ご了承 意味。 【敬語の意味・違い】承知しました/了解しました/かしこまりました/了承しました

「ご了承ください」のビジネスメールでの正しい使い方!意味や類語、英語表現もあわせて解説

ご了承 意味

「了承」の意味とは 辞書的な「了承」の意味 『相手の申し出や事情などを納得して承知すること。 』これが辞書での「了承」の意味です。 この意味からも分かるように「了承する側」の方が上の立場であるニュアンスを持っている言葉です。 その為、クライアントや上司、目上の方に対して「了承しました。 」というのは、相手からしてみると不快な言葉としてとられかねないのです。 「了承」の英語訳 「了承」を英単語にすると以下のようになります。 Understanding• Approval• Acknowledgement• Permission• Agreement ずばりこれというのはなく、その時の状況に応じた使い分けになる事が多いです。 例えば、了承してもらった時に「了承頂きありがとうございます」ならば、 Thank you for your understanding. ご理解頂きありがとうございます。 となり、「君の意見を了承する」と言うならば I agree with your opinion. あなたの意見に同意です。 というようになります。 英訳するにあたっても若干のニュアンスの違いや状況、「了承」という言葉を発する側によって変化がある為使い分ける必要があります。 了承の使い方は? メールや文章で使われることが多い この言葉は一般的に会話の中で使うよりもメール等のやりとりで使用される事が多いです。 「ご了承頂き、ありがとうございました。 」といった感謝の言葉は、ビジネスメールにおいて多く見られるものです。 ビジネス場面での使い方 了承の意味である『相手の申し出や事情などを納得して承知すること。 』からも分かるように、『了承する側』は目上の立場で、『了承される側』は下の立場である事が前提となる言葉です。 そのため、この言葉を使う場合は自分と相手の立場が明確になっている場合となります。 例えば、「本件について、追加工事が必要となります。 その為追加の投資をご了承頂けないでしょうか。 」のような使い方があります。 「了承」の類義語と主な使い方 「了承」の類義語として「了解」、「承知」、「承諾」、「容赦」などがあります。 ここではそれぞれの言葉の主な使い方について確認していきましょう。 「了解」について 『さとること。 わかること。 承知』これが辞書での「了解」の意味です。 つまり「理解」する事を「了解」と置き換える事ができます。 その為、「了承」される為にまず「了解」して頂く必要があるともとれます。 「〇〇についてこの計画の通り進めていこうと考えています。 その為この予算となります。 」 「了解しました。 」 このような使い方となり、説明を受けた側や報告された側の返答で使用する場合の方が多いのが「了解」という言葉です。 「承知」について 『旨を承って知ること』つまり、理解や許しを得るのではなく、知ってもらうこと、知る事を「承知」と言います。 報告した事について知ってもらう事を目的とした時に「承知」を使います。 その為、「承知」してもらっただけでは「了承」してもらったという訳ではないのです。 「明日はこの件についてより具体性をもった打ち合わせを致します。 ご都合があえばご参加ください。 」 「承知しました。 」 「了解」と似ている言葉ですが、「承知」は極端に言えば分かっていなくても分かっていても取り敢えず知る事が出来れば使える言葉です。 「承諾」について 『(願い・要求を)聞き入れること。 引き受けること。 』今回のテーマになっている「了承」との違いは、『引き受ける』というところです。 つまり、「了承」のように異存はない事を示すのではなく、「承諾」は『そうする』というように引き受ける事を言います。 「この案件に対してこのように考えています。 実行して頂けますでしょうか。 」 このような場合は、引き受けるか否かを問われている為、「 承諾する(しない)」を使用します。 「この案件に対してこのように考えています。 実行しても宜しいでしょうか。 」 このような場合には「 了承する しない 」を使います。 似ていますが使う場面は異なります。 「容赦」について 『(手落ちを)ゆるすこと。 』これが辞書での「容赦」の意味です。 「席には限りがございます、あらかじめご容赦下さいませ。 」というように、事前に席が足りない場合がある事を詫びて許しを求めています。 まとめ このように「了承」には多くの類義語があるものの、意味や用途が違います。 また、意味や用途が分かれば使う場面や使う相手も自分の中で明確にすることができます。 言葉本来の意味を理解して間違いのない場面、相手に使用するのは、ビジネスマンとして今後社会を戦い抜く中で大事なことの一つだと言えます。

次の

「了解」「了承」「承知」「承諾」の意味とは?“わかりました”の使い分けは難しい

ご了承 意味

「了承」とは 「了承」の読み方は「りょうしょう」 「了承」は、「 りょうしょう」と読みます。 「了」は、音読みでは「リョウ」、訓読みでは「おわる・さとる」と読みます。 「承」は、音読みでは「ショウ」、訓読みでは「うけたまわる」と読む漢字です。 それぞれ訓読みで読み、「りょうしょう」となっています。 「了承」の意味は「事情を理解し、それでよしとすること」 「了承」の意味は「 事情を理解し、それでよしとすること」です。 「了」は、「終わりになる」「明らか」「はっきりとさとる」ことを意味していて、「承」は、「前のものを受け継ぐ」「相手の意向を受け入れる」ことを意味しています。 「了承する」という言葉には「同意する」という意味が含まれていて、相手の事情や意向に対して、「受け入れる」「認める」ことに重点を置いています。 「同意はしないが認める」というニュアンスではありませんので注意してください。 「了承」の漢字は「諒承」「領承」「領掌」とも 「了承」の漢字表記はいくつかあって、「諒承」「領承」「領掌」と書くこともできます。 「 諒承」は、古くは「りょうじょう」と読まれ使われていたものです。 「諒承」の「諒」には「思いやる・さとる」という意味があり、「事情をくんで納得する」という意味で使用することができます。 「 領承」は「領」に「うける・うけとめる」という意味があり、「領承」で「納得する」という意味で使用される言葉です。 「 領掌」は、「領状(りょうじょう)」として、使われていた古い言葉です。 「仰せを承諾すること」つまり、言われたことを理解する・納得するという意味です。 以上、紹介してきたどれを書いても「了承」と同じ意味にはなりますが、「了承」と書くのが一般的です。 「了承」の使い方と例文 了承を得る 「了承」は、「了承を得る」という言い回しで使用されることが多いです。 この場合の「得る」とは、「納得をする」「理解をする」という意味で使用されています。 つまり「了承を得る」で、「 相手にそれを理解してもらう・納得してもらう」という意味になります。 上司や目上の人に対して、何かこちらの意向を聞いてもらって理解してもらったり、納得してもらう場合に「了承を得る」という表現を使用します。 ただし、了承をしてもらった相手に対して「了承を得る」という表現を使用することはできません。 ・必ず撮影の了承を得るという決まりになっていたと思いますが、どうなりましたか? 了承しました・了承いたしました 「了承しました」「了承いたしました」は、自分が何か相手の意向を納得した場合に使用する表現です。 ただし、「了承しました」は上司や取引先など目上の人に対しては使用しない方が無難です。 1つ目の理由は、「了承」という言葉のもつ意味合いです。 「相手の言ってることを受け入れる」という上から目線なニュアンスがあります。 「了承」という言葉はビジネスで使用する堅い語なのですが、意味に問題があるのです。 2つ目の理由は、「了承しました」は、動詞「了承する」+丁寧語「ます」+過去「た」なので、敬語ではあるのですが、ただの丁寧語なので丁寧さに欠けるということです。 そこで、謙譲語「いたす」を使い「了承いたしました」とすると、より丁寧ですが、上から目線なニュアンスには変わりがありません。 よって、目下の人に謙譲語を使用するのは不自然なので、「了承しました」の形で同僚または目下の人に対して使うのが正しい用法です。 ただし、その場合は「了解しました」「わかりました」などを使う方が自然です。 了承ください・了承願います 「了承ください」「了承願います」は、自分の意向を相手に理解してもらいたい・納得してもらいたい場合に、「理解してください」という意味で使用される表現です。 「了承」のもつ上から目線なニュアンスは、むしろ相手の動作に対して使うと謙虚な響きになります。 「この私めを受け入れてください」と自分をへりくだるニュアンスになりますよね。 相手が了承する場合は、尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、 ・ご了承ください ・ご了承願います とする必要があります。 また、クッション言葉として「申し訳ございませんが」「恐れ入りますが」などを文頭に置くとなお良いでしょう。 例文 ・当日の天候によっては、中止になる可能性もあるのでご了承ください。 ・まだ決定ではないので変更の可能性があるということをご了承願います。 了承済み 「了承済み」は、「しっかりと確認し、理解してもらっている」という状態を表す表現です。 「すでに相手方には確認してもらっていますよ」ということを伝える場面で使用します。 例えば社内の上司に報告をするような場面で、「そちらの件についてはお客様に了承済みですので問題ありません」というように使うことができます。 確認してあることを、重ねて別の人が確認してしまうことのないように、報告する場面でよく使用される表現です。 例文 ・その件についてはすでに了承済みなのでご安心ください。 ・間に合わなかった資料については後日郵送することになりましたので、よろしくお願いします(先方了承済み) 承諾 「承諾」の意味は、 ・他人の要求・依頼をもっともと思い、引き受けること ・申し込みの意思表示と結合して契約を成立させる意思表示 です。 「承」は、「前のものを受け継ぐ」「相手の意向を受け入れる」を意味していて、「諾」は、「応答すること」「引き受けること」を意味しています。 つまり、「承諾」は、ただ引き受けるだけではなく、「積極的に引き受ける」というニュアンスが含まれまれ、依頼を引き受ける場面、特に取引や契約を結ぶ際において使われる言葉でうs。 「納得する・理解する」というだけではなく、「積極的に引き受ける」という点が、「了承」との大きな違いになります。 例文 ・友人から結婚式の余興を頼まれ快く承諾する。 ・就業中ではあったが、上司からの承諾を得て外出する。 了解 「了解」には3つの意味があります。 ・事情を思いやって納得すること・理解すること・飲み込むこと ・無線などの通信で、通信内容を受け取ったことを表す語 ・ディルタイ哲学で文化的・歴史的なものを生の表現とみなし、その生を追体験によって把握すること 「了」は、「終わりになる」「明らか」「はっきりとさとる」ことを意味していて、「解」は、「与えられた問題に対する答え」「意味をとき明かす」ことを意味しています。 「了解」は「物事の内容や事情を知り、納得すること」「理解すること」といった意味で、多く使用します。 つまり、「了承」よりも「理解してそれを認める」というニュアンスが強い表現であるということがわかります。 ただ、「わかったー」というよりは、事情などすべてを理解した上で納得をし認めるという点で、「了承」とはニュアンスの違いがあると言えるでしょう。 ・了解しました。 また明日話しましょう。 承知 「承知」には3つの意味があります。 ・事情などを知ること、わかっていること ・依頼・要求などを聞き入れること ・相手の事情などを理解して許すこと です。 「承」は、「前のものを受け継ぐ」「相手の意向を受け入れる」ことを意味していて、「知」は、「物事の本質を見抜く」「相手を理解する」ことを意味しています。 「承知」は「旨をうけたまわって知ること」「聞き入れること」です。 「承知」は「百も承知」と使うように、「聞く・知ること」に重点を置いているというのが、「承知」とは異なる点であると言えるでしょう。 例文 ・時間変更のことにつきまして、承知しました。 ・ご注文の件、承知しました。 準備出来次第、お届けいたします。 同意 「了承」と「同意」はほぼ同義です。 しかし、「了承」には上から目線な響きがありますが、「同意」にはそのようなニュアンスはありません。 また、「同意」はビジネスシーンでさえあまり口語では使用せず、新聞でよく使う語です。 「同意する」「同意を得る」「同意を求める」「和平合意」「最終合意」「歴史的合意」などと使います。 例文 ・代表は取締役会で新規事業開始への合意を求めた。 ・LVMHがティファニー買収で、最終合意 「ご了承ください」に対して「了承しました」は避ける ビジネスシーンなどで「ご了承ください」と言われた場合、「了承しました」という返事をすることは避けましょう。 上述しているように、「了承しました」は少々上から目線な表現であることと、丁寧語であるため、目上の人に使用するには丁寧さに欠けるといったことが、「了承しました」と返事で使用することを避けたほうが良い理由です。 「ご了承ください」に対しての望ましい返し方は下記にまとめますので、そちらを参考にしてください。 「承知しました」は聞き入れることの丁寧な表現 「承知しました」で、「旨をうけたまわって知りました」「聞き入れました」という意味になります。 「〜をご了承ください」といったように、ビジネスシーンで何か依頼を受けたり、相手の話を理解したことを伝えたいときは「承知しました」という言葉を使うのが良いでしょう。 例文 「ご注文の件、承知しました。 準備出来次第、お届けいたします」 「面接日程の件について、承知いたしました」 「拝承しました」は承知することの謙譲語 「拝承」とは「聞くこと」「承知すること」の謙譲語で、自分の動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「つつしんでうけたまわること」という意味で、 上述した「承知しました」よりも堅い表現になります。 また「拝承いたしました」は二重敬語ですが、ビジネスシーンでは頻繁に使用されています。 例文 「打ち合わせの日程変更の件について、拝承しました」 「お申し込みの件、拝承いたしました。 これから準備に取りかからせていただきます」 例文 ・風邪を引いたので明日は欠席します。 恐れ入りますが、どうかご理解ください。 失礼いたしますが、ご理解ください。 「かしこまりました」は承知を表す言葉で最も丁寧な表現 「かしこまる(畏る)」は「つつしんで目上の人の言葉を承る」という意味です。 「相手の言ったことを理解し、その言葉に従う」というニュアンスになります。 「かしこまりました」は「ただ理解する」ではなく、「目上の人の命令を承る」という意味合いが強いので、前向きな姿勢を相手に示したいときに用いるのが適切です。 「かしこまりました」は、「了承ください」と言われたときの『承知』を表す言葉のなかで最も丁寧な言葉に当たります。 相手に敬意を示したいときは「かしこまりました」を使うのが良いでしょう。 例文 「かしこまりました。 明日の午前10時に、御社へお伺いします」 「かしこまりました。 すぐに予約いたします」 「わかりました」「了解しました」は目上の人にはNG 「わかりました」は正しい敬語ですが、丁寧語です。 尊敬の気持ちを表すにはやや敬意が足りない表現になります。 そのため、上司や先輩などに対して使用しても失礼ではありませんが、やはり「わかりました」だと少々馴れ馴れしい印象を与えてしまいます。 「了解」は「物事の内容や事情を知り、納得すること」「理解すること」といった意味になります。 ただ「了解」は日常会話で親しい友人に対して使うため、目上の相手に対して使うと軽い印象を与えてしまいます。 「了解」「了解です」は当然のことながら目上の人には使えませんが、「了解しました」も丁寧な言い方といえども敬意は示されません。 ご理解ください 「ご理解」は、「理解」という言葉に接頭語の「ご」をつけた丁寧な言葉です。 「理解」には「物事のどおりがわかること・意味・内容を正しく判断する」という意味があります。 したがってご理解は、「 内容を飲み込む・理解する」ということを丁寧に言い表した言葉であると言えます。 「ご理解ください」は、尊敬を表す接頭語「ご」+「理解」+丁寧語「ください」で成り立っていて、「わかってください」「察してください」という意味になります。 相手に対してこちらの事情を汲み取ってもらいたい場合に使用し、前もって許しを求める言い方であり、口語だけではなく、ビジネスメールで使用することも可能です。 しかし、、顧客や取引先などの社外の目上の人に使うには丁寧さに欠けてしまう言葉です。 あくまでも「ご理解ください」は社内の上司に使えるレベルの敬語であるということを覚えておきましょう。 例文 ・お返事にお時間をいただく場合がございますことを、どうぞご理解ください。 ・応募者が多い場合は抽選とさせていただきます。 ご理解ください。 ご容赦ください 「ご容赦」とは「許す、大目に見る」という意味です。 「容赦」という言葉を分解してみると、「受け入れる」という意味の「容」と「罪をゆるす。 刑罰を免除する」という意味の「赦」から成り立っていることがわかります。 よって、「ご容赦ください」とは「 許してください」「 大目に見てください」という意味になります。 「自分や自社がした失敗や迷惑をどうか受け入れてお許しください」という意味で使います。 ビジネスシーンでは、企業が顧客や取引先に対して使うのが一般的で、口語よりも文語で使うことが多く、手紙やビジネスメールで使われています。 また、「ご理解の上ご容赦いただけますようよろしくお願いいたします」といったように「ご理解」と「ご容赦」は一緒に使われることが多いということも覚えておくと良いでしょう。 例文 ・セール品の数には限りがありますので、売り切れの際は予めご容赦ください。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 何卒ご容赦ください。

次の

「承諾」「承知」「了解」「了承」の意味の違いと使い分け

ご了承 意味

「ご了承ください」の意味 「ご了承ください」は、「了承」に「ご」を付けて丁寧な表現にした「ご了承」に、「くれ」の尊敬語にあたる「ください」を付けた言葉です。 まず「了承」には、物事の事情をくんで納得する、という意味があります。 相手の人が望んでいることや行ったことを許す、理解して認めることなどを指して使われる言葉です。 「ご」を付けて「ご了承」にすると、相手に向ける言葉になるため、この場合の、納得して欲しい物事を抱えているのは自分自身、または自分側をイメージするとわかりやすいでしょう。 これに続く言葉「ください」は、相手に何かを請求したいときに使う言葉です。 分類としては命令形の言葉ですが、尊敬の意味合いが含まれているため、丁寧な表現をしたいときに使えます。 まとめると「ご了承ください」には、~について納得してほしい、~を理解してほしい、などの意味があります。 相談して同意を求めるというよりは、相手に投げかける言い切り表現の印象が強い言葉です。 シンプルではありますが丁寧な表現のため、目上の人に対して使っても言葉としては問題ありません。 ですが、丁寧な表現のレベルとしては、あまり高くないのも事実。 使っても問題はないものの、言われた人によってはあまり良い感じを抱かない場合もあるでしょう。 目上の人に対して使う場合には、より丁寧な言い換え表現を利用して伝えるのがおすすめです。 「お願い致します」や「幸いです」などの用語を付け加えるのも良いでしょう。 「ご了承のほどよろしくお願い致します。 」 「ご了承いただければ幸いです。 」 ビジネスメールなどでは、下記で紹介する例文もあわせて参考にしてみてください。 「ご了承ください」の正しい使い方|ビジネスメール例文 「ご了承ください」は、改まった会話やビジネスシーンの会話の中で使われるほか、メールや手紙などでもよく目にする用語です。 ビジネスシーン以外では、買い物をしたお店からの連絡事項などで見かけるときがあるかもしれませんね。 ビジネスシーンでは、自分が取引先や上司などに何かお願いをしたいときなどに役立つ表現です。 この機会にしっかりと正しい使い方をマスターしておきましょう。 失礼を避けるには、返事も相手によって言い方の調整が必要なため、立場が同等以下の相手には「了承しました」、目上の相手には「承知しました」を使いましょう。 「~は選べませんので、予めご了承ください。 」 「~とさせていただきます。 予めご了承ください。 」 「ご容赦ください」や「ご理解ください」との違い 「ご容赦ください」の「容赦」には、許す、大目に見る、という意味があります。 「ご了承ください」が理解や納得を求める言葉であるのに対して、「ご容赦ください」は、許してください、大目に見てください、と伝えたいときに使う言葉。 または、手加減してください、という意味合いを伝えることもできます。 これから進める仕事などについて、起こる可能性のある過失を予測してクッション表現のように使えるのがポイント。 仕事上の過失が自分側にあった場合や、気が利かない自分の言動などを相手に許してほしいときに使える言葉ですが、使う際には注意も必要。 注意 謝罪の必要があるときに、先に許してください、と伝えるのは望ましくありません。 まずは「申し訳ございません」などのきちんとした謝罪を述べましょう。 「ご理解ください」の「理解」には、物事の道理などを正しくわかる、という意味のほか、他人の気持ちを察する、という意味もあります。 「ご理解ください」には、相手に対象となる物事について事実をわかってほしい、というだけでなく、こちらの立場や気持ちを察してください、という意味合いも含まれているのが特徴。 「ご了承ください」と比べると、物事をただ理解してくださいというだけでなく、こちらの事情も含めて理解してください、というニュアンスを含められます。 また、そのことに対しての許しを求める表現も含むなど、一言でさまざまな表情のある言葉です。

次の