC」の頭文字である「P」のところまで、を使うと便利です。 前のダイアログボックスで「PHONETIC」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。 [参照]欄には、どのセルの読み情報を表示させたいのか、そのセル番地を指定しますので、[参照]欄に文字カーソルが入っていることを確認し、 B2番地をクリックすれば、[参照]欄にB2番地が設定され、「B2番地の読み情報を表示してふりがなとしてね」という指定になります。 [OK]ボタンをクリックすると、 B2番地の読み情報が表示されました! たった今、数式を入力したC2番地が選択されている状態で数式バーを見ると、設定したばかりのPHONETIC関数の内容を確認することができます。 見たそのまんま、「B2番地のふりがなを表示してね」です。 もちろん、今回のようにダイアログボックスを使わず、この数式を直接C2番地に入力しても、同じ結果となります。 残りのセルにも数式をコピーしていきましょう。 数式を入力したC2番地が選択されている状態で、すれば、 残りのセルにも数式をコピーすることができました! もし、読み方が違っていたのでふりがなを修正したい場合や、カタカナで表示されているフリガナを、ひらがなで表示したい場合には「」をご覧ください。

次の

Excel(エクセル)でのPHONETIC関数の使い方|振り仮名(ふりがな)の付け方と表示されない時の原因

エクセル フリガナ 関数

カタカナをひらがなへ変換する:Excel関数の技• カタカナをひらがなへ変換する• 入力されたカタカナをひらがなへ、または、ひらがなをカタカナへ変換する方法です。 スポンサードリンク• VBAでは文字種を変更する関数(StrConv)を利用することができますが、ワークシート関数にはこのような関数はありません。 カタカナが入力されています。 カタカナのセルB2:B9を選択します。 「ふりがな」タブの種類で「ひらがな」にチェックを入れます。 D2セルに ひらがな が表示されました。 D2セルの数式をD9セルまでコピーします。 これで完成・・・としたいのですが、 ふりがなの設定が変更されたら、カタカナに戻ることがあります。 D2:D9セルをコピーして、値の貼り付けで セルの値を数式からひらがなの文字列に変更します。 操作方法は上記と同じです。 ここでは手順が少ない方法を書いてみます。 ひらがなのセルD2:D9を選択します。 「ふりがな」タブの種類で「全角カタカナ」にチェックを入れます。 [OK]ボタンをクリックします。 すると、貼り付けオプションが表示されるので、[Ctrl]キーを押して、リストを展開します。 値の貼り付けは V となっているので [V]キーを押します。 VBAを使う場合は、StrConv関数が使えますので、下表のようなコードで変換ができます。 カタカナへ変換する場合は c. Offset 0, 2. Value, vbKatakana とします。 Sub test Dim c As Range For Each c In Range "B2:B9" c. Offset 0, 2.

次の

【PHONETIC関数:エクセル】漢字のフリガナを一発表示してくれる変換関数

エクセル フリガナ 関数

そして、メニューの「ホーム」タブの [フォント] セクションにある「 ふりがなの表示」をクリックします。 すると、漢字の上に「レモン」という ふりがなが表示されます。 すると表示されていた ふりがなが非表示になります。 ふりがなを編集・修正する ふりがなの自動表示機能は、ユーザーがタイピングした情報を元に ふりがなを表示させます。 そのため、たまに意図しない ふりがなが表示されることがありますが、簡単に ふりがなを編集することができます。 編集したいセルを選択した状態で、メニューの「ホーム」タブの [フォント] セクションにある「 ふりがなの編集」をクリックします。 すると、対象セルの漢字が 緑色で表示され、ふりがな部分が編集可能になります。 しかも、 セルごとに「ひらがな・カタカナ」を切り替えられます。 ふりがなの設定 メニューの「ホーム」タブの [フォント] セクションにある「 ふりがなの設定」をクリックします。 「ふりがなの設定」フォームが表示されるので、ふりがなの種類を「ひらがな」にします。 つぎに、冒頭で紹介したメニューの「ホーム」タブの [フォント] セクションにある「 ふりがなの表示」をクリックするだけです。 すると、表示されていた ふりがなが一括で削除(非表示)されます。 書式としては; =PHONETIC 参照 のように表されます。 PHONETIC関数のふりがなを ひらがなや半角カタカナにする PHONETIC関数によって表示された ふりがなを「ひらがな」「カタカナ」「半角カタカナ」でそれぞれ表示分けさせるには、前述の「 ふりがなの設定」でコントロールします。 この時の注意点として、設定するのは PHONETIC関数が使われているセルではなく、 漢字が入力されているセルに設定する ので間違えないようにしましょう。 ふりがなが表示されない!? コピペした漢字はそのままでは ふりがなが表示されない ふりがなが表示されないメジャー要因として、その漢字がセルに直接タイプされた文字ではなく、コピペされた文字の場合があります。 ふりがなのデータは、ユーザーがタイピングした情報が元になっているので、コピペした漢字ではエクセルが正解の ふりがなを確定することが出来ず「表示されない」という結果になります。 この場合は、自動表示だけでなく PHONETIC関数でも表示されません。 しかし、ほんのひと手間で ふりがなを復活させることができます。 ふりがな が表示されないときの対処法 サンプルとして、ウェブサイトからコピーした「蒟蒻」という漢字を貼り付けます。 すると、セルに「こんにゃく」という ふりがなが現れました! このまま Enterキーを押せば ふりがなの表示に成功します。 一度ふりがなが表示されれば、PHONETIC関数も反応するようになります。 ふりがな機能があるからといって、やみくもに漢字ばかり使ってはいけません。 漢字が多いと「読みにくい資料」になってしまいます。 これは読み手の知識の問題ではなく、すっきり感がなくなることで「無意識に」読むことに抵抗を感じさせるからです。 以上で、エクセルで漢字に ふりがなを自動でふる方法 と、 ふりがなが表示されない場合とその対処法 についての解説は終了です。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 テーブル エクセルで見やすい表の作り方について解説。 見やすい色や罫線、そのほか小さな工夫で表は見違えるほど見やすい表に変わります。 テーブルスタイルなど便利な機能についても説明します。 エクセルグラフ エクセルで見やすいグラフ・きれいなグラフの作り方です。 グラフがあることで、数値の差や変化などが視覚的に伝わることにより資料を見る人が理解しやすくなります。 ページ設定・タイトル行 エクセルで件数の多いデータを扱っていると、1行あるいは複数行の「タイトル行」を固定して印刷したいときがあります。 タイトル行の設定により解決する方法について解説! 条件付き書式・MOD関数・ROW関数 Excelでセルを1行おきに色づけする方法について解説します。 条件付き書式とMOD関数・ROW関数をつかってデータの並べ替えに強い色付けを解説します。 グループ化 行や列を折りたたむ「グループ化」の機能について解説。 たたむ・展開するの切替えはワンタッチで簡単!この グループ化 で見た目もすっきり、そして機能的な作表に挑戦しましょう。 ウィンドウ枠の固定 ウィンドウ枠の固定で複数の行や列をロックして表示する方法を解説。 ヘッダー部分や左端の列をロックし画面をスクロールしても動かない様にします。

次の