池袋 グランド シネマ サンシャイン。 グランドシネマサンシャイン|上映時間・スケジュール

【グランドシネマサンシャイン】プレミアムクラスの感想とおすすめの座席!

池袋 グランド シネマ サンシャイン

グランドシネマサンシャインのスクリーンにはどんな種類がある? 全部で7種類のスクリーンがありますので順にご説明します。 もともと池袋には映画館自体はありましたが、スクリーンの種類がいくつかあったり3D作品を観れたりというのはなかったので、非常に期待値は高いです。 タップすると拡大します。 一言でいうとスクリーンが非常に大きいです。 横幅25. 9mなので正面の壁一面がスクリーンになっています。 これが一般的な映画館のスクリーンより40%も大きいと言われてます。 また、革新的な4Kレーザー投影システムを使ってるので、スクリーンの解像度もよく色も鮮やかに観ることが出来ます。 画質もよくスクリーンも広いでのどの席からも見えやすいです。 IMAX鑑賞料金は通常料金にプラス料金が必要です。 現在はスパイダーマン:ファー・フロム・ホームしか上映していないが、今後増えていく予定です。 スクリーンが正面だけでなく左右の側面にもあり、また座席が前後左右や上下に動いたり、水や風、香り、フラッシュもある体験型スクリーンと言えます。 注意乗り物しやすい方や体長に不安がある方、妊娠中の方、ご高齢の方は控えた方がいいかもしれません。 4DX with ScreenX鑑賞料金は通常料金に以下がプラスされます。 4DX with ScreenX同様に6階にあります。 上映作品の様々なシーン・シチュエーションと連動した座席可動・ミスト・香り・フラッシュ・バブル・煙などの19のエフェクトもあり、劇中の登場人物との一体感を得ることができます。 4DX鑑賞料金は通常料金に以下がプラスされます。 視界が270度まで広がり映画に包まれる感覚を覚える事でしょう。 Screen Xは通常料金に以下がプラスされます。 Best Immersive AudioVisual の略称です。 8階にあり、最新鋭のレーザープロジェクションシステムと、3D音響が融合したことでまるで映画の中に入ったような感覚を味わうことが出来ます。 通常のサラウンドに加え、天井にもスピーカーが設置されてます。 BESTIAは通常料金に以下がプラスされます。 実は、導入コストが低く映画館の3Dシステムとして世界で最も普及してるそうです。 RealDは通常料金に以下がプラスされます。 座席の種類 料金 備考 グランドクラス +3,000円 電動リクライニング、サイドテーブルにボトルクーラー付き プレミアムクラス +1,500円 リクライニングとサイドテーブル付き フラットシート 0円 脚を伸ばせる スタンダードクラス 0円 最前列にはオットマン 足の乗せソファー 有り グランドクラスはかなり快適でした。 せっかくなのでと思いグランドクラスを選びました。 +3,000円の座席がどんなものか?一番後ろの座席だけどどうなのか?期待感で一杯でした。 マッサージチェアーのような仕様で電動リクライニング付きです。 本編が上映される前に映画の予告が上映されますが、その時に少し遅れてきた方がいまして私の前を通るようになりました。 通常の座席だと足を引っ込めないといけませんが、前方の幅もしっかり確保されてるので、そのようなストレスは一切ありませんでした。 寝不足の状態で座っていたら寝てしまうかもしれません 笑 それくらい座り心地は良かったです。 +3,000円にはミールクーポン1,200円分が付いてるので、12階にあるBAR PANORAMA バール パノーラマ にてパスタや軽食、飲み物を買うことが出来ます。 ロングパスタだと持ち込みが出来ないのが注意点です。 ドリンクホルダーとテーブルが付いています。 足が伸ばせるのがメリット、ただ最前列なのであまり座ってる人はいませんでした。 2時間座っても特に疲れることはありませんでした。 IMAXオリジナル短編『TRANSPHERE』は世界観が独特 これは天気の子の本編が始まる前にやっていた短編作品。 トランスフィアーといいますが、私はコレを見て少し気持ちが悪くなりました、 作品内容どうこうではなく 映像の使い方でです。 乗り物酔いをしやすい方は気を付けた方がいいかもしれません。 作品自体は演技を見るというよりは映像で作品を楽しむといった方がいいでしょう。 普段芸術に触れてない私には理解が少し難しかったです 笑 実はエレベータ移動がアツい?! グランドシネマサンシャインは4階から12階がフロアーになってますが、移動はエレベーターかエスカレーターです。 エレベーターであれば1階から12階まで一気に行けますが、 エスカレーターで行くのも良いんです。 子供も気になってます。

次の

池袋グランドシネマサンシャイン【商業フロアレポート】

池袋 グランド シネマ サンシャイン

CHECK! Twitterの反応! グランドシネマサンシャインのプレミアムクラスシートを初体験。 めちゃくちゃラグジュアリィなのは良いけど、カップホルダーにトレイが嵌らない…。 プレミアムクラスには 『前方列』『後方列』の2列があります。 それぞれの列からの見え方についてアスペクト比 「1. 9:1」作品と 「1. 43:1」作品で場合分けして、書いていきます! アスペクト比についてわからない方は下記の記事で説明しているので、読んでみてください^^ オススメの座席 グランドシネマサンシャインの巨大なスクリーン全てに映像が映しだされる作品の場合は 『プレミアムクラス後方列から最後方列にあるグランドクラスまでの間の座席』 をオススメしたいと思います! スクリーンが巨大すぎるので、前方だと支障が生じると思います! 『字幕も見て、映像も見て』という視界の往復が前方に行けば行くほど大変になります。 これは鑑賞中絶対疲れると思います。 43:1】比率の映像でも、視界に収まりました。 9:1」比率作品なら中央付近~後方! オススメの座席 【1. 9:1】比率の作品の場合は 『中央~後方の座席』 が良いと思います! 今回プレミアムクラス後方列から鑑賞したときに 『見やすいけど、迫力に欠ける』 印象を覚えました。 グランドシネマサンシャインのIMAXには、巨大なスクリーンがもたらす圧倒的な迫力を求めていきます。 『迫力に欠けるようならわざわざグランドシネマサンシャインのIMAXじゃなくてもいいかな。。。

次の

グランドシネマサンシャイン(池袋)上映スケジュール・上映時間:映画館

池袋 グランド シネマ サンシャイン

スポンサーリンク 現時点でドルビーシネマの感想記事でかなり検索上位をとっている本サイトの運営人は、ドルビーシネマと同じような上映形式でメジャーな、IMAXレーザーの劇場にずっと行ったことがなかった。 危機感を覚えた僕は、この前関西に行ったときにエキスポシティのIMAXレーザーを体験して、ドルビーシネマとの比較記事を投稿した。 今回は、東京に行く機会があったので、エキスポシティを超えるIMAXレーザーシアターができたばかりのグランドシネマサンシャインに向かって、『マレフィセント2』を見ることにした。 見た感想をひとことで言うと、 一度行ってみる価値はあり。 ただ僕は何度も行かないかなー という、エキスポシティのIMAXレーザーと全く同じ感想を抱いた。 悪くはなかったです。 ですが、ヘビーユーザーにはならないと思います。 Contents• IMAXレーザーとは IMAXレーザーの感想の前に、まず IMAXデジタルシアター、通称IMAXシアターについて軽く説明しておきます。 この上映スタイルに関してはもう既にかなりメジャーなものになっているので、ご存知の方のほうが圧倒的に多いと思うんですが、スタンダードな上映をアップグレードしたやつですね。 アバターが10年くらい前の作品なので日本に上陸してもう10年以上経つんじゃないですかね。 普通のスクリーンの上位互換です。 並のスクリーンよりも大きく、鮮明で、臨場感のある映画体験ができるシアター。 で、 IMAXレーザーは、 それよりもすごくなったやつ。 今までにない感動体験をすべての人に。 さらに音響面では、これまでの水準を超えるダイナミックレンジと 高密度サウンドを実現する最新の12chサウンドシステムを採用。 圧倒的な臨場感で客席を包みます。 これまでの限界を超えた新しい映画の世界へ。 その違いをぜひ体感してください。 109シネマズ公式サイトから引用 普通のIMAXシアターよりも映像美やサイズがアップグレードした上映形式だ。 東京や名古屋にもあって、結構メジャーになりつつある。 IMAXレーザーの劇場は現時点で、 グランドシネマサンシャイン GTテクノロジー 109シネマズ菖蒲 109シネマズグランベリーパーク 109シネマズ川崎 109シネマズ名古屋 GTテクノロジー ユナイテッド・シネマ浦添 にあるよう。 ただ、2015年にできたエキスポシティのIMAXレーザー、 IMAXレーザー GTテクノロジー(旧称:IMAX次世代レーザー)は、IMAXレーザーの中でも特にスケールが大きい。 そして今回紹介する、2019年夏に関東初上陸した グランドシネマサンシャインのIMAXレーザーGTテクノロジーは、エキスポシティよりもスケールが大きいものとして、話題になった。 ドルビーシネマって何よ? IMAXレーザーに似た上映形式に、 ドルビーシネマというものもある。 ドルビーシネマは2018年の秋にTジョイ博多に、日本初上陸したもの。 今は大阪やさいたまのTジョイ系列・松竹系列の劇場などにもあって、IMAXレーザーと同じくらい浸透しつつある。 現時点 2019年11月現在 で「ドルビーシネマ 博多」とググれば公式についで2番目に本サイトのレビュー記事が出てくるので、ドルビーシネマに関してはその記事を参考にしてほしいけど、ほんとに凄いです。 通常のスクリーンとぜんぜん違う。 ドルビーシネマの特徴は、とにかく 黒が鮮やかということ。 画面が大きくて鮮やかなIMAXデジタルシアターを優に超えていて、ずっとこの画質で映画見たい……。 と思ってしまうような体験だった。 どれくらい黒がすごいのかというと、 暗転する場面が完璧な黒なんですよね。 通常のスクリーンだと暗転のときは明るめな黒ですが、ドルビーシネマは完璧な黒。 ほんとにびっくりします。 そして 音響的にもIMAXに明らかに勝っている。 ドルビーシネマで流れるデモ映像は、IMAXで見るときに最初に流れるそれを圧倒していた。 IMAXデジタルシアターとは格が違っていた。 で、数ヶ月前に僕は大阪のエキスポシティに行って、初めて、ドルビーシネマの対抗馬とも言えるIMAXレーザーを体験した。 IMAXデジタルシアターに圧勝するドルビーシネマと比較して、IMAXレーザーはどんな感じだったのか。 端的に言うと、 迫力・映像等十分課金するに値するけど、ドルビーシネマと比較すると映像美では若干劣るような感じがした。 IMAXレーザーで映画を見てみた エキスポシティ 僕は後ろ目の席を選んだけど、中に入ってみるとスクリーンを見てびっくり。 「スクリーンでかすぎるだろ」と思いながら席についた。 そして席に座って写真を撮ってみたら、こんな感じだった。 なにこれ? 席から写真撮ろうとしても、スクリーンが入りきれない。 それくらいでかいスクリーンだった。 後方の席でこのデカさ。 公式サイトを見てみるとこんな写真があった。 109シネマズ公式サイトから引用 でっか。 こんなでかいスクリーンで見るのなら、さぞかし迫力ある映画体験ができるだろうと期待しながら映画を待った。 映画本編が始まると、映像面では普通にHD画質だった。 きれいです。 ただ、正直言ってドルビーシネマを体験していると黒の色合いにちょっと不満に思ってしまった。 ドルビーシネマのようにびっくりするほど黒くなるわけではない。 ただ、かなりきれいなHD画質で、スクリーンもでかいので迫力があります。 家電量販店で流れている4Kテレビの映像みたいな鮮やかな映像が、目を覆うくらいのスクリーンに広がります。 あと、音響面もそこまで悪くなかったです。 どう考えても通常のIMAXよりもいい。 ドルビーシネマ ドルビーアトモス に勝っているかどうかと言われるとちょっと微妙だけど、全然悪くない。 映像面でも音響面でも、通常のスクリーンで映画を見るのと格が違うような映像体験ができるので、課金する価値は十分あると思います。 IMAXデジタルシアターはあまり好きではないですが、IMAXレーザーは近くにあるんだったら行くだろうなーって思うくらいの感じだった。 ただ、ちょっと残念に思ったのは、 期待していたほどスクリーンサイズが大きくなかった点。 正直言って、博多のドルビーシネマとトントンといったような感じだった。 簡単に言うと、 スタンダードサイズの映画は上下カット率が高いから。 IMAXシアターは縦の高さが通常のスクリーンよりも明らかに高くて、迫力があるスクリーンが売り。 ただ、通常のスタンダードサイズの映画を見た場合、IMAXのスクリーンの黒帯の面積が大きくなる。 出典:DUNKIRK — IMAX 70mm footage vs Standard footage この画像の左みたいになる。 IMAXフルサイズで作られた『ダンケルク』をIMAXレーザーで見ると、右のスクリーンのような超迫力のある映像体験ができる。 なのでIMAXレーザーすげえってなるんですが、 IMAXレーザーで、IMAXフルサイズではない映画を見ると、左みたいになる。 なので、度肝を抜かれるほど迫力に圧倒されはしなかった。 博多よりはどう考えても大きいと思うけど。 それでもスクリーンサイズはでかいです。 ただ実際見てみれば、そこまでびっくりするほどスクリーンサイズが大きく感じるわけではなかったです。 池袋グランドシネマサンシャイン 本題。 池袋のグランドシネマサンシャインのIMAXレーザーで映画を見てみました。 グランドシネマサンシャインの面白いところは、劇場までの通路にずらっと名作映画のポスターが並んでいるところ。 IMAXレーザーは12階にあるので、かなりエスカレーターで行ったら時間がかかるけど、ポスターを見るだけでテンションが上がるような通路になっているので、全然苦じゃない。 ただ、上映時間ギリギリだったらイライラするかも。 ギリギリだったときはエレベーターで行ったほうがいいと思う。 IMAXレーザー感想 IMAXレーザーのスクリーンはエキスポシティ同様、初めて見るとにっこりしてしまうようなデカさだった。 座席から見えるスクリーンのサイズはこんな感じ。 でかい。 だけど、エキスポシティを凌駕しているのかというとそういうわけでもない。 サイズ的にはエキスポシティよりも大きいらしいものの、そのサイズは同等程度に感じた。 なので、大阪のエキスポシティ周辺にお住まいの方は、エキスポシティで十分なんじゃないのかなと思ったりもした。 エキスポシティ近くに住んでいる方はグランドシネマサンシャインのIMAXレーザーを見るためだけに池袋に行かなくてもいいと思う。 映像の質感的にもエキスポシティのIMAXレーザーと同じでした。 ただ、今回見た作品『マレフィセント2』は前見た作品 『アド・アストラ』 よりもIMAXが映えるデジタル寄りの作品だったので、前よりも映像が美しく感じました。 IMAXレーザーやドルビーシネマは、『ジョーカー』とかよりもこういったCGに力を入れている作品のほうが映像の美しさが桁違いなので、良さがわかりやすい。 IMAXレーザーやドルビーシネマを体験したい方は、こういった作品で体験するのがおすすめです。 そして、 IMAXフルではないものの、通常スクリーンよりもサイズの大きくなる作品だったので、ほんとに見れてよかったなあという感じでしたね。 前見た『アド・アストラ』よりも迫力あってIMAXレーザーで見る価値ありました。 IMAXレーザーで映画を見る際は、サイズが通常よりも大きくなっている映画を選ぶのがおすすめです。 まとめ 池袋のグランドシネマサンシャインのIMAXレーザーは、エキスポシティと同じような感じで、課金する価値は十分あります。 特に今回見た作品はデジタル寄りの作品で、IMAXレーザーの凄さがわかりやすい作品でしたが、福岡住みの僕としてはドルビーシネマで十分だよなあと思ってしまうような感じでした。 あとシネマサンシャインはサービスデー等少なくて、安く見る方法も限られているし、そこまで通いそうにはないと思う。 まあただ、1度は行って見る価値あると思います。 あと池袋なので、関東にお住まいの方はかなり行きやすい劇場ですし、気になってるのなら行ってみてください。 エキスポシティみたいに大阪市内から遠いというわけではないので。 comは、amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 また、当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。 サイト利用者は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookieを無効にできます。 またaboutads. infoのページにアクセスして頂き、インタレストベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

次の