プルーム テック s モニター。 プルームテックSの評判や使い方をレビュー!コンビニでも買えるようになったけど実際どうなの?

Ploom S モニター調査│おGさん.net

プルーム テック s モニター

プルームテックプラスとプルームSの画像 2019年1月29日、プルームテックに二種類の新型モデルが登場しました。 Ploom S(プルームエス) 違った性能を持つとされるこれらの機種には、どういった違いがあるのでしょうか? 事実、プルームテック本体とそれぞれの専用タバコには、 バラバラの価格設定がされています。 プルームテックを持っているが買い替えようか…• アイコスを使ってたけどプルームテックも使ってみたい…• ちょうどプルームテックが壊れたし…• 紙巻きたばこから加熱式タバコに変えてみたい… 様々な想いがあると思います。 当サイトでもが、 今回発売前に入手できた新型2機体を徹底的に利用しましたので、その比較とそれぞれのおすすめ点をお伝えしていきます。 プルームテックプラスをレビュー はじめにプルームテックプラスについてみていきましょう。 プルームテックプラスは、 プルームテックと同じく「低温加熱型」の加熱式タバコです。 結果プルームテックプラスは、 ニオイと健康懸念物質が非常に少ない加熱式タバコとなっています。 実際に利用してみましたが、確かにニオイは少なかったです。 PloomTECHと同じくらいか少しするかな?くらいです。 上がプルームテックプラス。 下がプルームテック プルームテックプラスの特徴• プラスはプルームテックと同じく低温加熱型• そのため濃さと煙量が多い プラスの性能と価格を詳しく見ていきましょう。 プラスの性能・価格 わかりやすいように、プルームテックとも合わせて見てみます。 ただ、デバイス機能が異なります。 大きな点は、 プラスにはボタンがあるところ。 プルームテックプラスの種類• メンソール• コールドミント• クリアミント• レギュラー• マイルドブレンド• ローストブレンド 総じて、と、 味がしっかりしています。 また、やはり煙が多いことを感じますね。 メンソールについていえば、プルームテックの「メンソール」より双方ともに強いです。 爽快感を味わいたいならかなりおすすめ。 強メンソールを低温加熱型で吸えるとは思いませんでした。 また、レギュラーがこれまた曲者でした。 なんというか…レギュラーのマイルドはほのかに「抹茶感」があり、ローストは「ほうじ茶感」あります。 これがちょっと吸ってみてほしい。 簡単にいうと、 クセがないレギュラーです。 レギュラーをあまり加熱式タバコだと吸わない方がいると思うんですが、これなら吸えると思います。 「抹茶嫌いなんだけど、ハーゲンダッツの抹茶なら食べれる」アレみたいなやつ! という謎の感想を初めに覚えた程でした。 これは美味しい。 これで吸える この状態で吸えることが出来ます。 利用タイミングで、 ボタンを3回連続で押すと吸える状態になります。 あとは通常プルームテックと同様です。 組み立てが面倒かと思ったがそうでもない プルームテックプラスを初めて見た時、「パーツが3つ・・? 面倒そう。。 」と思ったんですが、そんなことありませんでした。 使うとかなり楽で、むしろ通常プルームテックがなんであんなにシンプルなんだと思う程です。 難しそう〜と思う必要はおそらくないのでそこは安心して大丈夫そう。 しかし逆に、プルームテックプラスならではの悪い点も見えてきました。 「プルームテックプラスならでは」なbadポイントとは…。 詳細は以下にまとめました。 プルームSをレビュー 続いてプルームSについて見ていきます。 プルームSは、 プルームテックとは異なり、「高温加熱型」の加熱式タバコです。 結果プルームSは、 紙巻きたばこにかなり近しい味わいを楽しめる加熱式タバコとなっています。 この「高温加熱型」というのは、実はアイコスやグローと同じ温度帯になりますが、プルームSがちょっと面白いのはその中でも温度が低い所です。 Ploom S IQOS glo 約200度 約300度 約300度 使ってみて思ったのは 「100度の違い、侮れない!」ということでした。 プルームSは加熱式タバコの嫌なニオイが少ない 加熱式タバコ、「ニオイがしないよ〜」と言いつつ、なんだかんだニオイします。 絶対します。 します。 これは高温加熱になればなる程、熱するため香ばしいニオイがしてしまうのですが、プルームSはこの独特のニオイがかなり少ないと感じました。 例えば、 吸い終わった後のデバイスからするニオイが少ないんです。 高温加熱でもニオイが少ない 温度の違いで味わいも変わりますが、「ニオイ」についても変わってくるようですね。 プルームSの性能・価格 それでは、プルームSの性能を見てみましょう。 デバイス スペック Ploom S 加熱待ち時間 約40秒 1本あたり使用可能時間 約3分30秒 1本あたりパフ回数 14回 連続使用可否 可能 フル充電時の使用可能本数 約10本 フル充電までの待ち時間 約90分 価格 7,980円 発売時フレーバー数 3種類 プルームSはプルームテックと根本的に構造異なり、 吸って起動するなどといったタイプではありません。 仕様としてはアイコスとグローといった加熱式タバコと非常に似ています。 それでいうと、性能のみみると 連続使用が可能というのは利点でしょうか。 基本的に、になります。 が登場するまで、連続使用はできませんでした。 デザインが素敵 性能スペック表には現れませんが、デザインがかなり素敵な点が利用を続けてやはり気に入りました。 新型プルームテックを比較:選び方 ここまで2種類の新型プルームテックについて詳細に見てきました。 その上で選び方を見てみましょう。 好みで選ぶ• 利用シーン(スタイル)で選ぶ 【1】好みで選ぶ 簡単なのは、 好みで選んでしまうことです。 「私はこれが好き」という確固たる何かがあればこれがおすすめです。 例えば、、• 【2】利用シーンで選ぶ (この場合もしかすると「全部揃える」な人も出てくるかもしれませんが…) JTは、プルームテック一連の商品に対して、シーンで選べることを強調しています。 左からプルームテック、プルームテックプラス、プルームS 選び方を書いた上で、数日使ってこんな人におすすめだなーと思ったことを丁寧にレコメンドしてみます。 プルームテックがおすすめな人 初めにズドンと言ってしまいますが、 「プルームテック」に良さを覚えている人は無理に新型を買わなくても大丈夫だと思います。 ここまで見てきた通り、「プラス」と「プルームS」は、「プルームテック」とはそもそもの利用シーンが異なる設定です。 プルームテックが好きな人は、 ニオイが極限に少ないのじゃないと駄目という人もいるでしょう。 そういう方はプルームテックだけでも問題ないと思います。 やはり、ニオイの少なさでいえばプルームテックがダントツです。 別に新型が発売されるから販売が終わるというわけではなく、プルームテックはプルームテックとしてあり続けるので、そういう選択も良いと思っています。 プルームテックプラスがおすすめな人• プルームテックに少し強さが欲しい人• 高温加熱型を利用していたが、低温加熱も使ってみたい人 は、プルームテックプラスをおすすめします。 プルームテックプラスは前述のとおり、プルームテックがパワフルになったものです。 まさに絶妙な立ち位置だと思います。 吸いごたえがありつつも、 プルームテックと同等レベルまで、においや健康懸念物質が削減されているとも公式発表されています。 この利点にメリットを感じる方はめちゃくちゃおすすめな機体です。 プルームSがおすすめな人• 紙巻きたばこからプルームテックに乗り換え• アイコスやグロー利用者だけど、プルームテックなんか…と思っていた人• 加熱式タバコ独特のニオイが嫌な人 は、プルームSをおすすめします。 プルームSは、 とりあえず出した高温加熱式タバコではありませんでした。 前述のとおり、加熱式タバコとしての「メビウス」を全うしています。 また、加熱式タバコのあの 変なニオイが嫌いな人にもおすすめです。 プルームSはかなりそこが軽減されています。

次の

プルームエスのたばこスティック6種類の味比較【フレーバー全種紹介】|いまいちど.ログ

プルーム テック s モニター

「プルーム・エス」と「グロー」を比較! 「加熱温度」「連続使用可能本数」「フレーバー数」がかなり違う 周辺加熱式という点については共通している「プルーム・エス」と「グロー」だが、「加熱温度」「連続使用可能本数」、専用スティックの「フレーバー数」など、タバコデバイスとして運用するうえでポイントとなる内容は大きく異なる。 これは大きな違いだ。 これは、ニオイの問題に配慮した結果だろう。 つまり、「プルーム・エス」はニオイの軽減を重視した設計の機種であり、「グロー」は喫味の強さを優先した設計の機種だと言える。 「グロー」の連続使用可能本数は、「プルーム・エス」の3倍 「プルーム・エス」のフル充電での連続使用可能本数は10本だ。 いっぽう、「グロー」はフル充電から30本連続使用できるので、その差は3倍。 そのため、出先での使用が多い人やちょこちょこ充電するのがわずらわしいという人なら、「グロー」が向いているだろう。 逆にデスクワーク主体で、充電環境が身近にあるというのなら、「プルーム・エス」でも問題ない。 喫煙量が1日10本程度という人も同様だ。 「プルーム・エス」の場合、出先で充電できるようにモバイルバッテリーと一緒に持ち歩くという手もあるが、携帯性は悪くなる。 「プルーム・エス」と「グロー」は大きさも重さも同程度。 どちらも手のひらサイズで持ちやすく、単体での携帯性には大きな差はない 3. フレーバー数は先駆の「グロー」が圧勝 「プルーム・エス」は2019年1月に発売されたばかりということもあり、2019年2月現在、フレーバーは「メビウス」ブランドで3種類(レギュラー1種類、メンソール2種類)しかない。 ただ、フレーバー数が少ないことは欠点ではあるものの、これに関しては今後十分拡充の可能性はある。 その点では、「グロー」は先行している分、専用スティックの銘柄は「ケント」と「ネオ」の2種類があり、味の選択肢は多い。 初期から存在した「ケント」ブランドは10種類(レギュラー2種類、メンソール8種類)、後発銘柄の「ネオ」でさえ8種類(レギュラー2種類、メンソール6種類)もある。 合計18種類の中から好きな味わいを選べるのは大きなアドバンテージだ。 「プルーム・エス」の専用スティックは「タバコスティック」という名称だ。 加熱式タバコ特有のニオイが苦手でやむを得ずメンソール系を選んでいるという人は、加熱式特有のニオイが少ない「プルーム・エス」で今一度レギュラーのおいしさを体験してほしい 「グロー」専用スティックである「ネオスティック」。 「ケント」は色で見分けるのも大変なほど種類が多い。 コンビニや小規模タバコ店などで全種類取り扱っているところは少ないようだ 「プルーム・エス」と「グロー」を吸い比べてみた 両機種の違いを確認したうえで、改めて「プルーム・エス」「グロー」の吸い心地を比較してみよう。 まずは「プルーム・エス」。 蒸気量は多くなく、高温加熱式タバコの中で1番ニオイが少ない。 締め切った室内でも、2、3本程度なら周囲の人間も気にならないレベルだろう。 ただ、加熱完了してすぐは味が弱く感じるなど、タバコデバイスとしては少々クセがあり、おいしく吸うためにはコツを覚える必要がある。 前半はゆるめにゆっくりと吸い、30秒後くらいから徐々に強めにすばやく吸うという作法がこの「プルーム・エス」には適している。 吸引時間を長くすると途端にスティック内の空気が冷えてしまい、味が出なくなる。 さらに短いインターバルもよくない。 最低でも10〜15秒間は間隔をあけて吸うことで、タバコ葉に熱が十分行きわたり、芳醇な「メビウス」の香りとともにしっかりとした喫味を楽しむことができる。 このタバコ葉本来の繊細な味や着香具合を感じる吸い心地は、慣れるとクセになるはずだ。 ラウンドした形状が持ちやすい「プルーム・エス」は、やわらかい味わいを出すのが得意だ いっぽう、「グロー」も蒸気はそんなに多くないものの、喫味の強さが違う。 なかでも「ネオ」のレギュラー系での深みは、紙巻きタバコに近い満足感を感じることができる。 ただその分ニオイは強いので、締め切った室内での喫煙には適さない。 なお、メンソールの場合は特有の刺激で、「プルーム・エス」との差はあまり感じられなくなってしまう。 そのため、「グロー」のタバコデバイスとしての実力を味わうには、「ネオ」のレギュラー系を吸うのが最適だと改めて感じた。 ロースト感と重みを感じるその味わいは、このネオスティックの細さを考えると驚異的な吸い心地だ。 タバコ感をしっかり感じさせてくれる「グロー」 ニオイを抑えたいなら「プルーム・エス」、タバコらしさを求めるなら「グロー」 「プルーム・エス」と「グロー」を比較した場合、ニオイが圧倒的に少ないのは「プルーム・エス」なので、ニオイに配慮が必要な環境で使用することが多いなら、「プルーム・エス」が向いている。 「グロー」に比べると喫味の弱さは否めないとはいえ、ニオイを強力に軽減しているのにこれだけの喫味の強さを実現していることに、むしろ喫煙者は感謝すべきレベルだと感じる。 ただし、紙巻きタバコユーザーがいきなりスイッチする場合、味を出すのにコツがいる「プルーム・エス」は向いていないだろう。 「メビウス」風味が大好きな人ならともかく、コツを覚える前に断念してしまう可能性が高い。 そのため「プルーム・エス」は、普段から加熱式タバコを吸い慣れている人にこそ向いている機種だと言える。 いっぽう「グロー」は、「ネオ」ブランドを使用することで強い喫味を味わえるのが、最大のアドバンテージになる。 味を出すのにもさほどコツは必要なく、加熱式タバコにタバコらしさを求める人なら、迷わず「グロー」を選ぶべきだ。 また、気分によってフレーバーを変えたいという人にとっても、「グロー」のネオスティックのバリエーションの豊富さは大きな魅力となるだろう。 <関連記事>.

次の

プルーム・エス(Ploom S)実機レビュー・概要・評価・感想|吸いごたえと環境に配慮した全世代対応ユニセックス近未来デバイス

プルーム テック s モニター

アイコスユーザーの皆さん、こんにちは。 ガリガリです。 フィリップ・モリってますか? 本日はそんな洋モク諸君が興味津々だと思われる「Ploom S プルームエス)のCamel」を少しレビューさせていただこうかなと思っとります。 発売は2020年1月20日(月)。 フレーバーはレギュラーとメンソールの2種類。 価格は460円(税込)。 プルームエスの他フレーバーが490円なので 「たばこスティック」の中では最安ですね。 さて、Camelといえばロータス。 ロータスといえば中嶋悟氏。 それぞれスモーカーの数だけ思い入れもあるんじゃないでしょうか。 他、マルボロマクラーレン、マイセンルノー、ケニーロバーツ(ラキスト)など。 当時のモータースポーツといえばこうした「たばこ広告」の主戦場でもありました。 そして、このCamelもまた一目おかれた存在だけに気になるところではありますよね。 では早速試していきましょう。 苦節100年のキャメルシリーズ ではここらへんで少しキャメルの歴史をご紹介。 その後、日本人向けに味を改良したため世界中のキャメラーから総スカンを食らう。 また、東日本大震災による影響で国内販売は限定されていたが現在リトルシガー枠で絶賛発売中(360円)。 そして受動喫煙防止対策が施行される2020年。 まさかのキャメルがここに誕生。 そう、それこそが「キャメル・プルームエス」なのである。 キャメル・レギュラーの率直な感想 まずはレギュラーキャメルから試していきます。 パッケージデザインはシンプルで良いですね。 「望まない受動喫煙が生じないよう・・」 そういえばプルームテックのデザイン変更により、こうした文言も変わったみたいです。 詳しくツッコみませんがちょっと煽りに乏しい気が・・。 フタ開けた瞬間の匂いがエグいっすね。 ノーマルのレギュラーと比べてクセがある。 どこか ドライフルーツっぽくて黄粉っぽい。 VAPEをやってる方ならご存知だと思いますが、リーパーブレンドに少し似ています(匂いだけ)。 ただ、私は遠い昔にしかキャメルを吸ったことがないんですよ。 では、うだうだ言ってないで試してみます。 うーん・・匂いは特徴的だったんですがクセのようなものは薄いかな。 甘さはなく、ノーマルレギュラーよりは コクが強く出てる気がします。 それにしてもプルームエスは加熱が弱い・・。 もっとダイレクトさがあれば全体像を掴みやすいのだが・・。 出力は弱いがタバコとしての存在感が増している。 これで安いなら全然あり。 匂いはお香っぽさがありますがアイコスレギュラーと比べたら雲泥の差。 それこそがプルームエス最大の強みといえるでしょう。 キャメル・メンソールの率直な感想 ではお次にキャメル・メンソール。 匂いはこれまた甘めの清涼感が鼻をつく。 ていうか、パッケージの文言がレギュラーと違いますよね。 これは何故なんでしょうか。 ランダム仕様? では、とりあえず吸ってみます。 おっ?コホッ・・ キツイね、コレ。 いや、以外なほどメンソールが強くて好印象。 よくある水っぽさは皆無で 芯がある清涼感だ。 個人的にはメンソール70でタバコ30の割合。 もしかして プルームエス史上一番美味しいかもしれない。 いやマジで。 ノーマルメンソールと比べると雑味のようなものを感じますが、それが逆に個性となって存在感を誇示している。 それに、甘い匂いとは裏腹にほろ苦さがアクセントとなっているとこが好き。 いいねキャメル。 どちらも「まさかの」個人的高評価。 フレーバーに対して本体が追いつかないプルームエス! プルームエス・キャメルパッケージには「話せばらくだメモ」なるカードが挿入されてました。 キャッチフレーズは「プルームでキャメる?」。 最初、「プルームでキめる?」と勘違いしてしまい「おいおい攻めとるな」と半ば感心してしまいましたが中身はなんともない内容。 お茶の俳句賞みたいなものでしょうか。 ラクダを怠惰の意味あいでキャメってると思われるのですが、ラクダは働き者です。 まず、ラクダに謝れと私はいいたい。 さて、プルームエス。 発売してまもなく1年が経とうとしてますが一向に浸透している気配が無い。 まず喫煙所では見ないし、そもそも本当に発売してるのかどうかも怪しいところ。 個人的にプルームエスの弱点は「加熱バランスの悪さ」にあるとみています。 200度の中温加熱を謳ってますが、それが毎回弱になったり高温になったりと動作が安定しない。 また、7,980円から2,980円までの大幅な価格改定もどうしたものか。 これは他社でも同様だが1年以内に半額以下まで下げたところは他になく、販売元自らブランド力を落としていることにも繋がる。 しかもキャンペーンなどでの上げ下げが激しく、高い時期に購入した方たちを思うといたたまれない。 なけなしのお小遣いでやっと手に入れた方もおられるでしょう。 そういった消費者を翻弄するような価格戦略はモノの価値を不明確にさせ、やがてコンセプトとの乖離が起こる気がしてならない。 今回試したキャメルはプルームSにとって砂漠の船だと感じた。 しかし、それもまた乗るモノ次第では目標も定まらなくなるだろう。 我々のオアシスが枯渇している昨今、いったいどこへ向かえばいいのか。 その道のパイオニアとしての自負があるならば確たる方向性を示してほしいと切に願う。

次の