ガンダム デスティニー スカイ。 ニコニコ大百科: 「デスティニーガンダム」について語るスレ 2101番目から30個の書き込み

HGCE 「デスティニーガンダム(ハイネ専用機)」 レビュー

ガンダム デスティニー スカイ

HGCE 「デスティニーガンダム(ハイネ専用機)」 レビュー HGCEから「デスティニーガンダム(ハイネ専用機)」のレビューです。 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するモビルスーツ。 複数のデスティニーガンダムとエースパイロットで編成される特殊部隊「コンクルーダーズ」構想において、 FAITHに選出されるほどのパイロットだったハイネ・ヴェステンフルスに用意されたデスティニー。 パーソナルカラーであるオレンジを基調としたカラーリングと専用の調整が施された機体だったが、彼の戦死により配備されることは無かった。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 オレンジのデスティニー。 各所アップ。 成形色が異なるという点を除き、デスティニーと全く同じキット。 シール部分はカラーリングが変わらないので、完全に同じ物になっています。 デスティニーと。 赤い部分の色味まで変わってますね。 可動範囲やギミック、武装はを参考にして下さい。 ベース機でピンク色だったビーム類は、全てオレンジ色になっています。 以下、適当にポージング。 ビームシールドとパルマフィオキーナの色は同じなので2個使いしてみる。 幻の運命。 以上、HGCEのハイネ専用デスティニーのレビューでした。 旧HGではCD特典として発売されたハイネ機のデスティニーが、HGCEでは数量限定の一般販売品として発売。 まぁカラーリングが違う点を除いてデスティニーと同じキットなので、感想も同様。 限定生産品なので当然のようにプレ値に。

次の

HGCE 「デスティニーガンダム(ハイネ専用機)」 レビュー

ガンダム デスティニー スカイ

HGCE 「デスティニーガンダム(ハイネ専用機)」 レビュー HGCEから「デスティニーガンダム(ハイネ専用機)」のレビューです。 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するモビルスーツ。 複数のデスティニーガンダムとエースパイロットで編成される特殊部隊「コンクルーダーズ」構想において、 FAITHに選出されるほどのパイロットだったハイネ・ヴェステンフルスに用意されたデスティニー。 パーソナルカラーであるオレンジを基調としたカラーリングと専用の調整が施された機体だったが、彼の戦死により配備されることは無かった。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 オレンジのデスティニー。 各所アップ。 成形色が異なるという点を除き、デスティニーと全く同じキット。 シール部分はカラーリングが変わらないので、完全に同じ物になっています。 デスティニーと。 赤い部分の色味まで変わってますね。 可動範囲やギミック、武装はを参考にして下さい。 ベース機でピンク色だったビーム類は、全てオレンジ色になっています。 以下、適当にポージング。 ビームシールドとパルマフィオキーナの色は同じなので2個使いしてみる。 幻の運命。 以上、HGCEのハイネ専用デスティニーのレビューでした。 旧HGではCD特典として発売されたハイネ機のデスティニーが、HGCEでは数量限定の一般販売品として発売。 まぁカラーリングが違う点を除いてデスティニーと同じキットなので、感想も同様。 限定生産品なので当然のようにプレ値に。

次の

HGCE デスティニーガンダム レビュー

ガンダム デスティニー スカイ

には簡易があると言うけど、あれは投げたら肩に戻ってくるのだろうか? 先代はバッが肩に戻ってたけど。 だけど作中帰艦時の補給でを再装填(補充?)してる描写があったと思うけど、あれって壊されたんだっけ。 (確か辺り) 後投げて戻って来たを受け取るってのは流石に厳しいですかね。 の説明には「を一撃で破壊できる」的なのがあるけど、威的にとならと言うか威はどちらが上だろうか。 前にどこかでが最高みたいな一文を見かけたけど、に内蔵されたガンにそこまでの威があるかと言うも見たので。 最も時間が経つにつれ設定が変化してるでそこまで考える事でもないような気もしますが、どうか回答願います。 が簡易かはともかく、勝手に戻って肩部に再接続は出来るとは思う。 の時点で出来てる事を出来ない理はないかと。 んで、戻ってきたのを手掴み回収は確かがやってた気がするので恐らく可。 待機ならまだ補給となるとやはり戦しか記憶にないけど、この場合を追い詰めた時にが介入してを撃ち落としてるので予備の物を装備しなおしてたんじゃないかと。 が一撃で落とすとかより上というのは初なので何とも言えないけど、に考えればに内蔵した小発生機と大ではが上かと。 を艦船に撃つも較出来る様なもないし。 射程や精度の面でも撃は、は中近での不意打ちと言うか戦術を広げる用途じゃないかと思います。 密着でも片手いてりゃ唐突にぶっ放してくるとかに怖いし、短時間ながら受け止めるとかやってるし。

次の