キューピー 三 分 クッキング 今日。 なぜ”キューピー3分クッキング”は放送時間10分なのに”3分クッキング”という番組名なのか?

キユーピー3分クッキング

キューピー 三 分 クッキング 今日

1962年12月3日より放映が開始されており、今年で放送53年目。 前身の1957年に始まった『今晩の家庭料理』を含めれば、なんと58年目となる。 国内で放送されているの番組の中では、の『皇室アルバム』、の『郷土劇場』に次いで3位にランクされる長寿番組でもあるそうです。 ただ、番組を見てみると、すでに加工されている材料を使ったり、「弱火で10分間煮込みます」など、どう考えても3分で収まりきれない料理ばかりが紹介されています。 冷静に考えたら、ハンバーグやグラタンが3分でできるわけがありませんね 笑 説その2 放送時間が3分間? 料理が3分でできないのなら、放送時間が3分なのではないかということが考えられます。 しかし、実際の放送時間を調べてみると、その時間は10分間。 3分クッキングは、1963年1月21日より放送開始しました。 放送開始当初は本当にタイトル通り正味3分の放送時間(5分番組)でしたが、1969年10月20日から放送時間を10分(正味7分)に延長。 番組のコンセプトは晩ごはんのおかずのヒントを提案する「料理の天気予報」番組で、この姿勢は一貫して変わらず、手軽に作れる!イメージをお伝えするために「3分」の名前を残しております。 この黒焦げの厚焼き卵。 これは私が作った方がまだマシかもしれません 笑 50年以上も毎日のように放送していれば、このような放送事故も起こりえますね。 3分クッキングは生放送ではありませんが、CMやオープニングを除く放送時間の約7分間、ノンストップで撮るそうなので、生放送に近い緊張感の元撮影されているそうです。

次の

3分クッキングが3分じゃないのに3分を名乗る理由を知っていますか?|ニコの大人検索

キューピー 三 分 クッキング 今日

1962年12月3日より放映が開始されており、今年で放送53年目。 前身の1957年に始まった『今晩の家庭料理』を含めれば、なんと58年目となる。 国内で放送されているの番組の中では、の『皇室アルバム』、の『郷土劇場』に次いで3位にランクされる長寿番組でもあるそうです。 ただ、番組を見てみると、すでに加工されている材料を使ったり、「弱火で10分間煮込みます」など、どう考えても3分で収まりきれない料理ばかりが紹介されています。 冷静に考えたら、ハンバーグやグラタンが3分でできるわけがありませんね 笑 説その2 放送時間が3分間? 料理が3分でできないのなら、放送時間が3分なのではないかということが考えられます。 しかし、実際の放送時間を調べてみると、その時間は10分間。 3分クッキングは、1963年1月21日より放送開始しました。 放送開始当初は本当にタイトル通り正味3分の放送時間(5分番組)でしたが、1969年10月20日から放送時間を10分(正味7分)に延長。 番組のコンセプトは晩ごはんのおかずのヒントを提案する「料理の天気予報」番組で、この姿勢は一貫して変わらず、手軽に作れる!イメージをお伝えするために「3分」の名前を残しております。 この黒焦げの厚焼き卵。 これは私が作った方がまだマシかもしれません 笑 50年以上も毎日のように放送していれば、このような放送事故も起こりえますね。 3分クッキングは生放送ではありませんが、CMやオープニングを除く放送時間の約7分間、ノンストップで撮るそうなので、生放送に近い緊張感の元撮影されているそうです。

次の

キユーピー3分クッキング

キューピー 三 分 クッキング 今日

え?どういう事? この理由についてはキューピーから公式の回答が出ています。 キユーピー3分クッキングは、1963年1月21日より放送開始しました。 放送開始当初は本当にタイトル通り正味3分の放送時間(5分番組)でしたが、1969年10月20日から放送時間を10分(正味7分)に延長。 番組のコンセプトは晩ごはんのおかずのヒントを提案する「料理の天気予報」番組で、この姿勢は一貫して変わらず、手軽に作れる!イメージをお伝えするために「3分」の名前を残しております。 参照: なるほど・・・! この3分クッキング、そもそも時間を気にしてしっかりと見ている人って案外いないので、個人的にも「3分クッキング」の名前を今後のそのまま使用しても、何も問題はないと思っています。 今更「5分クッキング」や「7分クッキング」に改名したとしたら、そっちの方が違和感満載! 「7分もかかるっていう事は、難しくなったっていうこと?」 そんな勘違いをする人も出てきそう! 公式からきちんと説明もあるわけなので、引き続き、「3分クッキング」として私も応援していこうと思います。 3分クッキングは生放送なの? 3分クッキングは、その撮影方法から生放送だと勘違いされがちですが、実は生放送ではありません。 全て撮影・録画をして、順番に放送しています。 カメラワークを実際にみてみると、なるほど・・・と感心してしまうのですが、お料理の撮影は、基本的にはワンカットで回しっぱなしで撮影しています。 画面の切り替えはあるので、カメラの数は2台かな? 正面から1台、手元に1台。 カメラマンの腕と、周りにいるスタッフ、 お料理の先生はもちろん、それを陰でサポートする料理コーディネーターや、その助手の方々、 撮影に関わる全ての人たちが、緊迫感のある現場で、自分のお仕事をそれぞれ着実にこなしているからこそ出来る撮影方法。 一度、3分クッキングの撮影の裏側をテレビで特集していたことがあり、面白そうだったので観ていたのですが、 現場にいるスタッフの数がめちゃくちゃ多い!! テレビの画面にうつっているのは先生とアナウンサーの2人だけなので、一見シンプルに見えるのですが、 右から汚れたお皿を差し替えるスタッフ、左から作りかけのお料理を渡すスタッフと、その機敏な動き全てが完璧! 料理の補助はしないといけないけど、自分がカメラにうつってはいけない。 このあたりのサポートの感覚がプロなんだなあと実感できる特集でした! ちなみに、1回の撮影で一週間分を一気に撮ってしまうようで、食材の準備もかなり大変との事。 お料理の先生が付けるエプロンも、作る料理の色合いによって毎回細かく変えていて、出来上がったお料理をのせるお皿、その下に敷くナフキンまで、ひとつひとつ、お料理ごとに変化を付けているらしいです。 スタッフが用意した材料で、 「砂糖が多すぎたんじゃないの?」という視聴者の声多数! 確かに、藤井先生の手元はとてもスムーズな動きをしていて、失敗するような先生じゃないんですよね。 むしろ、藤井先生だったからこそ、あの程度の焦げ色で済んだのかもしれません。 3分クッキングでの失敗は? これも、放送事故の件と関係するのですが、 「そもそも、録画だったんだから撮り直せばよかったのでは?」 という点で、スタッフ側の判断ミスというか・・・失敗ですよね? 藤井先生自身も、撮り直し(作り直し)の要求をしなかったのかな? もしかしたら、撮影を一週間分まとめて行うという事で、撮り直しは時間的にきつかったのかもしれません。 「生放送ではない3分クッキング」で起こった珍事件だからこそ、この出来事は当時かなりの話題になりました。

次の