シエンタ フル モデル チェンジ。 シエンタのモデルチェンジ推移!マイナーチェンジや一部改良、フルモデルチェンジの時期や内容が一目瞭然

【シエンタ フルモデルチェンジ 2021】発売時期、エンジンスペック、サイズ、広さ、価格など、予想情報!

シエンタ フル モデル チェンジ

市販型では、コンセプトをベースにリデザイン、フロントではヘッドライトをグリルより上に配置、若干大きめにデザインされる可能性がある。 またその下にLED、ポジション、ウインカーを装備。 バンパーも安全性向上のため、車幅一杯に伸ばし大型化され、シンプルながら迫力ある顔つきに再設計されるだろう。 サイドは前後のタイヤハウスの張り出しを抑えながらも、シャープなデザインラインに、フロントウインドウは若干拡大され視界が向上すると予想される。 市販型でもスライドドアが採用され、他のSUVとの差別化を図るだろう。 ボディサイズは、『C-HR』よりホイールベースが100mm以上長く、全高は1620mmと70mm高くなる。 パワートレインは、2. 0リットル直列4気筒+電気モーターの「マルチステージTHS II」ハイブリッドシステムが予想され、最高出力は160ps程度となるだろう。 駆動方式はFFと4WDが設定されるはずだ。 もう一つの注目はシートレイアウトだ。 ベースモデルは5人乗りとなるはずだが、3列7人乗りが設定される可能性もある。 日本発売は最速で5月、遅くとも9月には市場に投入されるはずだ。 世界的にSUVは、クーペスタイルが潮流となっていますが、この流れに乗って2020年のモデルチェンジするのがトヨタの人気SUV、ハリアーです。 ハリアーはフルモデルチェンジがここ数年行われておらず、期待したい一台と言えるでしょう。 新型ハリアーは、ハリアーとして初となる新世代プラットフォーム「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を採用します。 また、従来は、トヨペット店専売車種だったハリアーですが、併売化に伴い全チャネルで販売されることに。 まさに看板車種であるにもかかわらず、新型ハリアーの発表は新型コロナの影響により、プレスリリースのみの発表となりました。 新型ハリアーの発売は2020年6月を予定しています。 2020年2月21日に発売された新型アコード。 アコードはホンダのアッパーミドルクラスセダンです。 もともとはミドルクラスセダンであったものの、シビックのミドルクラスへの移行とインスパイアの生産終了に伴って、アッパーミドルクラスセダンに移行しています。 全長は現行モデルと比べ45mm短くなったものの、ホイールベースが55mm拡大。 低・ロングノーズ化、低全高化されたことより、FF車ながらもワイドアンドローな印象を見る者に与えます。 また、ヒザ周りの空間が50mm、足元が70mm拡大され、競合するライバルと比べ圧倒的に広い後部空間を実現しています。 価格は465万円です。 マツダのフラッグシップ・4ドアサルーン、『アテンザ』次期型が発売されると噂されています。 2020年秋ごろの予想。 マツダは、グローバル化強化のためアテンザの車名を『マツダ6』へと変更すると見られています。 そして最大の注目は、現行モデルのFFからFRへの変更。 より官能的な走りを実現すると共に、次世代プラットフォーム「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を採用、よりラグジュアリーな空間を提供してくれることでしょう。 パワートレインの目玉は、やはり「SKYACTIV-X」。 そして、最高出力300ps以上を発揮する3. 0リットル直列6気筒ディーゼルツインターボ+電動スーパーチャージャー「SKYACTIV-D」の設定が予想されており、燃費、走行性能が大幅に向上すると思われます。

次の

シエンタ フルモデルチェンジ予想情報|2020年以降の発売時期を考察

シエンタ フル モデル チェンジ

トヨタのラインナップでファミリーカーというとノアやヴォクシー、それに少しグレードを上げるとアルファードといったところが頭に浮かびますが、それに隠れて売れているファミリーカーがあります。 その名も「シエンタ」です。 取り回しのいいコンパクトなボディに3列シートやスライドドア、さらには燃費も優れているというファミリーカーとしての条件をたくさんクリアしている車と言えるでしょう。 現行モデルは2代目でフルモデルチェンジされた『トヨタ新型シエンタ』の登場が近づいてきています。 『トヨタ新型シエンタ』の発売時期はいつになるのか?燃費やサイズ、そして気になる販売価格も予想していきます。 トヨタの新型シエンタが発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度確認してみてくださいね。 1期2003年9月から2010年8月 (8年11か月)• 2期2011年5月から2015年7月 (4年2か月) 《2代目》• 2015年7月から販売継続中 2003年9月に発売が開始された1代目「シエンタ」はトヨタの販売計画の見直しで一度は生産が終了したものの2011年5月にマイナーチェンジされ再び生産が開始されました。 トータルで13年ものロングセラーとなりました。 現行モデルである2代目「シエンタ」は大胆なデザインでデビューし現在も売り上げを伸ばすヒット作となっていますので次のフルモデルチェンジまではもう少し期間をおき、【2021年5月】にフルモデルチェンジされた『トヨタ新型シエンタ』の登場となりそうです。 スポンサーリンク 新型シエンタの燃費やサイズと価格も予想! 『トヨタ新型シエンタ』のパワートレインと燃費• ファミリーカーとしてやはり燃費は気になるところでしょう。 現行モデルよりも全長を長くし、全高を上げることで5ナンバーサイズはキープしつつもさらに広い室内空間を確保することになりそうです。 『トヨタ新型シエンタ』の価格は1. 現行モデルが181万円からとなっていますのでフルモデルチェンジで少し価格が上がり ・1. まとめ 3列シートのミニバンといえば豪華すぎる装備やイカツイ外観のやんちゃな車が多くファミリーカーというにはちょっと違和感がありますが「シエンタ」には狭い駐車場も苦にならず、時にはたくさんの人が乗れたり、荷物をたくさん積んだり、ファミリーのさまざまなシーンにマッチする本当のファミリーカーと呼べる車だと思います。 フルモデルチェンジされさらに進化した『トヨタ新型シエンタ』の登場を楽しみに待ちましょう。 『トヨタ新型シエンタ』•

次の

シエンタのモデルチェンジ推移!マイナーチェンジや一部改良、フルモデルチェンジの時期や内容が一目瞭然

シエンタ フル モデル チェンジ

「トヨタ・シエンタ」は、2003年9月に発売された、全長4. 1mのコンパクトなボディーに3列シートを備えた7人乗りミニバン。 主なターゲットはヤングファミリー層で、丸型ヘッドライトなどで親しみやすさを表現したボディーは、左右リアにスライドドアを備え、使い勝手に優れていた。 エンジンは1. 5リッター直4で、変速機はFFがCVT、4WDが4段AT。 2010年8月にいったん生産が打ち切られたものの、翌2011年6月に販売を再開。 2015年7月に初の世代交代を迎え、初代とは打って変わって「トレッキングシューズをイメージした」というアクティブなスタイリングを持つ2代目が登場。 パワートレインは1. 5リッター直4+CVTのほか、JC08モードで27. 5リッターエンジン+モーターのハイブリッドが加わった。 2018年9月のマイナーチェンジでは新たに2列シート仕様も設定された。

次の