ワイモバイル 機種 おすすめ。 【2020年最新】ワイモバイルのおすすめ端末・スマホ8機種まとめ!お得なキャンペーンも解説

ワイモバイルおすすめスマホ12機種比較【2020年最新】価格やスペックは?iPhoneはある?

ワイモバイル 機種 おすすめ

オンラインストアで適用されるキャンペーン キャンペーン 特典内容 オンラインストア適用の可否 ソフトバンク運営 Yahoo! モバイル 機種代割引 オンラインストアでの購入機種は、以下の金額が税込で割引される。 新規契約:14,400円• 他社から乗り換え:14,400円• 契約変更 PHSから乗り換え :7,200円• プランSを契約すると、PayPayボーナス3,000円相当• JAPAN IDでログインして特典エントリーをし、申し込みの翌月末までに「Y! よりオトクになりやすいのは、たくさんのPayPayボーナスライトをもらえる「Yahooモバイル内のオンラインストア」になります。 どちらのオンラインストアで、どのキャンペーンを適用するかはとても重要です。 「どのキャンペーンが実際に適用できる?」 「どういったキャンペーンの組みあわせで申し込めばいい?」 上記のような疑問や不安を持った方は、 各キャンペーンの内容や組み合わせをまとめている下記ページをご覧ください。

次の

【最新】ワイモバイルタイムセールの落とし穴と注意点!おすすめスマホはどれ?

ワイモバイル 機種 おすすめ

iPhone 7• HUAWEI P30 lite• HUAWEI nova lite 3• Xperia 8• iPhone 6s• Android One X5 この7機種の良い点・悪い点、さらに実際の利用者の口コミを参考に解説していきます。 1位:iPhone 7 iPhone 7は、2016年に発売されたApple社からは初の電子マネー Felica に対応したスマホです。 前作のiPhone 6sと比較するとカメラ、 バッテリー要領、プロセッサ、その他諸々が大幅に進化を遂げています。 販売当初はなかなか手に入らないほど、爆発的に売れました。 販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い 35,784円~ 3,172円~ ワイモバへの乗り換えはヤングモバイル経由もお得 ワイモバイルのおすすめ機種ベスト7を紹介してきました。 機種を決めた方は、ヤングモバイル経由でワイモバに契約するのがおすすめです。 ヤングモバイルとは ワイモバイルの正規代理店です。 なんとヤングモバイル経由で契約するだけで、最大2万円のキャッシュバックが受けれます。 当然、ヤングモバイル経由で契約しても、機種、料金、プラン、サービスなどはワイモバイルのままです。 ただ ヤングモバイル経由というだけで、現金2万円がもらえるので、メリットしかありません。 ワイモバイルへの乗り換えはぜひヤングモバイル経由で行ってください。 ランキング外全機種の口コミ・評判 上記ではワイモバイルのおすすめ機種ベスト7をご紹介しました。 でも先ほどの7つの端末以外にも、ワイモバイルには多くの機種があります。 その機種の中には、 販売価格がとても安い端末もあるので、コスパを重要視する人はぜひ参考にしてください。 Android One S5 シャープ株式会社から2018年12月下旬に発売されたAndroid端末。 販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い 14,184円~ 2,572円~ Android One S1からAndroid One S5に機種変更したら、端末自体が非常に軽く、容量も16GBから32GBに増えたので満足。 なによりスマホ画面が大きくなったのが良かったです。 Android One S4 京セラから発売された、Android端末。 Android One S5の1世代前の端末なので、スペック面ではS4が完全に劣る形になります。 また、地味に製造元が異なっているので、 IGZOディスプレイなどは採用されていないのが残念なところ。 分割払いができないので、端末料金は一括払いの32,400円なのがデメリット。 つまり、月額割引を適用できないのでお得感は薄いです。 販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い 10,584円 2,472円~• ストレージ容量が小さい• 国内DSDSに非対応• ワンセグ/おサイフケータイに非対応• 最新Android OSへのアップデート更新が終了している 今月の特にオススメ3機種を厳選! ここまで、ワイモバイルで販売されている機種を全て比較してきました。 その上で、 オススメトップ7に入っている中で特に良いと感じる機種を3つピックアップしました。 iOSを選ぶなら「iPhone 7」 iPhone 7は初めてiOSでfelicaが搭載された端末で、昨今の電子マネー普及に伴って価値も高まっています。 販売価格は多少高くなっていますが、ワイモバイルの契約更新がされる2年間使うことを前提に考えると、コストパフォーマンス自体は悪くありません。 また、iPhone 7でしたら高負荷のゲームアプリも難なくこなせます。 個人的には、ワイモバイルで今最もオススメできる機種です。 厚さ8. Androidを選ぶなら「HUAWEI P30 lite」 Androidを選ぶのでしたら、ワイモバイルなら「HUAWEI P30 lite」以外ありえません。 非常にコストパフォーマンスに優れており、 その年にAndroidで最も売れた端末としてランクインしています。 おサイフケータイに対応していないのは少々痛いですが、なるべくコストをかけずにワイモバイルへ乗り換えたい人にオススメしたい機種です。 機種を決めたらヤングモバイル経由での契約もおすすめ 今回はワイモバイルのおすすめ機種ベスト7を中心に紹介してきました。 契約機種を決めた方は、先ほどもお伝えしたようにヤングモバイル経由での契約が絶対におすすめです。 ヤングモバイルを経由してワイモバイルに契約するだけで、最大で現金2万がもらえます。 ぜひお得にワイモバイルへ乗り換えてください。

次の

新機種購入なら絶対お得!Y!mobile(ワイモバイル)の月額割引とは?

ワイモバイル 機種 おすすめ

2019年10月1日よりY! mobile(ワイモバイル)の 料金プランが新しくなります。 定期(2年)契約のあるプランは新規受付を終了し、 契約期間の縛りがないスマホベーシックプランがメインに。 また、新しい容量のプランRが登場します。 スマホベーシックプランの通信容量は2年間のデータ増量オプション無料キャンペーンを適応しています。 2019年9月30日までのスマホベーシックプランSの5,480円、2年縛りのあるスマホプランSの2,980円と比べると、データ通信容量はそのままで利用しやすくおトクになっています。 ワイモバイルの月額割引はどんな制度? で新機種を購入にしたときに、割引特典を受けられる月額割引。 具体的にどのような制度なのかを紹介します。 ワイモバイルの月額割引は2種類存在する ワイモバイルの月額割引には、月額割引と月額割引 F の2種類が存在します。 月額割引は長い間行われている割引特典であるのに対し、月額割引 F は2018年の2月から始まった新しい割引特典となっています。 月額割引を受けるには、バリュースタイルに加入する必要あり ワイモバイルで新機種を契約して月額割引制度を受けるには、バリュースタイルというプランに加入する必要があります。 バリュースタイルは、ワイモバイルが指定する機種を購入する際、加入すればバリュースタイル販売価格で購入ができるというプラン。 つまり、バリュープラン指定の機種を購入する際は、加入しておいて損はないプランになります。 月額割引を受けるには通常のバリュープラン、月額割引 F を受けるにはバリュープラン F にそれぞれ加入する必要があります。 通常のバリュープランとバリュープラン F のどちらに加入できるかは、ワイモバイルで購入する機種によります。 バリュープラン F の対象かつ販売中の機種は、2019年の9月現在、以下の機種となっており、それ以外のほとんどの機種は、通常のバリュープランの対象となっています。 HUAWEI P20 月額割引が適用された場合の月々の支払額は? 出典: バリュースタイルに加入した場合、毎月の利用料金が割引になる月額割引が適用されます。 月額割引が適用されるのは、機種購入の2カ月目から。 月々の利用料金から、定められた一定額が毎月割引されます。 月額割引が適用される期間は、機種により異なり、分割購入した場合の分割回数と同じ、24カ月もしくは36カ月となっています。 したがって、新しい機種を分割購入した場合、毎月の支払い額は、機種代金を分割した料金に、毎月の利用料金を足して、そこから一定額の月額割引料金を除いた合計金額になります。 機種を一括購入した場合でも、月額割引は適用され、その機種を分割購入した場合の分割回数だけ、毎月の支払額から割引されることになります。 月額割引の金額は? それでは、月額割引の金額は、一体いくらなのでしょうか。 実は、月額割引が適用された場合の割引額は、契約する料金プランによって、そして機種によっても異なります。 ワイモバイルには、高速データ通信ができるデータ容量によって、スマホプランS(データ量: 月々1GB)、スマホプランM(データ量: 月々3GB)、スマホプランL(データ量: 月々7GB)の3つのプランがありますが、スマホプランSよりも、スマホプランM、スマホプランLの方が月額割引による割引額が大きくなっています。 ワイモバイルの月額割引、対象となる機種は? 上で説明したように、バリュープランに加入して、月額割引を受けられるのは、ワイモバイルが指定する機種に限られます。 ここでは、月額割引の対象となる機種の中から、人気の高い機種をいくつか紹介します。 iPhone 7 出典: ワイモバイルで購入できるiPhoneシリーズの中での最新機種は、2019年9月現在iPhone 7となっています。 iPhone 7はバリュープランの対象機種。 新規で分割購入をする場合の月々の分割機種代金と、プランごとの月額割引の額は、以下の表のとおりとなっています。 iPhone 7 Y! iPhone 6sもバリュープランの対象機種で月額割引を受けられます。 新規で分割購入をする場合の月々の分割機種代金と、プランごとの月額割引の額は、以下の表のとおりとなっています。 月額割引による割引額は、スマホプランの種類によらず一定となっています。 iPhone SE Y! HUAWEI P30 liteもバリュープランの対象機種で月額割引を受けられます。 新規で分割購入をする場合の月々の分割機種代金と、プランごとの月額割引の額は、以下の表のとおりとなっています。。 防水・防塵対応で、画面に水滴がついてもスムーズな動作が可能なのでお風呂や台所で手が濡れたままの操作もできます。 このAndroid One S5も、バリュープランの対象機種。 新規で分割購入をする場合の月々の分割機種代金と、プランごとの月額割引の額は、以下の表のとおりとなっています。 月額割引による割引額は、スマホプランの種類によらず一定となっています。 Android One S5 Y! ここでは、ワイモバイルの月額割引の注意点を紹介します。 契約期間の縛りがある これは月額割引の注意点というよりも、ワイモバイルと契約する際の注意点ですが、ワイモバイルには、一般的に「2年縛り」などと呼ばれる契約期間の縛りが存在します。 これは、契約から約2年で訪れる契約更新月以外に解約をすると、契約解除料がかかってしまうというものです。 この契約期間の縛りがない、スマホベーシックプランも用意されていますが、縛りのあるプランと比べると、月額で2,500円も高くなってしまうので、安い料金で利用したいというのであれば、あまりおすすめできません。 プラン変更時に、割引額が減額になる場合がある 月額割引に関する注意点として、契約期間中にプラン変更を行うと、割引額が減額される可能性があることが挙げられます。 月額割引の金額は、上でいくつかの機種を例に挙げて説明したように、スマホプランによって異なります。 そのため、たとえばスマホプランMからスマホプランSに変更した場合、元々スマホプランMの場合の割引額だったものが、スマホプランSの場合の割引額に変更されてしまいます。 さらに注意が必要なのが、その後で再度スマホプランMに変更したとしても、スマホプランSの場合の割引額のままになってしまうということです。 したがって、プラン変更時は月額割引の割引額のことも考えて、慎重に判断してください。

次の