恐竜博 行ってきた。 【恐竜博2019】所要時間や料金、混雑状況など!見所もご紹介!

【恐竜博2019】所要時間や料金、混雑状況など!見所もご紹介!

恐竜博 行ってきた

1 「科博の恐竜の先生」である真鍋真さんは、恐竜好きの市民からしてみると、まさに「恐竜博士」であって、メディアもなにかわからない海外の恐竜ニュースがあると、かなりの確率で真鍋さんに連絡して解説を請うてきた。 恐竜ニュースの背後に真鍋さんあり、ということが多い。 何年かに一度の「恐竜博」では企画を成り立たせるために東奔西走してぼくたちの知的欲求を満たしてくれる。 最近、バージニア・リー・バートンの名作絵本『せいめいのれきし』が、作中の生命史情報をアップデートして改訂版になった時、「まなべ まこと 監修」というクレジットが入ったのには「なるほどそうだよね」と膝を打った。 真鍋さんは、ぼくたちの社会において自然史分野で信頼を集める、国立科学博物館の研究者として、なにか日本の「恐竜文化」「古生物文化」のごときものの一端を20世紀末からずっと支え続けている感がある。 [画像のクリックで拡大表示] 一方で、研究者としての真鍋さんは、前述のように白亜紀末の大量絶滅に関心を持ち、アジアで、日本で、その時の恐竜たちはどんなふうだったのか知りたいと願っている。 アメリカのヘルクリーク累層などでの調査に参加しつつ、日本でも白亜紀最後期の化石の発見を待ち望んでいる。 こんな今の真鍋さんが、どんな道筋を通ってきたのか聞いたところ、真鍋さんはいつもの穏やかな笑顔を浮かべつつ、こんなふうに説き起こした。 「こういう仕事をやっていると、よく子どもの頃からの夢がかなってよかったですねって言われるんですよ。 それは恐竜少年がそのまま大きくなって、科博に勤めて好きなことやってていいなっていう意味だと思うんですが、実を言うと僕は子どものときは全然、恐竜とかに関心がなかったんです。 化石の勉強を始めたのも大学に入ってからなんで、そういった意味では自分の好きなものに出会うのは、早いに越したことないかもしれないけど、別に、子どものうちに出会ってなくても何とかなりますみたいな、そういう事例として参考にしてくださいってお話をすることがあります」.

次の

上野恐竜博2019に行ってきた感想=骨骨骨|混雑状況や所要時間は?【東京・台東区】│東京チカーバ|東京と近場の観光&散歩スポットを巡るブログ

恐竜博 行ってきた

Contents• 今回の目玉は世界初公開の2種類! 今回の恐竜博は、世界初公開となる化石が2種類ありました。 『デイノケイルス』と『むかわ竜』です。 『デイノケイルス』は1965年に前足の化石が見つかってから、 50年以上経ってようやく全てのパーツが発見された恐竜です。 全身復元骨格が世界初公開となりました。 全長11mで、下から写真を撮りましたが、 収まりきらないw このお子さんが手を伸ばしているのが1965年に発見された前足です。 2足歩行のようなので、『手』ですね。 コレが2. 4mもあったので、発見当時はザワザワしたようです。 もう一つが『むかわ竜』です。 これは、その名の通り、日本で発見された恐竜です。 北海道で全身の80%が残る化石が発見され、 今回の展示となったそうです。 海辺に生息していたらしいのですが、 息子が飽きてしまい、早足での通過となってしまいましたw 写真もありませんw 他にも様々な展示がある 目玉は世界初公開となる2種類でしたが、 他にも『デイノケイルス』を捕食していた『タルボサウルス』の全身復元骨格や、 和歌山で発見された『モササウルス類』(新種?)など、 見所は沢山ありました。 想像以上に巨大なので、 そのサイズに圧倒されること間違いなしです。 息子そっちのけで、私が楽しんでしまいましたw 学術的な説明は4歳にはちょっと早かったですね。 むしろ大人の方が楽しめる展示になっているかと。 忘れちゃ行けない常設展 恐竜博は特別展なので、特別展用のチケットが必要です。 しかし、特別展のチケットで常設展が観覧可能なので、 外さないようにしたいです。 今回は、入場待ちの時間がありましたので、 先に常設展を見に行きました。 常設だからと行って侮ることなかれ。 有名どころの化石は、全部こっちにいます。 『ティラノサウルス』『トリケラトプス』 『ステゴサウルス』『アンキロサウルス』 『ディプロドクス』等がいます。 冒頭の写真は、実はこっちです。 正直な話、常設展の方が楽しめるとすら感じます。 先にこっちに来て散々テンションを上げきった後だったので、 息子もむかわ竜辺りで飽きてしまいましたw これから恐竜博を見に行く予定のある方は、 先に特別展を見てから常設展に行った方が良いかも知れません。 展示の充実度は『特別展>>常設展』でしたので。 世界初公開への気合いの入り方は違いますね。 編集後記 ということで『恐竜博2019に行ってきた話』でした。 同じ日にたまたま上野公園で 『パキスタン ジャパン フレンドシップ祭り』がやっていたので、 恐竜を見た後はパキスタン料理を屋台で食べました。 射的の屋台も出ていて、息子とやりました。 車のおもちゃをゲットしてご満悦でしたねw しかし、息子の電池が切れてしまったので、 早々に退散しましたが、もう少しゆっくり見たかったw.

次の

恐竜博2019に行ってきました 化石の写真、海洋堂ガチャ開封など

恐竜博 行ってきた

Contents• 恐竜博の概要 恐竜博はほぼ毎年上野の国立科学博物館の夏休み期間+アルファで展示されている特別展となっています。 恐竜博2019については 期間 2019年7月13日~10月14日 料金 一般・大学生 1600円 前売り券1400円 小・中・高校生 600円 前売り券500円 となっています。 だいたい夏休みに例年やっているイメージなので、夏のお出かけスポットとしては室内で涼しく過ごせるのもあって、おすすめですね。 場所もJR「上野駅」(公園口)から徒歩5分の国立科学博物館となっているのでアクセスも良い場所となっています。 動物園に向かうコースを途中で曲がって博物館方向にってルートになります。 夏休み土日の混雑状況 自分が行ったのは8月の土曜日 お盆休み前 でした。 恐竜博の特別展のチケットで常設展の方も全部見れてしまうのでお得な値段で丸一日過ごせると思います。 上野駅に着いたのは10時半頃で上野駅構内 公園口付近 にあるチケットショップでチケットを購入して入りました。 チケットショップの並びは10人くらいでした。 国立科学博物館ではまず恐竜博を見るということで特別展の入り口から入りました。 恐竜博 特別展入口 特別展の入口にベビーカーを置けるスペースがあるのですが、ベビーカーを持参した人は恐竜博を見る間はここにベビーカーを置いて歩いて中を見るのがベストだと思います。 ベビーカーを持ち込んでも良いか係員さんに質問したのですが 「ベビーカーで入ることは大丈夫ですが、中が混雑しているので置いて行くことをおすすめします」 とのことでした。 すすめられたとおりベビーカーを入口に置いて行ったのですが、入ったら確かにかなりの人の多さでベビーカーで入るのはかなり困難だなといった混み具合なので、夏休みの土日やお盆に行く場合はベビーカーは入口待機が無難だと思います。 大きな化石に恐竜映像と見ごたえありの展示内容 恐竜博ということで恐竜に特化した展示となっているので、小さな子は興奮間違いなしですね。 恐竜博2019はデイノケイルス、むかわ竜、モササウルスといった目玉展示を中心に様々な展示がなされていました。 むかわ竜 恐竜博2019は比較的鳥に近い恐竜が多く展示されていた印象です。 卵を巣の回りに置いて見張ってたという恐竜や羽毛恐竜の化石も展示されていました。 海の恐竜として大きな繁栄をした大型のモササウルスも今回初めて知ったので、新たな名前を多く覚えることができました。 定番のティラノサウルスの化石もありましたが、今はティラノサウルスには毛が生えているのが当たり前となっていて、昔の常識が変わった事柄もあるので大人も学べる事がたくさんあるなって感じです。 うちは三男が欲しいといったぬいぐるみをおばあちゃんに買ってもらって特設ショップエリアの買い物は今回は短めにして、13時過ぎとなっていたので昼御飯を食べる場所へと行くことにしました。 混雑時のランチは日本館地下のラウンジがおすすめ 国立科学博物館の中でご飯を食べる場合はレストラン「ムーセイオン」か、日本館地下のラウンジかカフェ、地球館屋上のハーブガーデンかスカイデッキで食べる事ができます。 この中でラウンジとハーブガーデン、スカイデッキは持ち込みの食べ物も食べる事ができます。 実は前回恐竜博に来た時に少しのお菓子しか持ってきていなく、レストランに入ろうとしたらかなりの並びとなっていたので食べるのをあきらめて、お菓子だけ食べて恐竜博と常設展を見たという経験がありました。 今回はさすがにそれは回避しようということで、上野駅のNEWDAYSでおにぎりと飲み物を買って持ち込みコースで最初から日本館地下のラウンジに向かいました。 行った時点で満席とはなっていたのですが、5分も待たずに席を確保することができたので今回のランチはスムーズに食べる事ができました。 ラウンジはカフェと併設されていて、カフェで買った食べ物も食べられるようになっていて、実際には持ち込んだものを食べている人よりもカフェで買ったカレーやスパゲッティーを買ってる人の方が多かったです。 次回来るときはラウンジでカフェのメニューを頼むのが良いかなと思いました。 屋上の店でも簡単なものは買えますが軽食といった感じなので何も買ってきていない人は混雑時は地下ラウンジコースがベストたと思います。 屋上売店 常設展 地球館と日本館 常設展示は地球館、日本館と二つの建物があり、どちらもかなりの広さの展示内容となっています。 全部回ろうとするとほぼ丸一日コースとなると思うので、どちらか片方に絞ってしっかり見るコースでも良いかもしれません。 自分達は前回地球館のみを回ったので今回は日本館を中心に回ろうという予定となりました。 ラウンジの近くにあります 待ち時間は15分ほどで、一回の上映時間が約10分ほどということで並んでから二回目の上映に入場することができました。 球体のど真ん中を貫通するように橋がかかっていて、橋の好きな場所に立って上映を見るような形になります。 確かに展示内容は地球館の方がダイナミックで、様々なものがあるので人気は地球館が上だろうなと思います。 地球が誕生してから今までの歴史をわかりやすく映像で流していたり、恐竜の展示があったりとみいってしまう展示物が広い展示場に展開されています。 地球館三階にある「コンパス」という0~12才までとその親が入れる子供スペースに入りたいと言ってたのですが、行ってみると土日は前日までの事前予約を入れてないと入れないということで断念となりました。 興味があって土日に行くというかたは予め予約をしておいてください。 まとめ 恐竜博は夏休みの土日は結構混むとは思いますが、ちゃんと見たい展示物は全部見れる感じではあるので、見て満足できると思います。 せっかく行ったのだから常設展も見ようという人が多いと思うので常設展もしっかり楽しんでみてください。 ランチに関しては混んでる日はラウンジで持ち込みorカフェのランチを買うというのがおすすめです。 三男が恐竜博に行って以降恐竜大好きになったということで、やはり子供には色んな体験させてあげたいですよね。

次の