株式 会社 nsf エンゲージメント。 株式会社NSFエンゲージメントの中途採用・求人情報|【仙台】ファシリティ管理(責任者候補)|転職エージェントならリクルートエージェント

資産運用会社大解剖②:アナリストってどういう調査をしているの?|わらしべ瓦版(かわらばん)

株式 会社 nsf エンゲージメント

働くに、使命を。 すべての人や組織には、唯一無二の存在意義が必ずあると、 私たちは信じています。 自らの意義を感じ、使命感を燃やせば、 その輝きが、周囲を照らし、組織の原動力になる。 人と組織をつなぐのは、いつの時代も、会社ごとを、自分ごととして 共鳴している当事者意識の強い集団です。 人と人が自然に集い、働くモチベーションの輪が広がるワークプレイス。 働きやすさを追求し、仕事で叶えたい夢を実現しやすくするサービス。 つくりたいのは、働く場を、志が動く場へ。 そして、人と組織をエンゲージメントする場にしていく。 私たちは働く人の使命を、場から支えていきます。 2019年10月1日付けで、株式会社NSFエンゲージメントは事業を開始しました。 働く場の改善は、社員エンゲージメントを高める効果があり、我々はソニーの成長に寄与してきたと自負しています。 また、NTTファシリティーズは、「日本の通信を止めない」という使命を持って、ICT社会を支える先進的な統合ファシリティサービスを様々な企業に展開してきた実績と、人と技術に投資する企業文化があり、ソニーの間接機能が事業会社に転身する際の非常に大きなパートナーとなります。 NTTとソニーは、ともにテクノロジーオリエンテッドな会社ですが、働く場に技術を展開する事によって、もっともっと場の価値を高めていけると我々は確信しています。 我々は、単なる総務業務を受託する会社ではありません。 NSFエンゲージメントという社名は、New Standards for Engagementの略ですが、NTTとソニーの技術力をベースに、今までの総務の概念を打ち破り、総務の新しい業界標準を創り出していきたいとの思いが込められています。 そうした使命感を抱きながら場を担うからこそ、そこで働く人の志を動かせるのだと思います。 こうした使命感の連鎖を場を通じて起こしていきたい、それがNSFエンゲージメントが目指す姿です。 株式会社NSFエンゲージメント 代表取締役社長 廣松 茂 沿革 2019年10月 「株式会社NTTファシリティーズ」と「ソニーコーポレートサービス株式会社」のファシリティマネジメント&ワークプレイスソリューション事業等に関する合弁会社「株式会社NSFエンゲージメント」として事業開始 2019年5月 「株式会社NSFエンゲージメント」を設立 2012年7月 「ソニー・ヒューマンキャピタル株式会社」と「ソニーファシリティマネジメント株式会社」が合併し、「ソニーコーポレートサービス株式会社」として事業開始 2005年8月 「ソニー・ヒューマンキャピタル株式会社」はソニー企業株式会社よりトラベル事業、保険事業を移管 2001年1月 「株式会社キャリア・デベロプメント・インタナショナル」と「ソニー・ヒューマンキャピタル株式会社」が合併し、「ソニー・ヒューマンキャピタル株式会社」として事業開始 1999年7月 「ソニー株式会社」より総務オペレーション機能が移管され、「ソニーファシリティマネジメント株式会社」に商号変更 1992年10月 「株式会社 ビルド」と「株式会社 共同セキュリティーエージェンシー」が合併し、ソニーファシリティサービス株式会社」設立.

次の

NSFエンゲージメント 「求人情報」 OpenWork(旧:Vorkers)

株式 会社 nsf エンゲージメント

国内出張・海外出張の可能性がございます。 ・当社の中期ビジョンに向けて、ファシリティ領域においては、設備保全等のオペレーション業務を対象に、新技術/テクノロジーの導入展開による生産性向上、効率化を目指しております。 そのため、新技術/テクノロジーを現場に導入、検証、展開する推進役を担う人材の補強が必要となります。 エンジニアリング課は、ファシリティの本社機能として、ソニーグループ/圏外の個社の建設プロジェクト及び工事支援や、上記記載の新技術のリーディングを担う部署です。 また、課題もあるためチャレンジ精神のある方にとってやりがいがあります。 NTTファシリティーズ、ソニーコーポレートサービスが母体だからこそ、困った時は支えてくれる環境があり、チャレンジ精神が発揮できる職場です。 ・年間の離職率は低く、腰を据えて働ける環境が整っています。 また、社員のスキルアップ支援が手厚いことも魅力の一つです。 独自の研修プログラムを行っており、入社後にスキルを伸ばしたい方にもおすすめの環境です。 月給は固定手当を含めた表記です。 (1)ご応募には転職支援サービスへのご登録が必要です。 (2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。 (3)求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人へ最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。 (4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当するdodaの案件担当から行います。 あらかじめご了承ください。

次の

NTTファシリティーズ、NSFエンゲージメントの事業開始を発表 :日本経済新聞

株式 会社 nsf エンゲージメント

具体的に、どのような調査をおこなっているのでしょうか? 今回は、資産運用会社のアナリストの特徴と種類、そして具体的にどのような業務をおこなっているかについて、紹介いたします。 資産運用会社のアナリストと証券会社のアナリストの違い 金融市場におけるアナリストは、調査した情報の活用方法によって、大きく2つに分けることができます。 主に証券会社や投資銀行など証券を「売る」側に所属し、調査した情報をレポートなどにまとめ、証券会社の顧客など外部向けに情報提供します。 必要なスキルとしては、情報分析の精度はもちろん、レポートの見せ方や、顧客に情報提供するためのプレゼン能力等も重視される傾向にあります。 こちらは資産運用会社など証券を「買う側」に所属し、調査した情報は基本的に社内でのみ共有され、自社の資産運用の成果を向上させるためなどに活用されます。 調査・分析結果が資産運用の成果にどれだけ貢献したのかが重視されるため、日夜分析精度の向上や、調査・分析の新しい切り口の発見に取り組んでいます。 資産運用会社では、ファンドマネジャーは自社のアナリスト(=上記のバイサイド・アナリスト)の調査・分析結果を重視しつつ、必要に応じてセルサイド・アナリスト等とも面談し、多面的な観点から情報を収集し、ファンドの運用に活かしています。 資産運用会社のアナリストの種類 一口にアナリストといっても、資産運用会社では、様々な種類のアナリストが調査・分析をおこなっています。 以下、代表的なアナリストの種類について、紹介させて頂きます。 なお、資産運用会社によっては、アナリストとファンドマネジャーを兼務している場合もあります。 企業への取材や財務分析などを通して将来の企業業績を予想し、投資候補となりうる企業に関する情報をファンドマネジャーに提供します。 国内株式や外国株式などの担当アナリストがいます。 一般的に「アナリスト」というと、株式アナリストを指す場合が多いです。 たとえば、社債の発行体に関する調査の場合、株式アナリストと同じ企業を調査する場合もありますが、クレジットアナリストの場合は企業の信用リスク(=債券の元利金返済能力)の評価に重点をおく傾向にあり、着目するポイントや結論は株式アナリストと一致するとは限りません。 投資信託の運用成績向上のための情報提供や新しい運用戦略の開発などをおこないます。 ビッグデータやAIを資産運用にどう活用するかの研究・調査を担当している場合もあります。 国内株式のアナリストはどのような調査をしているの? ここからは、よりアナリスト業務について詳しく説明するため、国内株式のアナリストを例にどのような活動をおこなっているかについて紹介します。 企業取材• アナリストは、調査を担当する投資先および投資候補先企業のIR *1担当部署や経営層と面談し、業績動向に限らず様々な観点から取材をおこない、今後の業績成長の可能性などを見極めます。 多くの企業を取材しますが、特に注目している企業については、年に複数回取材を実施することもあり、投資チャンスにつながるようなわずかな変化も逃さないようにします。 また、必要に応じて対象企業の取引先企業(未上場企業も含みます)の調査もおこなうことがあります。 取材の際に重視するポイントは運用哲学 *2等により異なりますが、たとえば直接企業に足を運ぶことで、従業員の働く様子や雰囲気を肌で実感し、「経営者の考えが従業員まで浸透しているか」「従業員のモチベーションが高く保たれているか」を推察することは、その企業のマネジメントの質を評価する上で貴重な判断材料となります。 *1:Investor Relationsの略で、投資家向けの広報活動のこと。 *2:投資哲学ともいう。 各資産運用会社ごと、あるいは各投資信託ごとに示されている、投資に関する基本的な考え方のこと。 決算発表への対応• 年に複数回ある企業の決算発表シーズンは、アナリストが最も多忙になる時期の一つです。 アナリストは、各企業が発行する大量の決算資料(財務諸表など)の分析のほか、決算説明会にも数多く参加するなどして、得た情報を整理します。 各企業の戦略が現実に売上や利益といった数字となって表れてきているか、業績に変化の兆しはないかなど、多様な情報の獲得が期待できます。 収集した情報を基にした議論• 企業取材や決算発表などで集めた情報は、タイムリーにファンドマネジャーに共有され、それを元に各企業や業種の今後の業績見通し、株価への影響などについて議論がおこなわれます。 こうした議論をおこなうため、運用チームにおいては年次やキャリア等関係なくアイデアを出し合える空気感の醸成が重要になります。 エンゲージメント• エンゲージメント活動は、資産運用者が、投資先企業に対しその企業価値向上や持続的成長を促すべく、中長期的な視点で対話や提案をおこなうことです。 近年、E(環境)S(社会)G(ガバナンス)を考慮したESG投資が注目されつつあるなか、エンゲージメント活動は重要性を増しています。 エンゲージメント活動は、各資産運用会社のESG投資等の専門部署が対応するほか、日常的に企業と対話をおこない信頼関係を築いているアナリストも重要な担い手となっています。 特に、企業の経営層に取材をおこなう際などには、投資家の目線から厳しい意見を提言することもあるなど、アナリストによるエンゲージメント活動は積極的におこなわれています。 本サイトについて 当サイトは、国内最大規模の運用資産残高を誇る資産運用会社 アセットマネジメントOneが運営する「おカネの健康を考えるウェブマガジン わらしべ瓦版」です。 わらしべ長者は、若者が一本のわらを色々なものに変え、最後にはお金持ちとなり幸せに暮らしたという、日本昔話です。 わらしべ瓦版には、皆さまがお持ちの資産を色々な資産に賢く投資をし、運用することで人生を豊かに、健康に過ごしてほしいという思いが込められています。 このサイトで資産を育てるためのヒントになる情報をご提供したいと考えております。 新着記事を見る• 人気の記事ランキング• キーワードで探す•

次の