ドリュウズ アイアンヘッド。 【ソードシールド】ドリュウズの育成論!汎用性・抜き性能の高いアタッカー【ポケモン剣盾】

ドリュウズ (どりゅうず)とは【ピクシブ百科事典】

ドリュウズ アイアンヘッド

今回は対戦環境においてドリュウズというポケモンが増えすぎているので 対策を記載しようと思います。 増えすぎているというのは私自身のYouTubeの動画を見てもそう、 私が動画外で対戦しているときもそう、 他の方の動画を見ているときもドリュウズというポケモンが多いと感じます。 つまり気のせいとかではなくマジで増えています。 ドリュウズの性能 HP:110 A:135 B:60 C:50 D:65 S:88 特性 -すなかき・・・天候が砂の時、すばやさ2倍 -すなのちから・・・天候が砂の時、じめん、いわ、はがねタイプの技の威力1. 3倍 -かたやぶり・・・相手の特性の影響を受けずに攻撃できる ドリュウズの強み 火・水ロトムを簡単に倒せることだと思います。 特性、かたやぶりのおかげでじしんが当たるため1撃で処理可能。 対ミミッキュもばけのかわを無視してアイアンヘッドを入れることができますが、 すばやさが負けているため一概に対策とまでは言えない。 対面なら絶対に勝てますが後投げは考えどころ。 「つのドリル」を覚えることができるため、 耐久型ポケモンに居座ることも可能。 ドリュウズの対策 ドリュウズの対策はぶっちゃけ超簡単。 「ドリュウズに1撃で倒されないS89以上のポケモン」で殴るだけ。 先制技もないため、極端ですが選出する3匹全員を89以上にすれば全く怖くない。 今いる大半のドリュウズは、かたやぶり+きあいのタスキなので考慮は必要。 ・シザリガー アクアジェットで吹っ飛ばせばOK。 実は物理耐久がかなりあるのでじしんを素で耐えられる。 きあいのタスキを考慮するなら はたきおとすから入って交代もケアできる 受けポケモンなら・・・ ・アーマーガア こいつ一匹でほぼ止まる。 ボディプレス2回で終了。 前述したつのドリルだけはかわす必要あり。 ・オーロット 環境にはいませんが優秀なポケモン。 つのドリルをかわせる上に地面技半減。 返しのウッドホーンで体力を吸ったり、 交換読みも兼ねるおにびもある。 アイアンヘッドで2回ひるんだら泣いていい。 ・サニーゴ つのドリルをかわせる上に物理技に対して強い。 ドリュウズに後出しして損することはほぼない。 ・最強の対策 ミミッキュにきあいのタスキを持たせれば絶対勝てそう(小並感 まとめ ドリュウズに1撃で倒されないS89以上のポケモン」で殴る のが一番シンプル。 ドラパルト・サザンドラとかで全然OK。 私みたいにシザリガーを使うのもオススメだったりしますが 癖が強いため立ち回りに注意。 逆にドリュウズ側は 「きあいのタスキ」ではないアイテムを持たせる型を使えば意表を突けると思う。 おにび警戒でラムのみを持たせたり、すなかきですばやさを上げたり色々。

次の

【ポケモン剣盾】ドリュウズの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ドリュウズ アイアンヘッド

経緯 前回のミミッキュの育成論が大変たくさんの方に見ていただけたので、責任を取って、一方的にミミッキュを倒せるドリュウズの育成論を書かせていただきます。 ミミッキュの育成論はこちら• ランクMAXに到達するための、初心者向けの育成論です。 経験者の方は既存の内容かもしれません。 フォーク 前作のムーラン堂様の育成論 と非常に近い役割を持たせた育成論になります。 今作でドリュウズが相対的に強化され、大きく立場を変えたので、それに合わせ投稿させていただきます。 また、今作の既出のドリュウズの型とは全く別の型となります。 注意 性格、きそポイント 以下努力値 、個体値などのある程度の専門用語を使用します。 非常に広く使われている用語なので、知らない方は調べておくことをお勧めします。 採用理由 大流行しているミミッキュに対して強いポケモンです。 パーティにいるだけで相手はを使いづらくなるはずです。 強い耐久力を持つフェアリータイプや、岩タイプ、鋼タイプに対して じしんや アイアンヘッドでタイプ一致で攻撃することが出来ます。 構成 性格 いじっぱり とくこうx0. 9 ,こうげきx1. 1 努力値 上が努力値、下は実際の能力の数値 HP 44 - こうげき 252 - ぼうぎょ 4 - とくこう 0 - とくぼう 4 - すばやさ 204 HP 191 - こうげき 205 - ぼうぎょ 81 - とくこう x - とくぼう 86 - すばやさ 134 個体値 とくこう以外31 さいこう 、とくこうは不問 デリケートなポケモンなので妥協はしないほうが良いです。 もちもの こだわりスカーフ 持たせると、最初に選択したわざしか出せなくなるが、すばやさが1. 5倍になる。 ダイマックス中は効果が無くなる。 以下スカーフと記述します。 解説 ミミッキュ対策はこのドリュウズで完璧です。 対 すばやさが変動していない限りドリュウズのほうが先に動けます。 非ダイマックス HP131 に対してアイアンヘッドが186〜222ダメージ、つまり一撃で倒すことができます。 基本的にに対してはこれを狙っていきます。 対ダイマックス ダイマックス HP262 に対してはアイアンヘッドでは倒せませんが、 ダイスチルでは302〜356ダメージで一撃で倒すことが出来ます。 ここで注意すべきはダイマックス中はのスカーフが無効になる点です。 にすばやさを逆転されてしまい、ダイマックスわざを1回受けることになります。 ダイマックス HP382 に対していじっぱりダイホロウでも130〜154ダメージ、急所でも耐えます。 1回つるぎのまいを使われていても261〜307ダメージと耐えることが出来ます。 数字をみて気付いたかもしれませんがダイホロウ1回ならダイマックスしなくても耐えるため、アイアンヘッドで2回攻撃することでもダイマックスを倒せます。 ダイマックスを使うか使わないかは状況によって判断してあげましょう。 追記 重要 ダメージ計算にいのちのたまをいれていませんでした。 大変申し訳ありませんでした。 正しくはこうなります。 正 ダイマックス HP382 に対していじっぱりダイホロウでも169〜200ダメージ、急所でも耐えます。 1回つるぎのまいを使われていると339〜399ダメージを受けてしまい、中確率で倒されてしまうことがあります。 が環境に多い ようきであれば耐えることが出来ます。 非ダイマックス HP191 に対しては169〜200ダメージで、こちらも中確率で倒されてしまうことがあります。 同様にようきであれば耐えられます。 対 例外 ここまでの計算は耐久に振っていないを想定してのものでしたが、ある程度ぼうぎょに努力値を振ったはアイアンヘッドを耐えることが出来ます。 また、 きあいのタスキや リリバのみを持っていても耐えられてしまいます。 いずれもあまり使われていませんが、世の中にはそういうもいることを覚えておくといいかもしれません。 対他のポケモン はっきり言って、1対1では勝てるポケモンがほとんど存在しません。 パーティの残り2体で相手のポケモンにダメージを入れ最後にで倒しきる形が望ましいです。 例えば、お互い非ダイマックスのには6〜7割、には8〜10割、なら7〜11割、には8〜10割、ダイマックス相手なら半分。 と、このようにある程度のダメージを相手に与えられるため、最後の詰めとしてとても強いポケモンです。 逆にを詰め要員として相方にして、で相手を削るのも良いでしょう。 ただし じゃくてんほけんが大流行しているので、安易な抜群わざでの攻撃は危険です。 は非ダイマックスなら一撃で倒せます。 しかし、後述しますが相手の持ち物や性格によっては勝てない可能性もあります。 不利なポケモン やに対してはほとんどダメージが期待できず、ほぼ無力となります。 もすばやさで勝てず、おにびを受けてしまうと無力化してしまうので危険です。 もスカーフを持っていることがほとんどで、フレアドライブなどで倒されてしまいます。 物理受け ぼうぎょが高いポケモン には弱いですが、以外にはつのドリルで突破出来る可能性もあります。 ダイマックスを使う場合 ダイマックス中は前述した通りスカーフが無効化されます。 これはすばやさが下がるデメリットでもあり、わざのうち分けが出来るようになるメリットでもあります。 他にものダイマックスは、体力を増やすこととアイアンヘッドやいわなだれの攻撃力を上げるという利点があります。 ダイスチルはぼうぎょ、ダイアースはとくぼうをそれぞれ上げるので、もともと低くない耐久力をさらに引き上げて倒されにくくすることも出来ます。 ダイロックは命中率の不安を解消し、すなあらしにすることで相手にスリップダメージを与えてきあいのタスキを無効化させることが出来ます。 5で201のすばやさがあります。 すばやさが変動していなければ以外にはほとんど勝っています。 ただし、は最速も多いので気を付けましょう。 やそれ以上のには勝てません。 中でもはほとんどがスカーフなので最も危険な相手です。 調整意図• 中級者以上向けの内容なので読み飛ばしてもらって構いません• HP 16n-1調整• こうげき 最高値• ぼうぎょ あまり• とくぼう あまり• 性格 ようきの場合 最速スカーフで抜けなかった86族までが抜けますが火力が大幅に下がります。 運用がスカーフ相手へのメタではなく詰めor削りなので火力重視でいじっぱりを採用しています。 特性 ミミッキュを上からたたくというコンセプトなのでかたやぶりです。 すなかきドリュウズも非常に強いので全く別の型として使ってみるのもお勧めです。 わざ候補 ・じしん メインウェポン。 他に選択肢がありません。 かたやぶりの効果でふゆう相手にもあたります。 ・アイアンヘッド メインウェポン。 じしんのほうが強いですが、追加効果の怯みとフェアリーへの強い打点が特徴です。 スマートホーン搭載型を見たことがあるのですが、意図がわからなかったので候補には上げません。 もし強い理由があることが判明したら追記します ・いわなだれ サブウェポン。 命中と威力が低い代わりに通りが良いわざです。 アイアンヘッドと同じく怯みもあります。 ・がんせきふうじ 候補 威力が下がる代わりに相手のすばやさを下げる強力な効果があります。 スカーフとの相性が悪いので不採用としましたが、パーティによっては起点回避や起点作りのためにこちらを採用しても良いかもしれません。 ・つのドリル に撃ちます。 こんなことを書きたくはないのですがスカーフとの相性が良く、1対3で追い詰められても3発連続で上から当てたら勝てる可能性もあります。 ・じわれ 候補 に撃ちます。 アーマーガアを誘わないパーティならこちらでもいいでしょう。 じしんと同じくふゆう持ちにも当たります。 なかなか 厳選で忙しくて時間が取れず、約1ヵ月ぶりの投稿となってしまいました。 今後も初心者向けの強くて使い勝手のいいポケモンたちの育成論を投稿していければと思っています。 シーズン2でまた大きく環境が変化されることが予想されますが、ゆったり楽しくポケモンを遊んでいきましょう。 当育成論を見て、を使ってみたい!と思った方は、ぜひランク戦でお待ちしております。 意地っ張りで明確な役割対象がいないのであれば陽気の方が初心者向けではないのかな、と思いました。 スカーフの技構成はこれがテンプレですよね。 ドリルを搭載しておくとダイウォールでの誤魔化しが出来るようになる点も技の採用理由になると思います。 意地っ張りで明確な役割対象がいないのであれば陽気の方が初心者向けではないのかな、と思いました。 コメントありがとうございます。 本文中にある通り、ダメージを入れることに重点を置いているのでいじっぱりを採用しています。 最速ドラパルトを抜いても倒せるわけではなく、HS鬼火であれば2発受けられてしまいます。 ですので、ドラパルトのみは抜かせない存在として当育成論では切っています。 また、最速ミラーも50%しか勝率が取れないため、火力を犠牲にしてまで見る存在ではないと考えています。 ドリルを搭載しておくとダイウォールでの誤魔化しが出来るようになる点も技の採用理由になると思います。 残念ながらつのドリルはダイアタックになってしまいます。 S操作の読みあいでしか使用することのない、使用頻度の低いわざのため説明は省略しています。 当サイトのコメント欄では丁寧な言葉遣いが推奨されているようですので、間違いを指摘する際でも当たりの強いコメントは差し控えていただけると幸いです。 余り8をBDに4ずつ振っていますが、これは何か意味があるのでしょうか。 (余りを振ったと記述されていたのですが、BD4振りの意図、BもしくはDの片方に8振った場合のダイスチルもしくはダイアース込みの耐久ラインに関してなどもう少し記述した方が良いのではないかと思ったので。 ) 初心者向けの記事と上に書いてあるのであまり気にするポイントではないかもしれませんが… もし追記して頂けるのであれば幸いです。 ドリュウズで説明するとBに4振ればBの実数値は81になりますが 8振っても81のまま、12振ったところでようやく82という感じです。 (わかりにくくて申し訳ないです。 それ以前にミミッキュを重く見てるならBに厚く振るべきでは? ドラパを抜いても勝てないから意地っ張りというのは分かりますが、ドラパ抜きのスカーフにも抜かれるのでやっぱり陽気安定だと思いますね。 対珠剣舞ダイホロウについても、最速ダイであれば ようきは耐えて反撃で倒し、乱1にされるいじっぱりは先制攻撃して倒せるので、それが出来ないいじっぱりはやはり不可。 幸いこのサイトには非常に優秀なすばやさ調整ツールがありますので。 まぁそれを使わなくても、スカーフVSスカーフなんですから考えれば分かると思いますけどね...。

次の

【ポケモン剣盾】ドリュウズの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ドリュウズ アイアンヘッド

ドリュウズの基本データ HP 110 タイプ じめん こうげき 135 はがね ぼうぎょ 60 特性 すなかき とくこう 50 すなのちから とくぼう 65 夢特性 かたやぶり すばやさ 88 ドリュウズの特徴 特性「すなかき」で先制 「すなかき」は天候がすなあらし状態の時、自身のすばやさを2倍にする特性です。 効果が発動すれば、 本来ドリュウズのすばやさの種族値で先制することができないウインディやドラパルト、スカーフロトムなどを抜くことができます。 すなあらし状態にするには、 特性「すなおこし」のポケモンをドリュウズと共に採用するか、ダイマックスわざ 「ダイロック」の追加効果ですなあらしを発生させるかの2つがメインの手段です。 特性「すなおこし」を持つポケモン… バンギラス 、 カバルドン 、 ギガイアス 特性「かたやぶり」で相手の特性を無視できる ドリュウズの夢特性である「かたやぶり」は、相手の特性を無効化して攻撃することができます。 通常の特性のドリュウズでは相性が良くないロトム系統 の「ふゆう」や、トリックルームを展開されてしまうと厄介なミミッキュ の「ばけのかわ」を無視して攻撃することができるため、非常に強力です。 タイプ一致のダイマックス技が強力 ドリュウズのタイプであるじめんとはがねはダイマックスするとそれぞれ 「ダイアース」「ダイスチル」となり、自身を含めた味方の耐久を上げることができます。 ドリュウズの比較的早いすばやさから繰り出されるダイアース、ダイスチルはドリュウズの突破をより困難にします。 耐久が上がっているドリュウズに対して中途半端な火力の弱点技を打たれると じゃくてんほけんを発動させることができるので、じゃくてんほけんと相性が良いです。 ドリュウズの技 有用な攻撃技 じしん タイプ一致技。 味方を巻き込むので注意。 10まんばりき タイプ一致技。 単体技なので使いやすいが命中率が95と不安。 アイアンヘッド タイプ一致技。 扱いやすく、怯みも強力。 いわなだれ 怯みが強力。 ダイロックのベースとしても。 ロックブラスト きあいのタスキを所持するバタフリーに対して有効。 かわらわり リフレクター、ひかりのかべ対策に。 ダイナックルのベースとしても。 つのドリル 一撃必殺技。 アーマーガアを狙う時はこちら。 じわれ 一撃必殺技。 サマヨールを狙いたい場合はこちら。 有用な補助技 つるぎのまい こうげきランクを上昇させ、全抜きも狙える。 まもる 大事に扱いたい場合に。 みがわり 「いかく」を無効化できる。 トゲキッスが このゆびとまれや あくびでサポートをして、ドリュウズが つるぎのまいや ダイマックス技で攻める組み合わせとなっています。 特性「すなおこし」を持つポケモン 「すなおこし」ですなあらし状態にすることで、ドリュウズの特性 「すなかき」を活かすことができます。 しかし、ドリュウズの特性が「かたやぶり」であるケースもあり、様々な型を警戒する必要があります。 ドラパルト シーズン1では ドラパルトが使用率1位、ドリュウズが使用率2位であり、汎用性が高い組み合わせです。 トゲキッスとも組み合わせることで、 トゲキッス+ドリュウズ 、 トゲキッス+ドラパル ト という強力な並びを2パターン作ることができます。 ドリュウズの対策 ウインディ 特性「いかく」によるこうげきダウンと おにび、 ほのお技の攻撃が有効です。 ドリュウズよりもすばやさが早いので、上からおにびを狙うことが可能です。 ただし、特性「すなかき」には逆にドリュウズが先制するので注意しましょう。 カットロトム ドリュウズの特性が「かたやぶり」であってもじめん技を等倍で受けることができ、 おにびで弱体化を狙えます。 アーマーガア アーマーガアは ドリュウズのタイプ一致技であるじめん・はがねタイプを半減以下で受けることができます。 てっぺきでより安定して受けることも可能で、 ボディプレスというドリュウズに対する優秀な打点をもっています。 ドリュウズと一緒に採用がみられるバンギラスにも強いこともメリットです。 ドサイドン トリックルーム下でドサイドンの「じゃくてんほけん」を発動させて ダイアースで一撃で倒すことを狙います。 また、ダイマックスや特性「ハードロック」により、ドリュウズからのダイアースを受けきることもできます。 ギャラドス みず・ひこうタイプであるギャラドスはアーマーガアと同様にドリュウズのメインウェポンを半減以下で受けることが可能です。 また、特性 「いかく」でドリュウズの火力を下げることもできます。 さいごに ダブルバトルにおけるドリュウズの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 運営代表であり病弱でもある。 体力づくりのためにランニングをしているが、実はそれが原因で体調を崩していることに気付いていない。 すきなパーティはレヒレグロス。 <主な実績> ゲーム部門WCS2018、WCS2019 Day1出場 関連する記事• 2019. 07 先日、イシヘンジンの特性「パワースポット」の倍率を検証し、「パワースポット」による強化倍率は1. 33 […][…]• 2020. 27 目次 1. ガオガエンの基本データ2. ガオガエンの特徴2. 特性「いかく」と技「ねこだまし」に […][…]• 2020. 07 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. エース […][…]• 2020. 05 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. トップ10ポケモン3. […][…]• 2020. 27 レンタルチームID:0000 0006 9C8V 0Y 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…].

次の