レペゼン 地球 炎上 商法。 レペゼンのジャスミンゆまパワハラ炎上商法の経緯!ホルモン共演で謝罪の現在は?

レペゼン地球が炎上商法の件で批判を受け、開催が決定していたドー...

レペゼン 地球 炎上 商法

炎上内容 そんな彼らが今回なぜ炎上したか。 2019年7月17日、同じくLife Groupに所属する元女子高生タレントがTwitter上で「DJ社長によるがあった」という内容のツイートを行なった。 DJ社長は18日に「頭を丸めた状態でパワハラをしたことを認め謝罪する」という内容の動画をYouTubeに公開、活動再開については遅くとも同月20日までに報告すると発表した。 20日にこのパワハラ騒動はを狙ったジャスミンゆまのプロモーションであり、頭も実際には剃っていないこと、レペゼン地球の復活を宣言するという旨の動画を公開した。 しかし、パワハラをネタにしたことで炎上状態となり、動画内で披露された新曲『パワハラ ザ ホルモン』のMVへ出演したもパワハラを助長していると炎上したことで動画を削除し、オフィシャルTwitterにて謝罪を行った。 23日には同曲のメロディを流用し「更正しました」「炎上商法絶対ダメ」等と連呼する新曲『こうせい ざ たぴおか』を発表した。 この炎上により、DJ社長が出演する『』(系)の放送回が差し替えとなったほか、7月26日に9月7日、8日に予定されていたメットライフドーム公演も中止、先行発売したFC会員向けチケットの代金も返金となる旨が発表された。 賛否はあるだろうけど、俺は天才だと思った。 既存の炎上商法とは一味も二味も違う😂 — ナカモトダイスケ サンセットスタジオTV nakamotoskywalk ほんとさすがです!! 完璧に騙されました 笑 レペゼン地球は別格!!! — りく RIKU051725 否定派の意見 金儲けのための嘘に若い女性を巻き込んだ。 彼女に対する世間の信頼を失わせた。 実際にセクハラパワハラに遭って困っている人たちを踏んだ。 その人たちの告発のハードルを高くした。 あまりに罪深い。 許せない。 モラルも品も学もない。 ファンの民度が低いから、こう言った事を平気で行う人が出てくる。 YouTuberなどの表現者への教育と同じくらい、視聴者への教育も必要だ。 — 小林 琢磨(ナンバーナイン代表) takuma828 考察 それに対して私はこんなツイートをしました。 怒りの矛先向けるべくはパワハラセクハラの加害者であってここじゃない。 更に、「セクハラ・パワハラで苦しんでいる人たちの告発のハードルを高くした」「炎上商法でしょう~」的な2次セクハラを助長させる危険性があるとのことですが、告発をして周りにパワハラされてたんだね!と認めてもらうことが目的ですか? 目的はパワハラ・セクハラ被害に遭わないことですよね? ならば、辞めるなりしてその環境に身を置かなければいい話です。 更に、ジャスミンゆまに対する世間の信頼を失わせたとありますが、そんなもんは、ジャスミンゆまが選択したことで断ることもできたはず。 それこそパワハラ的にDJ社長が強要したものでないとすれば本人の責任です。 本人の選択に対して第三者がごちゃごちゃ言う必要はないと思います。 結局、すべて自分自身で選択することができます。 すべて自分次第です。 周りが悪い、環境が悪い、~のせいでなど、他責にすることは簡単ですが、それは逆に言ってみれば、自分の力ではなにも変えられないことを認めていることになります。 他責から自責へ 一見それは残酷なように思えますが、自分の責任、自分が選択した道だから、と思えるようになることで、自分次第でどうにでもできる!という自信へと繋がります。 人生の舵を握っているのは自分自身です。 パワハラ・セクハラの加害者に舵を握らせてませんか? DJ社長率いるレペゼン地球は過激ではあるものの身を持って、 「自分の力でなんでもできるんだ!」というメッセージを伝えてくれているような気がします。

次の

レペゼン地球&ジャスミン炎上商法で批判集中…マキシマム ザ ホルモンも巻き込んでキャリアを傷つける|おたぽる

レペゼン 地球 炎上 商法

レペゼン地球炎上 という事件があった。 レペゼン地球所属のアーティストの女性が、Twitterにパワハラを告発し、 レペゼン地球の代表DJ社長にホテルにしつこく誘われたというLINEをTwitterに公表した。 その女性もフォロワーが多かったこと、レペゼン地球のDJ社長の知名度も高かったことから、 この内容はTwitterを中心に一気に拡散され、その女性には心配コメントが相次ぎ、DJ社長には避難が殺到した。 この内容に関して、きちんと説明した動画をyoutubeにアップするという約束がなされ、 実際にその動画がアップされたが、なんと全ては嘘。 台本だったということで、 注目を集める為の、大掛かりなドッキリだと言うことがわかった。 そのドッキリは大きな効果をあげ(好感度が上がったかは置いておいて、広告という意味において) 一時Twitterのトレンドワードには「炎上商法」「レペゼン地球」という文字が踊った。 さて、僕はテレビのドッキリが大嫌いである。 見ているといたたまれない気持ちになり、チャンネルをかえる。 上記の商法は、僕には絶対には真似できない。 そしてこの一連の流れは好きか嫌いかではいえば、 嫌いな部類に入るプロモーションであった。 レペゼン地球はこのプロモーションで好感度下げてドーム大丈夫なのかなぁ・・という感想で終わればなんと平和なことだったかと思うのだが、 このレペゼン地球の行為より、僕の心がざわついたのがこのプロモーションに対する反応である。 このレペゼン地球のプロモーションは大炎上し、DJ社長も、このアーティストの女性も袋叩きにあっている。 その叩き方が異常に熱を帯びすぎていてあまりにも気持ち悪かったので、その事について話させて頂きたい。 気持ち悪い点は2点 ・レペゼン地球のプロモーションを褒めた人間にまで罵詈雑言がとんでいる事 ・今後セクハラやパワハラを訴えた人間が信用されなくなるという理論 の2点だ このレペゼン地球のプロモーションについて、僕は嫌いだと表現したし、好感度は確実に下るだろうとは思うが、 ただ、話題になりたかった!という事であれば、頭の良いプロモーションだったと思う。 今のTwitterの民度の事をよく理解して、よく利用したなという感想だ。 そもそも、この炎上商法は、Twitterの民度が高ければ成り立たないものだったが、見事に民度が低かった為、成功(話題になったので)してしまった。 行方不明者のツイートの主は殺人鬼である可能性もあるから、必ず捜索願番号があるか確認しなければならないといくら呼びかけても 行方不明者のツイートを情景反射でRTしてしまう人が多いし 不適切な画像やショッキングな動画を売名目的でツイートしてしまう人が後を絶たない。 このパワハラ台本ツイートも、拡散されたのは、 「DJ社長がやらかしたぞ!!みんなーおもちゃに出来るぞ!いえーい!」という拡散が多かったと思われる。 もしもTwitter民が、以前ドラマになった「3年A組」の教訓である、 「一度冷静になって考える」という行動が出来ていたなら、 ・このパワハラツイートは真実なのか ・であれば、Twitterでなく弁護士に相談するべきではないのか ・拡散して人に呼びかける内容なのか このように考える人が多かったなら、炎上商法としては成立しなかったのである。 しかし、実際炎上商法は成功した。 それはつまり、Twitterの民度の低さが要因である。 そして、レペゼン地球のDJ社長は 「Twitter民の民度は低いから、高確率で成功するであろう」と思ってこのプロモーションを行ったのである。 まんまと思い通りではないか。 そう考えると、やった行為が良いか悪いかは置いておいて、よく考えついたなとは思う。 そして、僕たちTwitterを使っている人たちは、一つ反省材料にするべきだなと思った。 その、よく考えついたなという褒め言葉(褒めているかどうかもわからない。 ただの感想のような気がする)にさえ、 罵詈雑言が飛んでいる。 ・こんなクズなプロモーションを認めるのか ・これを褒めるとはお前も同類か! などである。 テレビで行われるドッキリ企画でさえ嫌いな僕が、この事を書くことによって、同類とみなされてしまうのであろうか。 だとするととてもショックである。 Twitterは140字しか書けないのだ。 「レペゼン地球のDJ社長。 頭いいな。 」とツイートした人は、誰も騙してないし、パワハラをされたフリをしたわけじゃないのに。 もう1点が、 「今後、セクハラやパワハラを訴えた人がオオカミ少年的な扱いを受けるぞ!どう責任取るんだ!!」という意見である。 これに関しては、言ってる人達本気なのかい?と思ってしまった。 僕は結婚しているが、嫁が会社でパワハラを受けたと僕に相談してきたとして、 「いや、こないだTwitterで話題になってたあれの真似?ドッキリでしょwww」 などと絶対に言わない。 いや、逆に言いたいが、これを言う人がいるのか?だとすると、この国はどうなってるのか。 本当に怖い。 100歩譲って、今後、該当の女性アーティストがパワハラを訴えた場合、疑うのはわかる。 が、今後、その人とは全く関係ない人がパワハラを訴えた場合に、この事が要因で疑われるなんて事が本当にありえるのか。 逆に教えてほしい。 本当にそうなのか。 僕の感覚が狂っているのか。 僕は周辺の人達が涙ながらにこのような相談をしてきた時に、口が裂けても「ドッキリでしょ?」などと言わない。 言えるわけない。 だとすると、 そこを叩くのはやりすぎではないのだろうか・・。 と思う。 今回の事件でモヤモヤざわざわしたことを全部吐き出して書き出してみたが、 ぜひ、読んだ人たちの意見もお伺いしたいので、 思ったことはぜひ教えてほしい。 ともあれ僕は、とにかく落ち着いて、Twitterの情報を取捨選択していきたいと思った。

次の

「レペゼン地球」のDJ社長による「パワハラねつ造炎上商法」批判が殺到

レペゼン 地球 炎上 商法

その内容がレペゼン地球とジャスミンのプロモーションMVに出演してしまったことへの経緯への謝罪であった。 事の発端は7月17日のジャスミンによる告発ツイートであった。 そこにはLINEのスクリーンショットが貼られており、DJ社長から肉体関係を迫られる生々しいやり取りが掲載されていた。 ジャスミンはこのことから、事務所を辞めることを決意したと発表した。 所属が発表されたのが7月5日だったため、約2週間での出来事だった。 ジャスミンの勇気ある告白と決意は多くの同情を集め、SNS上に一気に拡散された。 そして、彼女の知名度は一気に上がっていく。 それと同時にDJ社長への失望の声も上がり、公式の声明が待たれていた。 そして昨日の7月20日、ついにDJ社長から公式の声明がYouTubeにアップロードされた。 その内容が驚愕するものだった。 最初は丸刈りにしたDJ社長が登場するのだが、動画が進むとMVへと変わり、これまでの一環のやり取りが面白おかしく簡易ドラマで描かれ、なんと全て嘘だったと分かるのだ。 つまり完全な炎上狙いのだったのである。 事実、動画の中で今回のジャスミンのツイートを取り上げたシバターを揶揄したり、メディアは勝手に拡散してくれると、これまた小馬鹿にするように歌っていた。 動画の後半にはマキシマム ザ ホルモンまでが登場するという力の入れようだった。 そして最後はDJ社長の丸坊主もメイクだった…というオチだる。 動画の完成度は非常に高いもので、その驚愕の内容からレペゼン地球のファンはSNSのリプライで大絶賛。 落合陽一やくつざわなど人気インフルエンサーたちもその驚きの手法に絶賛のツイートをしていた。 しかし、性的被害を利用した手法に批判が集中する。 さらに、ジャスミンが以下で後追いツイートをした。 この度は、DJ社長の策略とは言え、世間をお騒がせして大変申し訳ありませんでした。 ねぇ、今どんな気持ちぃ?? 言ってみたかった これからもよろしくお願いします。 結果、彼女のことを本気で心配した人たちから、批判の集中砲火を浴びる形となり、さらに炎上していった。 この流れにまずいと思ったのか、インフルエンサーたちも賞賛ツイートを削除し、落合陽一も釈明のようなツイートをすることとなった。 そして、出演したマキシマム ザ ホルモンへも飛び火。 謝罪が掲載されたのである。 今回の件を音楽メディア関係者へ訊いてみた。 「炎上商法といった意味では成功に見えますが、結果的に一部のファンが盛り上がっただけでした。 新規のファンを取りこむことは失敗ですね。 むしろ逆効果でした。 ジャスミンさんはその後にSNSで自身も性的被害の経験があると、謎の釈明をしたのですが、その行為も意味がよく分かりません。 マキシマム ザ ホルモンもイメージを崩してしまい、DJ社長の責任は相当なものですね」(音楽メディア関係者) 今回の騒動で、DJ社長とジャスミンは何を思うか。 それでも知名度が上がったので良しとするのか。 しかし、こうした炎上商法に性的被害を織り交ぜて話題になった者たちを、メディアが関係を持っていこうとは思えないだろう。 何を仕掛けてくるか分からない彼らとリアルでかかわった場合、マキシマム ザ ホルモンの二の舞にならないとも限らない。 インターネット上だけで活動していくのなら、炎上商法も良いのかもしれない。 しかし、リアルも取り込もうとしたとき、諸刃の剣となることを忘れてはならない。

次の