三菱 エコキュート 入浴 剤。 三菱電機 エコキュート:三菱の特長 三菱ならではの快適機能 / バブルおそうじ

エコキュートに入浴剤はダメの真相を聞いてみた。

三菱 エコキュート 入浴 剤

エコキュートに入浴剤を使うと故障の原因になるとよく聞きますが本当でしょうか? お風呂を楽しむのに入浴剤を使いたいのに、エコキュートにすると故障するのに使えないのはガッカリしてしまいます。 そこでこのページでは エコキュート各メーカーの入浴剤への対応状況や、エコキュートで入浴剤を使う際の故障しないための注意点などをまとめました。 スポンサーリンク エコキュートに入浴剤を使うと故障する原因になる? エコキュートに入浴剤を使うと故障の原因になるとよく聞きますが、どの部分が故障するのでしょうか? 入浴剤は浴槽のお湯に混ぜて使うものなので、入浴剤の成分が影響するのは、 エコキュートの追い炊き配管および循環ポンプ、追い炊き用の熱交換器といった部分になります。 入浴剤の入ったお湯を追い炊きすることで、入浴剤の成分が各配管、機器内を循環し、残った成分が腐食を引き起こすのです。 というわけでですから、エコキュートの中でも追い炊き配管自体がない給湯専用タイプは入浴剤の入ったお湯とエコキュートの配管が接触することがないので、入浴剤を使っても大丈夫ということになります。 お湯張り機能のみのセミオート エコオート も入浴剤の影響は少ないと言えます。 したがって 入浴剤の使用が故障の原因となる可能性が高いのは「フルオートタイプ」のエコキュートということになります。 フルオートタイプのエコキュートで入浴剤を使う場合にはお使いのエコキュートのメーカーの対応状況を把握しておきましょう。 エコキュートに入浴剤、各メーカーの対応状況 それでは、エコキュート各メーカの入浴剤の対応状況を確認してみましょう。 パナソニックエコキュートの入浴剤対応状況 パナソニックエコキュートでは、 花王 株 の「バブ」と 株 バスクリンの「バスクリン」「きき湯」が使用できる入浴剤として推奨されています。 ただし、いずれの商品も「にごりタイプ」は使用できません。 また、使用すると機器故障の原因となる入浴剤として使用を禁止しているのは次のような入浴剤になります。 入浴剤を使う際の注意点 ・複数の入浴剤を混ぜて使わないこと ・入浴剤を使用する時は、自動配管洗浄を必ず「入」にしておくこと を挙げています。 電気温水器の場合は2007年以降発売の機種になります 三菱エコキュートで使用を推奨している入浴剤は 花王 株 の「バブ」シリーズです。 ただし「バブ」シリーズでも、「バブミルキー」「バブチーノ」などの 白濁タイプは使用できません。 また、三菱ではバブシリーズ以外の入浴剤の使用を完全に禁止してはいませんが、次のような入浴剤は使用を避けるよう注意喚起しています。 ・炭酸ガスを含み発泡するもの ・硫黄成分を含むもの ・塩化ナトリウムを含むもの ・炭酸カルシウムを含むもの 濁り湯状になるもの ・薬草やゆずなどの固形成分を含むもの 特に全ての成分がはっきりとわからない入浴剤は使用を控えるようにとしています。 ただし、いずれの入浴剤も「にごりタイプ」のものは使用できません。 また、推奨品以外では、次のような入浴剤の使用を禁止しています。 ・複数の入浴剤を混ぜて使用しない ・自動配管洗浄を必ず「入」にして使用する としています。 自動配管洗浄機能がついていない従来機種の場合は発泡しない中性の透明タイプの入浴剤のみが使用できます。 また、「炭酸ガスにより発泡させるタイプのもの」「硫黄、酸、アルカリ、塩分を含んだもの」は使用しないでくださいとしています。 使用できるのは、 ・酸、アルカリ、硫黄、塩などを含むもの ・温泉水 ・固形物を含む生薬 ・とろみ成分が含まれるもの については使用しないようにとしています。 スポンサーリンク エコキュートで入浴剤を使う際の注意点 メーカー推奨の入浴剤以外は使用しない エコキュートで入浴剤を使用する場合には、 お使いのエコキュートメーカーが推奨する入浴剤以外は使用しないのが無難です。 各メーカーのHPや、取扱説明書を見ると、メーカーよっては入浴剤の成分を把握した上で、使用に適さない成分が含まれてなければ推奨品以外の入浴剤の使用を制限していないようにも取れます。 しかし、実際問題として入浴剤ごとに全ての成分を把握することは困難ですし、メーカーが禁止していない成分でも思わぬ影響を及ぼすものが含まれている可能性も否定できません。 なので、 思わぬ故障を引き起こすリスクをとってまで推奨品以外の入浴剤を使うメリットはほとんどないと言っていいでしょう。 メーカー推奨品の入浴剤なら安心してエコキュートに使用できますし、発売されている種類も多いのでお好みの入浴剤がきっと見つかるのではないでしょうか。 配管洗浄機能を必ず使う メーカーが推奨している入浴剤を使用した場合でも、何も使用していない場合に比べると、追い炊き配管に汚れが溜まりやすくなり、放っておくとエコキュートの故障の原因になりかねません。 配管洗浄機能をこまめに使って追い炊き配管に入浴剤の成分が残らないように気をつけることが大切です。 また、毎回排水時の洗浄に加えて、 配管洗浄剤を使った循環洗浄を定期的に行うとさらに追い炊き配管を清潔に保つことができます。 (循環洗浄の操作方法はメーカーや機種によって異なりますので、各メーカーの取扱説明書をご確認ください。 ) 入浴剤によるエコキュートの故障を防ぐだけでなく、入浴中のお湯を清潔に保つ上でも、配管の洗浄はこまめに行うことが重要です。 使用機種の取扱説明書に従う 今回ご紹介したエコキュート各メーカーの入浴剤への対応状況は2019年6月時点のものです。 現行機種をお使いの場合には問題ないのですが、ある程度設置から年数が経ったエコキュートをお使いの場合には注意が必要で、 お使いのエコキュートの年式によっては、現在の入浴剤の対応状況と異なる可能性があります。 古いエコキュートだと使用できる入浴剤の銘柄が異なったり、入浴剤が使用できない可能性もあります。 入浴剤の使用については お使いのエコキュートの取扱説明書で使用できるかどうかを確認することが大切になります。 まとめ エコキュートで入浴剤を使用する際に注意すべきポイントをまとめます。 ・入浴剤はメーカーが推奨するものを必ず使用する ・入浴剤は1種類のみ使用し複数を混ぜて使用しない。 ・配管洗浄機能を必ず使用する 注意すべきポイントをしっかりと押さえていれば、エコキュートで入浴剤を使用しても故障の原因にはなりません。 お気に入りの入浴剤で充実したお風呂を楽しむことができます。 エコキュート工事を本気でお考えなら・・・ エコキュートを新しく導入したい 古くなったエコキュートを買い替えたい エコキュート工事を依頼したいが悪徳業者に引っかからないか心配 高額なエコキュート工事で失敗しないために 「試してほしい方法」をご紹介しています。 本気でエコキュートをお考えならぜひチェックしてみてください。

次の

三菱電機 エコキュート:三菱の特長 三菱ならではの快適機能 / バブルおそうじ

三菱 エコキュート 入浴 剤

エコキュートに入浴剤はダメ?その理由は? 一般的に「エコキュートに入浴剤は使えない」と言われていますが、その理由は何なのかというと、 「入浴剤の成分が配管を傷める恐れがあるから」だといわれています。 エコキュートの配管は金属でできている為、入浴剤を混ぜたお湯を追い炊きすると、熱交換器や追い炊き配管、ふろ循環ポンプ内に入浴剤の成分がこびりついてしまい、その部分だけが異常に加熱される 「局部沸騰」を起こして不具合を起こしたり、金属配管の腐食を引き起こしたりする恐れがあるからです。 ということは、エコキュートでも追い炊き機能のない(追い炊き配管のない)「給湯専用タイプ」については、入浴剤の使用はOKで、入浴剤の使用について注意が必要なのは 「フルオートタイプ」ということになります。 エコキュートにOKな入浴剤、ダメな入浴剤は? 現在いろいろな種類の入浴剤が出回っていますが、その全てがエコキュートに使用できないわけではなく、中にはエコキュートに使用しても大丈夫なものもあります。 エコキュートに使用できない入浴剤については、各メーカーがそれぞれHPや取扱説明書などに記載していますが、大まかにまとめると次のようなものになります。 ・炭酸ガスにより発泡させるもの 入れるととシュワシュワと泡が出るタイプですね。 この泡が配管内に入り込むと、循環ポンプのセンサー類に影響を与える恐れがあるようです。 ・炭酸カルシウムを含むもの いわゆる「にごり湯」タイプのものに含まれている成分で、配管類に付着してしまうようです。 ・硫黄成分が含まれるもの 天然温泉の成分にも含まれる「硫黄成分」は配管を傷める恐れがあるようです。 「なんとかの名湯」とか、天然温泉を再現するタイプの入浴剤は大体使えないということになります。 ・塩化ナトリウムが含まれるもの いわゆる「塩分」を含むものはダメということになります。 やはり塩分は機械類とは相性がよくないですね。 その他、「生薬を含んだもの」「とろみ成分のもの」「ミルク成分のもの」など、エコキュートで入浴剤を使用するには、かなりの制限があります。 エコキュートに使用しても大丈夫な入浴剤、メーカー別にご紹介! では、 エコキュートで使っても大丈夫、使用OKな入浴剤はどれなのか?エコキュートの主要メーカー別にご紹介していきます。 各社共、入浴剤の使用についてはホームページで説明していますので、その内容をまとめてみました。 三菱エコキュートの場合 三菱エコキュートの場合は、三菱電機ホームページの「よくある質問」の「Q. 入浴剤は使用できますか」に入浴剤使用についての回答が以下のように掲載されています。 但し、白濁タイプ(バブミルキー、バプチーノなど)はご使用になれません。 ・炭酸ガスを含むもの(発泡させるもの) ・硫黄成分を含むもの ・塩化ナトリウムを含むもの ・炭酸カルシウムを含むもの(濁り湯状にさせるもの) ・薬草やゆずなどの固形成分が含まれるもの 成分がご不明な場合には、ご使用を控えていただくことをおすすめいたします。 三菱電機と花王が共同で検証しているということなので、安心して使用できますね。 その他の入浴剤については、使用できるものもあるようですが、成分についてかなり限定しているので、かなり注意して使用する必要があります。 日立エコキュートの場合 日立エコキュートの場合は、ホームページの「お客様サポート」「よくあるご質問」で「入浴剤に制約がありますか?」で 「硫黄、酸、アルカリを含んだ入浴剤は使用しないでください。 また、入浴剤の注意書きをよく読んでご使用ください。 」とあります。 さらに日立エコキュートのカタログを見てみると、 「バブ」「バスクリン」「きき湯」「バスロマン」のにごりタイプ以外のものが 「推奨品」として紹介されていました。 」で 「バブ」「バスクリン」「バスロマン」の にごりタイプ以外のものが使用できるとあります。 また、上記以外の入浴剤で、「炭酸ガスにより発砲させるもの」や「硫黄、酸、アルカリ、塩分を含んだもの」は使用できないということです。 東芝エコキュートの場合 東芝エコキュートの場合は、「東芝キャリア株式会社HP」内の「よくあるご質問」、「エコキュートご使用時の、このような時は」に入浴剤についての記載がありました。 それによると、東芝エコキュートでメーカーが推奨している入浴剤は 「バブ」「マイクロバブ」「バスクリン」「きき湯」「バスロマン」のいずれも にごり湯タイプ以外のものということです。 また、推奨品以外は次の入浴剤を使わないでくださいと記載されています。 その中で、ご使用いただける入浴剤(推奨品)として、 「バブ」「バスクリン」「きき湯」が紹介されています。 また、次の入浴剤は使わないでくださいということで以下の項目を挙げています。 ダイキンエコキュートでは、 株式会社バスクリンの入浴剤が全製品利用できるということです。 他社のエコキュートの多くで使えなかった 「にごり湯」タイプにもバスクリン製については対応しているそうです。 スポンサーリンク エコキュートで入浴剤を使う場合の注意点は? 上記のように、 エコキュートでもメーカーが推奨しているものであれば、入浴剤を使っても大丈夫ということがわかりました。 とはいえ、エコキュートで入浴剤を使うということは、使わない時と比べ、やはり追い炊き配管に汚れが貯まりやすくなったり、エコキュート自体に負担が掛かると思われます。 エコキュートで入浴剤を使う場合には、次のことを注意して行うようにしてください。 ・入浴剤を混ぜて使わない 各メーカーが使用できると推奨している入浴剤は 「単品での使用」で検証したものなので、 異なる入浴剤を混ぜて使用することはやめましょう。 ・配管の掃除をこまめに行う 入浴剤を使うと、何も使わない時よりも追い炊き配管に汚れが付きやすくなります。 放っておくと、お風呂に入った時にお湯に汚れが浮かんでいたり、ひどくなると追い炊きや自動湯張りの機能が動かなくなる恐れがあります。 お湯の排水時に水を流して毎回追い炊き配管を洗浄してくれる、 「自動配管洗浄機能」が付いている機種の場合は、 必ず自動配管洗浄機能をONにしておきましょう。 また、汚れが目立つようなら、浴槽内に水を貯め、「ジャバ」などの配管洗浄剤を入れて配管内を循環させる 「循環洗浄」を合わせて行うと効果的です。 まとめ エコキュートで使って大丈夫な入浴剤をメーカー別にまとめると以下のようになります。 「バブ」「バスクリン」「きき湯」「バスロマン」が多くのエコキュートで使える入浴剤ということです。 普段のお手入れさえきちんとやっていれば、入浴剤を使っても大丈夫ということがわかりましたので、入浴剤の成分を十分確かめた上で、快適なバスライフを楽しんでいただければと思います。 本日は当ブログの記事をお読みいただき、ありがとうございました。 参考になりましたでしょうか? 他にも参考になりそうな【関連記事】をご用意しています。 よろしければ併せてお読みいただければと思います。 また、給湯器の取替や修理をお考えの方、 給湯器をお得に交換する方法についてはこちら! スポンサーリンク.

次の

エコキュートにすると入浴剤は使えない?メーカー別使用可能な入浴剤

三菱 エコキュート 入浴 剤

三菱エコキュートと入浴剤の相性について エコキュートに限らずですが、昔ながらの水道の蛇口をひねってちょうど良い温度に調節したお湯でお風呂のお湯張りをする 給湯専用タイプの給湯器や、自動でお湯張りは出来るけれど、 追い炊き機能の付いていないオートタイプの 給湯器では 様々な種類の入浴剤をご利用いただくことが出来ます。 フルオートタイプの三菱エコキュートは入浴剤の制限アリ ただし、追い炊き機能の付いている給湯器、三菱エコキュートであれば フルオートタイプの製品(Pシリーズ、SシリーズのすべてのエコキュートとAシリーズの一部)では、入浴剤に含まれる成分が給湯器内部の配管などに溜まってしまったり、機器を侵食してしまうことがありますので、 ご利用できる入浴剤に制限がございます。 追い炊き機能で入浴剤が詰まってしまう可能性も 追い炊きをする際には、浴槽内のお湯を追い炊き配管を通じて一度引き込み、タンクの中の熱で温め直したものを浴槽に戻します。 入浴剤の入ったお湯を追い炊きすることで、入浴剤の成分が追い炊き配管の内部で残ってしまったり、 フィルターの目詰まりの原因になってしまうことがございます。 推奨されていないタイプの入浴剤を使用し続けると エコキュートの寿命が縮まってしまうだけでなく、故障してしまった際に保証が受けられなくなってしまうかもしれないので注意が必要です。 三菱エコキュートで利用OKな入浴剤 三菱電機のHPではフルオートタイプのエコキュートでも問題なくお使い頂ける入浴剤として以下の商品が掲載されています。 メーカー推奨の入浴剤 花王のバブシリーズは使用できます。 但し、お湯に溶かすと乳白色系となる、にごり湯タイプ(バブミルキー、バブチーノ、バブうるおいプラスなど)はご使用になれません。 アース製薬 バスロマンシリーズは使用できます。 但し、お湯に溶かすと乳白色系となる、にごり湯タイプ(バスロマンスキンケアなど)はご使用になれません。 バスクリン バスクリンシリーズは使用できます。 但し、お湯に溶かすと乳白色系となる、にごり湯タイプ(バスクリンピュアスキンなど)はご使用になれません。 引用: より にごり湯タイプのものは いずれも使用できないようですが、お湯が透明なままの入浴剤であればエコキュートであっても使用できるものもあるようですね。 三菱エコキュートと相性が悪い入浴剤 逆に三菱電機のHpではエコキュートと相性の良くない、動作確認が取れていないような入浴剤についても注意書きがございます。 上記の入浴剤以外をご使用になる場合は、 下記に該当するものは性能低下や故障(ふろ循環ポンプの不具合など)、本体や配管の金属材料などの 腐食・劣化の原因となりますので、ご使用を避けてください。 特にお湯が酸性になったりアルカリ性になるようなものはご利用しない方が賢明でしょう。 にごり湯など、お湯を白く濁らせるタイプの入浴剤は成分として含まれる炭酸カルシウムが配管の中で堆積してフィルターの目詰まりを起こしやすくしてしまうので、こちらもご利用をお控えになられる方が良いでしょう。 井戸水や硬水がエコキュートに不向きと言われているのと同じ理由です。 生薬やゆずなども残りカスがフィルターの目詰まりの原因などになってしまいますね。 その他、ご使用される入浴剤の成分がご不明な場合には、ご使用を控えて頂くことをおすすめいたします。 ご使用にあたっては自己責任で!ということになります。 あと、 複数の入浴剤を混ぜて使うこともやめておいた方が良いでしょう。 塩素系洗剤などで 「まぜるな!危険!」ってどこかで見たことがあると思いますが、入浴剤もあまり良くないようです。 また、 洗浄剤などを使って配管の洗浄をする際には、必ず入浴剤の入っていないお湯でおこなうようにして下さい! 三菱エコキュート入浴剤のまとめ 三菱エコキュートで使用できる入浴剤と使用できない入浴剤についてお伝えしていきました。 簡単にまとめると ・オートタイプ、給湯専用タイプであれば入浴剤の使用は可能 ・お湯が白く濁るタイプの入浴剤はNG ・生薬など固形成分が残るものや湯の花などの温泉成分はNG ・入浴剤同士を混ぜない! 以上の点に気を付けてHappyなお風呂ライフをお送りしてくださいね!.

次の