豆腐 パウンド ケーキ。 【ヘルシーなパウンドケーキの作り方】おすすめで人気のレシピ20選

豆腐のフルーツパウンドケーキ☆レシピ

豆腐 パウンド ケーキ

作り方• 型にクッキングシートを敷いておきます。 ボウルに絹ごし豆腐、砂糖を入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜ合わせます。 サラダ油を少しずつ入れながら、混ぜ合わせます。 バニラエッセンスを入れ、混ぜ合わせます。 粉類をふるい入れ、ゴムベラで混ぜ合わせます。 型に流し入れ、全体をならします。 竹串を刺して生の生地がつかなければ焼き上がりです。 型から外して粗熱を取ります。 お好みの大きさに切り、器に盛り付け、ミントを飾って出来上がりです。

次の

【ヘルシーなケーキを作ろう】お豆腐やヨーグルトでカロリーOFF!おすすめで人気のレシピ20選

豆腐 パウンド ケーキ

パウンドケーキの効果について バターケーキの一種であるパウンドケーキ。 小麦粉、砂糖、卵、バターをそれぞれ1ポンドずつ使用していることからパウンドケーキと名付けられました。 カロリーが高く脂質が多く含まれてることから、ダイエットには不向きなお菓子ですが、食べ方に気をつけていれば過度に我慢することはありません。 パウンドケーキのカロリーは1切れ約200カロリーです。 材料にバターが使われているので腹持ちがよく満腹感が持続します。 そのため食べ過ぎ防止に役立ちます。 ダイエット中はストレスがたまりがちですが、甘いものを食べてリラックス効果も期待できます。 健康茶と一緒に食べるとお茶に含まれるタンニンが糖質の吸収を抑える働きをしてくれますよ。 パウンドケーキの栄養について 小麦粉やバターを使用しているパウンドケーキは脂質と糖質が主な成分です。 摂りすぎると肥満の原因にもなりますが、本来は炭水化物やタンパク質と並ぶ3大栄養素の一つです。 体内機能のエネルギー源となり、ビタミンの吸収を助けたり細胞膜やホルモンの材料になります。 糖質も過剰摂取すると肥満や生活習慣病の原因となってしまいますが、体内のエネルギー源になります。 脂質と違いすぐに使われるので、マラソンやトライアスロンなどの長時間の運動の際には糖質からエネルギーとして使用されます。 糖質が少ないと疲れやすい、体力が落ちるなどの症状が出てしまいます。 フルーツを添えたりトッピングに工夫すればその分栄養価もアップし、手作りでヘルシーに仕上げることもできますよ。 材料は小麦粉、きなこ、ベーキングパウダー、サラダ油、豆腐を用意します。 作り方は材料を全てボウルにいれ、よく混ぜ合わせます。 型に生地を流し込み、170度のオーブンで25分〜35分ほど焼き、竹串を刺して生地がついてこなければ出来上がりです。 小麦粉とベーキングパウダーはふるいにかけて混ぜるといいでしょう。 ヘルシーかぼちゃパウンドケーキ。 作り方はボウルに酒粕、豆乳、砂糖、油を入れ混ぜます。 卵を加えさらに混ぜます。 さらに薄力粉、ベーキングパウダーを加え混ぜ合わせます。 型に流し入れゴムベラで平らにします。 真ん中にゴムベラで軽く切れ込みを入れ、180度のオーブンで約25〜30分焼いたら完成です。 焼けたらすぐにラップし、一晩置くと翌日はしっとり食感が味わえます。 作り方はかぼちゃは1. 5センチ幅に切りレンジで加熱し、フォークでよく潰します。 ボウルに絹ごし豆腐、卵、ヨーグルトをいれ、混ぜ合わせたら潰したかぼちゃを加え混ぜます。 ホットケーキミックスときび砂糖をふるいながら混ぜ、型に流したらトッピングします。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 ロールケーキは卵・砂糖・小麦粉を基本材料としたスポンジ生地に、生クリームなどのクリームを巻いたケーキです。 材料がシンプルなぶん、アレンジやデコレーションの応用の幅が広く楽しめます。 ケーキの中ではレシピの工程も少ないものが多く作りやすいので製菓初心者にも挑戦しやすいケーキです。 この記事ではロールケーキの歴史と由来に加え、ロールケーキの巻き方について、王道シンプルロールケーキからアレンジロールケーキまで、今大人気のHM(ホットケーキミックス)で作るロールケーキ、オーブンなくてもチャレンジできるロールケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 フワッと口どけの良いシフォンケーキは、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴的。 絹織物のように軽い食感であることからその名がつけられました。 スポンジケーキの一種でもあるシフォンケーキは、普段、お家にあるシンプルな材料で思い立った時に作れるのも魅力の1つですよね。 この記事では、シフォンケーキの基礎知識に加え、基本のシフォンケーキレシピ、フレーバーシフォン、今流行りのSNS映えするシフォンサンド、型なくても作れちゃう お手軽シフォンケーキ、 炊飯器で作るシフォンケーキ、HMで作るシフォンケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。 チョコレートケーキの定番、「ガトーショコラ」はフランスの伝統菓子。 バレンタインのプレゼントにはもちろん、ディナーのデザートから子供のおやつまで幅広いシーンぴったりな焼き菓子。 しっとりとした生地と、口の中に広がるチョコレートの香りがたまらないですよね。 この記事では、ガトーショコラの基礎知識に加え、基本のガトーショコラ、ホットケーキミックスを使ったレシピ、抹茶のガトーショコラ、豆腐のガトーショコラ、炊飯器を使ったガトーショコラ、アレンジガトーショコラレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【卵・牛乳不使用】たんぱく質たっぷりでヘルシー!豆腐ときな粉のパウンドケーキ

豆腐 パウンド ケーキ

木綿豆腐やなたね油(サラダ油でもOK)を使って 簡単にできるようにしました。 本物のパウンドケーキよりも少しふんわりめです。 しっとりしてとても美味しいです^-^ 冷蔵庫で冷やすとさらに美味しかったです。 家族がとても喜んでくれるのでレシピUPしました。 2.ボウルに薄力粉、ベーキングパウダーを入れ、 泡だて器でぐるぐるとよくかき混ぜます。 3.別の大きめのボウルに木綿豆腐、砂糖、塩を入れて、 泡立て器でよく混ぜてクリーム状にします。 多少豆腐の粒々が残っていても大丈夫です。 4.3に卵を加えてよく混ぜ合わせ、 油とバニラオイル、【お好みで】レモンの皮のすりおろし を加えてよく混ぜ合わせます。 5.4に2を加えて2分間ヘラでよく混ぜます。 途中、手が疲れてきてゆっくり混ぜになっても大丈夫です。 きちんと2分間計って混ぜ続けます。 6.生地を型に移し、平らにならします。 ねっちょりした生地が付いてきた場合は、 2~3分ずつ竹串で様子を見ながら焼いていきます。 7.焼きあがったら、型とオーブンシートからすぐにはずして、 ケーキクーラーなどに乗せて、熱々のうちに 大きなビニール袋で覆って冷まします。 荒熱が取れたら、ラップに包み、保存袋などに入れます。 生地がよりしっとりします。 ケーキが完全に冷めてから切り分けます。 冷蔵庫で冷やすと一層美味しいです。 卵なしのケーキはできるだけ手早く混ぜてオーブンに入れた方が 膨らみが良くなりますが、 卵入りのケーキは十分に混ぜた方が より美味しい生地になるようです。

次の