越谷駅。 【定期利用・学割あり】南越谷駅周辺でおすすめの格安駐輪場ガイド!|マチしる埼玉

【定期利用・学割あり】南越谷駅周辺でおすすめの格安駐輪場ガイド!|マチしる埼玉

越谷駅

設備・サービス 朝10時前でも受付OK カード支払いOK 女性スタッフが多い 男性スタッフが多い キッズスペースあり お子さま同伴可 禁煙 分煙 喫煙 ドリンクサービスあり 漫画が充実 DVDが観られる 個室あり 半個室あり ショッピングモール内にある 完全予約制 メニュー カラー カラーリストがいる パーソナルカラー診断あり ハイライト・ローライト 水カラー 白髪染め(若白髪含む) ヘナ・草木染め パーマ デジタルパーマ エアウェーブ コテパーマ 水パーマ コスメパーマ 特殊パーマ ストレートパーマ 低温ストレート エクステ ンション ストレート・ナチュラル系 ドレッド・コーンロウなど ウェーブ スパイラル 編み込み チップ 超音波(ケラチン) エクステ専門店 トリート メント ケラスターゼ セリエ アヴェダ インフェノム リンケージ SP ハホニコ クア COTA ムコタ ケアトリコ M3D アジュバン ジョンマスター ラ・カスタ オーガニック系トリートメント 癒し系 メニュー ヘッドスパ クリームバス スキャルプケア スパニストがいる ボディケア フットケア その他の メニュー ドライカット ナノスチーム メイク 眉カット レディースシェービング ブライダルセット・メイク 美容室を都道府県から探す• 他のジャンルを探す• 美容室• 越谷駅でメニュー・カテゴリから探す• ヘアカット• スロウカラー• ウェーブパーマ• コスメストレート)• コーンロウ• アヴェダ• (フルメイク• その他の駅• 近隣のエリアから美容院・美容室・ヘアサロンを探す• リラク&ビューティーサロンを探す•

次の

【定期利用・学割あり】南越谷駅周辺でおすすめの格安駐輪場ガイド!|マチしる埼玉

越谷駅

歴史 [ ] 越谷駅東口周辺の市街地は、江戸時代からとして栄えた宿場町であり、1899年に東武伊勢崎線が開通する以前から大規模な集落が形成されていた。 しかし東武線が開通した当初は、越ヶ谷宿の北端に位置していたに越ヶ谷駅(後の武州大沢駅、現在の)が開業し、には駅が設けられなかった。 これに対し当時の越ヶ谷町は、町の発展と産業の振興のために新駅を設けるよう、町全体を挙げて熱心な誘致運動を行った。 東武鉄道は越ヶ谷町と交渉する過程で、停車場の設置費用として東武鉄道に1万6000円を寄付する、停車場と日光街道を結ぶ道路を新設する、商工業者に東武鉄道と貨物運送の契約を締結させる、など6つの条件を越ヶ谷町に提示した。 越ヶ谷町はこれらの条件をすべて受け入れ、1920年にとして当駅、 越ヶ谷駅が開業した。 東武鉄道の請願駅はこれが初めてのケースである。 駅東口には、一連の誘致運動が成功した功績を後世に伝えるべく、越ヶ谷駅停車場新設記念碑が設けられている。 1954年に越ヶ谷町が周辺町村との合併でとなった事を受け、1956年に当駅は 越谷駅に改称された。 年表 [ ]• (9年) - 越ヶ谷駅として開業。 (31年) - 越谷駅に改称。 (昭和41年) - 18時25分頃、越谷駅構内第79号踏切でが発生。 上り特急列車と東武バスが衝突して4人が死亡、12人が負傷。 (昭和47年) - 駅前広場が700m 2から4300m 2に拡張。 越ヶ谷駅停車場新設記念碑がに移される。 (昭和57年) - 駅舎が2階建てに改築され、2階に喫茶店と東武ブックス「ブックス越谷」が入店した。 併せて越谷駅前ロータリーが完成し、を設置。 (元年) - 西口開設。 (平成5年) - 下り線が高架化。 (平成6年) - 上り線が高架化。 (平成7年) - 上りホームのエレベーター1基とエスカレーター1基が供用開始。 (平成8年)• - 上りホームのエスカレーター1基が供用開始。 - 下りホームのエレベーター1基とエスカレーター2基が供用開始。 (平成9年) - 高架化完了。 発着の列車が当駅まで延長。 (平成13年) - 越谷 - 間高架複々線化完成に伴い、当駅始発・終着が従来の北越谷発着に戻され廃止。 (平成22年) - を導入。 (平成23年)11月 - 記念碑が駅前広場に戻される。 (平成24年)• - TS 21のを導入。 8月 - 東口駅前広場が7000m 2に拡張。 駅舎とを連絡する屋根付きの通路を設置。 - 定期券・うりばが営業終了。 (平成25年)• 2月 - を更新。 接近チャイムを導入。 [ ]• - ダイヤ改正に伴い日中の区間準急が廃止された。 日中はと・直通列車のみの運行となり、発着の列車は朝と夜の時間帯のみの運行となった。 [ ] 駅構造 [ ] 2面6線を有する。 と同様の構造で、の外側に特急列車等が走行する通過線がある。 草加駅では通過線にも番線が付番されているが、当駅でのホーム番号は1 - 4番線として案内されている。 北隣のまで工事が終了していなかった時期は当駅折り返しの列車が設定されていた。 また、当駅まで複々線の供用を開始した際は南隣の方向に緩行線専用の仮設ホームと緩行線から急行線へ転線するがあった。 これらは北越谷まで複々線の供用を開始した際に使用中止とされた。 時代は、上り線が・下り線が島式ホームの2面3線を有しており、旧1番線:上り線、旧2番線:下り待避線、旧3番線:下り本線があったほか上り本線と下り待避線の間に中線が、駅の西側にが1線設置されていた。 (後に高架工事の進歩の際に下り待避線と本線の位置が逆転した、また工事前は下り待避線から中線を経由し上り本線へ行く渡り線が存在した。 ) (22年)より、が導入された(新越谷駅・せんげん台駅と同日に運用を開始)。 のりば [ ] 番線 路線 方向 軌道 行先 1 東武スカイツリーライン 上り 急行線 ・・・・ ・ 方面 2 緩行線 新越谷・北千住・とうきょうスカイツリー・浅草・ 方面 3 下り ・・・ 方面 4 急行線 ・東武動物公園・ 伊勢崎線 ・ 日光線 南栗橋方面• 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。 日中の急行は、時間帯を問わず当駅で2分 - 3分程度の時間調整を行う。 この間に、特急が急行を追い抜く光景が見られる。 なお朝夕時間帯には、急行以下の列車が当駅で「THライナー」に追い抜かれる列車がある。 2020年6月6日実施のダイヤ改正より、当駅に発着する普通列車は一部を除き 全て日比谷線直通となったため、浅草駅方面への行き来をする場合は必ずもしくは・・当駅などで乗り換える必要がある。 バリアフリー対応 [ ]• - 対応・未対応• 駅入口 - 改札口連絡状況 - 入口と同一階(段差なし)改札口 - ホーム連絡状況 - ・設置• 2018年、エレベーター改修工事(3月着工)(4月終工) 利用状況 [ ] 2019年度の一日平均は 50,714人である。 伊勢崎線の駅では第12位である。 1984年度までは乗降人員が市内で最も多い駅だった。 武蔵野線の開業後も緩やかに増加し、1990年代前半の最ピーク時は1日平均乗降人員が6万人を超えていた。 しかし、1993年度からは毎年数千人程度のペースで減少し、1999年度に5万人を下回った。 2001年度以降は5万人弱で横ばい傾向であったが、2012年度に東口の市街地再開発事業が完了すると増加傾向に転じ、2017年度は19年ぶりに5万人を上回った。 近年の一日平均乗降人員およびの推移は下表のとおりである。 年度別一日平均乗降・乗車人員 年度 一日平均 乗降人員 一日平均 乗車人員 1960年(昭和35年) 14,817 7,408 1965年(昭和40年) 31,394 15,696 1970年(昭和45年) 46,581 23,839 1975年(昭和50年) 51,799 25,900 1980年(昭和55年) 53,596 26,799 1981年(昭和56年) 26,569 1982年(昭和57年) 26,735 1983年(昭和58年) 27,393 1984年(昭和59年) 27,691 1985年(昭和60年) 55,899 27,950 1986年(昭和61年) 28,767 1987年(昭和62年) 29,303 1988年(昭和63年) 30,169 1989年(平成元年) 30,254 1990年(平成 02年) 61,674 30,498 1991年(平成 03年) 31,001 1992年(平成 04年) 30,942 1993年(平成 05年) 61,515 30,615 1994年(平成 06年) 29,825 1995年(平成 07年) 29,071 1996年(平成 08年) 27,892 1997年(平成 09年) 26,428 1998年(平成10年) 51,779 25,995 1999年(平成11年) 49,740 24,881 2000年(平成12年) 49,008 24,398 2001年(平成13年) 46,371 23,307 2002年(平成14年) 45,220 22,715 2003年(平成15年) 44,902 22,532 2004年(平成16年) 44,470 22,318 2005年(平成17年) 44,491 22,373 2006年(平成18年) 45,004 22,663 2007年(平成19年) 45,950 23,152 2008年(平成20年) 46,014 23,077 2009年(平成21年) 44,828 22,450 2010年(平成22年) 44,993 22,516 2011年(平成23年) 44,752 22,450 2012年(平成24年) 46,535 23,325 2013年(平成25年) 48,113 24,130 2014年(平成26年) 48,128 24,126 2015年(平成27年) 48,829 24,478 2016年(平成28年) 49,504 24,803 2017年(平成29年) 50,477 2018年(平成30年) 51,307 2019年(令和元年) 50,714 駅周辺 [ ] 越谷市中部の住宅街で、駅東方面には市役所等の庁舎がある。 駅前には東口、西口双方にロータリーが整備され、ショッピングモール「ファイン越谷」が駅構内に併設されている。 詳細は東武鉄道公式サイト「」を参照。 東口 [ ] 当駅の開業時から設けられた出入口であり、を軸に越ヶ谷宿をルーツとした中心市街地がある。 駅前広場の北東側は市街地再開発事業により建設されたが、南東側は越谷市道70007号(通称:まるなな通り)を軸とした商店街が広がる。 市役所前中央通りを直進すると北側に越谷市役所があり、の先にのが広がる。 越谷市中央市民会館• 越谷ツインシティ店• 付属腎・予防医学センター• 越谷支店• 越谷市センター• 越谷市支援センター• 中央図書室• ALCo越谷ショッピングスクエア• フードスクエアカスミアルコ越谷店• 中川出張所• 埼玉県越谷合同庁舎• 埼玉県越谷県税事務所• 埼玉県越谷県土整備事務所• 埼玉県越谷建築安全センター• 埼玉県越谷環境管理事務所• 越谷(ハローワーク)• 越谷市立図書館• 越谷総合公園• 中央保育園• 越谷市• 埼玉県警察 東部機動センター• 越谷支部• 越谷支部• 越谷支局 郵便局・金融機関 [ ]• 越谷瓦曽根郵便局• 越谷支店、越谷駅前支店(同一建物内)• 越谷支店• 越谷支店• 越谷支店• 越谷支店• 越谷支店• 越谷支店 西口 [ ] 1989年に開設された出入口であり、の住宅街が広がる。 越谷税務署• 越谷赤山郵便局• 越谷西支店• 越谷支店• 越谷支店• 赤山第二保育園• 荻原第一幼稚園• 路線バス [ ] 朝日自動車・国際興業バスの運行路線の詳細は・をそれぞれ参照。 東武バスが運行していた頃は、越谷駅東口の南側にバス用のが設置されていた(現在は道路になっている)。 東口 [ ] 乗り場 主要経由地 行先 運行会社 備考 越谷駅 1 ・大相模消防署前 北口 北口 平日5本 越谷市立病院・総合公園 増林地区センター 越谷市立病院 総合公園 いきいき館 産業雇用支援センター 越谷市立病院 2 藤塚・大相模消防署前 吉川駅北口 吉川車庫 平日6本、土休日4本 幸町入口 平日1本 越谷駅東口 4 ・花田 越谷駅東口 花田循環• ・・からの深夜急行バスは東口に到着する()。

次の

【アットホーム】越谷駅(埼玉県)の賃貸店舗・貸店舗の物件情報

越谷駅

歴史 [ ] 越谷駅東口周辺の市街地は、江戸時代からとして栄えた宿場町であり、1899年に東武伊勢崎線が開通する以前から大規模な集落が形成されていた。 しかし東武線が開通した当初は、越ヶ谷宿の北端に位置していたに越ヶ谷駅(後の武州大沢駅、現在の)が開業し、には駅が設けられなかった。 これに対し当時の越ヶ谷町は、町の発展と産業の振興のために新駅を設けるよう、町全体を挙げて熱心な誘致運動を行った。 東武鉄道は越ヶ谷町と交渉する過程で、停車場の設置費用として東武鉄道に1万6000円を寄付する、停車場と日光街道を結ぶ道路を新設する、商工業者に東武鉄道と貨物運送の契約を締結させる、など6つの条件を越ヶ谷町に提示した。 越ヶ谷町はこれらの条件をすべて受け入れ、1920年にとして当駅、 越ヶ谷駅が開業した。 東武鉄道の請願駅はこれが初めてのケースである。 駅東口には、一連の誘致運動が成功した功績を後世に伝えるべく、越ヶ谷駅停車場新設記念碑が設けられている。 1954年に越ヶ谷町が周辺町村との合併でとなった事を受け、1956年に当駅は 越谷駅に改称された。 年表 [ ]• (9年) - 越ヶ谷駅として開業。 (31年) - 越谷駅に改称。 (昭和41年) - 18時25分頃、越谷駅構内第79号踏切でが発生。 上り特急列車と東武バスが衝突して4人が死亡、12人が負傷。 (昭和47年) - 駅前広場が700m 2から4300m 2に拡張。 越ヶ谷駅停車場新設記念碑がに移される。 (昭和57年) - 駅舎が2階建てに改築され、2階に喫茶店と東武ブックス「ブックス越谷」が入店した。 併せて越谷駅前ロータリーが完成し、を設置。 (元年) - 西口開設。 (平成5年) - 下り線が高架化。 (平成6年) - 上り線が高架化。 (平成7年) - 上りホームのエレベーター1基とエスカレーター1基が供用開始。 (平成8年)• - 上りホームのエスカレーター1基が供用開始。 - 下りホームのエレベーター1基とエスカレーター2基が供用開始。 (平成9年) - 高架化完了。 発着の列車が当駅まで延長。 (平成13年) - 越谷 - 間高架複々線化完成に伴い、当駅始発・終着が従来の北越谷発着に戻され廃止。 (平成22年) - を導入。 (平成23年)11月 - 記念碑が駅前広場に戻される。 (平成24年)• - TS 21のを導入。 8月 - 東口駅前広場が7000m 2に拡張。 駅舎とを連絡する屋根付きの通路を設置。 - 定期券・うりばが営業終了。 (平成25年)• 2月 - を更新。 接近チャイムを導入。 [ ]• - ダイヤ改正に伴い日中の区間準急が廃止された。 日中はと・直通列車のみの運行となり、発着の列車は朝と夜の時間帯のみの運行となった。 [ ] 駅構造 [ ] 2面6線を有する。 と同様の構造で、の外側に特急列車等が走行する通過線がある。 草加駅では通過線にも番線が付番されているが、当駅でのホーム番号は1 - 4番線として案内されている。 北隣のまで工事が終了していなかった時期は当駅折り返しの列車が設定されていた。 また、当駅まで複々線の供用を開始した際は南隣の方向に緩行線専用の仮設ホームと緩行線から急行線へ転線するがあった。 これらは北越谷まで複々線の供用を開始した際に使用中止とされた。 時代は、上り線が・下り線が島式ホームの2面3線を有しており、旧1番線:上り線、旧2番線:下り待避線、旧3番線:下り本線があったほか上り本線と下り待避線の間に中線が、駅の西側にが1線設置されていた。 (後に高架工事の進歩の際に下り待避線と本線の位置が逆転した、また工事前は下り待避線から中線を経由し上り本線へ行く渡り線が存在した。 ) (22年)より、が導入された(新越谷駅・せんげん台駅と同日に運用を開始)。 のりば [ ] 番線 路線 方向 軌道 行先 1 東武スカイツリーライン 上り 急行線 ・・・・ ・ 方面 2 緩行線 新越谷・北千住・とうきょうスカイツリー・浅草・ 方面 3 下り ・・・ 方面 4 急行線 ・東武動物公園・ 伊勢崎線 ・ 日光線 南栗橋方面• 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。 日中の急行は、時間帯を問わず当駅で2分 - 3分程度の時間調整を行う。 この間に、特急が急行を追い抜く光景が見られる。 なお朝夕時間帯には、急行以下の列車が当駅で「THライナー」に追い抜かれる列車がある。 2020年6月6日実施のダイヤ改正より、当駅に発着する普通列車は一部を除き 全て日比谷線直通となったため、浅草駅方面への行き来をする場合は必ずもしくは・・当駅などで乗り換える必要がある。 バリアフリー対応 [ ]• - 対応・未対応• 駅入口 - 改札口連絡状況 - 入口と同一階(段差なし)改札口 - ホーム連絡状況 - ・設置• 2018年、エレベーター改修工事(3月着工)(4月終工) 利用状況 [ ] 2019年度の一日平均は 50,714人である。 伊勢崎線の駅では第12位である。 1984年度までは乗降人員が市内で最も多い駅だった。 武蔵野線の開業後も緩やかに増加し、1990年代前半の最ピーク時は1日平均乗降人員が6万人を超えていた。 しかし、1993年度からは毎年数千人程度のペースで減少し、1999年度に5万人を下回った。 2001年度以降は5万人弱で横ばい傾向であったが、2012年度に東口の市街地再開発事業が完了すると増加傾向に転じ、2017年度は19年ぶりに5万人を上回った。 近年の一日平均乗降人員およびの推移は下表のとおりである。 年度別一日平均乗降・乗車人員 年度 一日平均 乗降人員 一日平均 乗車人員 1960年(昭和35年) 14,817 7,408 1965年(昭和40年) 31,394 15,696 1970年(昭和45年) 46,581 23,839 1975年(昭和50年) 51,799 25,900 1980年(昭和55年) 53,596 26,799 1981年(昭和56年) 26,569 1982年(昭和57年) 26,735 1983年(昭和58年) 27,393 1984年(昭和59年) 27,691 1985年(昭和60年) 55,899 27,950 1986年(昭和61年) 28,767 1987年(昭和62年) 29,303 1988年(昭和63年) 30,169 1989年(平成元年) 30,254 1990年(平成 02年) 61,674 30,498 1991年(平成 03年) 31,001 1992年(平成 04年) 30,942 1993年(平成 05年) 61,515 30,615 1994年(平成 06年) 29,825 1995年(平成 07年) 29,071 1996年(平成 08年) 27,892 1997年(平成 09年) 26,428 1998年(平成10年) 51,779 25,995 1999年(平成11年) 49,740 24,881 2000年(平成12年) 49,008 24,398 2001年(平成13年) 46,371 23,307 2002年(平成14年) 45,220 22,715 2003年(平成15年) 44,902 22,532 2004年(平成16年) 44,470 22,318 2005年(平成17年) 44,491 22,373 2006年(平成18年) 45,004 22,663 2007年(平成19年) 45,950 23,152 2008年(平成20年) 46,014 23,077 2009年(平成21年) 44,828 22,450 2010年(平成22年) 44,993 22,516 2011年(平成23年) 44,752 22,450 2012年(平成24年) 46,535 23,325 2013年(平成25年) 48,113 24,130 2014年(平成26年) 48,128 24,126 2015年(平成27年) 48,829 24,478 2016年(平成28年) 49,504 24,803 2017年(平成29年) 50,477 2018年(平成30年) 51,307 2019年(令和元年) 50,714 駅周辺 [ ] 越谷市中部の住宅街で、駅東方面には市役所等の庁舎がある。 駅前には東口、西口双方にロータリーが整備され、ショッピングモール「ファイン越谷」が駅構内に併設されている。 詳細は東武鉄道公式サイト「」を参照。 東口 [ ] 当駅の開業時から設けられた出入口であり、を軸に越ヶ谷宿をルーツとした中心市街地がある。 駅前広場の北東側は市街地再開発事業により建設されたが、南東側は越谷市道70007号(通称:まるなな通り)を軸とした商店街が広がる。 市役所前中央通りを直進すると北側に越谷市役所があり、の先にのが広がる。 越谷市中央市民会館• 越谷ツインシティ店• 付属腎・予防医学センター• 越谷支店• 越谷市センター• 越谷市支援センター• 中央図書室• ALCo越谷ショッピングスクエア• フードスクエアカスミアルコ越谷店• 中川出張所• 埼玉県越谷合同庁舎• 埼玉県越谷県税事務所• 埼玉県越谷県土整備事務所• 埼玉県越谷建築安全センター• 埼玉県越谷環境管理事務所• 越谷(ハローワーク)• 越谷市立図書館• 越谷総合公園• 中央保育園• 越谷市• 埼玉県警察 東部機動センター• 越谷支部• 越谷支部• 越谷支局 郵便局・金融機関 [ ]• 越谷瓦曽根郵便局• 越谷支店、越谷駅前支店(同一建物内)• 越谷支店• 越谷支店• 越谷支店• 越谷支店• 越谷支店• 越谷支店 西口 [ ] 1989年に開設された出入口であり、の住宅街が広がる。 越谷税務署• 越谷赤山郵便局• 越谷西支店• 越谷支店• 越谷支店• 赤山第二保育園• 荻原第一幼稚園• 路線バス [ ] 朝日自動車・国際興業バスの運行路線の詳細は・をそれぞれ参照。 東武バスが運行していた頃は、越谷駅東口の南側にバス用のが設置されていた(現在は道路になっている)。 東口 [ ] 乗り場 主要経由地 行先 運行会社 備考 越谷駅 1 ・大相模消防署前 北口 北口 平日5本 越谷市立病院・総合公園 増林地区センター 越谷市立病院 総合公園 いきいき館 産業雇用支援センター 越谷市立病院 2 藤塚・大相模消防署前 吉川駅北口 吉川車庫 平日6本、土休日4本 幸町入口 平日1本 越谷駅東口 4 ・花田 越谷駅東口 花田循環• ・・からの深夜急行バスは東口に到着する()。

次の