ナルト うち は マダラ。 うちはイズナ

【ナルト】うちはマダラの正体は?オビトや柱間との関係性は?

ナルト うち は マダラ

【スポンサーリンク】 うちはイズナの強さと忍術考察、マダラに差し出した両目! 以下のカットはナルト秘伝・陣の書によるイズナの外見。 うちは一族の中で、サスケに最も似ているような感じがするよね、うん。 ナルト秘伝・陣の書より引用 うちはイズナの外見表現はこんな感じだった! イズナの実力はマダラと競い合っていただけあってやはり相当高いことは間違いなさそう。 本篇ではマダラとイズナがその瞳力を持ってうちは一族を束ねたとされているし、そもそもあのマダラと競い合っていた時点で互角くらいのセンスは持っていたはず。 万華鏡写輪眼の開眼者はどの忍も異次元の強さを持ってたりするわけで、その点に至ってはイズナも例外ではないと考えていいと思う。 これまでのうちは一族の仕様忍術を踏まえて考えると、やはりイズナも火遁を中心とし戦い方をするのだろうか? 戦闘シーンが極めて少ないうちはイズナだからこそ、本来の能力が気になって仕方がない! 一体どのくらいのレベルの忍だったんだろう!• イタチ「マダラがイズナの眼を奪った」• トビ「自ら目を差し出した」• 柱間「イズナの死後に移植された」 この辺りでは混乱した読者も多かったみたいだけど、ナルト秘伝・陣の書ではハッキリと 「写輪眼をマダラに託す」と表記されていた。 上記3点の表現の仲であれば、トビの表現が最も真実に近いのかもしれないね。 BORUTOでの再登場は? うちはイズナに関してはそもそも戦闘描写が少ないためなんとも言えないわけだけど、だからこそBORUTOで登場してくる可能性は他の忍より高いような気がするよね! マダラとか大蛇丸はある程度いじり尽くされているって感じだし、イズナはまだまだ設定を練り込む余地がありそうな気がする! うちは一族の中でも優秀な忍であっただけに、BORUTOで登場したら面白いかもしれない!.

次の

うちはマダラとは (ウチハマダラとは) [単語記事]

ナルト うち は マダラ

出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ六十五 150ページ 著者:岸本斉史 うちはの伝説 うちはマダラ うちはマダラはうちはタジマの子で初代火影・とともに木の葉隠れの里創設した、当時のうちは一族の長。 木の葉創設後はうちは一族が消されてゆくことを懸念し里と対立、終末の谷での柱間との決戦で敗れ死亡したとされている。 その存在はもはや伝説となって語り継がれており第一部ではほとんど触れられることもなかったが、実は柱間との戦いで命を落としてはおらず歴史の表舞台から姿を消してはいたが、からチャクラを供給することで生きながらえつつ「月の眼計画」を考案していた。 千手柱間との出会い 5人兄弟だったが度重なる争いで弟のを除いた3人を失ってしまった。 人と人が本当の意味で分かり合う方法がないかと考え川に行っては水切りで願掛けをしていたところ柱間と出会う。 すぐにお互いに忍であることに気付くが、二人は会うたびに仲良くなりライバルとして忍の技を競い合いながらも現在の隠れ里のシステムを考案した。 しかしお互いの素性が一族にばれてしまい敵対する千手の忍である柱間を殺すことを覚悟する。 このときを開眼している。 それからは二人で会うこともなく、気づけば互いに一族の長となりうちは一族と千手一族として争い続けていた。 千手一族との和解 うちは一族が劣勢なのは誰の目にも明らかで柱間は何度も停戦協定を提案するがマダラはこれを受け入れず戦い続け、うちはからは千手に亡命する者まで現れ始めた。 そんな中唯一残された弟のイズナを失い、託された眼により永遠のを開眼したマダラは千手に全面戦争をしかけるが敗退し死を覚悟する。 柱間にやられるなら本望だとするが柱間はマダラにとどめを刺さずこの期に及んでうちはと協力することを提案する。 協定は不可能だとするマダラは千手を信用する条件として柱間が自害するか弟の扉間を殺せという無茶な提案をするが、柱間はこれを受け入れ自害を選ぶ。 柱間の腹の内が見えたとしたマダラは寸前でこれを止め柱間と共にかつての夢でもあった忍の隠れ里を創設する。 木の葉への対立 柱間から初代火影になることを提案されこれを受け入れるが、をはじめ多くの人間は柱間を木の葉設立の立役者とし柱間を初代火影にすることを望んだ。 またうちは一族に対する扱いからいずれ一族が消されていくことを懸念したマダラはうちはの者たちに里を出るよう訴えるが誰一人としてついてくる者はおらず、柱間に別れを告げ里を抜けた。 それからはかつての夢を自ら潰すかのごとく木の葉隠れの里を襲い柱間と戦った。 そして終末の谷での決戦で柱間に敗れ、里を守るためなら友や兄弟、我が子をも許さぬとした柱間を本末転倒とし「いずれそれが里の闇になる」と言い残した。 月の眼計画 柱間との戦いに敗れたマダラだったがこの戦いで柱間の細胞を手に入れ培養し、自身は外道魔像からチャクラを供給することで第三次忍界大戦時まで生き延びており、神無毘橋の戦いにて岩宿を崩され地底に落下してきたと出会う。 オビトの手当てをし潰されていた半身に柱間の人造体を移植することでオビトの命を取り留め自身の計画を実行するために利用することを考える。 当初オビトはこの計画を聞き入れようとしなかったが、リンの死をきっかけに世界に絶望し計画に自ら参加する。 計画を伝え終えるとオビトに実行を託し自ら魔像からのチャクラの供給を断ち絶命した。 第四次忍界大戦 その後オビトがうちはマダラを名乗り、による木の葉の襲撃やうちは一族の滅亡、そして暁の発足を行い第四次忍界大戦の宣戦布告を行うがカブトのにより本物のうちはマダラが蘇ったことにより面の男の正体がマダラでないことが発覚する。 その圧倒な強さで五影達全員を相手にしながら余裕すら見せるも、カブトがに穢土転生を解除され昇天しかける。 しかし自ら穢土転生の縛りを解きこの世に留まると五影を全滅させオビトとのいる戦場へと向かった。 忍者としての能力 最強の忍である柱間と並び称されるほどの実力者で、歴史の表舞台から姿を消した後さらに柱間の細胞を取り込み木遁忍術を得たうえ死の間際には輪廻眼を開眼した。 現役五影全員を相手にしてなお余力を残すまぎれもなく作中最強クラスの忍。 うちはの火遁に柱間の木遁忍術、永遠の万華鏡写輪眼、六道仙人の伝説でしかないとされた輪廻眼に加え一太刀ではるか遠くの山をも切断する完成体・須佐能乎とその能力は留まるところを知らない。 使用する術 -友となった柱間と戦うことを決めたとき開眼した。 -弟イズナからの移植で永遠の万華鏡写輪眼を手にした。 -死の間際に開眼したとしている。 火遁・豪火滅却 -巨大な炎を吹き出す高位の術。 火遁・豪火滅失 -炎を広範囲に吹き出し焼き払う。 火遁・龍炎放歌の術 -龍の形をした炎を高速連射する。 -相手の忍術を吸収してはね返す術だと考えられる。 木分身の術 -木で分身を作り出す。 多重木遁分身の術 -多数の木分身を作り出す。 木遁・木龍の術 -かつて九尾をも縛り上げた柱間の術。 -作中最初に完成体須佐能乎(かんせいたいスサノオ)を使用した。

次の

うちはオビトはなぜ偽マダラを演じていた?写輪眼と輪廻眼の能力も徹底解明!【ナルト】【ナルト(NARUTO)】

ナルト うち は マダラ

ナルトには多くのキャラクターが登場し、敵も味方も含めて魅力的で個性を持つ人物ばかりなので興奮を覚えますね。 主人公のナルトが成長していくと、それに比例するかのように敵も強くなるので簡単に勝ち進むことが難しくなるのも特徴です。 そんなナルトですが、登場した人物の中で 最強キャラは誰なのか気になりますよね? ここでは、 最強キャラクターをランキング形式で発表していきます。 スポンサーリンク 10位 「うちはオビト」万華鏡写輪眼を所持し物語のキーマン ナルトに登場するキャラクターの中で、最強ランキングで10位に輝いたのが「 うちはオビト」です。 忍の神とも称される柱間の細胞を移植しており、「木遁」の術を使用できるだけでなく、うちは一族が徳地としている「火遁」の術も使用できます。 十尾の人柱力になれたことで、六道仙人に近い力を手に入れることに成功。 彼は、六道仙人から「肉体」そのものを受け継いでいる関係で、写輪眼の瞳力を無効化する特異体質の持ち主。 つまりこちらの術を相手がコピーできないので、戦闘では優位に立つことが可能。 当初、兄のインドラとは比べ物にならないほど実力差があり、落ちこぼれなんて言われていました。 それでも、努力を積み重ねることによって、最終的にはインドラよりも実力は勝っています。 その証拠に、兄のインドラとの直接対決で勝利を収めているので、最強キャラランキングで6位になるのは納得でしょう。 スポンサーリンク 5位 「うちはサスケ」一族の生き残りでインドラの転生体 5位にランクインしたのは「 うちはサスケ」ですが、見方によってはトップ3に入ってもおかしくない実力者です。 ハゴロモの息子であるインドラの転生体であり、主人公うずまきナルトのライバルであり親友であり、兄弟ともいえる間柄。 両目に白眼を所持しており、威圧感は相当なもので上位にランクインしているのも頷けます。 最初はカグヤに洗脳されてしまい、兄のハゴロモと対決をしましたが最終的には洗脳が解けて一致して母を 月に封印しました。 スポンサーリンク 2位 「大筒木ハゴロモ」忍の神と称され仙術をもマスターしている 忍の神と称され、六道仙人との名で呼ばれることも多い、 大筒木ハゴロモがナルト最強キャラランキングで2位にランクインしています。 母のカグヤが持つ能力を受け継いでおり、 印を結ばずとも術を使うことが可能です。 仙術という特殊能力をマスターし、数多くの忍術も使いこなせるため、ナルトもサスケもミナトですら倒すのは不可能でしょう。 洗脳された弟を倒したところからも、ハムラよりも強いことは確実。 忍の創設者で、尾獣たちの生みの親でもあり、死後千年が過ぎてもチャクラのみでこの世を漂うことが可能。 何もかもが常識外れなので、ラスボスに次いで2位です。 スポンサーリンク 1位 「大筒木カグヤ」本作のラスボスで単独で敵う者はいない 堂々の1位、で圧倒的な実力を持っているのが「 大筒木カグヤ」です。 両目に白眼、額にある目は「輪廻写輪眼」という 3つの眼を保持しており、神樹になる実を食べることで圧倒的な能力を手に入れました。 血継限界やその上位の術が使用でき、指定した人を6つの別空間に強制移転できる「天之御中」などの反則技もマスター。 初めてチャクラを所持した人物とも言われており、作中い登場する忍が持つチャクラの元となっています。

次の