ローマ 教皇。 ローマ教皇、コロナ後の「貧困のパンデミック終息」呼びかけ :時事ドットコム

ローマ教皇(ローマきょうこう)とは何? Weblio辞書

ローマ 教皇

古代 [ ] ローマ帝国の時代 [ ] 1世紀 [ ]• (33? - 67? 、初代教皇とみなされる)• -78? -91? 91-101 2世紀 [ ]• 101-108• 109-116• 116-125• 125-136• 136-142• 142-155• 155-167• 167-174• 175-189• 189-199• 199-217 3世紀 [ ]• 217-222• 対 217-235• 222-230• 230-235• 235-236• 236-250• 251-253• 対 251-258• 253-254• 254-257• 257-258• 259-268• 269-274• 275-283• 283-296• 296-304) 4世紀 [ ]• 306-309• 310• 311-314• 314-335• 336• 337-352• 352-366• 対 355-365• 366-384• 対 366-367• 384-399• 399-401 5世紀 [ ]• 401-417• 417-418• 418-422• 対 418-419• 422-432• 432-440• 440-461• 461-468• 468-483 中世 [ ] 西ローマ帝国から東ゴート王国、東ローマ帝国、ランゴバルト王国の時代 [ ] 5世紀 [ ]• 483-492• 492-496• 496-498 6世紀 [ ]• 498-514• 対 498-499、501-506• 514-523• 523-526• 526-530• 530-532• 対 530• 533-535• 535-536• 536-537• 537-555• 556-561• 561-574• 575-579• 579-590• 590-604 7世紀 [ ]• 604-606• 607• 608-615• 615-618• 619-625• 625-638• 640• 640-642• 642-649• 649-653• 654-657• 657-672• 672-676• 676-678• 678-681• 682-683• 684-685• 685-686• 686-687• 687-701• 対 687• 対 687 8世紀 [ ]• 701-705• 705-707• 708• 708-715• 715-731• 731-741• 741-752• 752• 752-757• 757-767• 768-772• 対 767-768• 対 768• 772-795• 795-816 9世紀 [ ]• 816-817• 817-824• 824-827• 827• 827-844• 844-847• 対 844• 847-855• 855-858• 対 855• 858-867• 867-872• 872-882• 882-884• 884-885• 885-891• 891-896• 896• 896-897• 897• 897• 898-900• 900-903 10世紀 [ ]• 903• 対 903-904• 904-911• 911-913• 913-914• 914-928• 928• 928-931• 931-936• 936-939• 939-942• 942-946• 946-955• 955-964• 963-965• 964• 965-972• 973-974• 974-983• 対 974、984-985• 983-984• 985-996• 996-999• 対 997-998• 999-1003 教皇権対世俗王権の時代 [ ] 11世紀 [ ]• 1003• 1004-1009• 1009-1012• 1012-1024• 対 1012• 1024-1032• 1032-1044• 1045• 1045• 1045-1046• 1046-1047• 1047-1048• 1048-1048• 1049-1054• 1055-1057• 1057-1058• 1058-1061• 対 1058-1059• 1061-1073• 対 1061-1064• 1073-1085• 対 1080、1084-1100• 1086-1087• 1088-1099• 1099-1118• 対 1100-1101 12世紀 [ ]• 対 1101• 対 1105-1111• 1118-1119• 対 1118-1121• 1119-1124• 1124-1130• 対 1124• 1130-1143• 対 1130-1138• 対 1138• 1143-1144• 1144-1145• 1145-1153• 1153-1154• 1154-1159• 1159-1181• 対 1159-1164• 対 1164-1168• 対 1168-1178• 対 1179-1180• 1181-1185• 1185-1187• 1187• 1187-1191• 1191-1198• 1198-1216 13世紀 [ ]• 1216-1227• 1227-1241• 1241• 1243-1254• 1254-1261• 1261-1264• 1265-1268• 1271-1276• 1276• 1276• 1276-1277• 1277-1280• 1281-1285• 1285-1287• 1288-1292• 1294• 1294-1303 ルネサンスと百年戦争の時代 [ ] 14世紀 [ ]• 1303-1304• 1305-1314• 1316-1334• 対 1328-1330• 1334-1342• 1342-1352• 1352-1362• 1362-1370• 1370-1378 ローマに帰還• 1378-1389• 対 1378-1394• 1389-1404• 対 1394-1417 15世紀 [ ]• 1404-1406• 1406-1415• 対 1409-1410• 対 1410-1415• 1417-1431• 対 1423-1429• 対 1424-1429• 対 1430-1437 同じ教皇名を引き継ぐ• 1431-1447• 対 1439-1449• 1447-1455 近世 [ ] 宗教改革と宗教戦争の時代 [ ] 15世紀 [ ]• 1455-1458• 1458-1464• 1464-1471• 1471-1484• 1484-1492• 1492-1503 16世紀 [ ]• 1503• 1503-1513• 1513-1521• 1522-1523• 1523-1534• 1534-1549• 1550-1555• 1555• 1555-1559• 1559-1565• 1566-1572• 1572-1585• 1585-1590• 1590• 1590-1591• 1591• 1592-1605 17世紀 [ ]• 1605• 1605-1621• 1621-1623• 1623-1644• 1644-1655 大航海時代から市民革命の時代 [ ] 17世紀 [ ]• 1655-1667• 1667-1669• 1670-1676• 1676-1689• 1689-1691• 1691-1700 18世紀 [ ]• 1700-1721• 1721-1724• 1724-1730• 1730-1740• 1740-1758• 1758-1769• 1769-1774• 1775-1799 近現代 [ ] 近代 [ ] 19世紀 [ ]• 1800-1823• 1823-1829• 1829-1830• 1831-1846• 1846-1878• 1878-1903 現代 [ ] 20世紀 [ ]• 1903-1914• 1914-1922• 1922-1939• 1939-1958• 1958-1963• 1963-1978• (1978)• (1978-2005) 21世紀 [ ]• 2005-2013• 2013-現在 関連項目 [ ]• - 正教会の主席格。 - イングランド国教会の長。 - 実在しない教皇。 () - 教皇庁が発行する歴代教皇と在位・没年を示した年表.

次の

ローマ教皇はどうやって選ばれる?コンクラーベとは凄い根競べの投票

ローマ 教皇

写真=時事通信フォト 特に筆者の印象に残ったのが、東京で若者向けに開かれたミサでのスピーチだ(11月25日、東京カテドラル聖マリア大聖堂で行われた「青年との集い」での講話)。 いじめなどの経験を語った若者3人に対し、逆境にどう立ち向かっていくのかを説くという格好だったが、事前に用意された他のスピーチとは異なり、熱がこもり、教皇のアドリブもかなり入ったため、予定の時間をかなりオーバーしたという。 「(多くの人が、人と上手にかかわることができずに)ゾンビ化している」 とりわけ教皇が強い言葉で警鐘を鳴らしたのは、世界中で社会問題化している孤独、つまり、現代人の「心の貧困」だった。 やや長くなるが、不安な時代を生きる日本人の心にずしりと響くそのスピーチの一部を抜粋して紹介し(筆者意訳)、そこから私たちが受け取るべき意義を後述したい。 【フランシスコ教皇のスピーチ内容(筆者意訳)】 人やコミュニティ、そして全社会が、表面上は発展していたとしても、内側では、疲弊し、本物の命や生きる力を失い、中身の空っぽな人形のようになっている。 (中略)笑い方を忘れた人、遊ぶことのない人、不思議さも驚きも感じない人がいる。 まるでゾンビのようで、彼らの心臓は鼓動を止めている。 なぜならそれは、誰かと人生を祝い合うことができないからだ。 もし、あなたが誰かと祝い合うことができたなら、それは幸せであり、実りある人生となるだろう。 一体、何人の人が、物質的には恵まれていても、例えようのないほどの孤独の奴隷になっているだろうか。 繁栄しながらも、誰が誰だかわからないこの社会において、老いも若きも数多くの人を苦しめている孤独に私は思いをはせる。 最も貧しい人に尽くしたマザー・テレサがかつて、予言的なことを言った。 「孤独と誰からも愛されていないという感覚は最も残酷な形の貧困である」と。

次の

ローマ教皇(ローマきょうこう)とは何? Weblio辞書

ローマ 教皇

また、欧州連合(EU)が崩壊する危険性があると警告。 貧しい国々への債務救済を求めた。 <関連記事>• 「自己中心的になる時ではない」 新型ウイルスのパンデミック(世界的流行)の影響を最も受けている国の1つ、イタリアでは、ロックダウン(都市封鎖)が続いている。 こうした中、ローマ教皇は「ウルビ・エト・オルビ」(ローマと全世界へ)の演説を行った。 ローマ教皇は、この演説によって希望が広がるべきだとした上で、人々がこの危機を乗り切り、最終的に日常生活を再開できるよう、各国の政治指導者に対し「公益」のために尽力するよう求めた。 「今は、自己中心的になる時ではない。 我々が直面している問題は、すべての人が共有している問題だからだ」 さらに、「無関心、自己本位、分裂、忘却という言葉は、我々が今聞きたい言葉ではない。 我々は、こういう言葉を永遠に禁止したい!」と付け加えた。 ローマ教皇は、特定の国名は挙げずに、国際的な制裁の緩和を求めた。 また、医師や看護師、そのほかの不可欠なサービスの従事者を称賛した。 、世界の新型コロナウイルスの死者は、日本時間13日午前11時時点で11万4100人以上に上っている。 Image copyright EPA Image caption イタリア国内でロックダウンが続く中、サン・ピエトロ広場も閉鎖されている EUの崩壊を懸念 ローマ教皇は例年、サン・ピエトロ大聖堂前に集まった数万人の人々に対し、メッセージを送っている。 今年の演説では、とりわけ欧州の未来について懸念を表明。 EUが同地域の復興を支援する方法について合意しなければ、EUが崩壊する危険性があると警告した。 EUは今のところ、新型ウイルスが原因の債務を加盟国で分担するための特例ユーロ債の発行について、合意できずにいる。 通称「コロナ債」と呼ばれ始めたこの構想は、新型ウイルスの影響を最も受けているスペインやイタリアなどが強く求めている。 ドイツやオランダなどのより裕福な国は、この要求を拒否している。 ローマ教皇は、第2次世界大戦以前に存在した対立関係が「力を取り戻さ」ないことが、「これまでになく重要」だと述べた。 「EUは現在、画期的な課題に直面している。 EUの未来だけでなく、世界全体の未来を左右する課題に」 ローマ教皇は11日の前夜ミサでも、「恐怖に屈せず」、「死の時代に生の伝令」になるよう人々に呼びかけた。

次の