お年玉 いくつ まで。 相場はいくら?いくつまであげる?お年玉のマナー

お年玉はいくつまであげるもので、金額の相場って、どんな感じなの?

お年玉 いくつ まで

お年玉はいつからいつまで渡すべきなの? お年玉をあげるかどうか、いつからいつまであげるべきか、という問題は、当然「お年玉をあげたい」という気持ちも大切ですが、それよりも 子供の親とどんな関係か、どの程度の付き合いかによって金額も、あげる年齢も異なってきます。 毎年お年玉のシーズンには企業のリサーチによる相場を見かけますが、あくまでも一部リサーチ対象者の平均値であり、それをそのまま自分の家庭や親戚の中に持ち込むと問題が生じる場合があるのでご注意ください。 お年玉は元々年神様にお供えした鏡餅を家長が砕いて包んだ物を家族などに分けてあげたのが由来ですが、 現在では、本来の意味から外れて、親戚付き合いを円滑にするための「交際費」のような意味であり、相場は嫁ぎ先や実家のルールに沿うことが何より大切でしょう。 では、次に年代別に考えていきましょう。 お年玉の相場赤ちゃんにもあるの? 我が家は実家の親戚付き合いが疎遠なので結婚するまで知らなかったのですが、今はお年玉を赤ちゃんにも渡す人もいるようですね。 その場合、 赤ちゃんにあげるというより、「その両親に対して赤ちゃんに何か買ってあげてね」という意味合いで、どちらかというと出産祝いと同じような意味になるようです。 ただ、出産祝いをあげたのならこれは不要でしょう。 家によってはそのくらい当然というところもあるようですが、我が家の場合は、本人がお年玉をもらってお金の意味を理解できるくらいになってから、ということで、2~3歳からあげることにしています。 とはいえ、兄弟がいるとその子供達だけあげて赤ちゃんだけあげないのは平等ではない気もするので、赤ちゃんには、小さいぬいぐるみのような、赤ちゃんが触って楽しめるおもちゃなどをプレゼントしたことがあります。 赤ちゃんの場合は出産祝いをあげたかどうか、あげるのが当然という一族か等、親戚ルールに重きを置くケースが殆どですので、あまり世の中の常識を探るのでなく、親戚ルールを聞いて素直に従う方が良いでしょう。 大変ですが、親としては親戚の子供たちに渡す毎年お年玉交際費の額を予め予定しておかなければなりませんね。 しかし我が家の場合は、親戚の子供にはある程度の金額を紙幣で渡していますが、娘に対しては、小学生2年までは硬貨で沢山渡していました。 というのも、紙幣の価値をなかなか理解せず、小銭の方が重たいし価値観を理解できたからです。 これは算数の学力も関わりあるでしょうけど、子供によって異なるかもしれませんが、お金の価値を理解できるだけの金額を渡すことも大切なのでは、と考えています。 ちなみに、いつまで渡すかという問題については、アンケート結果によると ・高校卒業 ・成人式 ・大学卒業 この3つが区切りというケースが多いようです。 高校卒業か大学卒業かについては、自分の子供の場合なら子供に合わせられますが、親戚の子供の場合、高卒で就職するか、大学で卒業するかは本人や家庭の考え方次第になりますし、これも相場と同様に、いつまで渡すかについて親戚間で事前の取り決めをしておく方が無難でしょう。 さいごに.

次の

お年玉の相場の金額はいくら?何歳まであげるのが正解?

お年玉 いくつ まで

小学校入学前:1,000~2,000円• 小学校低学年:1,000~3,000円• 小学校高学年:3,000~5,000円• 中学生:5,000円• 高校生:5,000~10,000円• 大学生:10,000円 お年玉はあくまで子供に対してあげるものですので、 赤ちゃんなどお金の価値がまだ分からない年齢の子に対しては、 「おもちゃ」や「お菓子」などのプレゼントを渡す人も多くいらっしゃいます。 また、 親同士や親戚同士で「年齢ごとの額」を、事前に話し合って決めておくケースも多く見られます。 お年玉は何日まで? お年玉は、具体的に 何日までを目途に渡すものなのでしょう? お年玉は、一般的に お正月の期間中に渡すもので、 「三が日」または、「松の内(1月7日、地域によっては1月15日)」までで、それを過ぎれば、一般的な 「お小遣い」として渡すようにします。 自分の子供の場合は、 「クリスマスにお年玉分も上乗せした」、「家族旅行に出掛けるので、旅行がお年玉」、「親からもっらていた記憶がないので自分の子にもあげていない」、「毎月お小遣いをあげているから」といった感じで、自分の子供に対しては、 日常生活を踏まえたうえで堅実な判断をされているご家庭が多いようです。 次に、「従妹・親戚の子供」の場合は、お正月に家族旅行などに行くことが増え、親族で集まることが少なくなってきていることや、お正月の挨拶(集まり)に参加しない場合でも、お年玉をおじいちゃんやおばあちゃんに預けていたものですが、最近では 「お年玉は、お正月会うことがあれば渡す、会わなければ渡さない」という意見が多くなってきている背景もあるようです。 スポンサーリンク 注意が必要なのが、 「目上の方へのお年玉」で、 上司や恩師など目上にあたる人の子供に「お年玉をあげる」のは失礼になるので避けましょう。 たとえ、子供であっても目上の方へのお年玉は失礼に当たります。 尚、目上と言っても、 自分の姉や兄の子供などや親戚などは関係ありませんので、お年玉をあげることは大丈夫です。 もし、目上の方の子供に何かあげるのであれば、「お年玉」ではなく、 「お年賀」として、また 現金ではなく、 「品物」や「図書券・商品券」などを贈るようにします。 親へのお年玉は? 親も目上ではありますが、親戚同士では関係ありませんので、 親にお年玉をあげても何も問題はありません。 しかも、年々、親にお年玉をあげる人は増えているようです。 お年玉と言っても、マナーとして親に渡す場合には 「御慶」や 「新年御挨拶」といった表書きの袋に入れて渡すようにしましょう。 お年玉は何歳まであげる? お年玉をあげる場合に、抱く疑問として 「何歳から何歳まであげればいいのかしら?」といったこともあげられます。 赤ちゃんにもお年玉はあげるべき? 基本的に、 お年玉をあげる年齢の範囲に決まり事や制限はありません。 ですので、赤ちゃんの場合でも あげる人もいますし、あげない人もいます。 赤ちゃんの場合は、本人がまだお金の価値を知らないため「おもちゃ」や「お菓子」などを渡す人もいますし、自分の子供が赤ちゃんの時にお年玉をもらっていた場合には、お返しとしてお年玉を渡すのがマナーでもあります。 もし、お年玉をあげる場合には、上記の相場でもご紹介した 「1,000~2,000円」程度の金額を渡すようにします。 自分に子供がいない場合にも、親御さんとの間柄や関係の度合いを判断基準にされてお年玉をあげたり、あげなかったりするようです。 基本的には、 あげる側の心持ちひとつともいえます。 何歳までお年玉はあげるべき? お年玉をあげる年齢は、 「5歳から高校卒業くらいまで」が一般的とされています。 ですが、実際には 「大学生まで」や 「20歳まで」が多く、 社会人・大人になると同時にお年玉も卒業とする家庭が多いようです。 お年玉は、本来は目上の人から目下の人に贈るものですので、お年玉をもらえなくなるというのは、 大人として認めてもらえた証として、 対等な関係(大人の関係)とも言えるのかもしれませんね。 まとめ お年玉は、意外と気を使うものですが、過剰にやりすぎてもやはりマナー違反になりやすいものです。 常識的な範囲で、分からない場合には親や兄弟に相談し判断を仰ぐこともお忘れなく!.

次の

お年玉はいくつまであげる?相場は?新社会人にはあげる?

お年玉 いくつ まで

さすがに、小学生の高学年で500円とかいう意見はほとんど見られませんでした。 普段お小遣いをあげていないからだとかで、お年玉に力を入れる人もいるかもしれませんが、小学生のお年玉の相場はこんな感じになっています。 家族構成と姪や甥など親戚へのお年玉事情 このお年玉の相場も家族構成にもよるでしょう。 例えば、子供一人で両親の3人暮らしなら、一人の子供なので多く渡せることもあると思います。 でも子供が3人ともなってくると、やっぱりそれだけ出費にもなりますよね。 また、おじいちゃんやおばあちゃんがいると、孫に渡すということでそれなりの大きな金額をくれることも多いと思います。 そのあたりも考慮して、合計でどのくらいのお年玉を渡すようにするのか、話し合ってもいいかもしれませんね。 そして困るのが親戚へのお年玉です。 親戚と言っても、血縁関係の深さや会う頻度、人間関係によってもだいぶ変わってくるでしょう。 この親戚へのお年玉の相場では、本当にいろんな意見に分かれます。 そのいくつかの意見をピックアップしてまとめてみました。 お年玉の相場:親戚の小学生の子供へ• 小学生なので1~3年は1000円、4~6年は3000円渡す。 小学生は一律1000円に統一する。 関係が遠い親戚にも、一応1000円はあげる。 姪や甥には5000円あげる• 孫には1万円渡す。 小学生低学年の場合は、お年玉の相場が1000円というのが非常に多いです。 高学年になると、1000~3000円と幅が少し広がるのは、自分の子供の時と同じようです。 ただ、お年玉を渡すときは、親せきでの足並みが大切になります。 という考えがあります。 高校生は義務教育ではありませんが、まだまだ未成年の学生ですし、アルバイトをする人もいるでしょうが、まだまだ学業が本文ですよね。 そんな高校生は欲しいものもたくさん出てくるでしょうし、いろんなものにも興味があるでしょう。 そういった高校生にお年玉はとても大切なお金になりますし、ありがたみやお金の重要さというのも伝わると思います。 そこでお年玉は何歳まであげるのかをアンケートをとったりした結果をまとめると、高校生まではお年玉をあげるといった声が高かったようですね。 つまり18歳までというのは一つの区切りにしやすいようです。 お年玉は20歳まであげる もう一つ お年玉は何歳まであげるか区切りとしてしやすいのが、 20歳という成人を迎えるまでという年齢ですね。 ここまでくるとさすがにもうお金も自分で稼げるようになりますし、すでに働いている人や、大学生などでもアルバイトをする人が多くなるでしょう。 このくらいのお年玉の相場となっているようです。 これも5000円というのが一つのボーダーラインになりそうですね。 高校生では1万円以上渡すという家庭も増えてくるようで、中には2万円などの家庭もあるようです。 でもまあ、キリのいい5000円か1万円のどちらかといった意見が多いので、このお年玉の相場に合わせるといいと思います。 お年玉をあげるあげない年齢のラインは? お年玉を何歳から何歳まであげるのかというのは、 お年玉を何歳からあげるのか• 赤ちゃんから• 物心つく3歳から• 小学生から お年玉を何歳まであげるのか• 中学生まで• 高校生まで• 大学生まで• 社会人になるまで• 18歳まで• 20歳まで このような年齢のラインに分かれる事が多く、どこかキリのいいところで始めたり終わらせたりするようです。 お年玉を上げる年齢が、赤ちゃんからという声もそれなりにあって、赤ちゃんには直接お金は渡さないけど、おもちゃや絵本、図書券などを両親に渡して使ってもらうことが多いようです。 また、3歳くらいには物心つく頃になるので、500~1000円ほどを渡して、自分でお菓子を買ったりすることを学ばせるなど、教育の意味で渡す場合もあります。 遠い親戚の人が大学生の間もずっとお年玉をくれるというのは、珍しいのではないでしょうか。 例えば、大学生で遠くで一人暮らしをしていて、お正月に返って来る時の親戚の集まりでお年玉をあげるなんて言うのはよくあると思います。 甥や姪、孫など血縁関係が近い場合には、それも強くなるかもしれません。 相手との関係もありますし、高校生と大学生の間くらいでお年玉をあげるかどうか意見が分かれるかもしれませんね。 あとがき お年玉は何歳から何歳まであげるのか。 また、お年玉を上げないようになる年齢のラインと、赤ちゃんから小学生の時期、高校生以上の年齢と親戚づきあいとの関連性についてまとめましたがいかがでしたか。 お年玉は年明け早々の悩みのタネですが、自分の子供もそうやって覚えさせていかないといけないですし、仕方のないものと考えるしかないですよね。 でもまあ、子供にとっては大きなお金をもらえるイベントで、自分自身も嬉しかった思い出があるので、こういう機会も大切だと思います。 そんな正月を迎えるにあたって正月飾りやお年玉の準備などいろいろ忙しくなると思います。 正月は飾りやお年玉などでいろいろと悩みもありますよね。 楽しく正しいお正月を迎えるために知っておきたいマメ知識やマナーなど、たくさんの記事をこちらでまとめています。

次の