外壁塗装 挨拶文。 外壁塗装リフォーム工事の際の近隣へのご挨拶文の例・テンプレート

家の外壁塗装4

外壁塗装 挨拶文

このページの目次 CLOSE• リフォーム工事でよくある近隣トラブル 誰でも家を持っていれば少なからず修繕や補修の工事を行うことがあるはずです。 リフォーム工事は実にさまざまで、ご近所に迷惑をかけてしまうような工事もあります。 お互い様とこちらは思っていても、そうは思ってもらえない場合もあります。 トラブルにならないために事前に想定しておくことが大切ですので、どのようなトラブルがあるのか知っておきましょう。 騒音トラブル リフォーム工事で既存の状態を解体するときに壁を壊したり、コンクリートをはつったり、大きな音が外まで響くことがあります。 また大工工事が有る場合はビスや釘を打つためにコンプレッサーを使用することも。 室内の工事でも実にさまざまな音が発せられます。 ご近所は普段の生活をしているわけですから、昼間と言え工事の音は気になるものです。 音をたてないで工事をすることは不可能ですから、配慮がとても必要です。 塗料のニオイや飛散のトラブル 外壁や屋根の塗装を行うときは足場を組んでシートで覆うのが一般的ですが、それでも塗料の独特なニオイやシートの隙間からの塗料の飛散などトラブルのもとになりかねません。 特に塗料のニオイは気分が悪くなって体の具合が悪くなったと言われるケースもありますので工事前には近隣への配慮が十分に必要です。 埃や木粉の飛散 外部のリフォーム工事では埃や木粉、タイル切断の際の粉なども飛散することがあります。 室内でも換気のために窓を開けて工事をするとご近所の洗濯物に付着したり、窓ガラスが汚れてしまったり。 そういったものの飛散が起こりうる場合は、きっちりとした養生や飛散防止に気をつけなければなりません。 工事車両の通行や停車位置のトラブル リフォーム工事には工事の種類にもよりますが、様々な職人が関わります。 キッチンの入替工事だけでも、電気屋、水道屋、大工、メーカー指定のキッチン設置業者、内装クロスなどが携わります。 職人達はいろんな道具を車に積むため大きな車に乗っている場合もあり、車を止める場所には細心の注意が必要です。 近くにコインパーキングがあればよいのですが、仕方なく路肩に停車し通行の妨げや近隣の人が自宅に出入りするのに邪魔になったりしてトラブルになるケースがあります。 大きなダンプや配送のトラックなども出入りすることもありますので注意が必要です。 見知らぬ職人がウロウロしている不安感 自分の家を工事している職人はご近所の方にとっては見ず知らずの人間です。 職人の風貌は怖がられることもありますので、大勢で休憩していたり、たむろして話をしているだけでも不安に思われることがあります。 職人の教育には徹底している業者もありますが、見た目だけで恐怖感を覚えるひともいることを覚えておきましょう。 工事前に挨拶する際のポイント 前記のようなトラブルにならないために、リフォームをする場合は事前に近隣挨拶をしておくのが賢明です。 挨拶のタイミングや具体例を知っておきましょう。 挨拶の範囲 工事前の挨拶に行く場合、両隣の家や前後の家だけでなく、同じ並びの家や前後の筋まで挨拶をしておくと安心です。 団地のような住宅地の場合は自分の家があるブロックなどの範囲で決めてもいいでしょう。 トラブルになる時は思わぬところから文句を言われたりすることもありますので、念のため広めの範囲で挨拶をしておくと安心です。 挨拶のタイミング 近隣挨拶は、ご近所さんとの関係を良好に保つためにも、工事前と工事後の2回行うことをおすすめします。 工事前の挨拶 遅くとも工事着工予定の2~3日前には済ませておきましょう。 リフォーム業者によっては独自で挨拶に行くところも少なくありませんので、担当者と相談して一緒に挨拶に行くのがベストです。 ご近所の方も業者の顔が見られれば安心できる面もありますので、施主だけ、業者だけで挨拶に行くのではなく一緒に行くのが好ましいです。 工事後の挨拶 忘れてはいけないのが、工事が終わった後の挨拶です。 「ご迷惑をおかけしました。 」、「お陰さまで無事に終わりました。 」と報告の意味を兼ねて工事後にも挨拶を心がけましょう。 これもリフォーム業者の担当者と一緒に行けるとベストです。 挨拶の具体例 どのような挨拶が好ましいのでしょうか。 近所付き合いの度合いにもよりますが、一般的に通じる挨拶を心得ておきましょう。 工事中は車の出入りや、騒音などニオイなどご迷惑やご不便をおかけすることがあるかもしれません。 十分に気をつけて工事を進めていきますので、よろしくお願いします。 」 といった風に、いつからいつまでどのような内容の工事を行うのか明確に伝え誠意を持って対応する旨、手土産を添えて挨拶をしましょう。 挨拶の手土産 手土産を持っていく場合は相手に気を使わせない配慮も必要です。 高価すぎるものや、安価すぎるものはかえって印象が悪くなる場合があります。 業者が用意してくれるものはタオルやごみ袋、洗剤や歯磨き粉、サランラップなどの日用品が多いですから、施主自身も用意する場合は業者と手土産が被らないよう相談しましょう。 簡単な菓子折りなどが一般的に多いようです。 ただ、挨拶をする件数が多い場合は隣接する家は少し差別化してもよいかもしれません。 手紙の見本 近隣挨拶を行う際、すべての家が在宅しているとは限りませんので予め添える手紙も用意しておきましょう。 業者に用意してもらうと、施主名、業者名も明確になりより安心感を与えることができます。 ご迷惑になりませぬよう心掛けて工事を進めてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 安全・騒音・整理など万全の注意を払ってまいりますが、お気づきの点がございましたら、ご遠慮なくお申し付けくださいませ。 業者からの手紙の方が何かあった場合に近所付き合いのこともあるため言いやすさもあります。 まとめ リフォーム工事をするときは近隣との接し方がトラブル回避にとても重要です。 なにも挨拶なしに工事を行ってしまいますと、少しの不満でも大きなトラブルに発展する可能性があります。 丁寧な対応をしておくとお互いが気持よく工事を終えることができますので、リフォーム業者の担当まかせにするのではなく、自らも挨拶に出向いておきましょう。 そうすることで、何か起こったときでも円滑にトラブルを回避することができるのです。 普段からの近所付き合いが親密であれば、工事車両を停める場所を提供してくれたり、助けてくれることもあるかもしれません。 キチンと対応をしておけばトラブルの備えになるということを覚えておきたいですね。

次の

ご近所への挨拶は?

外壁塗装 挨拶文

工事の騒音や悪臭でご近所とトラブルになるケースは多い• 駐車車両が邪魔になってクレームが来ることもある• ご近所とのトラブルが原因で関係が悪化することもある 工事の挨拶の方法 工事前に挨拶に行くには、どのようにすれば良いのでしょうか。 ここでは、工事前に挨拶に行くタイミングや工事の伝え方などについてお伝えしていきます。 挨拶に行くタイミングは? 工事前の挨拶はあまりに早くに行くのも良くありません。 だいたい工事の2~3週間以上前に行くと、工事のことを挨拶に行った先が忘れてしまうこともあります。 訪問したときに留守だった場合、再度訪問することを考えても、 工事の1週間くらい前に挨拶に行くのがちょうど良いでしょう。 また挨拶に行くタイミングは直前過ぎても良くありません。 遅くとも3~4日前ぐらいには挨拶を済ませておくのがベターです。 挨拶を行う範囲 ご近所に工事前の挨拶に行くには、どれぐらいの範囲が良いでしょうか。 一般的に、工事前に挨拶をしておいた方が良い範囲は、 両隣はもちろんのこと、向かいの家とその両隣、後ろの家とその両隣は最低限挨拶しておきたいところです。 それ以外にも、塗料や音の影響がありそうな周辺までは挨拶に行った方が良いかもしれません。 家の前の道路が狭い場合は、工事車両で迷惑をかけそうな範囲まで挨拶に行った方が良いでしょう。 また車両が一度に来ると、他の家の前の道路に一時的に止めさせてもらう可能性もあるので、事前に了承を得ておくとトラブルになりにくいでしょう。 挨拶文と粗品を準備する 挨拶に行く前に、 挨拶文と粗品を準備しておきましょう。 挨拶に行ったときに、訪問先が留守だった場合はその挨拶文を投函しておくと工事のことを先方に知らせることができます。 また、在宅の場合でも挨拶文が書かれた用紙を見せながらの説明が可能です。 タオルなどの粗品があると、印象が良くなることも多いので用意しておくに越したことはありません。 ただし粗品は高すぎてもかえって先方に気を使わせてしまうこともあるでしょう。 粗品を選ぶときは、高くても1,000円以内のものがおすすめです。 タオルや洗剤といった実用的なものが喜ばれやすいです。 挨拶時に伝えること 挨拶をする際には、外壁工事が いつから始まっていつ終わるのかということをまず伝えましょう。 そのほか、何時から何時までという工事をする時間帯、夜の時間帯は工事するのか、するなら何時までなのかといった情報も合わせて伝えておくとベターです。 そのほか工事車両の駐車などで迷惑をかける可能性や、騒音が響く可能性や塗料飛散の可能性など、工事中に迷惑をかけそうな事柄も伝えておきます。 特に隣の家は塗装工事にしろ、外壁工事にしろ、迷惑をかける可能性が高くなりますので、工事中に起きたトラブルなどが伝えられる業者や担当者などの連絡先を挨拶文に明記しておくことが大切です。 施主と業者で行くのがおすすめ 挨拶に行くときは、工事の詳細をわかっている 業者さんにも同行してもらうと良いでしょう。 基本的に、工事前の挨拶は業者が行ってくれます。 とは言え、施主も一緒に挨拶に行った方がご近所の方の印象が良くなるのでおすすめです。 業者だけで挨拶に行くと、「なんで本人が来ないのか」と思われるケースもあるかもしれません。 一緒に行かない場合でも、後から個人的に顔を合わせて工事のことは伝えておいた方が先方の印象も良くなることでしょう。 「外壁塗装ほっとらいん」では、 あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。 もちろんチェックは完全無料&匿名。 いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、 ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね! 工事の挨拶文と粗品について 工事前の挨拶文はどのように書けば良いのでしょうか。 ここでは、挨拶文の内容と合わせて持っていく粗品についてお伝えしていきます。 挨拶文に書くべき内容 工事の挨拶文には、 どんな工事をするのか(塗装なのか張り替えなのか)についてを書きます。 また工事はいつからいつまでで、何時から何時まで作業するのかといった情報も必要です。 また、土日など家族が家にいることが多い休日や祝日には、工事するのかといったことも合わせて書くと良いでしょう。 そのほか、高圧洗浄を行う場合、隣家との距離が近いと洗濯ものに洗浄機の水やしぶきが飛ぶ可能性があり注意が必要です。 隣の敷地にも養生をする必要がある場合は、その旨も事前に了承を得ておかなくてはいけません。 挨拶文には、工事について起こりうることを明記し、何かしらの許可が必要な場合には了承を得たい旨なども書いておくと良いでしょう。 挨拶文の例 以下に 挨拶文の文例を提示しておきます。 挨拶文の一例としてご参照ください。 「拝啓 皆様におかれましてご健勝のこととお慶び申し上げます。 この度、〇〇町1-2の〇〇宅にて、外壁の塗装工事を執り行うこととなりました。 工事中は皆さまにご迷惑をおかけしないように、細心の注意をもって作業にあたらせていただきます。 ご不便をおかけして申し訳ございませんが、何かお気づきの点がございましたら下記の連絡先までご連絡いただければ幸いです。 なお、工事の概略は以下の通りになります。 工事内容:外壁塗装工事 工事期間:令和〇年〇月〇日 ~ 令和〇年〇月〇日 工事時間:午前10時~午後5時ごろまで 土日祝日の工事については行わない予定ですが工事日程によっては行うこともあります。 ご了承いただけますようお願い申し上げます。 〇〇〇」 挨拶文には工事業者の連絡先を明記しておきます。 工事内容のほか、工事期間や時間帯、土日祝日の工事についても書いておくと良いでしょう。 粗品はどんなものを準備すべき? 先ほども少しお伝えしましたが、挨拶をするときに合わせて 粗品を持っていくと印象が良くなります。 ただし粗品を持っていく場合は、タオルや洗剤など高額すぎない品物を選んだ方がお互いに気を使いすぎません。 数百円程度の品がベストですが、高くても1,000円以内におさめた方が良いでしょう。 洗剤やラップ、ゴミ袋などの実用品が喜ばれやすいです。 工務店がタオルなどを用意してくれることもあります。 気を使わせない程度の金額で、日常生活の役に立つものを粗品として選ぶと、先方ももらいっぱなしでもあまり気を使わなくて済みます。 挨拶文には工事の開始時期や終了時期、時間帯、土日祝日の工事予定を書いておく• どんな工事をするのかも書いておくと安心感がある• 粗品は高すぎても気を使われるので1,000円以内のものがおすすめ 工事の挨拶についての注意点 工事の挨拶をするときに注意すべき点などのようなことがあるのでしょうか。 ここでは、工事の挨拶をするときに気を付けるべきポイントについてお伝えしていきます。 留守だった場合は挨拶文を渡す 挨拶をしに訪問に行った先が留守であることもよくあります。 その場合は、 ポストなどに工事の挨拶文を投函しておきましょう。 工事直前まで会うタイミングがないと、そもそも工事の情報自体が伝えられません。 またその家の子どもが対応した場合も、伝え漏れがないよう挨拶文を投函してください。 後から会ったタイミングで改めて挨拶しておくと好印象につながります。 ご近所との人間関係を円滑にしておくためにも、道で会ったときなどに工事についてご挨拶を一言しておくと良いでしょう。 伺う時間帯にも注意する ご近所宅に伺う時間帯にも配慮する必要があります。 普段平日家にいない家庭は、平日の昼に在宅していない可能性が高いので夕方以降を目途に訪問すると良いかもしれません。 ただし家族がいる場合夕方が忙しい時間のピークということもあるほか、朝は通勤時間でもあるので慌ただしい時間です。 平日が難しい場合は土日に訪問した方が無理なく対応してもらえるでしょう。 ただし土日などの休日はあまり朝早くに行くと、就寝中や寝起きの可能性が高いので、昼以降にお伺いした方がベターです。 業者だけにまかせない 基本的には工事の挨拶は 業者が行ってくれます。 しかし、施主が一緒に行かないと先方の印象を悪くしてしまう可能性もあるので、できるだけ一緒に訪問した方が良いでしょう。 また挨拶文の内容がわからないと、後からご近所の方と顔を合わせたときに話が通じないこともあります。 挨拶文の中身は業者に確認しておきましょう。 業者に「こちらで行っておきます」と言われたとしても、後からでも個人的に挨拶に行っておくと良いです。 とは言え、人間関係が希薄な場合は業者に行ってもらった方がトラブルが少ない可能性もあります。 業者に一任するかどうかは、状況に合わせて判断してください。 挨拶をしてくれる塗装業者を選ぶ 優良業者であれば近隣への工事前挨拶は必ずしますが、 中には工事の挨拶をしてくれない業者もいます。 そういった業者は信用に欠けるので以後は別の業者に依頼した方が良いかもしれません。 工事前の挨拶があるだけでも、近隣の方の工事への不安は解消されやすくなります。 また施主だけで挨拶に行っても工事の内容をしっかり説明できないことがあるので業者の挨拶は欠かせません。 業者を選ぶときは、工事前の挨拶についても確認を取っておくと良いでしょう。 もし挨拶に同行してくれない場合は、自分で挨拶文なども考える必要がありますが連絡先などを業者に指定して良いかも確認して挨拶文を書かなくてはいけません。 工事前の挨拶についてもフォローがある業者を選んだ方が、工事のフォローなどもしっかりやってくれる可能性が高いでしょう。 留守だった場合は挨拶文をポストやドアに置いておく• 訪問する時間にも注意する必要がある• 平日は忙しい家庭が多いが訪問するなら夕方が良い• 土日に訪問するときはゆっくりしたい午前中は避けたい• 業者を選ぶときは工事の説明に同行してくれるかを確認し同行してくれる業者を選ぶ 工事前の挨拶はご近所トラブルを少なくすることができる 工事の告知もなく、ご近所からいきなり工事の騒音や悪臭がしてくるのは 嫌な気持ちになるものです。 また工事内容がわからないと不安な気持ちにもなるでしょう。 不安な気持ちや不快な気持ちは、ご近所トラブルの原因にもなりかねません。 事前に工事の挨拶をするだけでも、ご近所の方の不安や不快な気分を解消できるのであれば、挨拶に行っておきましょう。 工事に伴うご近所トラブルを避けるためにも、粗品を添えて 丁寧に工事前の挨拶をしておきましょう。

次の

外壁塗装リフォーム工事の際の近隣へのご挨拶文の例・テンプレート

外壁塗装 挨拶文

外壁塗装工事を行う前に、必ず必要なことは 「ご近所へのご挨拶」です。 外壁塗装工事はどうしてもご近所へご迷惑をかけてしまう工事内容のため、ご近所への挨拶を怠ってしまうとトラブルの原因となってしまいます。 どのような内容をしっかりと把握してご近隣に伝えることがとても重要です。 基本的には、施工業者が把握しており、ご近隣への挨拶から説明まで一括して行ってくれます。 ですが、施工店によって工事内容の 「説明不足」であったりそもそも 「挨拶をしない」業者も中にはいますので注意が必要です。 しっかりと施工店に 「挨拶の有無」を確認して、内容についても知っておく方が良いでしょう。 今回は、トラブル回避に繋がる外壁塗装で必要なご近所への挨拶まわりについてご紹介していきます。 ご近所へ挨拶を行うタイミングはいつ? ご挨拶に伺うタイミングとして、業者さんによって異なりますが、およそ工事着工日の 「2日前~1週間前」となります。 また、高圧洗浄(水洗い)を行う当日にも、再度伺って説明を行っていきます。 挨拶を行う範囲は、「密接する近隣」のお宅に行っていきます。 基本的には、 「両隣、向かい側、裏側のお宅と隣接するお宅」には必ずお声がけしていきます。 そのほか現場の状況で、ご迷惑をおかけする可能性があるお宅にもその場で判断してお声がけを行っていきます。 挨拶状と粗品について ご挨拶の際には、挨拶状と粗品をもって伺います。 【挨拶状の内容】 この度、A様邸で「外壁塗装工事」を着工することとなりました。 工事中は何かとご迷惑をお掛けすることも有るかと存じますが、細心の注意を払いながら工事を進めて参りますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 尚、何かお問い合わせ、また工事が原因でご迷惑をお掛けすることが有りましたら下記迄ご連絡下さいますようお願い申し上げます。 恐れ入りますが、 そのお時間帯は洗濯物をお控え頂くようご協力の程よろしくお願いいたします。 完工日については、雨や作業の進行具合によって変動するため、その点についても説明します。 また、工事内容によって追加工事が予想される場合には、先にお伝えしておきます。 高圧洗浄 高圧洗浄は、ご近隣に洗浄水や泥や汚れが飛散する可能性があるため必ずお伝えます。 ベランダに洗濯物があったり、窓が開いていると高圧洗浄ができません。 ご近所の方にご迷惑をかけてしまいますし、工事の段取りにも影響が出てしまうのでとても重要な内容となってきます。 足場が隣家の敷地に入ってしまう場合 隣家との間隔が密接している場合には、仮設足場がどうしてもお隣の敷地に入ってしまう場合があります。 その際には、しっかりと許可を取らないといけません。 どれくらいの範囲で足場が出てしまうのか、説明を行います。 この場合は、 工事が決まった段階で挨拶に伺うケースがほとんどです。 車の移動 作業するにあたり、隣家の車のご移動をお願いする場合もあります。 また、 「作業車、足場用トラック」の駐車位置の問題もでてきます。 ご迷惑をおかけする場合には、あらかじめ確認を取っていきます。 養生の説明 工事中に、隣家の車には塗料や汚れが付着しないように養生を行う場合があります。 また、植木、水槽など養生を必要とするものがないかの確認も行っていきます。 養生を行う場合には、その説明を行っていきます。 まとめ 外壁塗装工事は、ご近隣とのトラブルを防ぐ為にご挨拶はとても重要です。 施工業者の方に、しっかりとどのようなご挨拶をしてくれるのかを確認して、適切な対応してもらうことがとても重要です。 トラブルを防ぐ為にも、工事前に施工業者と念密なお打合せを行っていきましょう。 また工事中に関しても、しっかりご近所へ配慮を行ってくる 「業者選び」がとても重要となります。 施工店に関しては、比較検討を行って慎重に選んでいくことがとても大事です。

次の