アトピー 性 皮膚 炎。 【医師監修】アトピー性皮膚炎の原因と治療

アトピー性皮膚炎は治るの?~原因と治療法~

アトピー 性 皮膚 炎

Contents• 当然ある海外でのアトピー性皮膚炎の実態 日本国内だけに住んでいると、アトピー性皮膚炎で悩まされる友人などが多く見受けられるため、まるでスギ花粉症のように「日本だけの病気」という感覚になってしまうかもしれません。 ですが、アトピー性皮膚炎はアメリカ、イギリス、中国など、海外でも数多くの人が悩まされている疾患です。 今回は海外でのアトピー性皮膚炎の現状や、その国ならではの治療法などを確認し、日本での治療と見比べてみましょう。 お隣「中国」の場合 中国では大気汚染の影響か、やはりアトピー性皮膚炎の若年者や学童が増えているそうです。 北京大学人民医院で2016年に行った調査では、アトピー性皮膚炎の患者の77. 5%が12歳以降に発症していると報告しているため、乳幼児、もしくは成人後に発症の多い日本に比べ、遅発性だと言えるでしょう。 また、世界的に見てアトピー性皮膚炎は日本が最も有症率が高いと言われており、増えてきたと言っても中国ではまだアトピー性皮膚炎の有症率は低いそうです。 この結果から、私個人で思うのは、中国で発症しているアトピー性皮膚炎は環境由来が多く起因し、日本では遺伝子由来が多く起因しているのではとなんとなく思います。 ただ、医療機関での調査で同じ黄色人種間であるにも関わらず、このような違いが生じること自体、環境の違いが原因ではあるとは思われます。 漢方の考えでは、辛いものや油物を食べ過ぎたことにより、体が熱を帯び、内臓が弱くなり、熱が体から外に出なくなり、血を消耗し、肌が乾燥し、皮膚が栄養を失い肌が痒くなる(アトピー性皮膚炎になる)となり、まずは内臓を整えるために食事制限や、漢方の服用となるそうです。 漢方薬の歴史が深い中国ならではの治療法ですね。 アメリカの場合 アトピー性皮膚炎は「Chronic(慢性) アトピー」と呼ばれ、アメリカでも起こっているのですが、日光が多く、海の近く、また比較的涼しい地域の場合、アトピー性皮膚炎は起こりにくいと言われています。 そのため、日本より気候が安定していたり、涼しい地域、また暑い地域でも海に面している国がそろっているアメリカでは、そこまで多くはありません。 とはいえ、一番の問題は「医療制度」。 アメリカは保険制度が無い上に、治療代が高額になることで世界的な問題となっている国ですが、そのためアトピー性皮膚炎で病院にかかることは滅多にありません。 代わりに、サプリメントが発達しているため、「ビタミンB」「ロイヤルゼリー」「L-システイン」などかゆみを抑制したり、皮膚や粘膜を保護する栄養素を薬局で買うケースがほとんどです。 そのため、日本でも話題になった「ビオチン療法」という 「ビタミンH」「ビタミンC」「乳酸菌」を通常より多く摂り、アトピー体質を改善していくという治療法を行っている人も多いのです。 また、アレルギー検査も通販で少量の血液サンプルを送って、結果を郵送してもらうなど、日本ではあまり考えられないような方法が多く見られます。 もちろん、酷い時はステロイドなどを塗布することもあるのですが、それも薬局やドラッグストアで購入し、自己判断で治療していく事がほとんどです。 イギリスの場合 ホームドクターという、かかりつけ医を持つことが主流のイギリスでは、「Atopic Dermatitis」がアトピー性皮膚炎を指す言葉なのですが、あまりピンと来ない人が多いようです。 それだけ、乾燥しているからかあまりいないらしいのですが、基本的に「保湿剤を塗って様子を見る」というのが治療となる、軽い疾患と見られているケースが多いようです。 イギリスの場合、お水が硬水で日本のように毎日お風呂に入ったりすると、髪がゴワゴワになったり、顔が突っ張ったりしてしまうようで、基本的に保湿重視。 もちろん、悪化した場合はステロイドが処方されますが、そこに行き着くのが大変。 まずはかかりつけ医に相談し、改善しなければ大きな病院を紹介してもらい、子どもの場合は小児科に行かされ、そこからやっと皮膚等に案内してもらうことができるため、日本のように直接小児科や皮膚科に相談できないぶんとても時間と手間がかかるのです。 そのため、イギリスではやはり薬局やホメオパシーなどで治療を試みる方も多く、それでアトピー性皮膚炎という症状に行き着くケースが少ないのではと言われています。 海外移住で治るケースも悪化するケースも このように海外でもアトピー性皮膚炎は起こっており、やり方は違えど治療に悪戦苦闘しているケースもあります。 ただ、やはり日本では高温多湿、四季の変化が激しいなどといった問題もあり、悪化しやすい事もあります。 だからといって海外移住で調子がよくなるかというと、環境の変化やストレスからの解放などで状態がよくなるケースもありますが、逆に定期的な医療が受けられなかったり、海外移住ならではのストレスで悪化してしまうこともあります。 日本の医療制度は大変優れているので、しっかりと日本で治療し、海外旅行などでストレス解消をして状態をよくしていくのも回復までの計画に入れてもよいでしょう。

次の

アトピー性皮膚炎の芸能人・有名人一覧【2018年最新】

アトピー 性 皮膚 炎

1)皮膚の炎症を伴う病気です アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。 主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。 一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。 【湿疹の特徴】• 赤みがある、じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる、ささくれだって皮がむける、長引くとごわごわ硬くなって盛り上がる• 左右対称にできることが多い• おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側などに出やすい 2)原因はバリア機能異常と免疫の過剰反応 良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期にわたり皮膚の炎症が続くアトピー性皮膚炎。 炎症は、本来は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必須のものです。 しかし、アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。 免疫が過剰に反応する理由としては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や皮膚のバリア機能低下も大きく関係しますが、他に、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

次の

アトピー性皮膚炎とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

アトピー 性 皮膚 炎

アトピー性皮膚炎は、アレルギーの病気の1つです。 単にアトピーと呼ばれることもありますが、正確には「アトピー性皮膚炎」と言います。 アトピーとは アトピー性皮膚炎は痒みを伴う皮膚炎です アトピーという言葉は、「奇妙な」という意味のギリシャ語atopiaに由来しています。 1923年にCoca(コカ)とCooke(クッケ)という人物が、本人の家族や親戚などに出てくるこの奇妙な反応を、アトピーと名づけました。 そこで、痒みのある湿疹が悪くなったり、良くなったりする病気で、家族に同じような症状がある病気を、「アトピー性皮膚炎」と呼ぶようになりました。 簡単に「アトピー」と呼んでいることもあります。 アトピーは遺伝するの? 子どもがアレルギーになる確率は、両親ともにアレルギーだと約50%、一方がアレルギーだと約30%、アレルギーのない場合は約10%であったという報告があります。 双子についての研究では、遺伝子が同じである一卵性では共にアトピーは77%、遺伝子の違う二卵性では、共にアトピーは15%であると言われています。 従って、アトピーは遺伝しやすいのですが、病気として発症するには環境因子も必要です。 例えば、卵のアレルギーを起こしやすい遺伝子を持っていても、卵を食べない環境なら、アレルギーを起こすことはないわけです。 (参考「」) それではアトピー性皮膚炎の基礎知識を、5つのポイントで説明します。 アトピー性皮膚炎の症状について説明します。 アトピー性皮膚炎の原因は何でしょうか? 3. 診断し、原因を見つけるためにどんな検査をするのでしょうか? 4. アトピー性皮膚炎とセットで起こりやすい合併症があります。 思いこみは禁物。 アトピー性皮膚炎ではない病気もあります。 まずはアトピー性皮膚炎の症状を解説します。

次の