久遠 千歳。 久遠千歳【中の人・前世・引退後の活動紹介】

久遠千歳の中の人(声優)や前世は?歌い手はれい?顔・身バレを特定か

久遠 千歳

Vtuber久遠千歳の「中の人」がDUSTCELLのボーカルEMAとして活動していることが判明 2019年8月に引退したVtuber、久遠千歳の「中の人」が、現在別の音楽ユニットで活動していることがわかりました。 2019年10月に活動を開始したDUSTCELLというユニットでボーカルを務め、現在は「EMA」という名前で活躍しています。 DUSTCELLはEMAさんと、作曲のボカロP・Misumiさんから成るユニットです。 オリジナル曲として最初に公開した「CULT」から100万回再生を突破し、2020年の活動が注目されるユニットの1つと言えます。 これに対し、元久遠千歳の「中の人」、EMAさんは ある日を境に何もしたく無くなり全てがどうでも良くなって逃げだしたくなった。 配信活動に熱が入らなくなり、「何をやりたくてここにいるのか」がわからなくなってしまった。 と説明しています。 — EMA eumza1 全てを捨てて、0から音楽を始めようと決心をしたということで、現在はDUSTCELLのボーカルに全力を注いでいるということですね。 DUSTCELLの事務所、KAMITSUBAKIもコメントを出し、EMAさんを「引き抜いた」ということを否定しました。 EMAさんのコメントからは、「不老不死の呪い」といったキャラを前面に出したり、歌以外にゲーム配信をしたりといった活動に違和感があった可能性が高いと推測できます。 実際、久遠千歳が人気となった理由は歌だけでなく、キャラクターの見た目・イラストや設定もありました。 新たに活動するDUSTCELLは、「バーチャルアイドル」といった要素がないユニットで、純粋にボーカリストとして加入したことになります。 久遠千歳は歌い手「白瀬玲」としても活動、歌をライフワークとして今後もEMAとして活躍 久遠千歳の「中の人」、現在DUSTCELLのボーカルとして活動するEMAさんは、かつて「白瀬玲」という名義で歌い手としても活動をしていた経歴を持っています。 久遠千歳時代には「白瀬玲」として活動していたことを明らかにしてはいませんでしたが、人気歌い手だけあって、すぐに声が同じであることに気づいた方がいました。 8カ月ほどVtuberとして活動していたEMAさんですが、今後は音楽ユニットのボーカルとして、歌をライフワークとして活動していくことになります。 活動の方向性が定まり、本当に自分がやりたいことが見つかったのなら、EMAさんにとっても、ファンにとっても喜ばしいことですね。 久遠千歳時代のYoutubeチャンネルは、現在ほとんどのアーカイブが非公開の状態です。 しかし、歌の動画だけはまだ残されていることから、EMAさんが歌に対しては非常に熱意を持っていることも想像できます。 Vtuber久遠千歳のファンであった方は残念かもしれませんが、歌い手・ボーカリストとしての魅力は、現在も多くの方に活力や感動を与えています。 人気Vtuber久遠千歳がEMAに「転生」、早くも新たなファンを獲得 Vtuberが引退し、新たな活動をすることはネット上で「転生」と表現されます。 引退後すぐに「転生先」が見つかった元久遠千歳こと、EMAさんは、その歌声ですぐに新たなファンを獲得しました。 歌い手・Vtuber時代からのファンも多いので、今後の活動からも目が離せません。 歌一本で勝負するEMAさんの今後に期待しましょう。

次の

VTuberの現世と前世は別人か? 同一人物か? : 久遠千歳とEMAの場合

久遠 千歳

24時に歌動画を除いたすべての配信アーカイブは非公開となり、お別れとなった。 初配信前のtwitterでをコメントなしで投稿している。 内容の説明は初配信で行った。 初配信直前に登録者一万人を達成。 初配信も視聴者数が一万人を超えていた。 初配信にリスナーの総称を「 殺し屋」にしようとしたが、流石にマズイとリスナーに言われたので、最終的に同期のの得意料理の煮っ転がしと混じって「にっころがしや」になった。 その後略称を「 ころしや」とした。 不老不死だがインフルエンザにはかかるし、普通に苦しい。 この状態の千歳のインフルがうつると、不老不死型のインフルエンザにかかり一生寝たきりになるらしい。 自分が見た夢を覚えている。 にじさんじとして活動してした際には、歌唱力の高さに相方の含む多くのライバーを驚愕させた。 でもその歌唱力は健在。 高い表現力と伸びのある声を披露し、リスナーが次々と昇天していった。 お菓子が大好きなので普通のご飯よりもお菓子を食べる方が多い。 ねるねるねるねを水ではなく醤油で作ったことがあるらしい。 味はお察し。 辛いものが苦手なのに配信内でペヤング激辛MAXENDを食べて死にかけた。 その一時間後に同期のが同じく激辛の坦々麺を食べる配信を行うも、彼女は辛いものが平気なので普通の食レポになってしまった。 2019年3月2日、「朝起きたら体が小さくなっていた」という内容のが突然呟かれる。 同日24時から「ろりろりGOGOへぶんちとせっ!」(略して ゴヘブチ)なる みたいな謎の幼女が久遠のチャンネルで凸待ち配信を行った。 ちなみにゴヘブチ配信の一時間後、何事もなかったかのように「久遠千歳」がのチャンネルで行われたマイクラ配信に登場している。 当時2歳の頃、空を飛べると思って自宅の2階から身を投げて両腕を羽ばたかせた。 すぐ隣の別荘の屋根にバウンドして落ちたのか、左肩を骨折して脱臼するにとどまった。 ホラーゲーム『影廊』を配信でプレイするも、このゲームに本人の幼い頃のトラウマに近い描写があった為、今までのにじさんじのホラー配信の中でも類を見ない程の恐怖に見舞われることになる。 結果、アーカイブは本人の意思により削除された。 後にリベンジ配信を行う。 『おしゃれになりたい!ピーナッツくん』第6話を見て驚き、食べていたグミを鼻に詰まらせた。 生活リズムが不安定で、昼過ぎや夕方におはようツイートをすることが多々ある。 自身も生活リズムを正したい気持ちはあるようで、そのための取り組みとして2019年4月21日から 朝の定期配信を開始した。 土曜の朝七時から始まり、リスナーとラジオ体操をして目を覚ますという健全な企画であるが、たまに配信後二度寝している様子が窺える。 ゲームを遊んでいる最中、大声を出したり、感情的になったりする癖がある。 2019年5月7日のマリオカート8大規模コラボ配信を終え、自身のこの癖を直したいと強く思うようになった。 以降、「叫ばない、怒らない」をモットーにゲーム配信を行う形で矯正トレーニングをしている。 2019年7月17日 15:04 30sec チャンネル登録者 10万人を達成する• 引退を発表した影響で、「千歳ちゃん」「久遠千歳」「 久遠の生存記録」がTwitterでトレンド入りした。 さらにTwitterの公式モーメントが制作される事態に。 活動期間8ヶ月ながら多くの人から愛されていた証拠ともいえる。 最後の自分のソロ配信にて、自筆のイラストで背中を見せ、不老不死の魔女の呪印が消えたことを示した。 2019年8月31日、チャンネル登録者12万人達成。 によってホラーゲーム『影廊』の敵討ちが行われている。 友達に依頼したというのメンバーシップバッジ・スタンプにはよく見知った絵が使われている。 の終着点としての歌ってみた「」の動画を手がけた。 「みなさん元気ですか~?まぁボクはピンピンしてて死ねてないんですけど」• かのも視聴中に呟く不死身ギャグ• 「 ショットガンで 誤射しなくて良かったなって、心の底から思ってるんですよ」• が家に近づいた時のこと。 頭の花は凄い勢いで回転したらしいが…?• 「次怖いって言った人、アレ🔫しますからね」• 「死なねーよ。 死なねーよってか、死ねねーよ」• 「次会う時も、僕はまだ生きてますよ」• 「焼きマシュマロって美味しいですよね、ボクあんま好きじゃないっすけど」• 「やばい!やばい!ちょっとまって!まっでまっで!あ゛~!あ゛ぇ~!んはっ、あ゛~~~!走んなきゃ!走れなきゃ!あ゜ぃっしぇしぇしぇいかやぃっ、っぜいっ、う゜あっ、うあぁぁっしくしくぁいっ!」• 激辛ペヤングMAXENDを食べて辛さのあまり走りまわる久遠。 「難しい質問だよね。 僕は正直、まだ死にたいよ。 んー……じゃあ僕が、永遠も悪くねえなって思えるように、君達がしてよ。 それで、僕が……なんらかの奇跡が起きて、僕の人生に幕を閉じることが出来た時に、存分に悲しんで泣いて。 ……約束ねこれ」(一部中略)• 誕生日配信にて。 死を望む久遠へ送られた、「お前が死んだらにっころがしや(ファン)は喜んでいいのか?」という質問に対する答え。 「気持ち悪い表現ないですか?」• 「おしっこ風呂」• 「まぁでも~」• 「っぱインドなんだよなあ」• 「死人に口あり」 主な関連人物• 一緒にデビューした同期。 統合後のスタートを切った相方で、小屋に居た時からの唯一の友人。 馴れ初めも初配信で話している。 お互いにお互いを大切にして入るが、基本的に千歳からの愛が重い。 また普段は優しい童田だが意外と千歳相手には辛辣なことを言うこともある。 千歳と童田の後にデビューした統合後仲間。 コラボ配信において、彼女独特のイントネーションをまねてと言ったところなぜかロア本人に言い方を気に入られる。 統合後仲間。 郡道は同期だと思っているとのこと。 関係が気楽すぎて予定をメモしないせいで、。 彼女のファンを通り越した何かであり、彼女関連のツイート は大体死にかけながらの怪文書となっている。 いちごもそれを知ってか知らずか彼女の配信にたびたびコメントをしており、彼女はその度に限界を迎えてしまう。 いちごちゃんも大概魔性の女である。 でびるさん。 悪魔の癖に後輩には優しいでびでびだが、千歳とコラボすると二人で仲良く無秩序の殴り合いを始める。 ある意味悪魔全開の彼が見られる。 仲が良い友人。 千歳の最初の歌動画「昏迷の味」の動画制作は小夜が担当した。 また千歳の誕生日配信では、小夜が他のライバーから千歳への誕生日お祝いボイスと手紙を集め、配信内でサプライズ公開するという粋な一面を見せた。 この誕生日配信ののち、再び小夜は千歳の歌動画「幸福な死を」にて動画制作を担当。 「昏迷の味」から更にレベルアップした動画は千歳の抜群の歌声と合わせ多くのリスナーを魅了した。 久遠千歳くん 弟 実の弟ではない。 というか同一人物• 本人曰く七の段が言えない人は人間ではないらしいが、期待を裏切らず(?)本人も素晴らしい七の段(にじさんじ)を披露してみせた。 多くのリスナーの性癖を捻じ曲げた張本人。 か゛わ゛い゛い゛な゛あ゛ち゛と゛せ゛く゛ん゛(ミーム汚染済)• 一時期コメ欄で、久遠千歳SCP-040-JP説が議論されていたが、彼との関係性はあるのだろうか?.

次の

久遠千歳がVTuber引退後にDUSTCELLのボーカルEMAとして転生し活動!引退理由や中の人についても

久遠 千歳

Vtuber久遠千歳の「中の人」がDUSTCELLのボーカルEMAとして活動していることが判明 2019年8月に引退したVtuber、久遠千歳の「中の人」が、現在別の音楽ユニットで活動していることがわかりました。 2019年10月に活動を開始したDUSTCELLというユニットでボーカルを務め、現在は「EMA」という名前で活躍しています。 DUSTCELLはEMAさんと、作曲のボカロP・Misumiさんから成るユニットです。 オリジナル曲として最初に公開した「CULT」から100万回再生を突破し、2020年の活動が注目されるユニットの1つと言えます。 これに対し、元久遠千歳の「中の人」、EMAさんは ある日を境に何もしたく無くなり全てがどうでも良くなって逃げだしたくなった。 配信活動に熱が入らなくなり、「何をやりたくてここにいるのか」がわからなくなってしまった。 と説明しています。 — EMA eumza1 全てを捨てて、0から音楽を始めようと決心をしたということで、現在はDUSTCELLのボーカルに全力を注いでいるということですね。 DUSTCELLの事務所、KAMITSUBAKIもコメントを出し、EMAさんを「引き抜いた」ということを否定しました。 EMAさんのコメントからは、「不老不死の呪い」といったキャラを前面に出したり、歌以外にゲーム配信をしたりといった活動に違和感があった可能性が高いと推測できます。 実際、久遠千歳が人気となった理由は歌だけでなく、キャラクターの見た目・イラストや設定もありました。 新たに活動するDUSTCELLは、「バーチャルアイドル」といった要素がないユニットで、純粋にボーカリストとして加入したことになります。 久遠千歳は歌い手「白瀬玲」としても活動、歌をライフワークとして今後もEMAとして活躍 久遠千歳の「中の人」、現在DUSTCELLのボーカルとして活動するEMAさんは、かつて「白瀬玲」という名義で歌い手としても活動をしていた経歴を持っています。 久遠千歳時代には「白瀬玲」として活動していたことを明らかにしてはいませんでしたが、人気歌い手だけあって、すぐに声が同じであることに気づいた方がいました。 8カ月ほどVtuberとして活動していたEMAさんですが、今後は音楽ユニットのボーカルとして、歌をライフワークとして活動していくことになります。 活動の方向性が定まり、本当に自分がやりたいことが見つかったのなら、EMAさんにとっても、ファンにとっても喜ばしいことですね。 久遠千歳時代のYoutubeチャンネルは、現在ほとんどのアーカイブが非公開の状態です。 しかし、歌の動画だけはまだ残されていることから、EMAさんが歌に対しては非常に熱意を持っていることも想像できます。 Vtuber久遠千歳のファンであった方は残念かもしれませんが、歌い手・ボーカリストとしての魅力は、現在も多くの方に活力や感動を与えています。 人気Vtuber久遠千歳がEMAに「転生」、早くも新たなファンを獲得 Vtuberが引退し、新たな活動をすることはネット上で「転生」と表現されます。 引退後すぐに「転生先」が見つかった元久遠千歳こと、EMAさんは、その歌声ですぐに新たなファンを獲得しました。 歌い手・Vtuber時代からのファンも多いので、今後の活動からも目が離せません。 歌一本で勝負するEMAさんの今後に期待しましょう。

次の