アフターピル 通販 危険。 【薬剤師監修】ピル通販の危険性をご紹介。安全なのは嘘

【アフターピルの通販】正規品最安値取り扱いサイトを紹介!

アフターピル 通販 危険

性行為の後から飲む事で避妊を行う事ができる 緊急避妊薬の「アフターピル」 の2種類です。 「ピル」はさらに含まれている女性ホルモンの量で高用量、中用量、低用量、超低用量ピルの4種類に分かれており、その中でも メジャーなのが「低用量ピル」です。 「ピル」と言うとたいてい低用量ピルの事をさしている事が多いです。 「アフターピル」は緊急で避妊したい場合に飲む薬で、避妊に失敗した性行為の後72時間 3日間 ~120時間 5日間 以内に飲む事で99~84%の避妊効果を期待する事ができます。 国内では病院で処方してもらう方法が一般的で、事前に処方してもらう事はできません。 アフターピルは処方してもらいたいタイミングが連休などとかち合い、病院も休みだったため薬を手に入れる事ができず妊娠してしまったという方もいるので、 個人輸入代行サイトを利用して通販で事前に購入しておく事をオススメします。 もくじ• ピルを通販で安心して購入するには 特に低用量ピルなど、毎日飲む薬は1番初めは病院で自分に合うピルを探す事をオススメします。 そして自分に合うピルが見つかったら、 個人輸入代行サイトを利用して通販で購入した方が時間もお金も節約できるのでオススメです。 楽天やAmazonで商品を注文するのと同じように、サイト内で欲しい薬を探してカートに入れた後は住所などの基本情報を入力し、支払い方法を選択して購入決定ボタンを押せばあとは薬が届くのを待つだけでOKです。 海外からの発送のため注文して商品が届くまでには7~14日かかるので、必要な日付から逆算して注文する事をオススメします。 しかしここで1つ注意しなくてはいけない事があります。 個人輸入代行サイトには、危険なサイト」もある という事です。 危険なサイトとはどういう事かと言うと 3相性ピル 1錠あたりに含まれる女性ホルモンの量が3段階に分かれて変化するピル。 さらにその変化の仕方にも種類があり、自然な月経周期のホルモンパターンに近づけた配合となっている トリキュラー。 中間増量型 21錠のうち、初めの7錠はやや少なめ、8~16錠目が多めの配合、後半の5錠はまた少なめに戻るという 中間で一番ホルモン量が多くなる配合のピル。 漸増型 初めの7錠、次の7錠、最後の7錠、または初めの6錠、次の5錠、最後の10錠と、 段階的にホルモン量が増えていく配合のピル。 ピルを飲み始めた1ヵ月目は血栓になる可能性が1番高いので飲み始める年齢に制限があります。 そのため40歳を超えた方にはオススメできません。 その他肥満や高血圧、喫煙している方にも処方できない場合が多いようなので、 初めは病院で診てもらって、自分にあう低用量ピルを探した方が良いでしょう。 通販で購入できる低用量ピルの種類 病院で自分に合う薬を処方してもらった後は、個人輸入を代行してくれるサイトで購入する事をオススメします。 薬をもらうためにわざわざ病院へ行く必要もないし、そのための時間を捻出する必要もありません。 自分に都合の良いタイミングで、パソコンやスマートフォンから注文する事ができるので、診察料や処方箋料、交通費などがかかりません。 ここでは一般的に 病院から処方されていて、通販でも購入できる低用量ピルを紹介します。 マーベロン 低用量ピルの中で1番名前が知られている薬です。 1相性ピルのため、1錠に含まれているホルモンの配合量は変化しないタイプです。 生理の日をずらす事が簡単にできます。 21錠タイプと28錠タイプがあり、21錠タイプは薬を飲み切った後自分で休薬期間の7日間と次のシートの薬を飲み始める開始日を把握しないといけません。 しかし 28錠タイプは有効成分の入っていない偽薬 プラセボ が7日分セットになっているので、シートの薬を飲み続けるだけで休薬期間もクリアでき、28錠飲み切ったらすぐまた次のシートの1錠目から飲み始めればよいので、 飲み忘れが心配な方にオススメです。 国内の病院で処方されるマーベロンはMSD社のものですが、通販で購入できるマーベロンも同じMSD社の物です。 海外向けなのでパッケージのデザインは多少違いますが、品質や効果は変わりません。 トリキュラー トリキュラーもマーベロンに続き名前が知られていて、飲んでいる方が多い薬です。 マーベロンとは違いこちらは 3相性の漸増型なので、3段階に分けて徐々にホルモンの量が増えていくタイプです。 こちらの方が自然な月経周期のホルモンパターンに近づけた増え方をするタイプの薬なので、副作用などが軽いと感じる方も多いようです。 トリキュラーも21錠タイプと28錠タイプに分かれており、飲み忘れが気になる方にはプラセボがセットになっている28錠タイプがオススメです。 こちらも 国内で処方されているバイエル薬品のものが通販でも購入する事ができます。 ヤスミン ピルを飲む事で起こる 副作用の中で体重の増加がありますが、ヤスミンはその副作用を少なくする事に重点を置いて開発されたピルです。 こちらも国内では未認可ですが、独自に輸入して処方している病院やクリニックで手に入れる事ができます。 こちらも通販では21錠タイプを購入する事ができます。 低用量ピルの効果 なぜピルには避妊効果があるのでしょうか。 アフターピルの効果については別ページで取り上げていますが、アフターピルとはどのように違うのか、知っておくと上手な使い分けができますよ。 ここで簡単に説明していきます。 ピルには女性ホルモンが入っている 低用量ピル、アフターピルにはどちらも女性ホルモンが入っています。 正確には、低用量ピルに含まれるのは 卵胞ホルモン、 黄体ホルモンの二つ。 アフターピルは 黄体ホルモンを主成分としています。 この二つのホルモンは元々は月経や妊娠に重要な役割を果たすものです。 卵巣(の中の卵子をもっている卵胞)が 卵胞ホルモンを分泌するのですが、それによって子宮では妊娠可能なように内膜が増え始めます。 次に卵巣が 黄体ホルモンを分泌すると、子宮は卵子が着床できるように内膜を厚くします。 卵子と精子が受精すれば着床し妊娠になり、着床しなければ生理となるわけです。 ピルを飲むと脳に 「卵巣からホルモンが出ている」、と勘違いさせることができ、子宮内膜を過剰に厚くしないようにできますし、排卵も促しません。 低用量ピルとアフターピルの違い 先ほど低用量ピルには1相性、2相性、3相性があると説明しましたが、3相性ピルは月経周期による上記のようなホルモンの働きを考慮したものといえます。 子宮の内膜の量を調整するので、生理痛がひどい方や月経血の量が多い方の症状改善にも役立つでしょう。 また、更年期の改善にも使われることがあるといいます。 アフターピルは黄体ホルモンしかありませんので、着床しにくくなるコントロールは行なえますが、 低用量ピルのような生理の症状を改善するのには役立ちません。 まれに生理が遅れるという方もいますが、生理のコントロールをしたいという方は低用量ピルを使いましょう。

次の

通販の低用量ピルは危ない?病院で処方してもらうべき?医師が解説します。

アフターピル 通販 危険

通販の低用量ピルは危険なの? まずは通販の低用量ピルについてです。 通販の低用量ピルは非常に危ないと言っても過言ではないでしょう。 通販の低用量ピルはほとんどが個人輸入をして販売しているものとなります。 日本の法律では、医薬品を個人輸入をしてよい例について大前提は自分自身で使用する場合としています。 また医薬品医療機器等法に違反する輸入でないことを証明する「薬監証明」を取得していることが必要となります。 ですが、インターネットでの通販の場合この薬監証明を本当に取得しているかどうかが分かりません。 違法に医薬品を売っている可能性があるという点で危険です。 これに加えて低用量ピルそのものも通販では疑わしいものであることがあります。 低用量ピルにまつわる通販のトラブルとして、挙げられている例を見てみると、 内服を記録するためのシールなどの付属品が入っていなかった、低用量ピルが破損していたなどがあります。 必要な付属品などが入っていなければそもそも本物かどうかが疑わしいものとなります。 また、 破損している医薬品は、医薬品の効果を発揮することが疑わしくなり避妊薬や生理のコントロールとしての効果が疑わしくなります。 ですので、仮に破損している低用量ピルを服用してもきちんと避妊効果などが出ない可能性が充分にあります。 さらに、 ホルモンの配合量も不明なものが多いため、 副作用が強く出てしまい辛い思いをしたという例もありますし、 ホルモンと混じって他の薬物が混入されていたというケース、 ネットの画像を充分に確認して購入したが、全く違う商品が贈られてきたという例もあります。 過去には個人輸入したアフターピルをフリマアプリで売買して逮捕された人もいます。 これらのことから、やはり安全ではない可能性のある方法で入手、販売をしている商品をいくら安いとはいえ、購入することは危険でありおすすめできません。 値段が安すぎるものは特に危険であり、 1シート2000円以下の場合には、真贋を疑うべきです。 低用量ピルはたとえジェネリックであったとしてもこんなに安いものはありません。 医師に処方してもらうのが安心?低用量ピルを服用出来ない人もいるの? これらのことから、やはり低用量ピルは医師に処方してもらったものを使用することをおすすめします。 また、 低用量ピルはすべての方が内服できるというわけではありません。 低用量ピルには重篤な副作用になり得る血栓症をはじめ、注意すべき副作用があります。 このことから、 血栓症を引き起こしやすい可能性のある方(手術直後の方や、出産直後の方など)、過去に血栓症になったことのある方、 35歳以上で1日15本以上の喫煙中の方は、低用量ピルを内服することができません。 また、女性ホルモン剤という観点から乳がんの方や乳がんの疑いのある方、生理ではない異常出血があり、この原因が確定していない方も服用することができません。 このように低用量ピルは命にかかわる可能性のある副作用もあり、服用が危険な方もいます。 ですが、通販での購入は医師による診察がないため、この副作用のリスクを知らなかったり、内服をしてはいけないことを知らなかったりして、内服をしてしまえば、避妊のために使用していた薬が結果として危険な薬へと変わってしまう可能性があるのです。 医療機関から処方されていればこの点をしっかりと診察をしたうえで処方してくれるので安心して服用できます。 また、通販では副作用が出た場合にフォローを受けることができません。 副作用が出たとして医療機関を受診したとしても個人輸入で手に入れて服用した薬の成分や副作用等に関する十分な情報をもっていないため、正しい診断を下したり迅速に対応したりすることが困難な場合もあります。 ですので、 医療機関で処方された低用量ピルを使用されることをおすすめします。 チャット型のオンライン診療も危険なの? 新型コロナウイルスの影響もありオンライン診療が近年急速に普及しており、 オンライン診療で低用量ピルの処方をすることができるようになりました。 オンライン診療も基本的にはスマートフォンなどを活用して顔を見ながら話をする、あるいは、顔が見えなくても通話をしながら診察を行った上で薬を処方することが推奨されています(通話での診察が可能なのはコロナによる特例期間中のみです)が、 やむを得ない場合には文字のみのやり取りも可能としており、これによって中にはチャット型で薬を処方することができる場合もあります。 ですが、このチャット型のオンライン診療についても不安が残るところです。 なぜならば、チャット型の場合、誰が返信をしているのかが分からない場合があるからです。 本当に医師がしているのかが分かりません。 また、厚生労働省は 「オンライン診療は、文字、写真及び録画動画のみのやりとりで完結してはならない。 」 としていますので、オンライン診療のみで診療を完結している医療機関は 不信感が残るところでもあります。 確かに、文字だけのやり取りはとても楽ではありますが、通販での低用量ピルの入手と同様に不信感が募るところです。 そのため、低用量ピルを正しく使いたいという方は顔の見えるオンライン診療を受けることをおすすめします。 クリニックフォアでは、 スマートフォンやパソコンのビデオ通話を活用したオンライン診療を行っています。 インターネット上での予約と問診票の記入で診察をさせていただき、低用量ピルを処方させていただいております。 決済もインターネット上で完結し、処方した薬は郵送をさせていただきますので、手間もほとんどかかりません。 低用量ピルの処方を検討されている方は、クリニックフォアのオンライン診療を是非ご活用ください。

次の

アイピル通販|避妊薬|即日発送|お薬なび

アフターピル 通販 危険

性行為の後から飲む事で避妊を行う事ができる 緊急避妊薬の「アフターピル」 の2種類です。 「ピル」はさらに含まれている女性ホルモンの量で高用量、中用量、低用量、超低用量ピルの4種類に分かれており、その中でも メジャーなのが「低用量ピル」です。 「ピル」と言うとたいてい低用量ピルの事をさしている事が多いです。 「アフターピル」は緊急で避妊したい場合に飲む薬で、避妊に失敗した性行為の後72時間 3日間 ~120時間 5日間 以内に飲む事で99~84%の避妊効果を期待する事ができます。 国内では病院で処方してもらう方法が一般的で、事前に処方してもらう事はできません。 アフターピルは処方してもらいたいタイミングが連休などとかち合い、病院も休みだったため薬を手に入れる事ができず妊娠してしまったという方もいるので、 個人輸入代行サイトを利用して通販で事前に購入しておく事をオススメします。 もくじ• ピルを通販で安心して購入するには 特に低用量ピルなど、毎日飲む薬は1番初めは病院で自分に合うピルを探す事をオススメします。 そして自分に合うピルが見つかったら、 個人輸入代行サイトを利用して通販で購入した方が時間もお金も節約できるのでオススメです。 楽天やAmazonで商品を注文するのと同じように、サイト内で欲しい薬を探してカートに入れた後は住所などの基本情報を入力し、支払い方法を選択して購入決定ボタンを押せばあとは薬が届くのを待つだけでOKです。 海外からの発送のため注文して商品が届くまでには7~14日かかるので、必要な日付から逆算して注文する事をオススメします。 しかしここで1つ注意しなくてはいけない事があります。 個人輸入代行サイトには、危険なサイト」もある という事です。 危険なサイトとはどういう事かと言うと 3相性ピル 1錠あたりに含まれる女性ホルモンの量が3段階に分かれて変化するピル。 さらにその変化の仕方にも種類があり、自然な月経周期のホルモンパターンに近づけた配合となっている トリキュラー。 中間増量型 21錠のうち、初めの7錠はやや少なめ、8~16錠目が多めの配合、後半の5錠はまた少なめに戻るという 中間で一番ホルモン量が多くなる配合のピル。 漸増型 初めの7錠、次の7錠、最後の7錠、または初めの6錠、次の5錠、最後の10錠と、 段階的にホルモン量が増えていく配合のピル。 ピルを飲み始めた1ヵ月目は血栓になる可能性が1番高いので飲み始める年齢に制限があります。 そのため40歳を超えた方にはオススメできません。 その他肥満や高血圧、喫煙している方にも処方できない場合が多いようなので、 初めは病院で診てもらって、自分にあう低用量ピルを探した方が良いでしょう。 通販で購入できる低用量ピルの種類 病院で自分に合う薬を処方してもらった後は、個人輸入を代行してくれるサイトで購入する事をオススメします。 薬をもらうためにわざわざ病院へ行く必要もないし、そのための時間を捻出する必要もありません。 自分に都合の良いタイミングで、パソコンやスマートフォンから注文する事ができるので、診察料や処方箋料、交通費などがかかりません。 ここでは一般的に 病院から処方されていて、通販でも購入できる低用量ピルを紹介します。 マーベロン 低用量ピルの中で1番名前が知られている薬です。 1相性ピルのため、1錠に含まれているホルモンの配合量は変化しないタイプです。 生理の日をずらす事が簡単にできます。 21錠タイプと28錠タイプがあり、21錠タイプは薬を飲み切った後自分で休薬期間の7日間と次のシートの薬を飲み始める開始日を把握しないといけません。 しかし 28錠タイプは有効成分の入っていない偽薬 プラセボ が7日分セットになっているので、シートの薬を飲み続けるだけで休薬期間もクリアでき、28錠飲み切ったらすぐまた次のシートの1錠目から飲み始めればよいので、 飲み忘れが心配な方にオススメです。 国内の病院で処方されるマーベロンはMSD社のものですが、通販で購入できるマーベロンも同じMSD社の物です。 海外向けなのでパッケージのデザインは多少違いますが、品質や効果は変わりません。 トリキュラー トリキュラーもマーベロンに続き名前が知られていて、飲んでいる方が多い薬です。 マーベロンとは違いこちらは 3相性の漸増型なので、3段階に分けて徐々にホルモンの量が増えていくタイプです。 こちらの方が自然な月経周期のホルモンパターンに近づけた増え方をするタイプの薬なので、副作用などが軽いと感じる方も多いようです。 トリキュラーも21錠タイプと28錠タイプに分かれており、飲み忘れが気になる方にはプラセボがセットになっている28錠タイプがオススメです。 こちらも 国内で処方されているバイエル薬品のものが通販でも購入する事ができます。 ヤスミン ピルを飲む事で起こる 副作用の中で体重の増加がありますが、ヤスミンはその副作用を少なくする事に重点を置いて開発されたピルです。 こちらも国内では未認可ですが、独自に輸入して処方している病院やクリニックで手に入れる事ができます。 こちらも通販では21錠タイプを購入する事ができます。 低用量ピルの効果 なぜピルには避妊効果があるのでしょうか。 アフターピルの効果については別ページで取り上げていますが、アフターピルとはどのように違うのか、知っておくと上手な使い分けができますよ。 ここで簡単に説明していきます。 ピルには女性ホルモンが入っている 低用量ピル、アフターピルにはどちらも女性ホルモンが入っています。 正確には、低用量ピルに含まれるのは 卵胞ホルモン、 黄体ホルモンの二つ。 アフターピルは 黄体ホルモンを主成分としています。 この二つのホルモンは元々は月経や妊娠に重要な役割を果たすものです。 卵巣(の中の卵子をもっている卵胞)が 卵胞ホルモンを分泌するのですが、それによって子宮では妊娠可能なように内膜が増え始めます。 次に卵巣が 黄体ホルモンを分泌すると、子宮は卵子が着床できるように内膜を厚くします。 卵子と精子が受精すれば着床し妊娠になり、着床しなければ生理となるわけです。 ピルを飲むと脳に 「卵巣からホルモンが出ている」、と勘違いさせることができ、子宮内膜を過剰に厚くしないようにできますし、排卵も促しません。 低用量ピルとアフターピルの違い 先ほど低用量ピルには1相性、2相性、3相性があると説明しましたが、3相性ピルは月経周期による上記のようなホルモンの働きを考慮したものといえます。 子宮の内膜の量を調整するので、生理痛がひどい方や月経血の量が多い方の症状改善にも役立つでしょう。 また、更年期の改善にも使われることがあるといいます。 アフターピルは黄体ホルモンしかありませんので、着床しにくくなるコントロールは行なえますが、 低用量ピルのような生理の症状を改善するのには役立ちません。 まれに生理が遅れるという方もいますが、生理のコントロールをしたいという方は低用量ピルを使いましょう。

次の