玄関 縁起物。 [風水]良い玄関と悪い玄関とは?幸運を呼ぶ玄関の作り方!

玄関に置くと良い物、置かない方がいいもの【魔除け鏡で遮断する方法】

玄関 縁起物

家の中に飾ると運気が上がるとされる物について、教えて下さい。 ところが、家の者がご近所の方に聞いた話によると、水を連想させるものを飾ると 家の中に病人が絶えない。 と 全く真逆の事を言われたというのです。 どちらを信じればよいのか、もう全く分からなくなり、とりあえず飾ったものを片付けました。 どなたかこういった事に詳しい方がおられましたら、どうか教えて下さい。 風水での装飾品による開運法は、あくまでも便宜法であって低下を抑える効果はあっても工場を促すものではないと考えてください。 なぜなら風水では立地が一番の要因であって、その欠点を隠す作用しか装飾品には無いからです。 また、風水の専門書を見ると判りますが、風水による吉方は毎年変化するので、飾るものも玄関の方角とその年の吉凶方位の変化によって変えなければなりません。 ちなみに日本で風水と銘打って言われているものの殆どは偽物です。 色や五行、四神がどうのと言っているものは風水の一部の流派や偽物です。 本来風水は立地が基礎ですから、五行の影響はあってもそれ自体を云々することはありません。 つまり色によって運気が上昇する理論はないのです。 (家相等による鬼門とかいう考えも風水にはありませんから、それを解説しているものは嘘あるいは日本人ウケし易いように取り入れただけのものです。 ) つまり、鯉の絵は方位と年によっては吉となります。 その証拠に台湾や上海では邪気封じの為に水槽を置いている所もあります。 但し中身は必ず赤いものにしてください。 金魚や緋鯉です。 赤である事が大切なのです。 刀は尖角といって敵意をむき出しにしている事になるのでダメです。 昔床の間に刀を置き、その前で客を迎える事は、相手に敵意がない事を示すと同時に、いつでも臨戦態勢を取る覚悟を表しているのです。 ましてそれを玄関口に置くのは相手に刃物を突きつけているのと同じです。 建物でも鋭角の加須の先にある建物を攻撃していると風水では解釈します。 方位や年の寄らずに邪気を避け、運気の下降を防ぐものとして良く用いられるのが獅子の置物、中国の偉人や千人の置物などです。 これらは主に門の両脇、あるいは玄関の前に置かれます。 よくシーサーが置いてある家がありますよね。 家の中ではついたてが良く用いられます。 これは外からやってくる気を一旦当てて弱める作用と中の気を逃さない作用があります。 ついたてが置けず、廊下がある場合には長い暖簾をつける事もあります。 これは日本に着てからの発想かもしれませんが、ついたてと同じ効果を期待したものです。 この絵柄も緋鯉が遡上している姿や山などでも充分です。 まずは雑誌コーナーではなく、キチンとした風水の解説本を購入する事が先決ですかね。 日本には風水師はいないと考えてもいいかもしれないくらいですから。 また風水には山ほどの数の流派があるので、あまり色々みると迷うかもしれません。 Q 少し前から風水を始めたのですが奥が深く困っています。 部屋の模様替えをしよう絵(風景写真ポスターなど)貼ろうと思うのですがどこに貼ろうか迷っています。 西に黄色は皆さんご存知だと思うのですが、風水にも各流派があるのでしょうか? 最初はDrコパさんの風水から始めたのですが 北はピンク、東は赤と青、南は緑、西は黄色 との事でしたが最近TVで安斉先生とアグネスチャンの出ている番組があり南には赤と言われていたと思います。 しかしDrコパでは南に赤を置くと喧嘩しやすくなるとの事。 いったいどちらが良いのか?? また海の絵(ポスター)を南に飾っていたのですが南に水物は良くないとの事。 南国風の海もダメ? 北には海が良いと書いてあったように思うのですが、TBS系のお昼の番組はぴひるでは東に水槽や水物が良いとの事でした。 なにがなんやら?どれが正しいのか謎です? ご存知の方教えてください。 A ベストアンサー こんにちは 風水を何年かやってる者です、お邪魔します。 私は、きっかけはDrコパさんで、最近は李家 幽竹さんの本も読んでます。 流派は、わかりませんが小林祥晃さん(Drコパさん) は、工学博士、一級建築士、風水地理、家相、方位学神易研究の第一人者と、著書のプロフィールに書いてありますし、李家幽竹さんは、韓国 李朝風水師とかいてありました。 相性の良い方位と色の関係は、その方の住まいの気の整えかたによって使い方が変ってくるのではないでしょうか。 Drコパさんの本でも南は赤が相性の良い色とかかれていますよ。 東に赤いものを置くと仕事運が上がるそうですが、赤い花が咲くと出費が増えるとも書いてあったり。 でも収入がすごくたくさんある家庭ならば多少の出費も家計にはひびかないわけで、目的にあわせて色を使えばいいと思っています。 質問者さんが赤が好きで、 普段けんかをしないのなら、ちょっと赤を使ってみて大丈夫かどうか様子を見てみるとか。 実際にやって見ると、効果が見えてきますから。 ご質問の絵の飾り方ですが、南に窓が無い場合は海の絵、夏の絵を飾って南の気を補うと良いと書いてありました。 北には、湖の油絵が才能アップだそうです。 大きな水槽などはあまり置かないのがいいようですね。 でも置くなら東のようですが、熱帯魚などが趣味なら東南でもよいと聞いた事があります。 参考になればうれしいです。 こんにちは 風水を何年かやってる者です、お邪魔します。 私は、きっかけはDrコパさんで、最近は李家 幽竹さんの本も読んでます。 流派は、わかりませんが小林祥晃さん(Drコパさん) は、工学博士、一級建築士、風水地理、家相、方位学神易研究の第一人者と、著書のプロフィールに書いてありますし、李家幽竹さんは、韓国 李朝風水師とかいてありました。 相性の良い方位と色の関係は、その方の住まいの気の整えかたによって使い方が変ってくるのではないでしょうか。 Drコパさんの本でも南は赤が相性... けれども、昔からの作法や床の間のコンセプトとして置かないほうが良いものがいくつかあります。 「仏壇」や「冷蔵庫」というような全く設置用途の異なったものは論外ですのでこれらには触れません。 ガラスケースに入った人形を置いているのをみかけますが、これは邪道です。 時計など機械類や実用品は好ましくありません。 絵が描かれた掛軸はその絵が世界の広がりを示しますし、書は精神的な世界への扉となります。 そのために、絵柄は山水画や花鳥風月が多いのです。 書は漠然とした内容よりも、精神的な世界の広がりを示す書画や漢詩などが好まれるわけです。 戦時中に「天照大神(あまてらすおおみかみ=ただの神様の名前ですので世界観や精神世界を表わすものではありません)」とか大書きして掲げてあった床の間がありましたがこれは床の間の主旨からするとナンセンスです。 カレンダーなどをかけてはいけません。 決して「物置き」ではないのです。 けれども、昔からの作法や床の間のコンセプトとして置かないほうが良いものがいくつかあります。 「仏壇」や「冷蔵庫」というような全く設置用途の異なったものは論外ですのでこれらには触れません。 ガラスケースに入った人形を置いているのをみかけますが、これは邪道です。 Q 数年前に風水をはじめたのですが何分必死だったもので(それだけ悩み頃も多かった時期でした)龍の置物をなぜか三体も部屋に置いている状態です。 そんな高額なものではないのですがDrコパの龍の置物を部屋の中心近くにひとつ、もうひとつはなぜは百円均一で購入した金色の龍を玄関北方面に、もうひとつは旅行先で買ったガラス細工の龍(そんなに高価なものではありません)を北東に置いてあります。 それぞれ衣装棚の上など目線より上に置いて小さな水晶を水代わりに置いたりしています よくひとつの部屋に龍をいくつも置くのはケンカしてよくないと言いますが本当なのでしょうか? 正直、劇的に運が良くなったということも無かったですが悪くなったということもない状態です(もちろん本人努力の意味はわかっています・・・) 基本的には玄関や水の方向である北にひとつ置くのが正しいのでしょうか? 置く方向もいまひとつよくわかりません。 教えてください。 A ベストアンサー 長年、風水を研究している者です。 まず、グッズを使う風水は、意味が全くないわけではありませんが、二次的三次的なもので、本筋の風水ではないことをご理解下さい。 どんなに良い物でも、モノでいっぱいの部屋に置いても、埋もれてしまいます。 また、全ての方位に開運グッズを置いても、ただモノを並べているだけになってしまうでしょう。 必要なところに絞って置くことです。 そのモノが力強く感じられるように置くことです。 同時に、グッズ選びも大事です。 やはり光って感じられるようなものを選ばないといけません。 A ベストアンサー 玄関の掃除と、たたきを毎日古雑巾で拭くことです。 松居一代もそういっていましたね。 あと、何か黄色い招き猫とか、黄色いものを玄関に置くのと、のぼり鯉の絵とか、色紙でしょうか。 私は浪費家の印だと言われていますが、娘がいますから、試験の日には必ず、玄関に生花を飾っています。 鏡の位置も一応あり、扉を開けたとき、入った人が映るようには置かず、向きを家の人間が映るようにしています。 鏡は魔力があり、家に入ってくるものを跳ね返すとか言われます。 もっとよくわかる人がいたら、鏡の位置を相談してください。 あと、迷信かもしれませんが、破魔矢を玄関に置いています。 あと、私室にはお小遣いに不自由しないように、赤富士の絵を飾っていますね。 置物としては、白馬の人形も。 置物は、白はよいものがやってくるという吉運全般を示し、黄色はずばり金運です。 私の家は、地元のデパートでもらった、白ねこさんが飾ってあります。 Q 家を建てて、丸二年経ちました。 もともとあった敷地の有効利用と使い勝手優先での設計でした。 敷地は、一般的に路殺と言われる 突き当たりの土地です。 西道路のため、玄関は西側で道路からまっすぐの所に位置します。 西側ですが、ポーチ部分をへこませて 玄関扉は南を向いています。 (ポーチ部分が欠けている感じ) ・年収が激減 ・今まで順調だった仕事がうまくいかない(対人も含めて) ・実家が原因不明の火災で全焼 ・火災の一ヵ月後に父親が他界 ・夫が倒れ、常に体調不良 温和だった夫がすぐきれるようになる ・妊娠したが先天性異常が疑われる ・車が故障多発 莫大な修理費用の挙句、買い換える羽目に。 ・家のあちらこちらのガラスが割れる ・全てに共通して出費がかさみ、貯金がゼロ 上記はほんの一部なのですが 細かいことまで考えると気が狂いそうです。 先日 誰も使っていない、お腹の子の為の部屋で突然照明器具のカバーが外れ落下しました。 主電源が入っていないので点灯するはずが無いのに 点灯・・・ 霊みたいなものを信じない主人が「なにか居る、絶対おかしい」と言います。 私には感じないのですが。 でも、何かがおかしいのだけは確かな気がします。 家相が悪いのか?土地に何かあるのか?私たち本人が悪いのか?霊がいるのか? それとも悪い物が家の中に持ち込まれているのか?全然分かりません。 家を建てる際には地鎮祭もしました。 一階の北西にお風呂、その東となりに洗面所、その東となりに階段、お風呂の南にトイレ、玄関とトイレに魚類の水槽があります。 二階は北側の真ん中にトイレと洗面所があります。 もう一箇所、二階の西側に洗面台があります。 夫婦の寝室は二階の西側全面、子供部屋は南東に上の子の部屋、 その北にお腹の子の部屋です(その部屋の照明が落ちました) キッチンはよくある南向き対面キッチンで家の東寄り。 外水道は南東に設置。 家全体が、少し東に向いて建っています。 自分なりに調べてみたのですが、とにかく分からないことだらけで 何から調べたらいいのかすらも分かりません。 お願いします、何かお分かりになられる方がいらっしゃいましたら教えてください。 家を建てて、丸二年経ちました。 もともとあった敷地の有効利用と使い勝手優先での設計でした。 敷地は、一般的に路殺と言われる 突き当たりの土地です。 西道路のため、玄関は西側で道路からまっすぐの所に位置します。 西側ですが、ポーチ部分をへこませて 玄関扉は南を向いています。 (ポーチ部分が欠けている感じ) ・年収が激減 ・今まで順調だった仕事がうまくいかない(対人も含めて) ・実家が原因不明の火災で全焼 ・火災の一ヵ月後に父親が他界 ・夫が倒れ、常に体調不良 温和だっ... A ベストアンサー 家を建てて3年以内に、ある事をしないと、不幸が起こるとよく言われています。 これは新築でも中古でもリフォームでも引越しでも同じことだそうです。 我が家もそうですが、友人やご近所、親戚など、同じように家を建てたり購入したりして、3年以内に何か良くない事が起こっている家ははっきり言って多いです。 友人は方位学など全くと言って信じていませんでしたが、中古の家を購入してから立て続けに悪い事(ご両親が倒れたり、姉妹が精神的病にかかったり、飼い犬が病気になったり、友人本人が足を骨折したり。。。 )が起こったので、流石に家にまつわる事だけは信用すると今は言っています。 >西道路のため、玄関は西側で道路からまっすぐの所に位置します。 質問者さんの家のように、霊現象が起こることもあるそうです。 道路から悪い気が直接家に入ってきてしまうので、入って来る悪い気を跳ね返すために、道路に向って鏡を置くと良いようです。 玄関は真西ですか?それとも南西? 南西は裏鬼門に当たりますので、万が一玄関が南西なら大凶の位置です。 やはりこまめに掃除をし、塩で清めるといいと思います。 >北西にお風呂 北西の水場はご主人の仕事や健康に影響するようです。 毎日お湯を抜き、綺麗に掃除&換気をされ、盛り塩を置かれると良いと思います。 >二階は北側の真ん中にトイレと洗面所があります 北側の真ん中というのは、鬼門(北東)にかかっていますか? 昔から鬼門のトイレは大凶と云われています。 今はほとんど水洗なので、ダメージもそんなに大きくないという人もいますが、経験豊富な設計士さんならこの位置は普通はずします。 とにかく毎日トイレ掃除をして綺麗にし、やはり盛り塩をされたらいいと思います。 >家を建てる際には地鎮祭もしました。 何か大きな事を起こす時は先祖供養をしないといけないんだそうです。 地鎮祭は家を建てる前は必ずといって良い程行いますが、先祖供養をされる方はあまりいないのでは? お墓参りに行って、報告をするだけでもいいそうです。 今後平穏無事な生活を送るためにも、お墓参りに行かれたらどうでしょうか? 家を建てて3年以内に、ある事をしないと、不幸が起こるとよく言われています。 これは新築でも中古でもリフォームでも引越しでも同じことだそうです。 我が家もそうですが、友人やご近所、親戚など、同じように家を建てたり購入したりして、3年以内に何か良くない事が起こっている家ははっきり言って多いです。 友人は方位学など全くと言って信じていませんでしたが、中古の家を購入してから立て続けに悪い事(ご両親が倒れたり、姉妹が精神的病にかかったり、飼い犬が病気になったり、友人本人が足を骨折し... Q 絵が好きで安物ですがコレクションしているうちに、そこそこの枚数になってきました。 室内の壁にかけて飾るのに、こういく飾り方はいけないって事ってあるのでしょうか? 方角には東西南北と四方向があると思いますが、各方向全てに絵を飾っては縁起が悪いとかなんとかといって女房が許可してくれません。 自分はまったくそういった話を耳にしたことがありません。 なんとか女房を説得して飾りたいなと思っております。 たとえばもしダメだとしても、同じ部屋の中でとかいうことではなく、 家の中全体でという事でダメだとなると、もう飾れるところがありません。 良いアドバイスがありましたら教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー こんばんは。 まず、方位の吉凶については知りませんが、部屋の四方全面に飾るのは感心しません。 私は自分で描いた絵を部屋に飾る時は方角よりも光の当たる角度(自然光)を気にしています。 ガラスやアクリルの入った額縁は仮縁(それらの入っていない直接絵肌に触れるもの)に比べ反射光により見にくくなったりします。 鑑賞のため直接自然光の当たらない方角に飾ります。 部屋以外では大きなもの(F8号程度まで)は廊下に飾る。 複数飾る場合は小さい4~6号程度のものと交互に、高さを変えて並べる。 小さなもの(4号以下)は階段の踊り場付近に。 これも複数飾るなら段差をつけて配置する。 玄関脇のニッチスペース(飾り棚)や小さな壁面にはSM(サムホール)などを飾りスポット光などが当たると素敵です。 玄関や応接間に大きな壁があれば20号~40号のものを。 ドアを開けて正面ではなく右もしくは左の壁が一番。 次にドア設置側の壁。 これ見よがしに入って真正面というのは品がなかったり、大きさによっては圧迫感がありすぎる場合があります。

次の

玄関で開運!置物を飾って幸運を引き寄せるインテリア風水

玄関 縁起物

カエルはその名前から、「返る」「帰る」「還る」「変える」と連想出来る為、昔から「お金が返る」「幸運が還る」「人が(無事)帰る」「物事を良い方に変える」力があると信じられ、幸運の象徴とされてきました。 カエルは卵を沢山産むことや、雨の日に出てくることから、フランスやドイツ、エジプトやアジアの国々から「子宝」や「豊穣」「成功」の縁起物ともされています。 中国では玄関にカエルが入ってくると、吉兆として皆に喜ばれるようです。 また、体の特徴から火を飲み込む口は「火災予防」、周りの環境で色を変える保護色の皮膚は「災難回避」、雷様に取られるへそがないことから「落雷予防」、頑丈な後ろ足は「飛躍前進」、しっかりした前足は「威風堂々」、餌は害虫を食べることから「無病息災」、冬眠することから「健康」の縁起物ともされています。 風水でのカエルの置物の意味や効果 福かえるはその名の通り「福が還る」や、「旅人が無事に帰る」と言われ、木材や陶器で出来た小さいカエルを、お守りや縁起物として身につけるようになったことが起源とされています。 「旅人が無事に帰る」という意味もある為、旅行や仕事に行く人に無事に帰宅出来ることを願って、お守りに福かえるを渡して旅の安全を祈ったり、病気で入院している人に、「状態を良い方向変える」ことを祈って渡します。 また、福かえるをお財布に入れておくことで、出て行ったお金が財布に再び返ってくる効果があるとも言われているので、入れている方も多いのではないでしょうか。 玄関は全ての運気の入り口にあたる、風水ではとても大切な場所です。 そこが汚れていたり清潔な空間でないと、良い運気は流れ込んで来てはくれませんので、カエルの置物を置く前にまず掃除をしっかりしましょう。 その上で、お気に入りのカエルの置物を置くのですが、その置き方に注意が必要です。 通常、置物を置く時は、玄関から入って顔が見えるように正面を向いて置きますが、カエルの置物だけは決して正面を向いて置いてはいけません。 カエルは「返る」と置き換えることが出来る為、正面を向いて置いてしまうとその漢字の意味通り、折角入って来た良い運気をも返してしまうことになるのです。 その為、カエルの置物を玄関に置く場合は、家の中に正面が来るように置くと、取り入れた運気を家の中に上手く運んでくれるでしょう。 カエルは「お金が返る」「人が帰る」「幸運が還る」と言われていますので、商売をしている店におくとその効果を十分もたらしてくれます。 ただし、玄関同様気を付けないといけないのが、顔の向きです。 お金や人が入ってきてくれても、それを返してしまっては元も子もありません。 その運を逃さない為に、開店中はカエルの正面を出入り口に向けて置き、お客様がまた帰って来たいと思える空気にしてもらいます。 閉店後は正面を店の中に向けて置き、折角入ってきてくれた金運と人気運が出入り口から返っていくのをしっかり防いで、その運気を保つようにしましょう。 運気を上げる方法15選という記事も、併せてご覧ください。 カエルの置物がNGな場所はトイレとバスルーム カエルの置物を置いてはいけない場所がトイレとバスルームです。 カエルは水に関係がある生き物ですので、良いのではないかと思われる方も多いと思います。 しかし、トイレやバスルームは風水では穢れを流す場所とされている為、そこにカエルの置物を置いてしまうと、良い運気をその流れで家の外に返してしまうのです。 トイレに小さなカエルの置物があるとほっこりした気持ちで、ゆったりとした時間を過ごせるので良いと感じる方もいらっしゃると思いますが、カエルの置物が持つ素晴らしい効果を存分に発揮してもらう為にも、トイレやバスルームに置くことは避けましょう。 風水は環境学でもある為、家相が良い家の方が風水でも自ずと良くなります。 太陽の光は風水では陽のエネルギーとされ、光がよく入り風通しの良い家が良いといわれています。 また、四角い形の家の方が運気が好むとされている為、家の形はコの字型や中庭があり、欠けたところがあるものよりも、正方形や長方形が良いとされています。 家相では、家の中心を最も重んじる為、コの字形の家や中庭があり家の中心が抜けているような形の家は、非常によくありません。 心にぽっかり穴が開いたようだという表現がある様に、家にも中心がないと家自体が落ち着かないのです。 これから家を購入されるという方は是非参考にしてみてください。 家の中が常時整理整頓され、快適な空間になっていると早く家に帰ってくつろぎたくなるのと一緒で、福運もその家が気に入って長く滞在してくれるようになります。 いくらカエルの置物を風水の決め事にしっかり従って、玄関に置いたとしても、掃除が行き届いていない汚い不衛生な家には運気は入って来てはくれないのです。 多くの方が年末に大掃除をすると思いますが、その時は大変でも全てやり終えて、ピカピカの家を見ると何だか嬉しくなって、それを維持したいと思いますよね。 運気そうなんです。 居心地の良いところにしか棲みついてくれません。 掃除は見た目も気持ちもよくなりますし、それに加えて運気まで良くなるなんて、良いことづくめです。 皆さんも今日からしっかり掃除をして、運気を呼び込み綺麗な家で気持ち良く過ごしましょう。 2つ目の掃除と何が違うのか気になった方も多いですよね。 掃除と断捨離は物の多さが変わるかどうかです。 物が多くあってもきちんと整頓されていたり掃除が行き届いていて、ほこり一つなくまとまった空間になっていれば、人は綺麗だと思ってしまいます。 いくら綺麗でも、何年も何十年も手に取ったことすらないような、ただ置いてあるだけの物に良い気呼び込めません。 何年もほったらかしにされて、反対に悪運を呼び寄せてしまっているのかもしれないのです。 色んな良い思い出が詰まっている物は、誰でも取っておきたくなるものです。 しかし、考え方を少し変えてみましょう。 そのアイテムを処分することでその空間に余裕が生れ、風通しが良くなります。 長年蓄積され滞った気を一掃してあげることで、気持ちまで軽くなります。 思い出は物で残しておかなくても、記憶として残しておくことが出来ます。 この機会に断捨離をして、家の運気をアップさせましょう。 カエルの置物を置いて良い運気を呼び込みましょう! これまでカエルの置物の意味や効果について紹介していきましたが、今までカエルを嫌いだった方も前から好きだった方も、新たなカエルの魅力に気付かされたのではないでしょうか。 置物としても可愛く、巷にはたくさんのカエルのキャラクターも存在しています。 ぬるっとしていて一見グロテスクに感じてしまいますが、よく見るとつぶらで大きなお目目が可愛く愛嬌があり、家に入ってくると不快な毒虫や害虫を食べて退治してくれます。 また、夏の田舎の夜の風物詩とも言えるカエルの大合唱は、古き良き日本の原風景を思い出すことでしょう。 そんな可愛く風水の効果もたくさんあるカエルの置物を玄関や庭に置いて、癒されると共に家の中や職場に良い運気を呼び込み、金運や財運をパワーアップさせて、人生の楽しみを増やしてみませんか?ちょっとしたお出掛けや旅行の思い出と共に、皆さんのお気に入りのカエルの置物を探してみてはいかがでしょうか。

次の

縁起物

玄関 縁起物

日本の縁起物とは 縁起物とは「縁起のよい物」のことです。 では「縁起」って一体なんでしょうか? 「縁起」とはもともと仏教で、 「因縁によってあらゆるものが生ずる(起きる)こと。 」という意味の言葉です。 仏教では、全ての現象、物事がそれ単体で成り立つものではなく、無数の縁によって生じているといった意味で、ありのままを表している言葉です。 その言葉がいつからか「縁起が良い」や「縁起が悪い」といったそれ自体が意味のあることとして定着して現在にいたります。 日本の縁起物には歴史があり、古くから運気が上がる物として扱われている物がたくさんあります。 縁起物には五穀豊穣、大漁追福、商売繁盛、家内安全などのご利益があるとして、贈り物として渡すことで、日頃の感謝を込めることができるのです。 他にも、祭礼や社寺の参詣者に授与・販売する物など、日本には多くの歴史を重ねてきた縁起物がたくさんあります。 日本の縁起物50選と由来 日本には多くの縁起物があります。 その中でも、贈り物として喜ばれる縁起物50選と、それぞれの由来を表にまとめたのでチェックしてみてください。 意味合いを理解した上で、日本の縁起物を渡すと、相手に喜んでもらうことができるので、しっかり由来を参考に贈り物を検討してみてください。 だるま 家内安全・無病息災の他に必勝祈願の縁起物 熊手 幸運をかきめる商売繁盛の縁起物 羽子板 女性のお守り、厄払いの縁起物 朝顔 朝顔は生育が早いことから、子供の成長を願う縁起物 ほおずき 漢字で「鬼灯」と書く 招き猫 招いている手が右手なら、雄猫で金運、左手ならば雌猫で人を呼び込む意味(千客万来)を象徴しています。 七福神 大黒天:五穀豊穣、家産増進、子孫繁栄 毘沙門天:融通招福 恵比寿天:商売繁盛 寿老人:長寿 福禄寿:子孫繁栄、財運、長寿 弁財天:財運 布袋尊:富貴繁栄 宝船 宝船を描いた絵に「なかきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな」という回文歌 かいぶんうた を書き、正月2日の夜、枕の下に敷いて寝るとよい初夢を見るという。 破魔矢・破魔弓 魔除け 水引 水引は未開封であるという封印、魔よけ、縁結び、邪気払い 角樽(つのだる) おめでたい行事に使われる縁起物 幣串(へいごし・へいぐし) 家や家族の様々な幸福や厄除けを願う物 鰹節 勝男武士と書く 夫婦円満、長寿、勝つ事(勝男) 麻の糸 関東)・高砂人形(関西) 白髪に見立て末永く夫婦円満を願う 扇 末広がりを願う 注連縄(しめなわ) 古い年の不浄を断ち家を祓い清める 門松 その年の神様に自分の家を見つけてもらうための目印 福笑い 新年の福を願う 独楽廻し 物事が円滑にうまく運ぶことに通じて縁起がよいとされている 雛人形 女児の健やかな成長や幸せを願う こいのぼり たくましさを備え、立派に成長して欲しいという願い 武将人形・兜 男の子が生まれるとその子に身の危険が及ばず安全に暮らせるように 鯛 「めでたい」とタイをかけた 伊勢海老 腰が曲がっていることから年老いた人の喩えで長寿を表す 鶴・亀 長寿 鶴は千年亀は万年 金魚 『紅白模様』でその色合いから 鯉 出世、難関突破 玉虫(タマムシ) 昔から玉(宝石、輝石等)と同じ様に珍重されている縁起のいい虫 黄金虫(コガネムシ) 現れると金が貯まる縁起物とされていた 白蛇・蛇の脱皮した皮 金運 蛇の脱皮した皮を財布にいれると蓄財ができるといわれる カエル 子孫繁栄 「無事帰る」「福帰る」など 狸 「た(他)を抜く」の語呂合わせから商売繁盛の縁起物 猿 不幸が去る。 困難が去る 獅子 魔除けや五殻豊穣 フクロウ 漢字を当てはめると 「不苦労」になる 麒麟 長寿・富裕・歓喜・子孫繁栄・霊的知恵など 狛犬 魔除け シーサー 魔除け 赤べこ 幸せを運ぶ、子どもの守り神など 金・銀 邪気祓い・厄除け 琥珀(コハク) 精神安定、金運、仕事運、人気運 水晶 浄化、開運、願望成就、魔よけ 珊瑚(サンゴ) 魔除け、厄除け、健康長寿 真珠 厄払い サイコロ どこに転がっても必ず目が出(芽が出る)ることから 祭り矢・祭り弓 五穀豊穣 盛り塩 厄除け 金富士 立身出世、金運 一富士二鷹三茄子 いちふじにたかさんなすび 初夢でこれらを見ることが出来れば縁起がいいとされる。 日の出・御来光 御来光とともに年神様がやってくると言われる この50選の縁起物から、おすすめの商品を紹介していくので、参考にしてみてください。 商売繁盛の意味がある「黒だるま」 だるまは達磨大師という人がモデルになっており、江戸時代には縁起物として浸透していたとされています。 達磨大師は自分の精神を磨き、人格を高めることを広めていたことから、縁起物として「だるま」が出来たようです。 特に黒いだるまは、商売繁盛や金運を上げる効果が期待できるとされています。 相手が商売を大切にしている方であれば、贈り物として渡せば喜んでもらうことができます。 サイズ:H11. 5cm• 金額:8,800円 2. 福を掴んで離さない「熊手」 熊手が縁起物として考えられるのは、形が鷲の手をイメージできるということが由来であると言われています。 鷲が獲物を掴んでいる様から、「福を掴んで離さない」という意味が込められているのが理由です。 また「福をかき集める」という意味があるのが熊手が縁起物として考えられている理由になります。 この熊手は、職人が一つ一つ真心を込めて作った伝統的な熊手になっているので、縁起物として贈れば相手も喜んでくれること間違いありません。 サイズ:高さ57cm• 金額:4,980円 3. 女性に贈る魔除けの縁起物「羽子板」 正月の定番の遊びとして使用する「羽子板」は、 弾き返す板が「邪気を跳ね返す」という由来から、縁起物として親しまれています。 特に女性への厄払いを意味する縁起物となっているので、女性への贈り物として渡すと喜ばれるでしょう。 紹介する商品は、飾り用の羽子板で小さいサイズになっています。 贈り物として好まれているので縁起物として渡してみてください。 サイズ:横13. 素材:レーヨン100%• 金額:2,580円 4. 子供の成長を願う縁起物「朝顔」 子供の成長を願う縁起物として好まれているのが「朝顔」です。 朝顔は生育が早いことから、相手の子供がスクスクと育って欲しいという気持ちを込めることができるので、贈り物として好まれています。 この商品は、朝顔の造花となっていることから、どこでも気軽に飾ることができるので、子供の成長祈願として渡してあげると、喜ばれます。 生花であれば、育てる手間が出てしまいますが、造花であれば相手に負担をかけることはありません。 金額:1,879円 5. 「鬼灯(ほおずき)」は先祖の霊を導く ほおずきは、 お盆の季節になると先祖様の霊が迷うことなく帰ってこられるように、導く灯の象徴として供えられていたことから、縁起物として考えられるようになったのです。 今では、厄除けなどの効果があると考えられています。 今回紹介するほおずきの商品は、ほおずき型の天井照明です。 ぼんやりとした明かりで癒やしのひとときを演出してくれます。 金額:9,900円 6. 金運や千客万来の効果がある「招き猫」 招き猫は右手なら雄猫で金運、左手なら雌猫で千客万来の意味があります。 由来は、平安時代に遡り、弘法大使が神社にこもって工事の成功を祈願した時に、猫が来たことから幸運を招く猫として「招き猫」が縁起物として考えられるようになりました。 紹介する招き猫は、生地に西陣織を使った招き猫で、伝統工芸品の「江戸木目込み人形」の手法で作られた逸品です。 通常の招き猫は、陶器でできていますが、こちらは木材と生地でできていますので、とても軽く丈夫です。 そのため、扱いやすく開店祝いや、開業祝いにおすすめの逸品です。 サイズ:H18. 0cm• 金額:14,850円 7. 様々なご利益がある「七福神」 福をもたらすと信じられている七福神は、 七柱の神々から来ており、大黒天なら五穀豊穣・家産増進・子孫繁栄、毘沙門天なら融通招福、恵比寿天なら商売繁盛、寿老人なら長寿、福禄寿なら子孫繁栄・財運・長寿、弁財天なら財運、布袋尊なら富貴繁栄のご利益があると言われています。 今回紹介する七福神の置物は、小さいサイズであることから、風水的に運気が上がる場所に置きやすい設計になっているのが特徴です。 伝統工芸である「九谷焼」でつくられていますので素朴な味わいがあり、長くインテリアとしても使える逸品です。 縁起物の贈り物として、様々なご利益があるので、日頃の感謝の気持ちを込めるのであれば、ぜひ検討してみてください。 サイズ:高さ8. 5cm• 金額:16,500円 8. 初夢で見られたらラッキーな「宝船」 福の象徴とされている宝船には諸説ありますが、清き水に穢れを乗せて流すという考え方から出来たと言われています。 悪い物を流してくれる水が、金銀財宝を運んでくれたら素敵という願いが宝船の原型という話があるのです。 また正月2日の夜に、枕の下に敷いて寝るといい初夢を見ることができ、福が来ると信じられています。 今回紹介する宝船は、スワロフスキーの宝船の置物です。 鮮やかな色彩豊かな表現が、運気を上げてくれる効果に期待できます。 金額7,117円 9. 魔を破る意味がある「破魔矢」 破魔矢は魔除けのご利益がある縁起物と言われており、「魔を破る」という意味が込められています。 正月の縁起物として、神社や寺院で授与される物として親しまれているようです。 特に男子の初節句で厄除けとして飾ることで、魔除けの意味があるとされています。 紹介する破魔矢は、鈴が付いている物で、魔除けのお守りとして小さい男の子がいる家庭に贈り物として渡すと喜ばれるでしょう。 サイズ:50cm• 金額1,000円 10. 贈り物には欠かせない「水引」 水引は未開封であるという封印や魔除け、邪気払いなどの意味がある縁起物です。 由来は諸説あり、遣隋使であった「小野妹子」が髄から日本へ帰還した際に一緒に帯同していた隋の皇帝の代わりに御礼を伝える役目の 「答礼使」という役職の人物が持参した御礼の品に紅白の紐が結ばれていたことが関係していると言われています。 紹介する水引は、タペストリーとして使えるようになっており「日の出」「富士山」「雲海」といった縁起物を水引で表現しています。 贈り物には欠かせない水引になっているので、大切な方への贈り物を検討している方にはぜひおすすめです。 金額:6,050円 11. おめでたい行事の縁起物「角樽」 角樽は、婚礼や結納などおめでたい行事の際に使われます。 樽の左右から出た把手に、持ち手の柄を渡した酒容器です。 由来は室町時代に遡り、慶事の贈答に使用されていたことから、現在も縁起物として活用されています。 紹介する角樽は、特選松竹梅が入っている商品で、お祝い事の贈り物として渡すと喜ばれるでしょう。 金額:5,868円 12. 家に幸福を与え魔除けの意味がある「幣串」 家を守るために、上棟式に上げる祝い柱が幣串の由来とされています。 今では、八足案の天板側面に取り付けたりすることで、家や家族の幸運や厄除けを願う物として使用されているのが特徴です。 紹介する幣串は、個人で取り付けることができる物になっているので、新築の家を建てた方に、長く住んでもらうために願いを込めて贈り物として渡してあげるといいでしょう。 金額2,400円 13. 夫婦円満の縁起物「鰹節」 鰹節は 背節(雄節)と腹節(雌節)が合わさることで、一対となる様子から、「夫婦円満」の縁起物として好まれています。 婚礼や子供の食事に贈り物として渡すことで、喜ばれる縁起物となっているので、相手を祝う気持ちを込めて渡してあげましょう。 金額:2,690円 14. 白髪に見立てた夫婦円満の縁起物「高砂人形」 白髪になる歳まで一緒に居るということを意味する「高砂人形」は、「お前百まで(掃くまで)わしゃ 九十九まで(熊で)」と、それぞれの手に熊手と箒を持たせ、長寿を全うすることを願う縁起物となっています。 そのため、結納品として贈り物として渡すと、喜ばれる縁起物となっているのが特徴です。 紹介する高砂人形は標準の大きさで、きめ細かい造りになっています。 サイズ:19. 5cm• 金額:22,000円 15. 末広がりの縁起物「扇」 扇が縁起物と言われるのは、形状から由来しています。 扇の形は二等辺三角形となっていることから、縁起のいい形である「末広がり」であると言われていることから、縁起のいい物として好まれているのです。 特に結婚式など、これからの運気を上げてもらうための贈り物として渡すと喜ばれます。 紹介する商品は、現在では2人だけとなった江戸扇子職人がつくる扇子です。 扇面(扇子の紙の部分)には隅田川で漁をしていた兄弟が浅草寺の本尊となる聖観音像を川から引き上げたという逸話から考案された「三社網」の意匠が描かれておりとても縁起が良いです。 長寿のお祝いや新築祝いなど、様々な場面で使える贈り物となっています。 金額:17,000円 16. 来年を良い年にする縁起物「注連縄」 注連縄とは、神様のいる清浄な領域と人間が生活している日常の空間を隔てる結界の屋和栗があり、注連縄を玄関先に飾ることで、いい年を迎える準備を行うことができます。 お正月には欠かせない縁起物となっているので、早めの準備として注連縄を購入することが大切であるため、贈り物として検討している場合は、早めに渡すことが大切です。 紹介する商品はリース飾りとして、気軽に玄関先につけることができます。 ちょっとした贈り物として検討してみてください。 金額:580円 17. 神様への目印になる「門松」 門松の由来は、平安時代に遡り、宮廷儀礼の「小松引き」が起源とされています。 それから、お正月に来る歳神様が迷わずに家に来て頂くための縁起物として、今でも門松は親しまれているのです。 来年もいい年を迎えてもらうために、願いを込めて贈り物として渡すと喜んでもらうことができるでしょう。 金額:3,850円 18. 新年の福を呼び込む「福笑い」 福笑いの起源は明治時代に遡り、作っている最中に皆で笑うことから、「笑う門には福来る」という諺から、お正月に遊ぶようになったとされています。 今でも、小さい子供がいる家庭では、楽しく遊ぶ行事として親しまれているので、新年も福が来ますようにと、願いを込めた贈り物として渡すと喜んでもらうことができるでしょう。 紹介する商品は、子供会でも使用している物で、ちょっとした贈り物として渡すことができます。 金額386円 19. 物事がうまくいく縁起物「独楽廻し」 物事を円滑に進むことを願う「独楽廻し」は、世界的に広まっている遊びで、日本では奈良時代から平安時代頃には、占いとして独楽廻しが活用されていました。 今でも縁起物として、お正月に遊ぶと縁起がいいとされています。 紹介する商品は、様々なカラーバリエーションがある独楽で、贈り物として気軽に渡すことができるおもちゃです。 5cm• 金額:162円 20. 女児の成長を願う縁起物「雛人形」 雛人形は、「上巳の節句」と「ひいな遊び」が混ざった風習と言われています。 貴族の子女が遊んでいた人形遊びが関係しており、そこから女児の成長を願う縁起物として、今でも語り継がれているのです。 紹介する商品は、ピンクをふんだんに使用した雛人形になっています。 幅58cmとコンパクトになっているので、マンションなどでも気軽に飾ることができるでしょう。 金額:54,780円 21. 「こいのぼり」は立身出世の象徴 こいのぼりは、江戸時代から生まれた文化で、生命力の強い鯉を模して立身出世の願いが込められていたことが由来となっています。 今でもたくましく、立派に成長して欲しいという願いが込められた縁起物です。 今回紹介するこいのぼりは、4つの鯉がついているセットで、色鮮やかになっているので、贈り物として喜ばれるでしょう。 金額:21,800円 22. 子供を守ってもらう願いを込める「武将人形・兜」 端午の節句で、無病息災を願う儀式が行われており、そこで我が子を守って欲しいと武将人形や兜に願いが込められたことが武将人形や兜が縁起物となった由来です。 実際、端午の節句では武将人形や兜を飾り、子供が健康に過ごせるように願う文化は今でも続いています。 今回紹介する商品は、子供を守ってもらうという願いを込めた贈り物におすすめな兜です。 コンパクトサイズで、置物として場所を取ることがないので、気軽に渡すことができます。 金額:7,700円 23. 「鯛」はめでたい縁起物 日本人は赤が縁起がいいとされていることから、鯛は縁起がいい物として扱ってきました。 また単純に、鯛とめで「たい」の語呂合わせから縁起物として昔から親しまれています。 紹介する商品は、運気が上がる目出鯛の置物です。 玄関先に置くことで、良い運気を家に招くことができるでしょう。 贈り物として渡されると、誰でも嬉しい物なので、親しい方に贈ってみてください。 サイズ:高さ21. 5cm• 金額:14,800円 24. 長寿の縁起物として好まれる「伊勢海老」 食べ物としても高級品の伊勢海老は、背中が曲がっている姿から長寿の象徴として縁起物として考えられています。 またゆでると赤くなることから、魔除けの意味も込められているのです。 お正月に食べることで、良い年を迎えることができると考えられているので、親しい方に贈ってあげると喜んでもらうことができます。 紹介する商品は、新鮮な伊勢海老です。 お正月に向けて、贈り物として検討してみてください。 金額:10,000円 25. 鶴は千年・亀は万年「鶴・亀」 古来から「鶴は千年・亀は万年」と、長寿の象徴として考えられていたことから、縁起物として今でも好まれています。 今でも、贈り物として渡すことで、長寿の願いを込めることができるのです。 紹介する商品は、鶴と亀があしらっているお箸で、贈り物として渡すことで、長寿の願いを込めることができます。 金額:880円 26. 金運アップの縁起物「金魚」 金魚は鮮やかな紅白模様から、縁起物として親しまれてきました。 金運が上がる物として、今でも風水的に縁起がいい物で、贈り物で渡すと喜ばれます。 紹介する商品は、金魚の姿をした置物です。 本物の金魚は育てる手間がかかることから、置物の方が相手も受け取りやすいでしょう。 コンパクトサイズの置物なので、置き場所に困ることがありません。 金額:6,380円 27. 「鯉」は出世の縁起物 鯉は運気が上がる縁起物として親しまれていますが、由来は諸説あり、中国から話が伝わってきたとされています。 鯉が激流に立ち向かう様から、庶民が成功者の位置まで駆け上がることを象徴する物として、出世の縁起物として考えられているのです。 紹介する商品は、昇鯉の風水画になります。 本物の鯉は、世話をする手間がかかることから、相手に負担になりますが、風水画であれば邪魔になることはありません。 縁起物として喜ばれるので、親しい方に贈ってみてあげてください。 3cm• 金額3,980円 28. 幸運を呼ぶ虫「玉虫」 玉虫の玉という漢字は、「ギョク」という意味があり、宝石を表現しています。 玉虫は緑・金が虹色の光沢があることから、輝く虫として珍重されているのです。 虹色に輝く玉虫は、恋愛成就や幸運を呼ぶなどの縁起物として親しまれています。 紹介する商品は、タマムシペンダントです。 流石に本物の玉虫を贈り物にする訳にはいかないので、縁起物である玉虫の色合いをしたペンダントは運気を上げるきっかけになるでしょう。 金額:3,200円 29. お金が貯まる縁起物「黄金虫」 金運が上がる、お金が貯まるなどの縁起物として黄金虫は親しまれています。 金色の姿から、金を連想させることから、金運の縁起物としてされてきたのです。 紹介する商品は、黄金虫のペンダントになります。 本物の黄金虫を贈り物にすることはできないので、ペンダントで黄金虫を模したことで、金運アップを図ることができるでしょう。 金額22,050円 30. 「白蛇」は金運アップの縁起物 蛇は古来から、再生や無限の生命力を持っている生物と考えられており、金運アップの縁起物として考えられてきました。 また白蛇は弁財天の化身と崇められており、信仰の対象となっているのです。 他にも脱皮した革を財布に入れると蓄財できるともいわれています。 紹介する商品は、白蛇の置物です。 天然の石で造られていることから、運気を上げる効果が期待できます。 贈り物として渡すと、金運アップできると喜ばれるでしょう。 金額:26,400円 31. 幸運が返ってくる「カエル」 日本でカエルは、「お金がかえる」・「福がかえる」・「無事にかえる」といった語呂合わせから、縁起物として考えられています。 他にも子孫繁栄や前にしか飛ばない性質から、仕事運アップの効果も期待できると言われているようです。 紹介する商品は、信楽焼のカエルの置物になります。 背中には子ガエルが乗っているので、子孫は寧や金運上昇にも効果が期待できるので、贈り物として喜ばれるでしょう。 金額3,130円 32. 他を抜くことから商売繁盛の縁起物「狸」 他(た)を抜くという語呂合わせから「狸」は、商売繁盛の縁起物として高い人気があります。 開運や出世といったご利益も期待されることから、贈り物として狸の置物を渡すと喜ばれるでしょう。 紹介する商品は、商売繁盛のご利益が期待できる「狸の置物」です。 開運狸シリーズとして販売されており、様々な開運を期待することができます。 金額:20,378円 33. 不幸が去る縁起物「猿」 猿は「不幸が去る」・「困難が去る」と語呂が合うことから、縁起物として親しまれています。 贈り物としても、魔除けの効果が期待できるので、渡すと喜ばれる縁起物の一つです。 紹介する商品は、置物の猿になります。 流石に本物の猿を贈り物として渡すことはできないので、コンパクトサイズの置物の猿であれば、どこでも飾ることができ、運気を上げることができるでしょう。 金額:5,400円 34. 魔除けの効果が期待できる「獅子」 風水的な意味合いで、獅子とは魔除け効果が期待できる動物です。 邪気を払ってくれるので、良い運気を呼ぶことができます。 紹介する商品は、獅子の置物です。 小さいサイズの置物になっているので、もらった側も置き場所に困る心配もありません。 運気を引き寄せる縁起物なので喜んでもらうことができます。 金額:3,980円 35. 苦労を知らない縁起物「フクロウ」 古代ギリシャにも森の賢者として登場しているフクロウは、「不苦労」と漢字にすることができ、苦労を知らない縁起物として好まれています。 また暗闇でも、目が見えることから商売繁盛などの効果も期待できる縁起物です。 紹介する商品は、フクロウの置物になります。 邪を払って福を呼び込むことができるので、飾っておくだけでご利益があるでしょう。 相手の幸運を願って渡してあげてください。 金額:5,280円 36. 聖獣として様々なご利益がある「麒麟」 中国からの伝承で知られている麒麟は、聖獣として獣類の頂点に君臨している生物です。 縁起物として、長寿や富裕、子孫繁栄など様々な運気を上げることが出来ると言われています。 紹介する商品は、麒麟の置物です。 災いを打ち消して日常問題を解決する風水グッズとして役立ってくれるので、運気アップの贈り物として渡してみてください。 金額:8,580円 37. 守護聖獣の「狛犬」は魔除けの効果がある 守護聖獣として日本で伝えられている狛犬は、魔除けの効果があり、運気を上げる効果が期待できると言われています。 スフィンクスは遠い祖先とも言われており、様々な説が唱えられているのが特徴です。 紹介する商品は、狛犬の置物になります。 風水として、玄関先に置いておくことで、悪い邪気を払ってくれるので、贈り物として渡すといいでしょう。 金額:3,140円 38. 家の守り神「シーサー」 沖縄で見かける機会が多いシーサーは、家を守る魔除けとしての効果が期待できます。 また火事から家を守ってくれる火事防止のご利益もあるそうです。 実はシーサーは犬ではなく、ライオンであると言われています。 紹介する商品は、シーサーの置物です。 運気が上がる金色のシーサーとなっているので、贈り物として渡すと商売繁盛などの効果が期待できるでしょう。 金額:12,000円 39. 子供の守り神「赤べこ」 会津の民芸玩具として有名な赤べこは、子供の守り神としてご利益があると言われています。 平安時代に蔓延した疫病を払ったとされる赤い牛が由来です。 他にも幸せを運ぶ縁起物として親しまれています。 紹介する商品は、赤べこの伝統郷土玩具です。 コンパクトサイズで、置物として飾っておくこともできるので、子供の守り神としてご利益を感じることができます。 サイズ:18. 5cm• 金額2,750円 40. 邪気を払う縁起物「金・銀」 希少価値が高い金と銀は、古来から邪気祓いの効果が期待できる縁起物として親しまれています。 今では、金・銀と価値が高くなっているので、高価な物となっていますが、小さいサイズであれば、贈り物として渡すことができるでしょう。 紹介する商品は、金・銀のペア亥です。 風水グッズとして、邪気を払うだけでなく、運気を取り込むことができるので、贈り物として運気アップの願いを込めることができます。 金額:6,380円 41. 気持ちを落ち着かせる縁起物「琥珀」 鉱物ではなく、天然樹脂の化石である琥珀は、生命力を与えると古来から精神を落ち着かせる効果がある縁起物とされてきました。 また金運や仕事運も上がる、運気向上の縁起物としても親しまれています。 紹介する商品は、琥珀が埋め込まれている昇鯉のピアスです。 成長を祈願する昇鯉との相乗効果で運気アップが図れるので、贈り物として渡すと喜ばれます。 金額:2,460円 42. 浄化や開運効果が期待できる「水晶」 水晶は透き通る氷という意味のクリスタロスが由来と言われています。 精霊が宿る医師として、浄化作用やパワーストーンとしての側面があるのが特徴です。 紹介する商品は、開運効果が期待できる水晶玉になります。 28mmの小さいサイズになりますが、十分浄化作用や運気アップに効果が期待できるので、贈り物として親しい方に贈ってあげてみてください。 金額:528円 43. 持っていると魔除け効果がある「珊瑚」 珊瑚は、持っていることで魔除け効果があり、邪気を祓ってくれると言われています。 また古来から健康長寿のご利益もあるとされているのが特徴です。 紹介する商品は、ミッド珊瑚の縁起物になります。 金運を上げる効果もあるので、贈り物として渡せば、運気アップのきっかけを作ってあげることができるでしょう。 金額:1,980円 44. 厄払いで福を呼ぶ「真珠」 真珠は異物から体を守るために出来た象徴であることから、厄払いの効果がある縁起物として親しまれています。 アクセサリーなどでも利用されることが多いでしょう。 紹介する商品は、パールシェルです。 開運効果がある縁起物で、パールが表面に付着した貝殻になっているので、贈り物として渡すことで、相手の運気を上げることができるでしょう。 金額:1,500円 45. 必ず芽が出る縁起物「サイコロ」 サイコロは古来から、縁起物として親しまれています。 その理由は、どう転がしても目が(芽が)出るからです。 現在でも、運気が上がる縁起物として、多くの商品が販売されています。 紹介する商品は、天然石のサイコロです。 全部で6種類あるサイコロで、パワーストーンとして運気を上げることができます。 贈り物として渡すことで、相手が芽を出す手助けをすることができるでしょう。 金額:660円 46. 神事に五穀豊穣を願う「矢と弓」 神事の際に五穀豊穣の願いを込めて祀られる「矢と弓」は、日本の縁起物として親しまれています。 家に飾っておくことで、風水的にも運気を上げることができるでしょう。 紹介する商品は、スッキリ置ける「矢と弓」です。 シンプルなアクリルケースに入っている仕様なので、部屋のインテリアとしても活用することができます。 金額::35,100円 47. 清めの効果が期待できる「盛り塩」 古来から、神事の際にまかれることが多い盛り塩は、清める効果があり、厄除けとして高い効果が期待できます。 家の中でも気になる場所に置いておくことで、悪い気を吸収してくれるでしょう。 紹介する商品は、盛り塩セットです。 風水的に幸運を呼ぶ力を持っている盛り塩なので、プレゼントすることで、相手の運気を上げることができます。 金額:1,078円 48. 豪華絢爛な「金富士」は金運アップ 置物として豪華な印象のある金富士は、金運アップや立身出世の効果が期待できます。 贈り物として渡すことで、相手の運気を上げることができるでしょう。 紹介する商品は、金富士・金猫セットです。 招き猫が金富士の上で手招きしている姿で、金運はさらにアップさせることができます。 金額:1,100円 49. 初夢で見ると運気が上昇「一富士二鷹三茄子」 初夢で見ると、運気が上がると言われている一富士二鷹三茄子は、富士山は「不死」、鷹は「高い」、「茄子」は茄子という意味があります。 順番に見ることで、縁起がいいと言われているのが特徴です。 紹介する商品は、一富士二鷹三茄子の掛け軸になります。 和風な縁起物ですが、運気が上がること間違いなしなので、プレゼントして相手の運気を上げてあげましょう。 金額:6,600円 50. 山の上から見る「日の出」で運気上昇 山の上から見る日の出は、御来光と呼ばれ、年神様がやってくると言われています。 見ることで、運気を上げることが期待できるでしょう。 紹介する商品は、富士山と日の出のポストカードです。 ちょっとした贈り物として渡すことで、相手の運気を上げることができます。 金額:165円 幸せが末永く続くように心に残る縁起物を贈ろう! 縁起物を50選紹介していきましたが、それぞれご利益は異なることから、理解した上で相手に贈る必要があります。 幸せが末永く続くように、心に残る縁起物を渡してあげて、関係性を良好に保っていきましょう。

次の