微熱 頭痛。 頭痛と微熱だけの風邪ってありますか?

微熱と頭痛が続く症状の時は注意!風邪ではない治し方がある!

微熱 頭痛

微熱と頭痛と倦怠感があったら 慢性的な疲れがあると、体調が悪い事がありますよね。 少し前の話なのですが、仕事から戻ってくると身体が熱い感じがするので、熱を測ってみたら微熱がありました。 頭痛や倦怠感もあったので「風邪でもひいたのかもしれない」と思ってすぐに眠りました。 ところが、次の日の朝になったら微熱は下がっていて頭痛も倦怠感もそれほど感じませんでした。 でも仕事が終わって自宅に戻ってくると、微熱や頭痛や倦怠感が再び出てきたのです。 自分では暑い時期だしそれがあったのかもしれないと思う事にしたのです。 それでもその状態が3日も4日も続くと、もしかしたら自分はどこか病気なのかもしれないと思わずにいられません。 頭痛はあっても微熱なので解熱鎮痛剤はどうかと思いつつ、飲んだりしましたし栄養ドリンクなども飲んだのですが、倦怠感などは取れる事はありませんでした。 おかしいと思って病院に相談に行ったのは、1月もしてからだったのはいけなかったかもしれませんが、自分としては倦怠感や微熱や頭痛が少しあったからといって、いちいち病院に行っていたらキリがないと思ってしまったからなのです。 病院で診察を受けた時に医師に言われたのは、頭痛や微熱や倦怠感がある病気は色々とあるのだそうです。 その中でもとりわけ多くなっているのが慢性疲労症候群などだそうです。 特に女性に多くなってきている病気で、常に仕事がある女性には覚えがあるかもしれません。 特に結婚をした女性というのは、家事に育児に旦那の世話に仕事にと、有り得ないくらい仕事があるものです。 そうなると慢性的に疲労が溜まってしまうので、頭痛や微熱や倦怠感などが起こるようになるのだそうです。 頭痛・微熱・倦怠感のその他の原因 実は他にも微熱や頭痛や倦怠感を覚えるという病気があるのだそうです。 それは低血糖症などによる発作の症状にもあるのだそうです。 経験ある方も多いのではないかと思うのですが、空腹の状態になると力が入らなくなったり、倦怠感や微熱を感じたり頭痛がしたりします。 空腹によって血糖値が下がる事が低血糖という症状なのですが、私たちは生命維持をするために糖がどうしても必要です。 そのため空腹になって血糖値が下がってくると、エネルギーを補給しなくてはならないと脳が判断し、微熱や倦怠感や頭痛やめまいなどを起こすのです。 これらの症状は大抵の場合は、何か食べる事でおさまる事が多いのですが、もしも食事をしても症状がおさまらずに、微熱や頭痛や倦怠感などが続いているようであれば、他の病気が原因の事も考えられるので、病院で相談してみるといいでしょう。 空腹を満たすことによってこれらの症状が収まった場合には、低血糖による症状だった可能性が高いので、今後は頭痛や微熱や倦怠感が起こる前に、できるだけエネルギー補給をするようにしましょう。 また、食事をたくさん食べたのにこれらの症状が出る事があります。 もしも食事をしたあとで倦怠感や頭痛や微熱がある場合にも低血糖の可能性があるので、できるだけ早く病院で検査などをしてもらうといいでしょう。 また、糖尿病でも同じような症状が出る事があるので、やはり病院で調べてもらうといいでしょう。

次の

微熱と頭痛が続く場合に考えられる病気は?原因や治し方をチェック!

微熱 頭痛

各部位的大小疼痛,痛起來真是要人命!你還在忍痛吞聲嗎?疼痛發生時立即止痛最重要,了解疼痛以及它所可能造成的傷害,從中學習如何控制疼痛,從此跟疼痛說再見!(推薦工具:) 告別呼天搶地的頭痛 頸部、脖子以上的痛,包括臉,都叫頭痛。 全台灣每天有超過10 萬人天天在頭痛。 每月至少發生一次頭痛的人,高達六成比例。 其實,腦子本身並不會產生頭痛,因為大腦本身沒有疼痛的接收器。 而是因為頭部的組織,包括皮膚,肌肉、腦血管、眼睛及耳朵等對痛很敏感,一旦它們受到刺激或者處於不正常狀態,才會引起疼痛。 緊縮性頭痛最常見 難以跳脫緊張、壓力與焦慮的現代人,最無法避免的兩大頭痛——緊縮性頭痛與偏頭痛就佔全部頭痛的90%以上。 緊縮性頭痛最常見,每十個人當中,就有九個人曾犯過。 29 歲從事貿易工作的李小姐每天工作到下午兩、三點後,就開始頭痛。 醫生從座位起身趨前轉動著李小姐的頭、頸,發現長期固定的姿勢使得脖子緊,牽扯到背部的肌肉則有點僵硬,由於頸部牽扯到頭部,於是造成頭痛。 醫生對她說,「妳這是典型的肌肉緊縮性疼痛。 」 緊縮性頭痛的病人,痛的位置大都在後腦杓(後頸部)或太陽穴等有肌肉的部份。 如果長期處於緊張的環境,或是工作必須長期維持某種特別的姿勢,更容易引起頭痛。 心情不好、焦慮不安,則會加重頭痛。 (推薦閱讀:) 年輕女性好發偏頭痛 第二類最常見,比較嚴重的頭痛則是好發於年輕女性的偏頭痛。 根據《康健雜誌》網路調查發現,上班族前15 大困擾問題中,偏頭痛佔第四位。 至於女性罹患偏頭痛的比例,高出男性三倍。 和緊縮性頭痛不同,偏頭痛除了神經緊張或焦慮會加重頭痛外,更和腦部的生理基礎有密切關係。 醫界目前對於偏頭痛發生的原因,爭議很多。 大部份醫師認為,偏頭痛是因為腦部血管激烈收縮或擴張所造成。 除了腦部異常反應會造成偏頭痛,誘發偏頭痛發作的原因還跟遺傳、飲食(如喝紅酒、吃巧克力及乳酪等)、服用避孕藥、出入溫差過大的環境、吵鬧及空氣不流通的空間等因素有關。 男性常見叢發性頭痛 好發於中年男性的另一種頭痛則是叢發性頭痛。 「一年當中當某一個季節一到來,整個星期都在痛,從眼眶、前耳痛到腦內,經常發生在晚上,病人痛起來眼睛紅、流眼淚、流鼻水,嚴重時,眼皮還會下垂。 」叢發性頭痛目前原因較為不明,懷疑與花粉季有關。 藥物濫用會拖成慢性每日疼痛 吃藥也可能讓頭痛更嚴重。 頭痛只仰賴止痛藥,會拖成「天天頭痛」。 許多頭痛專家稱此為「慢性每日頭痛」,每星期有半個星期都在頭痛,且每天超過四小時。 根據台北榮總神經內科主任王署君醫師的調查,台灣大約2? 3%人有此問題。 李先生剛開始只是偶爾頭痛,而止痛藥效果好。 因工作壓力增加,頭痛次數也增加,從一星期兩次變成天天頭痛。 為了工作,他大量吃止痛藥,原本一天一顆,變成一天四、五次,每次兩、三顆,每天所吃的止痛藥加起來總共要吃十幾顆才夠。 藥物、情緒、荷爾蒙、感染及頭部外傷等,有很多因素可能造成李先生的慢性每日頭痛,但是「藥物濫用」才是真正的頭號兇手。 憂鬱症也會引發頭痛 頭痛也是憂鬱症的症狀之一,大約有八成憂鬱症患者有頭痛的困擾。 臺安醫院心身醫學科暨精神科主任張典齊說:「這種頭痛是憂鬱症的變形,在醫學上有一個名詞叫做『戴著假面具的憂鬱症』,所以,當長期頭痛怎麼樣都治不好、檢查也檢查不出毛病的時候,就有可能是憂鬱症。 」一名四十幾歲的婦人,頭痛得很厲害,十幾年來每隔兩天就發作一次,看醫師、吃藥、做很多檢查,都沒有用。 長期頭痛使她情緒惡劣、生活品質低落。 後來她被轉到精神科,醫師給她抗憂鬱的藥,結果頭痛就好了。 緊縮性頭痛、偏頭痛、因憂鬱症及焦慮症所引發的頭痛,它們的共同點就是,它們跟現代社會愈趨緊張的生活、驟增的壓力與忙碌的工作型態息息相關。 經常性頭痛的病人遭受肉體和心靈的雙重折磨,疼痛會加重情緒的困擾,而焦慮及憂鬱等因素也會強化疼痛的感覺。 10 大頭痛類型 1. 肌肉緊張性頭痛 原因:因焦慮及壓力導致顱骨外的肌肉群產生不正常收縮。 頭痛部位:頭部雙側、前額、後腦杓、整個頭部一圈,也可以在某一側太陽穴。 痛感及症狀:頭部感覺束縛及壓迫感,是鈍鈍、深部或帶狀式的頭痛,也會引起脖子的痠痛、僵硬以及脹感。 通常醫師壓病患頸、背部,會有痛點。 治療方式:止痛劑、肌肉鬆弛劑、抗憂鬱劑、生理回饋法、學習放鬆技巧、運動及改變環境等。 偏頭痛 原因:腦血管暫時性的擴張所引起。 有一些誘因會促使偏頭痛發作,例如食物、睡眠不足、緊張、吵鬧及空氣不流通的環境等都會促使發作或加重頭痛。 頭痛部位:不一定侷限在一側太陽穴,也可能兩側都痛。 痛感及症狀:頭痛的症狀是一漲一縮如脈搏一樣的搏動性抽痛,患者常常形容是「丟丟痛」或是抽痛。 頭痛有時會伴隨噁心、嘔吐、怕光、怕吵,且身體活動很不舒服,常常需要靜坐或是臥床。 治療方式:大部份偏頭痛患者只有急性發作時,才需要治療。 除了使用預防性的藥物,還要做一些生活的改變,由於偏頭痛被認為是家族性遺傳、體質性的疾病。 目前所知的藥物並不能使偏頭痛完全不發作,但是可在80%的病人身上,減少一半以上的發作次數。 叢發性頭痛 原因:可能與環境的改變及花粉季的來臨有關。 頭痛部位:表現為密集的一側眼眶或顳側頭痛。 痛感及症狀:週期性發作是叢發性頭痛的一個特點,每年一段時間是叢發期,持續約2~3 個月,這期間頭痛常發生在每天同一時間。 痛起來時,伴有同側眼結膜充血、還會流鼻水、流眼淚,前額及臉部則略為腫脹,有時眼瞼會下垂。 治療方式:治療以解除疼痛及事先預防為主。 生活型態需稍加調整:避免喝酒,尤其是疾病發作時、戒菸、旅行時,需預備類固醇藥物、避免含硝酸鹽的食物。 急性青光眼所造成的頭痛 原因:好發於老年人。 急性發作,眼壓過高,超過正常標準(21mmHg),傷害到視神經,會引起頭痛。 頭痛部位:眼睛脹痛,好像要炸掉一樣,頭痛侷限於眼眶同側頭部,不降低眼壓,頭會持續疼痛。 痛感及症狀:發作時除了頭痛外,視力會變模糊,眼壓過高則會產生角膜水腫。 治療方式:不像高度近視引起的慢性青光眼,完全沒有症狀,急性青光眼,症狀非常明確,所以可以早期發現,治癒率比較高。 電腦螢幕症候群引起的頭痛 原因:當眼睛看近處時,是利用眼睛內的睫狀肌,但是過度看電腦、電視及近距離閱讀,會使得這塊肌肉因過度緊張而疼痛。 痛感及症狀:隨著視力的使用,容易疲累,頭痛。 治療方式:讓眼睛休息,醫師會開鬆弛眼睛的藥水。 竇性頭痛 原因:鼻竇發炎引起頭部疼痛。 頭痛部位:單側或雙側的鼻竇表層,有鈍痛及壓痛。 痛感及症狀:常伴隨有鼻塞及膿性鼻涕等症狀。 治療方式:治療以抗生素、鼻用類固醇及去除腫脹劑來處理。 感染引起的頭痛 原因:傷寒、流行性感冒、瘧疾、腦炎及腦膜炎等急性感染性疾病都會引起頭痛。 症狀:急性頭痛。 頭部外傷的頭痛 原因:因摔跤、重擊、無意中敲到冰箱、車門等,而導致腦內出血。 頭痛部位:起初僅有頭痛、頭暈,病人經常不以為意,隨著血塊擴大,頭痛加劇,有些病人會痛到哀叫。 痛感及症狀:嘔吐及發燒。 治療方式:做腦部引流手術。 腦瘤 原因:腦瘤擴大到壓迫腦膜、血管及神經而產生頭痛。 頭痛部位:隨著腦瘤的長大,腦壓增高,疼痛會加劇。 在頭部深處覺得痠痛、不舒服及壓力重重的感覺。 痛感及症狀:視力模糊、步態不穩、肢體麻木或無力、記憶明顯變差、情緒失控、行為舉止錯亂。 治療方式:外科手術切除或放射線治療。 腦動脈瘤破裂 原因:腦動脈瘤破裂導致蜘蛛膜下腔出血。 頭痛部位:突發性頭部劇痛,好像頭部被棒子重擊。 痛感及症狀:輕者頭部劇痛、頸部僵硬、噁心,嘔吐,但是並不一定有意識消失的現象,重者可能昏迷或死亡。 第一次小出血後若掉以輕心,則再次出血好發於其後24 小時內,且再次出血,死亡率非常高。 治療方式:腦動脈瘤夾除。

次の

生理中に微熱でだるい…これって生理のせい?風邪?生理前の不調の原因はPMS(月経前症候群)かも?!

微熱 頭痛

40代後半から50代前半の女性に多く見られる「更年期障害」ですが、閉経を迎え女性ホルモンが減少する事が原因で起こります。 症状には個人差がありますが、めまいや体の火照り、動機や息切れなどの症状が現れてきます。 症状の強さにも個人差がありますが、酷い人になると、日常生活が困難になってしまう人も居る程、深刻な症状を発症する場合もあります。 症状の予防や改善には、いち早く自分の体の変化を知る必要性があるという事を、覚えておきましょう。 しかし、自分が更年期と呼ばれる年齢に差し掛かっても、単なる寝不足や年齢による体力低下が原因での体調不良だと思い込んでしまう人も多く、症状が強くなって始めて更年期障害を意識する人も、少なくありません。 更に、更年期障害は女性特有の病気だと思われがちですが、男性にも更年期障害は発症する危険性があるのです。 そこで、男性・女性共に更年期障害を判断する症例として、微熱が何日も続くという症状が挙げられています。 40代後半に差し掛かってから、体温調節が上手く出来なかったり、微熱が何日も続く場合には、男女共に、更年期障害を疑った方が良いかもしれません。 微熱と更年期障害の関係 50代を目前にして、最近体温管理が上手く出来ない、という事はありませんか? また、微熱が何日も続いて体が辛い、という経験はありませんか? 女性は女性ホルモンの低下、男性は男性ホルモンの低下が原因で更年期障害が引き起こされますが、ホルモンバランスの乱れは、自律神経に強く作用する性質があります。 自律神経に影響が及ぶ事で、身体機能が低下していき、怠さを伴う微熱や頭痛・めまいやほてりなどといった症状が現れて来るのです。 一見風邪の症状と似ていますが、この自律神経の症状を放っておくと、女性であればうつ病などの原因に、男性であればEDの原因になってしまうので、風邪の疑いがあっても、病院を受診する様にしましょう。 男性であっても女性であっても、40代後半から50代前半の更年期に、急に微熱が続くようになったのであれば、更年期障害を疑ってみて下さい。

次の