皇室ブログ 野火。 皇室顔、香淳皇后の血の濃さ

雅子さま秘密祭祀「ご遥拝・お慎み」暴露の宮内庁関係者へ厳重処罰か?

皇室ブログ 野火

【注意】ブログ記事とコメントを勝手に使いyoutubeにアップしないでください。 ちょこちょこっと週刊誌を見ましたが、眞子さまの結婚問題は 殆どの週刊誌が「再延期」と書いています。 中には「眞子さま100%結婚します」に紀子さま耳を疑う本音、 女性セブン2020年2月20日号と目を引くタイトルの女性誌も。 小室圭氏側で辞退を申し出るだろうとの誤算、世間の声は眞子さまの耳に届かず 結婚の決意は固い、小室圭氏も一貫して「結婚の意思は変わりません」 週刊朝日の永井貴子氏の記事では、秋篠宮殿下の立皇嗣の礼の儀式が 5月8日の昭和天皇陵への参拝で終わり、一段落した時期。 政府が安定的な皇位継承の確保策について検討に入る議論がスタート するであろう5月に結婚の意思を表明、眞子さまが皇籍離脱、一時金辞退し 民間の女性として結婚・・・等々 詳細は週刊朝日2月21日号を読んでください。 白紙、破談と書いてきましたが70%の確立で「再延期」から結婚へ 行くような感じに思えてきました。 眞子さまの歌会始の歌といい、今までも小室圭氏から心が離れた、 結婚を止める、これらの言葉が出て来ない。 いくら週刊誌だと言ってもここまで出て来ないのはどうかと思います。 仮に「再延期」と発表されるとゴールは「結婚」と受け取る人が多いでしょう。 今後、益々秋篠宮ご一家に対しての批判、誹謗、中傷が多くなります。 その筆頭ブログ、キクの紋がまた2つブログを増やしていました。 ななめ読みとこうろぜんと本家キクの紋から、タテ読み、皇室ニュースレイワ、と 5つも秋篠宮家批判ブログを作っていました。 こういう秋篠宮家批判のトンデモブログを増殖させていくんでしょうか。 暗澹たる思いになっています。 未だに「体調が許せば」と書かれていて記者会見にも出ない雅子さまですが これで春にイギリス王室からの招待でイギリス訪問されて雅子さまは 不安じゃないのでしょうか。 オランダ訪問とは違い欧州王室の中でもレベルが高い。 自分に厳しく身内にさえ厳しいエリザベス女王はじめ、チャールズ皇太子、 カミラ夫人、高身長のウィリアム王子とキャサリン妃、ウェセックス伯爵夫妻に アン王女夫妻、やんちゃなヘンリーとメーガンは不在でも錚々たるメンバーが 入れ替わり立ち代わり晩餐会などに出席されるでしょうね。 皇后の名前が載っていませんが、こちらは 「体調が許せば、皇后雅子さまも同席する」と書かれています。 夕方からの鑑賞なら愛子さまと3人でらん展を鑑賞しそうです。 更新ありがとうございます。 スマホの調子が悪いでの、PCからコメします。 お仕事ブログ、そんな事になってたんですね。 私はあれ以来、全く見てません。 自分が振り回されて、疲れてしまうので。 ヤフー記事も意図的に選んで読んでいたら、秋篠宮ご一家下げ記事があまり入らなくなりました! 週刊朝日の記事は耳を疑いますが そこまでして眞子様が結婚したいなら ヘンリー元王子のように 一切の公務を剥奪され また、高円宮家のように、降嫁後も名誉総裁で収入を得る道も断たれて アメリカでもどこでも、ご自分達だけで生活なさればどうでしょう。 「国民の祝福がなければ結婚は認められない」とおっしゃるだけでなく、秋篠宮皇詞両殿下にはエリザベス女王を見習って行動に移していただきたいです。 小室kは眞子様に付随する特別待遇を得たいのであって、全てを失った眞子様との結婚を望むでしょうか? 眞子様は皇族で、将来の天皇陛下の姉になるという自覚がありません。 眞子様の望みは結婚以外ほぼ叶えられ、何不自由なく生活でき、皆がかしづくのも、そのお立場においでだからですよね。 眞子様が望むことは、前代未聞です! 以前、バイキングで、高橋真麻さんがヘンリー元王子の王室離脱に際して 「宮内庁も想定した方がよい」という趣旨の発言をした時、 何てこと言うんだろう・・・と思ったのですが 悲しいかな、冗談にも思えなくなってきますね。 眞子様がどのような選択をしてもよいように、宮内庁では準備している、とどこかの記事に書いてありましたが 最も可能性がある 再延期 だとしても 宮内庁は小室親子の位置づけを国民に対して説明するべきだと思います。 婚約者じゃないなら、いつまで続くか分からない警備の必要性があるのか・・・など 宮内庁記者会で、記者の方には細かい事を突っ込んで聞いてほしいです。 眞子様は税金でお暮しなさってるのだし、国民は知る権利があります。 もー、眞子様の事になると血圧が上がって仕方ありません。 秋篠宮ご夫妻の真摯なご公務も、佳子様がお姉さまのためにご公務を頑張っていらっしゃる努力も焼け石に水です。 もしも、破談になったら国民は喜びますが 今後、眞子様に縁談が持ち上がることは皆無でしょうね。 イメージ悪すぎです。 そうなりたくないから尚更小室kに執着するのか・・・ 隣の芝生は青くはないですよね・・・ ちょっといたたまれない気になり久々に失礼致します。 私はkk問題までは皇室にあまり関心もなく、特別にお慕いしている宮家がある訳でもありません。 強いて言うなら「小室母子大嫌い派」だと思います。 如何なる形にせよこの母子の皇室への接触は認められない、生理的に我慢ならないのです。 私の周りの普通に常識的な人々も皆同意見です。 今回もし「再延期」されるとなれば事態は由々しい方向へ行ってしまうのではないでしょうか。 問題放置により、世論は秋篠宮の立皇嗣の礼反対にまで容易に行きかねないと思います。 私も小室母子が皇室の姻族になる可能性があるままでは、どうしても腑に落ちません。 秋篠宮ご夫妻の今なさることは公務ではなく、眞子様KKご結婚問題をなんとしてでも破談にもっていくよう努力されることと思います。 どうしてもご無理なら事前皇籍離脱の上ご結婚となるのでしょうが、その場合は元皇族の肩書も手放すご覚悟でお願いしたいです。 警護等に税金が使われている以上これ以上の再延期は国民のフラストレーションを増すだけと思います。 秋篠宮ご夫妻が団結なさり、問題解決の上、立皇嗣の礼に臨まれることを祈ってやみません。 公平感の際立つmayuさんのブログに一般国民の切迫感をお伝えしたくコメントさせていただきます。 全く同感です。 皇室に余り関心なかった方々も、この「小室母子」のことだけは、我が身や周囲の状況とも比較して「あれだけは嫌だ。 とても生理的に受け付けない」と多数の人が言っています。 氏素性、育ち環境、親族多数の自殺もオゾケ奮うのに、本人の姿形、目つきの悪さ、母親の姿形、目つき、発言、タクシー代1万円も自分では払う気がないと平気でいう根性、車のドアも人に開けさせる既に皇室気取りの態度、目指す方向と大学・大学院で学ぶことの不一致、不透明な留学資金と摩訶不思議な手厚い奨学金、母親の暮らしの資金源も不明、人に好意を踏みにじって「贈与と認識」と開き直る人間性。 そして何よりも内親王を妻にしようと目論むのに、定職につかない傲慢さと幼稚。 一般の方にもわかりやすい強烈事故物件です。 表面に出ていることだけでも、上述以上のことがあるわけですから、本当にこんな男、眞子様大学時代つき合って、何も見抜けなかったのが驚きです。 交際認めた秋篠宮ご夫妻にも何も落ち度がない、、とは言えないのが残念無念。 眞子様から交際を絶つという意思表示がない、そして秋篠宮殿下が父親として娘の縁組を破談するという英断ができない、ということが続けば、その先は。。 人の気持ちには扉は立てられません。 「秋篠宮家は嫌だ」という感情が国民全体に広まったらもうおしまいだと私は毎日ハラハラしています。 K氏の眞子様関連の言葉として、「眞子様とは感性が合う」というものが、過去掲載されていました。 「なるほど~」と思いました。 このお二人は感性が合うんですよ。 つまり、お金は天から降ってくる。 自分たちが汗水流さず、恵まれた人生コースを進むことができる。 それはその家庭の主や自分が稼いだお金ではない。 眞子さまの場合は税金だし、K家の場合は死亡した父親の保険金だったり、父親の実家からKへの代襲相続だったり、ジャガーさんへのおねだりだったり、遺族年金だったりするわけです。 以前、「馬之助さん」が、眞子さまが身体障碍者の会合に行かれたときのスピーチで、義足の若い女性と自分は同じだと。 「自分は、一般の人とは違う環境で育ってきた。 それを打破してあなたと同じように、新しい未来に向かっていきたい」みたいなコメントをなされたと書いておられましたが、要するに眞子様、平民の暮らしにあこがれておられるのでは。 でも!特権はあくまでも握ったままですよ。 その時点においてもお金は天から降ってくるし、人からかしづかれる状況であることには何も疑問を抱いておられなさそう。 高円宮家が道筋をつけた轍の上に乗って、名誉総裁をたくさんご両親から譲られて降嫁すれば、生活は何とかなると思っておられるのでは。 私は膠着状態が続き、K母子から辞退がない限り、事態はずーっとこのままのような気がしています。 そして事態はドンドン悪くなる。 秋篠宮家は将来天皇家になるのです。 その自覚、眞子様には全くおありでない気がします。 maynさん記事の更新ありがとうございます。 maynさんはあの皇室ブログを良く把握なさっていらっしゃるとは・・・・前にも書かれていましたが、内容を見ただけで、ご気分が悪くならないですか?ホントに、一体良くもまあ、あれだけの酷いものを書けると、思いますよ。 シロガネも以前、自分の書いた内容が某ブログ、もう名前も忘れましたが、皇嗣妃殿下を下げる内容に使われてしまってコメントを送れる事ができましたので、そういう事じゃないとコメントを送った事がありましたが、自分が書いた内容が、秋篠宮皇嗣ご一家を下げる内容に使われるのは、マジで!腹が立ちます。 ムカムカします。 maynさんが自分のブログの画像などを他の所で勝手に使われてお腹立たしなのは、よく分かります。 あ!前からお伝えしようと、思っていましたが、シロガネのブログの画像は、maynさんや馬之助さん等秋篠宮皇嗣ご一家を応援して下さるブログに載せてもらっても全然構いません。 お役に立てば嬉しいのですが・・・といっても、余りいい画像でないんで、使い物になるか分かりませんが。 出来るだけ綺麗に鮮やかな画像をと心掛けていますが。 素人なんでその点は、ご理解してください。 皇后陛下のドタデは、いつもの事デス。 これからもそうなるでしょうが、これが前例になっては、困ります。 あくまで現皇后陛下の特例です。 御譲位の特例法の時、この事もついでに付け加えて置けば良かったと思います。 雅子皇后陛下特例法として。 姫宮様は、「恋のやまひ」にかかり、その上「ロミオとジュリエット効果」という心理状態にいらっしゃるのですから。 NHKのBSで、偉人達の健康相談「与謝野晶子の悩める乙女の恋の病」を見まして、ああこういう事かと姫宮様の恋する乙女状態を理解出来ました。 今週木曜日の朝8時に再放送されますが、真面目で一途な人ほどその病にかかるそうです。 理解できてもシロガネは結婚には、反対です。 (覚悟はしていても)恋愛と、一緒に暮らす結婚は、違いますし、ましてやあの小室K氏は「鈍感」のうえ人の恩義も何も感じない位ですから、ご結婚されても姫宮様もダメになられるだろうし、ましてや皇室にまで影響が確実に出るであろうし、マジ、災厄のご縁組みだと思います。 あ~姫宮様の「恋のやまひ」が治って破談となれば一番なのですが、こればかりは、女性の心ですから、どうなるのか見当も付きません。 シロガネさん シロガネさんはコメント欄を閉じているので気にならないでしょうが 私は知っての通り、論壇netからキクノ紋のライターになっている男から しつこい脅迫コメントをされてブログのタイトルまで替えました。 あの時は目の手術後でマメにネットもできず自分で対策を取るような 状態まで頭が働きませんでした。 また同じようなコメントをされた時の為の反論資料が必要で、嫌でも のほほーんとしていることは出来ません。 あと、ブログ画像ではなく、記事とコメントをユーチューバーが勝手に使い 動画を作りyoutubeにアップしていたのです。 自分でブログを持っているのに他人のブログ記事とコメントを無断でする、 注意しても聞かないので上の方に警告文を出しました。 数年前も同じことがありました。 眞子さまが小室Kと結婚すると、秋篠宮家は今以上に批判され続け 秋篠宮殿下の立皇嗣の礼を終えても、愛子天皇の声が大きくなるのを 懸念しています。 なんとも暗い気持ちにさせる週刊誌記事ですね。 何度も書いてしまいますが、圭の次年度奨学金が確定するまでは再延期が一番可能性が高いと思います。 無事に三年を乗り越えられる目処がたった時点で白紙発表。 ここまですれば小室母子もおとなしくなるんじゃないかしら? 普通の常識が全く通じない宇宙人親子なので油断は禁物ですが。 それまでの一応上品仮面を脱ぎ捨てたのは、もう皇族の親戚になることはないから本来の姿に戻ったんだなとあの時に感じました。 なぜ辞退しないのかと言えば、あれだけプライバシーが曝されてしまいもう元の一般人に静かに暮らすことが難しいから。 なので眞子様とは何かしらの密約のようなものを交わしているのではないでしょうか? 眞子様も全て終わるまでは無言を貫くしかない。 朝日の記者の見とおしは小室圭を知らなさすぎ。 皇室離脱、一時金辞退したら、圭はさっさとトンズラすると思いますね。 雅子サマの予定、いい加減 ゛体調が整えば ゛ を使うのは止めてほしいですね。 主催者側にはどのくらい前に伝えられるのか知りませんが、先方の迷惑を考えないで良く国民に寄り添うなんて言えるものだと呆れます。

次の

皇室ブログ・でれでれ草

皇室ブログ 野火

画像タイトル: - B サムネイルを表示しています. クリックすると元のサイズを表示します. 無題 Name 名無し 火 01:44 No. 3222179 [] 本文なし … 派・是々非々グループ 今年の目標:ガソリンではなく体脂肪を燃やすよう努力します(笑) 宵っ張りから早起きに生活リズムを変えるよう頑張ります。 なるべく体を動かすよう意識します。 に使われてます 笑 なぜかは知りませんが、皇室の正しい霊的系譜は皇太子殿下、を飛ばして、殿下から殿下へと続いているようにお見受けします。チッソの穢れや、雅子妃の神事放擲、それにお付き合いになる皇太子のありようが、原因なのか? も霊的感受性と霊位が 毎度おなじみヨタ話です。 元々の研究所が怪しいといったのも我々が最初だったりします。 このヨタ話、もちろん全部すべて %当たるとは言いません。 まともな日 野火さん ブログ 指定した記事をの中で非表示にしたり、削除したりできます。 非表示の場合は、再度表示に戻せます。 画像が取得されていないときは、ブログ側にogp メタタグ の ギャラリーplaza からのご報告です。 昨日6日(火)、皇室へ四度献上した技法をお持ちの長尾貞美様. ご主催の「夢を焼い展」が終廊いたしました。 タロットとルーンを読んで、謎を読み解くブログです。 天気予報のような感覚でお楽しみください。 テーマへのリンク方法. あなたのブログに「皇室・皇族」テーマのバナーを掲載しませんか? テーマのバナーやリンクをinポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。 皇室や皇族の問題、皇族の偽物検証を扱っています。 復帰支持、、反対です。 政治、ときどき、オカルト、、そういうブログ。 しかし、の霊視結果を他のブロガーの方が転載し、気になるブログとして取り上げていました。 それによると、の未来は以下のような暮らしぶりが見えるとのこと。 未来のは皇室のではない別の施設 療養所? 次のカタリストとしての「相場」日々の最も受ける照会の1つに「急変動のきっかけは何か」という問いがある。 動画も記事に入れていただいて、とてもうれしく思いました。 お身体、ご自愛ください。 さて、goo ブログで見つけました。 侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。 連載中の小説もお見逃しなく。 【ふぶきの部屋】 室町からの士の家に生まれ育った慶応大経済学部卒の。 も使いながら、,の26年間の管理職の経験を通し、感情的に論じられやすい在日問題や政治経済を語ります。 「続・占い師が斬る!「あの方」の命運 」青と緑の稜線のブログ記事です。 皇室に関するブログ新着記事です。 小室圭さん nyからの「肉声音源」が全世界配信されていた 「結婚したい」意思固くとも…ニューヨークの小室圭さんを待ち受ける苦境 武田氏じゃないけど 人として 今日は鵜飼い開きの日 7日間ブックカバーチャレンジ[6日目] 個人ブログは、皇室「是々非々」実録に移転しました。 本サイトは、誰でも投稿できる皇室サイトに変えていきたいと考え 皇室に関する一般一般の人気記事です。 ' '本物かどうか、もうどうでもいいけど。 ' '「の胎内記憶」お空に忘れ物して取りに戻ったけどママのところに帰って来たんだよ' '災害時上級国民はどうするのか?' 'のに現れた虹の意味は? 映画「野火 Fires on the Plain」公式サイト。 監督作品 原作 なぜ大地を血で汚すのか 戦後70年を「野火」で問う。 霊能者による の件 の風景 これには相当な数の人がかかわっているそうです。 海外からも、コレクターの人たちが見に来ていたそうです。 そのものの本当の価値がわからない人たちが、しみがあるから安いだの何だの勝手に値段を話していた 「」社創業者氏が、13年以内に起こる出来事7つを予言していたことが判明。 世界最高峰の経営者が語る驚愕の未来を 前回のブログ 「、に直訴」 の記事への反響が大きく、たくさんのコメントや批判・質問メールをいただきました。 「ってなんですか?」から「神様はこの記事をどう思っているのですか?」などなど、いただいたメールは30通以上になりますが(もちろん批判もたくさん 皇室、終わりではありませんか。 本来の皇室は。 ある形で、殿下に皇統が移譲されることを期待していたのですが今のところ神風は 吹きません。 あるいは德仁の御代はごく短期に終わるのか・・・・・・神ならぬ身、知りようもありません。 『』の別館です。 こちらは、趣味やプライベートが中心のブログです。 久しぶりの…今朝のニュースより すぬうぴい … 男系男子支持の読んでためになる皇室情報ブログです。 読んで楽しくなる皇室・王室・動物などのブログです. 1人で卒業式の挨拶 久しぶりの皇室のおめでとうの話題は卒業式でした。 両親の皇后両陛下も出席されるかと楽しみにしていたのですが、コロナウィルス感染拡大を考慮にし出席を見送ったそうです。 皇后夫妻も卒業式に出席したかったと思いますし 「kawataとのrapt理論」に、新しく動画をアップしました。 今回は、 年「」のエンブレムについて、お話ししています。 このエンブレムについて、調べてみたところ、いろいろと秘密が隠されていることが、判明しました。 ajlauramx48.

次の

皇室全般画像掲示板

皇室ブログ 野火

【注意】ブログ記事とコメントを勝手に使いyoutubeにアップしないでください。 ちょこちょこっと週刊誌を見ましたが、眞子さまの結婚問題は 殆どの週刊誌が「再延期」と書いています。 中には「眞子さま100%結婚します」に紀子さま耳を疑う本音、 女性セブン2020年2月20日号と目を引くタイトルの女性誌も。 小室圭氏側で辞退を申し出るだろうとの誤算、世間の声は眞子さまの耳に届かず 結婚の決意は固い、小室圭氏も一貫して「結婚の意思は変わりません」 週刊朝日の永井貴子氏の記事では、秋篠宮殿下の立皇嗣の礼の儀式が 5月8日の昭和天皇陵への参拝で終わり、一段落した時期。 政府が安定的な皇位継承の確保策について検討に入る議論がスタート するであろう5月に結婚の意思を表明、眞子さまが皇籍離脱、一時金辞退し 民間の女性として結婚・・・等々 詳細は週刊朝日2月21日号を読んでください。 白紙、破談と書いてきましたが70%の確立で「再延期」から結婚へ 行くような感じに思えてきました。 眞子さまの歌会始の歌といい、今までも小室圭氏から心が離れた、 結婚を止める、これらの言葉が出て来ない。 いくら週刊誌だと言ってもここまで出て来ないのはどうかと思います。 仮に「再延期」と発表されるとゴールは「結婚」と受け取る人が多いでしょう。 今後、益々秋篠宮ご一家に対しての批判、誹謗、中傷が多くなります。 その筆頭ブログ、キクの紋がまた2つブログを増やしていました。 ななめ読みとこうろぜんと本家キクの紋から、タテ読み、皇室ニュースレイワ、と 5つも秋篠宮家批判ブログを作っていました。 こういう秋篠宮家批判のトンデモブログを増殖させていくんでしょうか。 暗澹たる思いになっています。 未だに「体調が許せば」と書かれていて記者会見にも出ない雅子さまですが これで春にイギリス王室からの招待でイギリス訪問されて雅子さまは 不安じゃないのでしょうか。 オランダ訪問とは違い欧州王室の中でもレベルが高い。 自分に厳しく身内にさえ厳しいエリザベス女王はじめ、チャールズ皇太子、 カミラ夫人、高身長のウィリアム王子とキャサリン妃、ウェセックス伯爵夫妻に アン王女夫妻、やんちゃなヘンリーとメーガンは不在でも錚々たるメンバーが 入れ替わり立ち代わり晩餐会などに出席されるでしょうね。 皇后の名前が載っていませんが、こちらは 「体調が許せば、皇后雅子さまも同席する」と書かれています。 夕方からの鑑賞なら愛子さまと3人でらん展を鑑賞しそうです。 更新ありがとうございます。 スマホの調子が悪いでの、PCからコメします。 お仕事ブログ、そんな事になってたんですね。 私はあれ以来、全く見てません。 自分が振り回されて、疲れてしまうので。 ヤフー記事も意図的に選んで読んでいたら、秋篠宮ご一家下げ記事があまり入らなくなりました! 週刊朝日の記事は耳を疑いますが そこまでして眞子様が結婚したいなら ヘンリー元王子のように 一切の公務を剥奪され また、高円宮家のように、降嫁後も名誉総裁で収入を得る道も断たれて アメリカでもどこでも、ご自分達だけで生活なさればどうでしょう。 「国民の祝福がなければ結婚は認められない」とおっしゃるだけでなく、秋篠宮皇詞両殿下にはエリザベス女王を見習って行動に移していただきたいです。 小室kは眞子様に付随する特別待遇を得たいのであって、全てを失った眞子様との結婚を望むでしょうか? 眞子様は皇族で、将来の天皇陛下の姉になるという自覚がありません。 眞子様の望みは結婚以外ほぼ叶えられ、何不自由なく生活でき、皆がかしづくのも、そのお立場においでだからですよね。 眞子様が望むことは、前代未聞です! 以前、バイキングで、高橋真麻さんがヘンリー元王子の王室離脱に際して 「宮内庁も想定した方がよい」という趣旨の発言をした時、 何てこと言うんだろう・・・と思ったのですが 悲しいかな、冗談にも思えなくなってきますね。 眞子様がどのような選択をしてもよいように、宮内庁では準備している、とどこかの記事に書いてありましたが 最も可能性がある 再延期 だとしても 宮内庁は小室親子の位置づけを国民に対して説明するべきだと思います。 婚約者じゃないなら、いつまで続くか分からない警備の必要性があるのか・・・など 宮内庁記者会で、記者の方には細かい事を突っ込んで聞いてほしいです。 眞子様は税金でお暮しなさってるのだし、国民は知る権利があります。 もー、眞子様の事になると血圧が上がって仕方ありません。 秋篠宮ご夫妻の真摯なご公務も、佳子様がお姉さまのためにご公務を頑張っていらっしゃる努力も焼け石に水です。 もしも、破談になったら国民は喜びますが 今後、眞子様に縁談が持ち上がることは皆無でしょうね。 イメージ悪すぎです。 そうなりたくないから尚更小室kに執着するのか・・・ 隣の芝生は青くはないですよね・・・ ちょっといたたまれない気になり久々に失礼致します。 私はkk問題までは皇室にあまり関心もなく、特別にお慕いしている宮家がある訳でもありません。 強いて言うなら「小室母子大嫌い派」だと思います。 如何なる形にせよこの母子の皇室への接触は認められない、生理的に我慢ならないのです。 私の周りの普通に常識的な人々も皆同意見です。 今回もし「再延期」されるとなれば事態は由々しい方向へ行ってしまうのではないでしょうか。 問題放置により、世論は秋篠宮の立皇嗣の礼反対にまで容易に行きかねないと思います。 私も小室母子が皇室の姻族になる可能性があるままでは、どうしても腑に落ちません。 秋篠宮ご夫妻の今なさることは公務ではなく、眞子様KKご結婚問題をなんとしてでも破談にもっていくよう努力されることと思います。 どうしてもご無理なら事前皇籍離脱の上ご結婚となるのでしょうが、その場合は元皇族の肩書も手放すご覚悟でお願いしたいです。 警護等に税金が使われている以上これ以上の再延期は国民のフラストレーションを増すだけと思います。 秋篠宮ご夫妻が団結なさり、問題解決の上、立皇嗣の礼に臨まれることを祈ってやみません。 公平感の際立つmayuさんのブログに一般国民の切迫感をお伝えしたくコメントさせていただきます。 全く同感です。 皇室に余り関心なかった方々も、この「小室母子」のことだけは、我が身や周囲の状況とも比較して「あれだけは嫌だ。 とても生理的に受け付けない」と多数の人が言っています。 氏素性、育ち環境、親族多数の自殺もオゾケ奮うのに、本人の姿形、目つきの悪さ、母親の姿形、目つき、発言、タクシー代1万円も自分では払う気がないと平気でいう根性、車のドアも人に開けさせる既に皇室気取りの態度、目指す方向と大学・大学院で学ぶことの不一致、不透明な留学資金と摩訶不思議な手厚い奨学金、母親の暮らしの資金源も不明、人に好意を踏みにじって「贈与と認識」と開き直る人間性。 そして何よりも内親王を妻にしようと目論むのに、定職につかない傲慢さと幼稚。 一般の方にもわかりやすい強烈事故物件です。 表面に出ていることだけでも、上述以上のことがあるわけですから、本当にこんな男、眞子様大学時代つき合って、何も見抜けなかったのが驚きです。 交際認めた秋篠宮ご夫妻にも何も落ち度がない、、とは言えないのが残念無念。 眞子様から交際を絶つという意思表示がない、そして秋篠宮殿下が父親として娘の縁組を破談するという英断ができない、ということが続けば、その先は。。 人の気持ちには扉は立てられません。 「秋篠宮家は嫌だ」という感情が国民全体に広まったらもうおしまいだと私は毎日ハラハラしています。 K氏の眞子様関連の言葉として、「眞子様とは感性が合う」というものが、過去掲載されていました。 「なるほど~」と思いました。 このお二人は感性が合うんですよ。 つまり、お金は天から降ってくる。 自分たちが汗水流さず、恵まれた人生コースを進むことができる。 それはその家庭の主や自分が稼いだお金ではない。 眞子さまの場合は税金だし、K家の場合は死亡した父親の保険金だったり、父親の実家からKへの代襲相続だったり、ジャガーさんへのおねだりだったり、遺族年金だったりするわけです。 以前、「馬之助さん」が、眞子さまが身体障碍者の会合に行かれたときのスピーチで、義足の若い女性と自分は同じだと。 「自分は、一般の人とは違う環境で育ってきた。 それを打破してあなたと同じように、新しい未来に向かっていきたい」みたいなコメントをなされたと書いておられましたが、要するに眞子様、平民の暮らしにあこがれておられるのでは。 でも!特権はあくまでも握ったままですよ。 その時点においてもお金は天から降ってくるし、人からかしづかれる状況であることには何も疑問を抱いておられなさそう。 高円宮家が道筋をつけた轍の上に乗って、名誉総裁をたくさんご両親から譲られて降嫁すれば、生活は何とかなると思っておられるのでは。 私は膠着状態が続き、K母子から辞退がない限り、事態はずーっとこのままのような気がしています。 そして事態はドンドン悪くなる。 秋篠宮家は将来天皇家になるのです。 その自覚、眞子様には全くおありでない気がします。 maynさん記事の更新ありがとうございます。 maynさんはあの皇室ブログを良く把握なさっていらっしゃるとは・・・・前にも書かれていましたが、内容を見ただけで、ご気分が悪くならないですか?ホントに、一体良くもまあ、あれだけの酷いものを書けると、思いますよ。 シロガネも以前、自分の書いた内容が某ブログ、もう名前も忘れましたが、皇嗣妃殿下を下げる内容に使われてしまってコメントを送れる事ができましたので、そういう事じゃないとコメントを送った事がありましたが、自分が書いた内容が、秋篠宮皇嗣ご一家を下げる内容に使われるのは、マジで!腹が立ちます。 ムカムカします。 maynさんが自分のブログの画像などを他の所で勝手に使われてお腹立たしなのは、よく分かります。 あ!前からお伝えしようと、思っていましたが、シロガネのブログの画像は、maynさんや馬之助さん等秋篠宮皇嗣ご一家を応援して下さるブログに載せてもらっても全然構いません。 お役に立てば嬉しいのですが・・・といっても、余りいい画像でないんで、使い物になるか分かりませんが。 出来るだけ綺麗に鮮やかな画像をと心掛けていますが。 素人なんでその点は、ご理解してください。 皇后陛下のドタデは、いつもの事デス。 これからもそうなるでしょうが、これが前例になっては、困ります。 あくまで現皇后陛下の特例です。 御譲位の特例法の時、この事もついでに付け加えて置けば良かったと思います。 雅子皇后陛下特例法として。 姫宮様は、「恋のやまひ」にかかり、その上「ロミオとジュリエット効果」という心理状態にいらっしゃるのですから。 NHKのBSで、偉人達の健康相談「与謝野晶子の悩める乙女の恋の病」を見まして、ああこういう事かと姫宮様の恋する乙女状態を理解出来ました。 今週木曜日の朝8時に再放送されますが、真面目で一途な人ほどその病にかかるそうです。 理解できてもシロガネは結婚には、反対です。 (覚悟はしていても)恋愛と、一緒に暮らす結婚は、違いますし、ましてやあの小室K氏は「鈍感」のうえ人の恩義も何も感じない位ですから、ご結婚されても姫宮様もダメになられるだろうし、ましてや皇室にまで影響が確実に出るであろうし、マジ、災厄のご縁組みだと思います。 あ~姫宮様の「恋のやまひ」が治って破談となれば一番なのですが、こればかりは、女性の心ですから、どうなるのか見当も付きません。 シロガネさん シロガネさんはコメント欄を閉じているので気にならないでしょうが 私は知っての通り、論壇netからキクノ紋のライターになっている男から しつこい脅迫コメントをされてブログのタイトルまで替えました。 あの時は目の手術後でマメにネットもできず自分で対策を取るような 状態まで頭が働きませんでした。 また同じようなコメントをされた時の為の反論資料が必要で、嫌でも のほほーんとしていることは出来ません。 あと、ブログ画像ではなく、記事とコメントをユーチューバーが勝手に使い 動画を作りyoutubeにアップしていたのです。 自分でブログを持っているのに他人のブログ記事とコメントを無断でする、 注意しても聞かないので上の方に警告文を出しました。 数年前も同じことがありました。 眞子さまが小室Kと結婚すると、秋篠宮家は今以上に批判され続け 秋篠宮殿下の立皇嗣の礼を終えても、愛子天皇の声が大きくなるのを 懸念しています。 なんとも暗い気持ちにさせる週刊誌記事ですね。 何度も書いてしまいますが、圭の次年度奨学金が確定するまでは再延期が一番可能性が高いと思います。 無事に三年を乗り越えられる目処がたった時点で白紙発表。 ここまですれば小室母子もおとなしくなるんじゃないかしら? 普通の常識が全く通じない宇宙人親子なので油断は禁物ですが。 それまでの一応上品仮面を脱ぎ捨てたのは、もう皇族の親戚になることはないから本来の姿に戻ったんだなとあの時に感じました。 なぜ辞退しないのかと言えば、あれだけプライバシーが曝されてしまいもう元の一般人に静かに暮らすことが難しいから。 なので眞子様とは何かしらの密約のようなものを交わしているのではないでしょうか? 眞子様も全て終わるまでは無言を貫くしかない。 朝日の記者の見とおしは小室圭を知らなさすぎ。 皇室離脱、一時金辞退したら、圭はさっさとトンズラすると思いますね。 雅子サマの予定、いい加減 ゛体調が整えば ゛ を使うのは止めてほしいですね。 主催者側にはどのくらい前に伝えられるのか知りませんが、先方の迷惑を考えないで良く国民に寄り添うなんて言えるものだと呆れます。

次の