廣木酒造本店。 飛露喜 蔵元紹介

福島県南酒販株式会社

廣木酒造本店

福島県南酒販株式会社 酒蔵探訪70 【2011年2月】 「飛露喜」「泉川」合資会社廣木酒造本店 河沼郡会津坂下町字市中2番甲3574 TEL 0242-83-2104 1月半ば、雪に覆われた会津坂下町に廣木酒造本店を訪ねた。 「飛露喜」と言えば、おそらく全国の日本酒党で知らない人はいないであろう、超人気の銘酒である。 降り積もった雪が凍結した道路を、大事そうに一升瓶を抱えた人が廣木酒造の店から歩いてくる。 聞けば、この日は月一度店頭で「飛露喜」を販売する日だという。 そう、「飛露喜」はなかなか手に入らない。 まさに左党垂涎の酒なのだ。 廣木酒造の創業は江戸時代中期。 今も続く「泉川」の銘柄で酒造りを始めた。 「詳しいことはわからないのですが、越後街道沿いのこの場所で、おそらくは街道を行きかう人の休憩場所として、造った酒を出していたのだと思います」と話すのは、9代目となる廣木健司氏。 代表社員として、杜氏として蔵を取り仕切る。 この健司氏こそ、「飛露喜」を誕生させ、廃業まで考えた蔵を大きく成長させたのである。 「私が蔵に戻ってきた頃、うちは普通酒が主力で、しかもいわゆる安酒で生計をたてていました」。 そんな中で、高齢のために杜氏が引退、健司氏は父・健一郎氏を支え、共に酒造りを行うこととなる。 「もっと、味で勝負できる酒を造りたい」という思いを抱える中で、まもなく健一郎氏が急逝する。 「実際、蔵をたたもうと本気で考えました」。 そんな時、テレビのドキュメンタリー番組の取材の話が舞い込む。 「蔵をたたむにしても、自分がこんな仕事をしていたということを、将来子供たちに伝えられるのでは、と思ったのです」。 放送された番組を見て、有名な日本酒専門店など何件か店から電話があった。 「うまい酒を造れば、必ず売れる」と言う酒店主の言葉は、健司氏に勇気を与えた。 信じられるものを得た、そんな思いだったという。 そんな酒店の一つに酒を送るように言われて送ったのが、無濾過生原酒。 当初、30本も売れればと思ったのが、結局3千本までになった。 「ラベルを印刷に回す余裕もなかったので、一枚一枚母の手書きでした」と、当時を振り返る。 一躍爆発的な人気を得た「飛露喜」だが、健司氏はこの人気を一過性のものにしないために、そしてさらに自らが納得できる酒を造るために、さまざまな研究と努力を重ねる。 「現代の酒造りというのは、設備と原料米、そして市場の要求にいかに答えるかということだと思います」。 廣木酒造では、出来る限りの経営資源を米と設備に投資しているという。 洗米から仕込み、搾りまで、従来の設備に次々と手を加え、改良を図ってきた。 米は地元産の五百万石を中心に、健司氏曰く「野球で言うところの外人選手枠」の山田錦が2割5分。 「トップで戦える味を求めて」の起用なのだという。 そして、流通方法にもこだわる。 従来のように注文を受けて出荷するのでなく、酒造りの計画の段階から出荷量、割り当てを決めるのだ。 酒の味を損なうことなく消費者に届けるためである。 「飛露喜」の発売前に比べ、蔵の石高は3倍量に増えている。 「泉川銘柄では、逆に飛露喜ではできない酒造りをしていきたい」と健司氏も言う、しかし、「飛露喜」人気もあって、こちらも品薄状態だ。 廣木酒造が目指すのは、「人生に寄り添う酒」だ。 「たとえば結婚を決めた男女が女性の実家にあいさつに行く時に持っていく酒。 それは、ブランド価値もあって、特別な日に選ぶ酒であり、そして一緒に飲んでうまい。 そして思い出に残る。 そんな人生の節目に選んでいただける酒を目指したいですね」。 また、日本酒の魅力を発信していきたいと健司氏。 「日本酒は今、本当においしい酒がたくさんあります。 それをもっとたくさんの人に知っていただく努力もしていかなければならないと思っています」。 また、地域への貢献など、蔵への期待も大きい。 廣木酒造本店は、この10年余りで大きな進化を遂げた。 そして、その進化は今も着実に続いている。 取材の合間にも、美酒を求める客が次々と来店していた。 ご了承ください。

次の

福島県南酒販株式会社

廣木酒造本店

飛露喜(ひろき)の概要やポリシー 江戸時代中期の1804~30年(文政年間)創業 蔵をたたもうと考えていたときにNHKのテレビ取材が入ったことがきっかけで、小山商店さんの目に留まる。 徐々に酒質を上げていき、その酒販店で無ろ過生原酒から取引がはじまり、人気が出るようになった。 当時はラベルを印刷する余裕もなく、蔵元の母が手書きしていたと言うエピソードは有名。 健司氏は火入れのお酒が受け入れられるようになったら本物との想いから、火入れ技術の研究や原料処理などに設備投資を惜しまず、現在でもさらなる高みを目指している。 (はせがわ酒店さんの表参道ヒルズ開店のときに健司氏にお会いし、お聞きした内容が一部含まれております。 ) ラベルは和紙でセンターに銘柄の飛露喜と稲穂の挿絵が金の箔で書かれています。 右に特定名称の純米大吟醸、左には廣の落款。 シンプルなものとなっています。 裏ラベルには生詰の説明が書かれています。 ・生詰とは、搾った直後に火入れをしてタンクに貯蔵したお酒を、瓶詰め時に火入れ殺菌を行わずそのまま詰めたお酒です。 ・お酒は20歳になってから。 ・お酒はおいしく適量を。 とあります。 さて、おいしくは自信があるのですが、適量で済ますことができるのかが不安です。 上立ち香は、心地よく華やかにライチを思わせるように香ります。 酸が目立つのは正直好みから外れることが多いのだが、何とも印象よく酸が目立つ。 甘味とのバランスも絶妙で程よいメリハリは、「よっ、久しぶり!」っと挨拶されたかのよう。 後半は余韻があるにはあるのだが、何だろう?。 口中に残っているのではなく、印象に残っている感じ。 こ、これは何故か印象に残っている、あのCM。 7 アルコール度 16. センターに金の箔で銘柄「飛露喜特撰純吟」。 下に飛露喜の銘柄の由来、飛・とぶ/露・つゆ/喜・よろこぶ。 喜びの露がほとばしると書かれています。 上立ち香はシリーズ最も華やかで、花のように香る。 なかなかのインパクト。 含むとブルンブルンと実ったベリー系の上品な酸で特徴を現すも、引き際は今までの飛露喜では一番鋭く切れていく。 センターに銘柄、右に特定名称、左に醸造元、右下に原材料などのデータ。 肩ラベルで使用米の愛山がわかります。 愛山は母株(種子親)に「愛船117」、父株(花粉親)に「山雄67」を用いて交配され、翠1942年にF1個体が養成された。 その後の育成経過は野帳などの資料が残っていないため不明。 山雄67号は母株(種子親)に「山田錦」、父株(花粉親)に「雄町」を用いて交配されたことから、愛山は山田錦と雄町の孫にあたる。 上立ち香は非常にほんのりと香る程度で、含むとスッキリとした中に微妙にほのかな甘味を感じます。 後半は軽快な印象を残して爽やかに切れていきました。 0度以上18. 0未満 容量 1. 上記愛山から統一感があり、わかりやすいものとなっています。 酒米の山田錦は、1923年に現在の兵庫県立農林水産技術総合センターにて、母株に山田穂と父株に短稈渡船を人工交配させて誕生した。 父株に短稈とついているものの、稈長(稲の背丈)は優に1mを超える。 一般的な飯米と比べると倒伏しやすく、晩生であることから栽培は簡単ではない。 醸造特性としては、大粒で精米しやすく、製麹性も非常に良いとされる。 タンパク質や脂肪分が少ないことから、雑味のない綺麗な酒質となる。 上立ち香は華やかで心地よくフルーティーに香ります。 含むと綺麗な造りを思わせるだけでなく、喉の奥のほうからやさしい酸味がバランスをとりつつ穏やかに膨らむ風味が広がります。 0度以上17. 0未満 容量 1. 色的にこの純米吟醸生詰は風格を感じます。 上立ち香は穏やかで明確でない。 含むと、めっちゃ気持ち良い含み香がふわぁっと広がる。 ここまで「ほとばしる」か!と言いたくなるような含み香。 やや端麗の中から出てくるほのかな甘味が可憐。 う~ん旨いっす。 0度以上17. 0未満 容量 1. 左上に生詰シールが貼ってあります。 上立ち香は明確でなく芳香族様に香るが、穏やかな部類。 含むと、酸がすっと消え甘旨(あまうま)がぐばっと押し寄せてきます。 い~ぞ~コレ!。 もう少しスッキリしたお酒を想像していましたが、結構な旨みの出方。 0度以上17. 0未満 容量 1. センターに銘柄、右に特定名称と特徴となる「かすみざけ」、左に醸造元、右下に原材料などのデータ。 統一感を崩さないものとなっており、好感が持てます。 肩ラベルには初しぼりと書かれています。 上立ち香はわずかにこっくりと麹様に香ります。 含むと純米らしい栗甘な旨みと、僅かにフレッシュな渋味が混在。 開栓から時間が経ってくると、香りも開くのか?華やかさが出てくる。 含んだ時の渋味が消えまとまりを見せるが、やや酸も出てきて辛口の印象まで出してくる。 0度以上18. 0未満 容量 1. 発売当初は蔵元の母の廣木浩江さんが手書きをしていたと言う話は有名。 その題字を現在は印刷している。 白地にセンターに銘柄、右に特定名称と特徴である無ろ過生原酒、左に醸造元、右下に原材料などのデータ。 このラベルが全ての基本となっている。 上立ち香は程好く穏やかで心地よくマスカットの様に香ります。 0度以上18. 0未満 容量 1. 右に特定名称、左に醸造元、右下に原材料などのデータ。 左上に生詰シールが貼られています。 上立ち香はほとんど感じられないほど穏やかです。 含むとあふれるような旨みと、ほのかな含み香が感じられ、ややドライな辛口に仕上がっています。 自分はあまり量を飲まないのでわかりにくいのですが、父に言わせれば飲みあきしないお酒だそうです。 0度以上17. 0未満 容量 1. 北海道・東北地方• 北海道の日本酒• 青森県の日本酒• 岩手県の日本酒• 宮城県の日本酒• 秋田県の日本酒• 山形県の日本酒• 福島県の日本酒• 関東地方• 茨城県の日本酒• 栃木県の日本酒• 群馬県の日本酒• 埼玉県の日本酒• 千葉県の日本酒• 東京都の日本酒• 神奈川県の日本酒• 山梨県の日本酒• 中部地方• 長野県の日本酒• 新潟県の日本酒• 富山県の日本酒• 石川県の日本酒• 福井県の日本酒• 岐阜県の日本酒• 静岡県の日本酒• 愛知県の日本酒• 近畿地方• 三重県の日本酒• 滋賀県の日本酒• 京都府の日本酒• 大阪府の日本酒• 兵庫県の日本酒• 奈良県の日本酒• 和歌山県の日本酒• 中国・四国地方• 鳥取県の日本酒• 島根県の日本酒• 岡山県の日本酒• 広島県の日本酒• 山口県の日本酒• 徳島県の日本酒• 香川県の日本酒• 愛媛県の日本酒• 高知県の日本酒• 九州・沖縄地方• 福岡県の日本酒• 佐賀県の日本酒• 長崎県の日本酒• 熊本県の日本酒• 大分県の日本酒• 宮崎県の日本酒• 鹿児島県の日本酒• 沖縄県の日本酒• ・ ・ ・ ・ ・ ・ 人気記事.

次の

「飛露喜」が目指すのは“王道の酒”─ 日本酒業界のトップランナー・廣木酒造本店の酒造り

廣木酒造本店

Contents• 合資会社廣木酒造本店 合資会社廣木酒造本店は、文化文政年間(1804~1830)の創業。 会津坂下町と新潟をつなぐ越後街道沿いで、代々「泉川」という銘柄の酒を地元中心に販売していました。 長年普通酒をメインに扱ってきた廣木酒造は、9代目廣木健司さんの手により一躍飛躍を遂げます。 高齢のため杜氏が蔵を引退し、先代の急逝で30歳という若さで社長兼杜氏として、酒を仕込むようになった9代目。 一時は、廃業も考えたそうです。 しかし、味で勝負できる酒、存在感のある酒を造りたい、という思いから1999年に生まれた「飛露喜」が爆発的な人気を得ることになります。 地酒ブームの火付け役ともなった銘柄の一つで、現在でも品薄状態が続き、入手が困難なほどです。 人気を一過性のものとせず、蔵主がさらに旨い酒造りを追求した賜物でしょう。 設備と原料米に投資を惜しまず酒造りにこだわり、細やかな温度管理で旨味と雑味の調整を行っています。 また、米を水に浸す時間が僅かに違うだけでも、味が変わってしまう日本酒。 浸水時間でさえ、秒単位で管理されています。 その結果、濃密でありながら透明感の溢れる酒が醸すことに成功。 火入れ技術の研究にも手間を惜しまず、現在でも成長を続けている蔵元です。 廣木酒造では、「飛露喜」と並び、地元優先で販売される「泉川」も人気を博しています。 「飛露喜」では出ない味わいを目指して造られる、蔵元のもう一つの面を見せてくれる地酒です。 合資会社廣木酒造本店 福島県河沼郡会津坂下町字市中二番甲3574• 限定酒が多く購入が困難な廣木酒造の酒の中で、 「特別純米飛露喜」は、唯一の通年安定して出荷される酒です。 安定しているからこそ、上質な酒質を保つ工夫が光る一本。 甘味、辛味、酸味のバランスの調和がとれていて、たちのぼるほのかな甘い香り。 飲みくちは、スッキリとしていて、口に含むと旨味が溢れてきて、いつまでも飲み飽きない味に仕上がっています。 6 アルコール度数: 16. 肉でも魚でも、さまざまジャンルの料理に合わせることができるのは、さすがの一言。 鶏肉の鍋を口に運ぶ合間に、冷やでちびりと一口いくと、旨さも倍増。 食中酒として、もう手放せません。 その他おすすめの酒.

次の