加治 将 一。 加治将一オフィシャルサイト『

閉鎖された加治将一氏のブログ: 舎人学校

加治 将 一

人物 [ ] 渡米。 以後15年間で関係の仕事に従事。 に帰国。 ビジネスの傍ら、海外での体験をもとにした執筆活動を行っている。 著書 [ ] ビジネス書 [ ]• 読まずに建てるな(1997年、文藝春秋)• いい家が買える人 ダメな家をつかむ人(1999年、ぶんか社)• お金を捨てる家生みだす家(2002年、幻冬舎)• 借りたカネは返すな!(2003年、アスキー・コミュニケーションズ)• 借りたカネは忘れろ!(2003年、幻冬舎)• プロが教える買ってはいけない住宅(2003年、アスコム)• マンガでわかる借金が消える「魔法のノート」(2003年、宝島社)• あと1億円生涯収入を増やす本(2004年、小学館)• 性善説は死を招く(2005年、講談社)• 大僧正とセラピストが人間の大難問に挑む(2010年、ビジネス社)• カネはアンティーク・コインにぶちこめ!(2012年、東洋経済新報社)• カネはやっぱり、アンティーク・コインにぶちこめ!(2014年、東洋経済新報社)• 2015 [最新版] カネはアンティーク・コインにぶちこめ!(2015年、祥伝社) 小説 [ ]• ビバリーヒルズで夕食を(1996年、新潮社)• キャッシュを沈めろ!(1997年、新潮社)• 夜は罠をしかける(1998年、新潮社)• 妻を殺したのは私かもしれない(1999年、新潮社)• チャイナブルー(2000年、光文社)• 血の聖壇(2001年、光文社)• 借金狩り(2005年、新潮社)• 『龍馬の黒幕』に改題(2009年、祥伝社文庫)• 2011年、上下巻で祥伝社文庫)• 2010年、上下巻で祥伝社文庫)• (2010年、祥伝社。 2014年、祥伝社文庫)• 西郷の貌-新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史- 2012年、祥伝社。 2015年、祥伝社文庫• 幕末 戦慄の絆 和宮と有栖川熾仁、そして出口王仁三郎 2014年、祥伝社。 2016年、祥伝社文庫 以上五冊、歴史小説家・望月先生シリーズ。 アルトリ岬(2008年、PHP研究所。 2011年、PHP文芸文庫)• 倒幕の紋章(2009年、PHP研究所。 2012年、PHP文芸文庫)• ヴィジュアル版 幕末 維新の暗号(2012年、祥伝社)• の謎(2003年、新潮社)• 禁断の幕末維新史【封印された写真編】(2016年、水王舎)• 龍馬を守った新撰組【禁断の幕末維新史】(2017年、水王舎)• 倒幕の南朝革命 明治天皇すり替え ヴィジュアル増補版 幕末 維新の暗号(2018年、祥伝社新書)• 第6天魔王信長 消されたキリシタン王国 (2018年、水王舎)• ビバリーヒルズ・コンプレックス(1995年、文藝春秋) 対談 [ ]• 日本人が知っておくべき この国根幹の《重大な歴史》 新証言、新証拠が続出! 今この二人だからこそ明かせる《最高機密》(2015年、ヒカルランド 共著 ) 望月先生幕末三部作 [ ]• 幕末 維新の暗号• 西郷の貌• 幕末 戦慄の絆 メディア [ ] ラジオ• 2003年4月-7月、『ニュースわかんない』レギュラー・コメンテーター。 2013年3月19日、『クロノス/スズキ・ブレックファーストニュース』アンティーク・コインに関するインタビュー出演• 2006年2月26日、1時間半特番『歴史ミステリー 龍馬の黒幕』原案、出演• 2010年1月3日、2時間特番『歴史ミステリー 龍馬の暗号』原作、出演• 2011年12月5日、『THEナンバー2・坂本龍馬』出演• 2012年2月27日、BS-TBS『THEナンバー2・小松帯刀』出演• 2012年4月5日、BS-TBS『THEナンバー2・岩倉具視』出演• 2012年5月10日、BS-TBS『THEナンバー2・中岡慎太郎』出演• 2012年6月7日、BS-TBS『THEナンバー2・西郷隆盛』出演• 2012年12月17日、テレビ東京『』出演• 2013年1月30日、BS-TBS『』出演• 2013年5月6日、日本テレビ『』出演• 2016年3月27日、『歴史ミステリーロマン 幕末維新の謎を解け!』原案、出演• 2017年11月25日、BS-TBS『』出演 雑誌• 週刊新潮、2014年11月6日号、『「家計を守りつつ増やす!」作家 加治将一が説く、アンティーク・コイン投資術』• Ambitious、2014年11月1日発行、『今、とっておきの錬金術! アンティーク・コインがスゴい!』• キュリオマガジン、2015年3月号、『アンティーク・コイン収集のススメ』• 貨幣の収集・研究の専門誌「収集」、2015年11月号、『哀しみのスラブ・パッケージ』• 日経マネー、2016年3月号、『コイン[antique coin] 不況知らずの隠れ資産 持ちっぱなしで億万長者!? キュリオマガジン、2016年4月号~連載『コインに恋して 誰も教えない、持っているだけで億万長者へのコツ』• 週刊ゴルフダイジェスト、2016年7月12日号『4人1組。 月刊ムー、2017年12月号、『坂本龍馬 暗殺の真実』掲載 映画 [ ]• 2017年8月 - 監督・シナリオ「」 DVD [ ]• DVD BOOK 幕末維新 禁断の歴史ツアー 京都編(2017年、祥伝社)• DVD 映画 「龍馬裁判」プロデューサー・監督・脚本・出演(2017年、有限会社トータルセルフ) 講演・講義実績 [ ]• 日米西部会• 経済同友会• 船井幸雄オープンワールド• ANJ新経営者クラブ• 東急建設災害防止協会安全大会• 日本ビジネス協会• 麗澤大学 麗澤会• 浅野歯科産業株式会社• ダイヤモンド経営者倶楽部• 森田会計事務所• ロータリークラブ• スルガ銀行• 書泉グランデ• 立教大学講義:テーマ「驚愕!明治天皇はすり替えられていた」(2017年10月24日)• 株式会社西京銀行 他、多数 脚注 [ ] [].

次の

閉鎖された加治将一氏のブログ: 舎人学校

加治 将 一

ところが、その後上記のが閉鎖されているというメールが道友から届きました。 後は読者の判断にお任せします。 『幕末維新の暗号』あとがき 『幕末維新の暗号』を出してから、有形無形の圧力を受けている。 脅しさえも。 日本には『幕末維新の暗号』という、一介のフィクション小説の出版さえ、許さない得体の知れない勢力がいる。 言論弾圧、出版妨害。 あるものは政府機関を名乗り、あるものは弁護士を名乗り、あるものは教育者を名乗り、あるものは学者を名乗り、いややはりその中には、まったく名乗らない闇の勢力もいる。 妨害には、さまざまな方法がある。 『幕末維新の暗号』はもっともらしいことを並べ立てて、反証してみせ、これはイカサマ本だと言いふらす卑劣な方法は一般的だ。 だが、よく検証すれば分かるが、根拠の薄いものばかりで、こじつけの手法が多くとられている。 そもそも小説に、史実と違うという攻撃など、トンチンカンな話で、その意図がミエミエではないか。 『幕末維新の暗号』は、盗作で読む価値なしだという言いがかりもよく使われる。 『幕末維新の暗号』は、駄作だと中傷する古典的な方法がある。 いずれも、知識遺産を知りたいと思う情熱を抹殺する恥ずべき人間のやることだが、そうはいっても確信犯的な連中には通用するわけはないのだが・・・ 出版社や新聞社に、『幕末維新の暗号』の書評を載せるなと、圧力をかける方法もある。 そして直接版元に、本の抹殺を狙って難癖をつける方法もとられるが、現代において、もやはそれは成功しないはずだ。 情報が公開され、一定程度の言論の自由という意識が浸透している時代になってきているからだ。 さらにまた、作家やその周辺を震えるほどに脅す方法がある。 オーソドックスだが、効果的だ。 正直、身の危険を感じている。 しかし加治は、屈服する年齢ではない。 もう充分、好きなように生きてきたし、この世に未練はあまりない。 この先、長く生きてもせいぜいあと20年だろうか。 それが仮に数年短くなったとしても、冷静に受け止められると思っている。 正直に生きるためなら、あえて危険な領域に踏み込むことはいとわない。 とは言え、セキュリティのために公表していた顔写真を引っ込め、暮らしを移させてもらった。 これはすべきことだと思う。 過去における真実とはなにか? 個人が決めることじゃない。 多くの人が、さまざまなことを知り、考えることに参加すれば、より真実に近づけるはずだと信じている。 それにはまず、知ること。 加治は『幕末維新の暗号』という小説で、世に問題を提起した。 この本は長い取材と調査。 そして多くの人の協力があっての賜物だった。 もう一度、見つめようではないか? 考えようではないか? 我々、日本という国を・・・ 我々には、それが可能なはずである。 『幕末維新の暗号』は、発売わずか3週間で、4度も刷り増しするという栄誉にあずかった。 購入し、読んでいただいたみなさんには、深い感謝と尊敬の念を抱かざるをえず、さらにより多くの人が、『幕末維新の暗号』を自分なりに見つめていただきたい気持ちでいっぱいでだ。 そこになにかを見出し、気付いていだだければ、作家としては本望なのだ。 応援歌がたくさん聞こえる。 すべての人に、感謝と愛情をこめて・・・ 初めまして。 私は北海道豊浦町でシュタイナー学校を起ち上げて来たひとりのオヤジです。 子どもを通わせるために東京/札幌を経て、孟母三選で北海道伊達に行き着きました。 そしてそこで「かじまさ」と小説の舞台の取材を通して接点がありました。 お会いしたのは一度だけですが、何回かのやりとりの中で、私は彼のすばらしい人間性を感じたひとりです。 今回引用されている彼のコメントは、まさに彼らしいなあ、と思いました。 ところで 今回9月に出版される彼の小説「アルトリ岬」 PHP研究所 を先に送ってもらって読ませてもらいました。 感動しました。 絶望の淵に立った家族を題材に、「人生とは何か」を提案してくれています。 中学生のこどもたちを持つ親にはきっと素晴らしいものを与えてくれるはず。 是非ともご一読を! 投稿: 2008年8月30日 土 午後 04時21分.

次の

加治 将一

加治 将 一

『2度の全財産を失う苦境を乗り越えたベストセラー作家のスゴい人!』 アメリカでの体験をもとに不動産、消費者金融、投資関連などのベストセラーを多数輩出したスゴい人が本日登場する。 知り合いもいない、英語も話せず、周りが引き止める中ロスへと飛び立った。 「海辺でプール付きの家を購入する」という目標を立て、その写真を部屋に飾り、毎日眺めながら生活をして、3年で目標を達成した。 しかし、何十億円もの不動産投資を行う中でバブルがはじけて全財産を失う大きな失敗も経験した。 彼はどのようにして試練を乗り越えたのか? さあ・・・作家 加治将一様の登場です! 「運が良い」 最初は札幌で英会話の学校や翻訳のビジネスをしていました。 北海道庁からも翻訳の仕事を受注するなど仕事は順調だったのですが、毎日が同じことの繰り返しで、つまらない・・・ そう思い始めた28歳の時に『財界さっぽろ』の常務に相談をしたところ、アメリカを見た方がいいとアドバイスを頂き、家族と一緒にロスに移住することを決めました。 でも、私は英語も満足に話せませんし、ロスに知り合いがいるわけでもありません。 友人からもお前はバカかと言われましたが、「今行かなくてはいけない」と思ったのです。 現地に銀行口座を持っていなかったので送金ができず、3000ドルの現金だけを持ってロスに行きました。 残りのお金は後から送ってもらおうと、日本で信頼していた秘書に預けてきました。 ところが、ロスに到着してから秘書に電話をしても一向に連絡が取れません。 最初は事故や病気にでもなってしまったかと心配していたのですが、日本の友人から「いなくなったみたいよ」と聞いて、あまりのショックに目の前が真っ暗になりました。 でも、立ち止まっていても何も始まりません。 新聞で日本の駐在員向けの保険の販売員の求人広告を見つけて、「これしかない」とすがるような気持ちで応募しました。 徐々に保険も販売できるようになり他にもルイヴィトンのバッグを日本に輸出したり、不動産を購入したりと色々とビジネスを展開するようになりました。 当時アメリカのルイヴィトンでしか作っていなかったバケツ型のバッグが、毎月100個~200個は飛ぶように売れました。 最盛期には、不動産にも何十億と投資していました。 そんな時、バブルがはじけて不動産価格が急落。 資産が吹き飛んで、倒産しました。 今思うと、あの頃は何でも思い通りになるとどこか傲慢になって自分を過信してしまっていたのですね。 日本に帰国後、アメリカと比較して日本の不動産市場のおかしなところを纏めた書籍を出すことになりました。 これが、メディアにうけてテレビ番組に出るようになったのです。 これが、今の作家の活動に繋がっているのです。 札幌を出る時は作家になろうなどとは1ミリも思ったことが無かったので、人生どうなるかわかりませんね。 ただ、私は常に運が良かったと思います。 運を良くするためには、常にオープンマインドでいること、そして人を愛すること。 これが大切ですね。

次の