フォルテ 映画。 ユナイテッド・シネマ フォルテ宮城大河原(柴田郡)上映スケジュール・上映時間:映画館

ユナイテッド・シネマ フォルテ宮城大河原「ゲド戦記」の上映時間(柴田郡)

フォルテ 映画

CONTENTS• 映画『フォルトゥナの瞳』の作品情報 C 2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 【公開】 2019年(日本映画) 【原作】 百田尚樹『フォルトゥナの瞳』 新潮文庫 【脚本・監督】 三木孝浩 【キャスト】 神木隆之介、有村架純、志尊淳、DAIGO、松井愛莉、北村有起哉、斉藤由貴、時任三郎 【主題歌・挿入歌】 ONOKROCK『In the stars feat. Kiiara 』 【作品概要】 百田尚樹の同名小説で他人の死が見える不思議な能力を持った主人公の青年が、最愛の女性の死に立ち向かうラブストーリー。 木山慎一郎役を神木隆之介が演じ、桐生葵役には有村架純という2人をダブル主演に迎え、『僕等がいた』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩監督が映画化しました。 共演に時任三郎、斉藤由貴、北村有起哉、志尊淳、DAIGO、松井愛莉らが脇を固めます。 映画『フォルトゥナの瞳』のキャラクターとキャスト 木山慎一郎(神木隆之介) C 2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 自動車整備工場で働く青年、死に至る者の運命を見るフォルトゥナの瞳を持つ。 桐生葵(有村架純) C 2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 慎一郎と運命的な出会いをする女性。 携帯ショップで働く。 金田大輝(志尊淳) C 2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 慎一郎の同僚、素行が悪く慎一郎のことをよく思っていない。 宇津井(DAIIGO) C 2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 自動車整備工場GARAGEENDOの顧客。 黒川武雄(北村有起哉) C 2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 医師。 フォルトゥナの瞳の持ち主であり、瞳について慎一郎に教える。 遠藤哲也・美津子(時任三郎、斉藤由貴) C 2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 GARAGEENDOの経営者夫婦であり、慎一郎の親代わりを自認している。 映画『フォルトゥナの瞳』のあらすじとネタバレ C 2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 20年前、飛行機事故で家族を失って以降、孤独な中で生きてきた木山慎一郎。 彼の働く自動車整備工場「GARAGEENDO」の社長夫妻が親代わりとしてあれこれ世話を焼いても、どこか孤独の影を感じさせる青年になっていました。 遠藤社長はそんな慎一郎の人生の転機になればと、GARAGEENDOの2号店の店長を慎一郎に任せます。 先輩の金田は面白くなく、慎一郎に突っかかってきます。 そんな中で慎一郎はガラケーを壊してしまい、携帯ショップへ向かいます。 慎一郎の受け付けを担当したのは葵という名の店員、機転の利く葵に慎一郎は好感を持ちます。 後日、いよいよガラケーが機能しなくなった慎一郎は葵の店に向かいます。 ガラケーを手渡そうとしたとき、慎一郎は衝撃を受けます。 C 2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 慎一郎は死に至る者の運命を見ることができるフォルトゥナの瞳の持ち主でした。 そう遠くない未来に死を迎える者の姿は、慎一郎には透けて見えるのです。 そしてガラケーを受け取ろうとした時、葵の手が透けて見えました。 意を決した慎一郎は大事な話があると言って、葵を呼び出します。 待ち合わせ場所のカフェに現れた葵の姿は透けておらず、元に戻っていました。 信じてもらえないことを覚悟して事情を話した慎一郎は、安心してカフェを出ます。 その直後、彼の胸に激痛が走ります。 その後、オープンを迎えた2号店。 どこか明るい空気をまとう慎一郎の姿に、社長たちも何かいいことがあったのではないかと内心喜びます。 数日後、慎一郎が一人働く2号店に葵が訪ねてきます。 彼女は慎一郎が運命を見ることができるという事を信じていると言います。 実際に、彼に呼び出されずに帰宅していた場合、彼女は途中の工場火災に巻き込まれていたのです…。 運命を感じた慎一郎は、大きな一歩を踏み出して、葵に交際を申し込みます。 葵の答えはYESでした。 一方、GARAGEENDOでは金田が顧客の車を乗り回していたことが発覚して、社長にクビを言い渡されます。 そのやり取りを目撃した慎一郎は、社長の体が透けていくのが見えます。 その夜、逆恨みした金田は社長を夜道で襲いますが、社長の悲劇を予期していた慎一郎が庇って事なきを得ます。 社長の体が元に戻った直後、慎一郎は心臓に激痛を感じて気を失ってしまいます。 病院に運ばれた慎一郎を担当したのは黒川という医師。 実は彼も慎一郎と同じ目を持っていました。 そして、死に至る運命を変えた場合、その反動として自分の体が死に近づいていくことを教えます。 今後は他人の運命に介入しないと決めた慎一郎は、葵との幸せな時間を過ごします。 また慎一郎は社長に直談判して金田を2号店のメンバーに加えます。 そんなある日、GARAGEENDOの顧客の宇津井がフェラーリに乗ってやってきます。 彼はGARAGEENDOの受付嬢を口説き、その後、貢がせるだけ貢がせて今は風俗で働かせる悪い男でした。 そして、慎一郎の目に宇津井の体が透けて見えました。 宇津井の行いからそのまま放置した慎一郎でしたが、直後に宇津井が事故死すると、罪の意識に苛まれます。 思わず、葵に強い負の想いをぶつけてしまう慎一郎は、自己嫌悪に陥ります。 何とか仲直りができた2人でしたが、その直後に慎一郎の目には再び透けている葵の姿が映りました。 さらに、公園で遊ぶ幼稚園児の集団が全員透けて見えたり、早朝の出勤時間に電車待ちで並ぶ人々が全員透けて見えたりと、慎一郎の目の前に厳しすぎる運命が立ちはだかります。 数日後に大規模な電車事故が起きると予測した慎一郎は、葵を強引に旅行に誘い出す一方で、自分は事故に巻き込まれるであろう電車に向かいます。 その電車には仕事を休めず、旅行には出ずに出勤していた葵の姿もありました。 多くの人間の運命を変えれば、自分の心臓がもたないこと覚悟のうえで電車の前に立ちはだかります。 電車は止まり最小規模の被害で済みました。 電車から飛び降りた葵は、慎一郎に駆け寄りますが、すでに彼の心臓はその鼓動を止めていました。 その後、葵は自分の秘密を今は亡き慎一郎に語り掛けます。 実は、葵もまたフォルトゥナの瞳の持ち主でした。 しかし、今まで一度も人の運命に介入しないできましたが、彼女の前に現れた慎一郎は必死に葵の運命を変えようとしました。 その姿に運命を感じた葵、慎一郎の遺品を整理すると何度でも同じ選択をし続けるという、慎一郎の言葉と添えられた婚約指輪に涙するのでした。 近年では「SPEC」シリーズや「るろうに剣心」シリーズでダークな役どころに挑戦したかと思えば、『桐島、部活やめるってよ』(20129や『3月のライオン』(2017)などの群像劇では、座長として映画を引っ張っています。 そんな神木隆之介も20代半ばになり、 初の本格ラブストリーに挑みました。 相手役はすでに3度の共演経験がある有村架純ということで安心感もあります。 この辺りは『僕は明日、昨日のきみとデートする』なども手掛けた 三木監督の手腕もあると思いますが、ピュアな作品に仕上がりました。 Please verify that the current setting of session.

次の

ユナイテッド・シネマ フォルテ宮城大河原「ゲド戦記」の上映時間(柴田郡)

フォルテ 映画

解説 他人の死が見えてしまうという不思議な力を持ってしまった青年が、最愛の女性の「死」に立ち向かう姿を描いた百田尚樹の同名小説を、神木隆之介と有村架純の共演、「僕等がいた」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の三木孝浩監督のメガホンで映画化。 幼少期に飛行機事故で家族を失い、友人も恋人もなく仕事にのみ生きてきた木山慎一郎。 しかし、慎一郎が「死を目前にした人間が透けて見える能力」=「フォルトゥナの瞳」を持っていることに気づいてしまったことから、生活が一変。 なぜこのような力を持ってしまったのかを自問自答する苦悩の日々が続く。 そんな日々の中で慎一郎は桐生葵という女性に出会い、互いに惹かれあった2人は幸せな日々を過ごす。 慎一郎の孤独な人生に彩りを与えてくれた葵という存在。 しかし、葵の身体が突然透け始めてしまう。 慎一郎役を神木、葵役を有村がそれぞれ演じるほか、時任三郎、斉藤由貴、北村有起哉、志尊淳、DAIGO、松井愛莉らが脇を固める。 2019年製作/110分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む フォルトゥナの瞳それは他人の「死期」が目に見て分かる能力の事。 劇中にはこのフォルトゥナの瞳を持つ人物が3人出てきます。 1人はもちろん主演である神木隆之介。 話の中盤には神木隆之介の両親は昔あった飛行機事故によって亡くなったという事がわかります。 おそらくですがこの事故に関わる事で能力を手に入れたのではないかなと思います。 2人目は神木隆之介に能力があることを見抜いた病院の先生です。 3人目は有村架純ですね。 この二人については下に書くので紹介程度に。 基本的にはこの3人が軸になり物語は進んでいきますが とにかく構成が酷いと感じました。 実はこの能力で見た他人の死期を変えてしまう事で自分に[代償]がある事が話の序盤で先生から告げられます。 これだけでも大体のラストを察せてしまうのにも関わらず更に追い討ちをかけてきます。 神木隆之介自身は事故で自分だけが生き残った事を何回か話すのですが劇中の度々にその事故の時に女の子が飛行機の残骸に潰され助けられなかった回想シーンが流れます。 結局は助けていたのですが両親を失ったショックか何かで記憶を書き換えてしまっていたのでしょう 最後に分かるのですがこの潰されたと思い込んでいた女の子は実は有村架純でしたという事と有村架純も能力を持っていたという事が分かります。 でしょうね。 と言った感じですね しかもこの回想シーンの回収の為に神木隆之介が代償によって命を落としてから10分程話がズルズルと伸ばされます。 控えめに言ってなにも感じさせられる物が無かったです• 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

講座・催し

フォルテ 映画

CONTENTS• 映画『フォルトゥナの瞳』の原作者は 映画 『永遠の0』や『海賊とよばれた男』の原作者として知られる百田尚樹。 百田尚樹作品の映画化にあたり、演出を務めることになったのは、2016年に 福士蒼汰主演の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』。 2017年に 生田斗真と広瀬すずのW主演の『先生! 、、、好きになってもいいですか? 2018年に 「Hey! Say! JUMP」の知念侑李主演の『坂道のアポロン』と、 ラブストーリーに定評のある三木孝浩が監督を務めます。 しかし、それは少女コミックやライトノベルを原作にした映画化をしたものが通常ですが、今回の 原作は百田尚樹とあって、少し志向が違ったラブストーリーうようです。 木山というキャラクターを活かすために起用された脚本家は、2013年の映画 『かぐや姫の物語』では、故・高畑勲監督を共同脚本。 そして、2017年の映画 『メアリと魔女の花』では、米林宏昌監督との共同脚本。 2018年には眉月じゅん原作のコミックを映画にした 『恋は雨上がりのように』などの脚本家・坂口理子が担当します。 この坂口理子が書いた脚本を、三木孝浩監督が演出を務めるのですが、監督は次のようにファンにメッセージを贈っています。 「今回の作品で、長編としては初のジャンルにチャレンジ出来る事にとってもワクワクしてます。 ファンタジーであり、サスペンススリラーの要素もあるこの物語ですが、その根底に流れているのは愛の在り方を求めて彷徨う切ないラブストーリーであり、誰の身にも起こり得る選択と運命を描いた物語でもあります。 神木隆之介くん、有村架純さんという素晴らしいキャスト二人とともにこの儚くも美しいこの愛の物語を丁寧に紡いでいきたいと思います」 この物語で、子どもの頃に飛行機事故で家族を失い、孤独に生きることになった木山役を神木隆之介が担当、自らの運命に翻弄されながらも、愛する人を強く守ろうとする青年を演じ、有村架純は、木山の人生に彩りを与える明るい恋人の桐生葵を演じます。 元々、三木孝浩監督が映画に目覚めたきっかけは、1983年の 小学生当時に観た、原田知世主演による大林宣彦監督の作品『時をかける少女』だそうです。 大林映画には大きな影響を受けた三木孝浩監督が、神木隆之介と有村架純というキャストで、どのような ファンタジックなラブストーリーを見せてくれるのか、注目ですね。 神木隆之介と有村架純からのメッセージ 原作者の百田尚樹は、『フォルトゥナの瞳』のなかで伝えようとしたのは、愛と死を目の前に 「選択する」ことをテーマにした小説でした。 ミリオンセラー作家の百田尚樹が、2006年に出版された『永遠の0』とは、死を前にすることは似てはいるものの、少し異なった死生観に挑戦した意欲作です。 主人公の木山慎一郎を演じる神木隆之介は、ファンや三木監督や共演者に述べています。 「このお話を頂く前に、たまたま原作を読んでいたので、お話を頂いた時は運命のようなものを感じました。 慎一郎がどのような道を選択し運命に向かっていくのか、一人の男として大切な事を教えて貰ったような気がします。 僕は今回、初めてラブストーリーに挑戦させて頂くのですが、とても緊張しています。 三木監督をはじめとするスタッフ、共演者の皆さんに助けて頂きながら精一杯、慎一郎を演じたいと思います。 有村さんは過去に何度か共演させて頂きましたが、今回は恋人役ということで、どんなお芝居になるのだろうと、今からとても楽しみです。 三木監督は初めてご一緒させて頂きます。 何度かお会いしましたが、とても優しく、役者の気持ちに寄り添ってくださる方だなと思いました」 桐生葵役を務めた有村架純は、脚本家の坂口理子の脚本を読んだ印象をこのように語りかけます。 「これまでとは一味違ったラブストーリーができるのではないかと、脚本を読んで率直に思いました。 出逢った二人が、本能的に惹かれあっていくさまを、微笑ましく、幸せに、どうかこの関係が壊れないでほしい、と思っていただけるように、一つ一つの描写を大切にしていきたいと思います。 神木さんとは、今回四度目の共演となりますが、過去に神木さんとご一緒した取材で「神木さんのラブストーリーが見てみたい」と答えたものが、まさか、自分自身が相手役で実現するとは思ってもみなく、驚いています。 とても信頼できる役者さんであり、安心感しかないので、楽しみながら一緒に頑張れたら嬉しいです。 監督の三木さんは、いつかご一緒してみたい監督の一人で、このご縁を無駄にしないように、全力で三木さんの演出にお応えしていきたいです」 初めてラブストーリーに挑戦する神木隆之介。 そして、四度目の共演となった有村架純は、「 これまでとは一味違ったラブストーリーができる」と脚本の豊かさに触れていますね。 今から2人の共演が楽しみですね。 まとめ 木山慎一郎を演じた神木隆之介は初のラブストーリー出演。 また、『時をかける少女』で映画に目覚めた三木孝浩監督は、初のファンタジーの演出を務めます。 何より原作者の百田尚樹にとっても『フォルトゥナの瞳』は新たな新境地となる作品ですから、本当に楽しみなチャレンジが詰まった作品になりそうですね。 原作『フォルトゥナの瞳』のタイトルでもある「フォルトゥナ」は、ローマの神話に登場する運命の女神。 他人の生死の運命を目にすることができた時、その人を救うか否かと、主人公の木山慎一郎は重大な選択を迫られます。 それとも有村架純が演じるヒロイン桐生葵の瞳なのでしょうか。 愛する人を目の前に互いの瞳と葛藤に、やはり、映画でも感情移入しそうですね。 映画を観る前に原作も、ぜひ読んでみてくださいね。 Please verify that the current setting of session.

次の