いく たと うま 結婚。 結婚するカップルの特徴6選!結婚にうまくいく&長続きする方法や診断も

高卒男子と大卒女子の恋愛・結婚はうまくいく?

いく たと うま 結婚

「仲の良い恋人同士ほど結婚するとうまくいかない」の真相 よく、仲の良い恋人同士ほど結婚するとうまくいかないと言われていますが、単純に言葉を直訳すれば明らかに矛盾していますね。 この言葉を信じれば、付き合って仲良くなったら結婚してはいけないということになりますが、そんなバカな話はありません。 ただ、考え方によってはこの言葉が全くの間違いとは言い切れず、ラブラブの理由として次のことが挙げられるなら、その場合は結婚するとうまくいかないかもしれません。 1 お互いの短所を見ていない 「私の彼氏は欠点がない」、「俺の彼女は悪いところが一切ない」…そう言って恋人をまるで神様のように自慢する人がいますが、そんなはずありません。 どんな人にも必ず短所はありますから、それを知らずに結婚すれば夫婦関係はいずれうまくいかなくなるでしょう。 「こんな人だと思わなかった」と言って別れるのは、これまで相手の短所が見えていなかった人にありがちな言葉であり、長所だけでなく短所を理解し合うことも大切です。 2 経済力を考えていない 恋人同士の状態では、経済力がなくても良好な関係を築くことが可能です。 極端な話、女性が気にしないのであれば無職の男性とも楽しく付き合えるでしょうが、経済力のない男性と結婚すると状況は一変、次第にうまくいかなくなってしまいます。 生活がままならないと心に余裕がなくなって衝突しやすくなりますし、何より結婚することで経済力の重要さを実感するため、男性にそれがないと女性の気持ちは一気に冷めてしまうのです。 ただ、どちらも結婚生活において大切なものであり、相性や価値観が合わなければ結婚してもうまくいきません。 最も、うまくいかなくても一方が我慢すれば関係は維持できますし、恋人同士の時ならそれも我慢できたでしょう。 しかし、結婚して一緒に暮らすとなると我慢するのは難しく、相性や価値観の相違で夫婦仲が悪くなるのは稀ではありません。 1 会話の相性 会話の相性の悪さが露呈するのは文字どおり会話する場面です。 ただ、付き合っている時は「会う=デート」ですから会話するよりも遊ぶ時間が長く、また日頃のコミュニケーションもLINEがメインでしょう。 ですから会話の相性を深刻に考える機会はないのですが、結婚すると状況は変わります。 何しろ一緒に暮らすわけですから会話する機会が多くなり、そのため会話の相性が悪いと結婚生活そのものがつまらなくなってしまうのです。 2 趣味や金銭感覚の価値観 趣味や金銭感覚はあくまで一例ですが、こうした価値観の相違が強いと結婚してもうまくいきません。 もちろんピッタリ合うことはないでしょうが、譲り合える範囲の相違なら全く問題ないでしょう。 しかし明らかに合わないとなると、「こんな趣味にお金や時間を費やしてほしくない!」や「こんなもの買うのは勿体ない!」などの不満が芽生え、関係が悪化するどころかお互いを嫌いになってしまうのです。 また、これらに問題があっても恋人同士の付き合いにはさほど支障なく、そこが恋人と夫婦の違いでもあるのでしょう。 つまり、いくら仲が良くてもこれらに問題があればその二人は結婚してもうまくいかず、問題がなければうまくいくということになるのです。

次の

結婚してもうまくいくカップルの10コの特徴

いく たと うま 結婚

目 次• 高卒男子と大卒女子の恋愛はうまくいくのか 早速ですが、高卒男子と大卒女子の恋愛がうまくいくかどうかについてみていきましょう。 まず、実際にも、恋愛に学歴はあまり関係がないようです。 ただし、これは結婚を前提としない場合に限ります。 どうやら、結婚となると話は別のようです。 第一に、結婚するだけでも様々な障害があります。 その上に、学歴に差があると、その障害が増えてしまう場合があります。 その障害については後で触れますが、それだけでなく、学歴に差があると、素直に恋愛を楽しめない場面が出てくるようです。 これはあくまで例えですが、お互いが学歴を気にしていると、事あるごとに気を遣ってしまい、疲れてしまう可能性もあります。 とはいえ、これはあくまで可能性の話であり、実際にうまくいくケースも多分にあります。 学歴が高卒であろうと大卒であろうと、性格、教養、収入によってはうまくいくことが多いようです。 勿論、仮に大卒同士であったとしても、性格が合わなければ結婚ではできません。 逆を言えば、高卒であったとしても、性格の相性が良ければ、うまくいくこともあるのです。 高卒男子と大卒女子の恋愛は、結婚の前提の有無に関わらず、相性によってうまくいくかどうかが決まるようです。 高卒男子と大卒女子の恋愛:相性 高卒男子と大卒女子がうまくいくための相性についてみていきましょう。 高卒男子と大卒女子が、学歴関係なくうまくいくための相性の項目が幾つか存在します。 まずは両親の仲の良さ、共働きかどうか、両親の学歴や父の職種といった、両親についての共通点があるかどうかです。 育ての親がどういう人間かによって相性が決まるのはある意味必然ともいえるでしょう。 次に、家族での外食や家族旅行と、その行先、また兄弟の有無や幼少期のお小遣いの額などといった家庭での生活の共通点の有無です。 これは育った環境が似ているかどうかや、家庭の経済レベルに差がないかどうかなど、とても大切な項目になります。 ここまで挙げた共通点は、人格形成や価値観の背景にもなりますので、これらの共通点があればあるほど相性がいいといえるでしょう。 高卒男子と大卒女子の恋愛の障害 高卒男子と大卒女子の恋愛を阻む障害についてみていきましょう。 まず、一番の大きな障害は、大卒女子の両親です。 一般的に、高学歴の娘を持つ親御さんは学歴を気にするところが多く、学歴の差によって反対しやすい傾向にあります。 その理由のほとんどが、娘が苦労するというものですが、それだけでなく、親の世代に根付く学歴と収入の価値観が原因とされています。 他にも、当人同士が学歴を気にしている場合は、それ自体が障害となってしまいます。 まず、大卒女子は高卒男子を恋愛対象にしても結婚対象にしない、という人が多いです。 価値観や生活レベルなどの違いにより、同じ程度の人と結婚したいと思いがちなようです。 また、高卒男子が学歴にコンプレックスを抱いている場合もあります。 彼女が気にしていなくても、何かと高学歴の彼女と自分を比較して、釣り合わないと思ってしまうことがあるようです。 こうしたタイプは何かあるたびに高卒だからと片付けてしまいがちで、「男性は女性よりも優れている」という価値観を持っている場合が多いようです。 これらのことからわかるように、高卒男子と大卒女子の恋愛には、親、価値観、コンプレックスという障害が存在するのです。 高卒男子と大卒女子の恋愛の障害を乗り越える方法 高卒男子と大卒女子の恋愛の障害を乗り越えるには、どうすればいいのでしょうか。 まずは、最も大きな障害とされる大卒女子の両親についてです。 これには、彼氏、彼女、双方の努力が必要になります。 彼氏は、自分自身の人柄や経済力をアピールすし、彼女を幸せにできることを証明しましょう。 学歴など関係ない、と彼女の親御さんに思わせるだけのアピールが必要です。 また、それだけではなく、彼女が、自分はこの人と居て幸せであるということを両親に示すことが重要になります。 二人で力を合わせているところを見れば、親御さんを説得できる可能性はぐんと上がるでしょう。 次の難関である、価値観とコンプレックスについてですが、価値観を変えるのはとても難しいです。 こればかりは価値観の合う人と恋愛するのをお勧めしますが、お互いの価値観を受け入れ合える関係であれば、うまくいくでしょう。 コンプレックスを解消するには大学を卒業するのが一番手っ取り早いですが、就職していると困難なため、彼女が、彼氏に自信を持たせ、コンプレックスを解消させるよう促すことが重要となります。 どの障害であれ、乗り越えるには、二人が歩み寄り、理解し合い、協力することが何よりも大切になります。 高卒男子と大卒女子の恋愛がうまくいくポイント 高卒男子と大卒女子の恋愛がうまくいくためのポイントについておさらいしておきましょう。 まず、これは学歴の差の有無に関わらず言えることですが、重要なのはやはり相性です。 両親や家族関係、家庭環境や経済レベルなどの共通点が多ければ多いほど、相性は良くなる傾向にあります。 これから恋愛をしようという人は、これらの共通点を頭に入れておくといいでしょう。 次に、すでに恋愛をしている人は、お互いの価値観や考え方を共有し、認め、受け入れ合う努力を怠らないようにしましょう。 双方が家柄関係なく、人柄を尊敬することができるかどうかが、うまくいくためのとても大切なポイントとなります。 要は、学歴よりもその人自身を受け入れることができるかどうか、これが高卒男子と大卒女子の恋愛をうまくいかせるための最も重要なポイントともいえるでしょう。 まとめ 現在は自由な恋愛が認められているとはいえ、まだまだ障害は多い時代です。 そんな中でも、二人で手を取り合って、お互いの価値観を認め合い、受け入れ合って、様々な困難を乗り越えていきましょう。 皆さんが、学歴などに囚われることなく、素敵な恋愛・結婚ができますように。

次の

結婚してもうまくいくカップルの10コの特徴

いく たと うま 結婚

Contents• 遠距離結婚や別居婚は悩みがたくさん! 遠距離恋愛を乗り越え、晴れて結婚をすることになったけど…お互いの仕事の都合によりやむを得ず「遠距離結婚」や「別居婚」になってしまうというカップルは意外と多いんです。 とくに転勤が多い職業ではそのような事態になりやすく、女性も付いて行くのかそのまま仕事を続けるのかという選択に迫られます。 あるカップルは遠距離のまま結婚をして、そのまま別居婚を継続する決意をしました。 しかし「これではいけない」と女性は職場へ異動をかけあい、夫の住まいでの同居をすることに成功。 しかし!同居がスタートしてわずか3ヶ月後に夫へ転勤命令が下されてしまいました。 この時女性が思ったことは 「なるようにしかならない」ということ。 結局女性は仕事を退職することになり、夫の転勤先に付いていくことにしたそうです。 結婚をしても別々に住むというその生活はやはり上手くいくのは難しいものです。 女性にとっては子供の問題も出てきますよね。 妊娠をした場合はどうしたらいいのか?と将来に対する不安が大きくなります。 このような遠距離結婚や別居婚について考えていきたいと思います。 今同じような状況に立たされている場合はこのような体験談を参考にしてみましょう。 遠距離恋愛のまま結婚をして別居婚を選ぶということ 今遠距離恋愛中で将来は結婚したいと思っている人へ。 まず、遠距離恋愛を続けることはデートをするにも交通費などのお金がかかります。 これからのために結婚資金を貯めようとしても20代のうちは難しいと思います。 それでもお互い結婚をしたいのなら、女性側が彼の方に付いて行くことを考えるでしょう。 しかし、女性が仕事を失いたくないと主張をし、そのまま遠距離結婚を選択するカップルがいます。 これは結婚生活として成り立っておらず、現実的な問題解決にはならないでしょう。 やはり何かを犠牲にして結婚生活を選択しなければならない瞬間がやってきます。 最近では色々な形の結婚スタイルがありますが、仕事と結婚どちらも両立させることは非常に難しいことです。 やはり問題となるのが子供のことではないでしょうか。 遠距離恋愛のまま結婚生活を続けることは不可能に近いものでしょう。 遠距離で結婚して離婚するなら「別居婚」の方がいい 昔から「結婚=嫁に行く」という構図は出来上がっており、今でも女性は身ひとつで夫の家に入るのが当然だという考えがベースにあります。 しかしいざ結婚をしてみると上手くいいかず、離婚率はどんどん上昇していますよね。 もともと遠距離恋愛をしていたカップルの場合、女性側は仕事や家族や故郷さらに友達と別れて遠く離れた土地へとお嫁に行くことになります。 相当の覚悟がいる行為ですが、そこまでしたのにもし上手くいかずに離婚をすることになったら…と考えると結婚というものは女性にとっても負担が大きいものですね。 それなら「別居婚」にしたらいいのでは?という声も多く上がります。 一緒に住まないのはちょっと寂しいけど、お互いの生活は守れます。 自分のリズムで思うように生活ができます。 ただ、別居をしているので100%の満足感は得られません。 しかし離婚になるよりはいい、そう思う人はこのようなスタイルを考えてもいいかもしれません。 ただし双方の両親を説得の上行わないと上手くはいかないでしょう。 遠距離結婚をするために家族に説明すべきポイント お互いの仕事を尊重し合い、遠距離恋愛から遠距離結婚を決意することは最近では珍しくありません。 ただ、双方の家族が納得するまで話し合う必要があります。 とくに年配の方には理解できないものがあるでしょう。 説得するために決めておくポイントはこちら。 ・お互いを尊重するからこそ決断したいという気持ちを伝える ・子供はいつ頃から考えるのか、できた後は一緒に暮らすのか単身赴任をするのか ・遠距離結婚をいつまで続けるのか ・お互いの両親と仲良くすること このような点をあらかじめ決めておくことが大切です。 とくにみんなが心配するのが「子供はどうするのか?」ということ。 妊娠したら遠距離結婚を辞めるのか?ということも気になると思います。 国際結婚を別居婚にするのは難しい問題がある 海外の人と遠距離恋愛をしている人と結婚をする場合に迫られる選択肢はこの2つ。 ・どちらかが引っ越す ・別居婚をする 海外から日本へ出稼ぎに来ている人がそのまま日本国内で結婚生活を送ることもありますが、中には母国に帰る人もいます。 その人の国へ一緒に行くか、日本に残って別居婚をするのかという大きな選択に迷うと思います。 どうしても仕事を続けたい事情があれば仕方がないかも知れません。 しかし仕事と結婚のどちらも追うことはなかなかできないものです。 お互いの幸せについてよく考えて、周りの反対を押し切るような結婚はやめるべきです。

次の