世間 ずれ 意味。 「世間ずれ」若者とシニアで別の意味!? 慣用句の本来の意味、大きな世代間格差も

「世間ずれ」若者とシニアで別の意味!? 慣用句の本来の意味、大きな世代間格差も

世間 ずれ 意味

世間知らず。 独自の発想を持っている。 世間擦れ せけんずれ は、「世間の常識から逸脱している。 世間知らず。 独自の発想を持っている」という意味で使われる事が多いですね。 しかし、 本来の意味は「社会で揉まれた結果、世間の表裏に通じて悪賢くなる」です。 世間擦れの 「擦れ」は、「考え方などが標準から外れて食い違う」という意味ではなく、「様々な経験をした結果、純粋さを失ったり悪賢くなったりする」という意味です。 前者と後者は混同されやすいので、誤用が定着したのかもしれません。 また、「世間知らず 経験が少なく、世間の事情に疎い 」「世間離れ 世間の基準からはずれて超然としている 」という言葉に影響を受けた結果、誤用が広がったとも考えられます。 世間擦れという言葉を話し手と聞き手がそれぞれ別の意味で捉えていても、会話自体は滞りなく進んでいきます。 そうなると、お互いが会話内容を誤解したままになってしまうため、前後の言葉をよく選ぶ・言い換えをする等の工夫をした方がいいでしょう。 世間擦れ せけんずれ を使った例文・使い方.

次の

間違いやすい日本語|「青田買い」「世間ずれ」 わずかな違いで意味が変わる言葉

世間 ずれ 意味

スポンサードリンク 先行記事にある通り、「国語に関する世論調査の結果」によると、6つの慣用句「他山の石」「世間ずれ」「煮詰まる」「天地無用」「やぶさかでない」「まんじりともせず」のうち、本来の意味で使っている人の方が多いのは「他山の石」「煮詰まる」「天地無用」の3つのみ。 残り3つは本来の意味でない方で認識していた。 また「他山の石」も「分からない」とする意見がもっとも多いとの結果が出ている。 実際「世間ずれ」「まんじりともせず」はその通りの動きを示している。 ところが「他山の石」は世代別の変移は特に無いように見えるし、「煮詰まる」はむしろ高齢者ほど本来の意味では使っていない動きを示している。 また「天地無用」「やぶさかでない」は中堅層がもっとも本来の意味での使用をしており、若年層と高齢層は低めの値が出るという、興味深い動きをしている。 先の記事でも挙げたが、慣用句はあくまでも「慣用」の「句」であり、コミュニティにおける共通認識としての造語。 濃い趣味のグループ内における専門的な用語、あるいは隠語、もう少し汎用的な例を挙げるのならネットスラングのようなもので、唯一無比の回答は無い。 だからこそ「正解の意味」では無く「本来の意味」との表現が用いられている。 「天地無用」「やぶさかでない」のように世代の中間部分で変移が生じているのはさておくとしても、「世間ずれ」「まんじりともせず」のような、時代の流れに伴い本来の意味では使われなくなりつつある言葉は、あと数十年もすると今の若年層が用いている意味こそが、「本来の意味」として伝えられるようになるのかもしれない。 一方、提示した慣用句に対して「分からない」とする回答率も、興味を覚える動きを示してる。 それ以外でも「煮詰まる」「天地無用」などでも歳を重ねるほど値が高くなる傾向が確認されており、世間一般のイメージとは大きく異なる結果が出ている。 これがまだ上記で挙げたネットスラングのように、最近になって生まれた言葉なら道理は通るのだが。 いずれにせよ、これら代表的な慣用句でも上記結果から明らかな通り、世代差がある中で用いると意味を違えてしまったり、さらには聞き手側が語り手側の意図を理解できない状態が生じ得ることになる。 先の記事でも例示したが、上司が「天地無用」を指示して若年層の部下が意味をはき違えて解釈すると、悲劇が起きてしまうことになる。 重要な判断となりうる場面などでは、解釈の違いが生じ得る慣用句は用いない方が無難なようだ。 投資歴10年超。 本業の事務所では事務その他を担当。 ウェブの世界には前世紀末から本格的に参入、ゲーム系を中心とした情報サイトの執筆管理運営に携わり、その方面の経歴は10年を超す。 商業誌の歴史系、軍事系、ゲーム系のライターの長期経歴あり。 ゲームと歴史系 架空戦記 では複数冊本名での出版も。 経歴の関係上、軍事、歴史、ゲーム、ゲーム情報誌、アミューズメント系携帯開発などに強い。 現在ネフローゼ症候群で健康診断も兼ねて通院、食事療養中。 、三級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・ 先月度人気記事 [1] [2] [3] [4] [5] 過去の記事 月別.

次の

間違いやすい日本語|「青田買い」「世間ずれ」 わずかな違いで意味が変わる言葉

世間 ずれ 意味

記事の目次• 世間ずれの意味 日本語には誤用されがちな言葉が数多くありますが、世間ずれもその中のひとつに含まれます。 正しい意味でこの言葉を使えているかどうか、以下の内容をチェックしてみましょう。 約半分の人が意味を履き違えている 世間ずれとは、 世の中の考え方からその人の考え方が外れている、いわゆる非常識な人のことという意味で使用している人が多いです。 それを証明する資料として、文化庁が全国の16歳以上の男女を対象に、1995年から毎年実施している国語に関する世論調査があります。 2013年には、55. 2%の人が世間ずれを世の中の考えから外れている意味がある言葉と回答しているのです。 「え?合ってるんじゃないの?」と思った人もいるかもしれませんが実はコレ、本来の意味ではありません。 2013年に実施された国語に関する世論調査で、本来の意味で回答できた人は、35. 6%という結果が出ています。 世間を渡ってもまれてきた結果、ずる賢くなっているのが本来の世間ずれの意味。 社会で経験するさまざまな摩擦や人との接触に慣れ、その結果、元々の純真さを失ってずる賢くなるという意味で使われています。 ポイントは、苦労の末に裏も表も知った結果として悪賢くなったということ。 世間からズレてモノを知らないのではなく、モノを知りすぎたために裏事情にまで詳しくなったという意味です。 対義語は世間知らず 世間ずれと反対の意味のある言葉が世間知らずです。 この言葉には 経験が乏しく、世の中の事情に疎い、世渡りの仕方を知らないという意味や、そういう人を指す言葉として使用されています。 世間知らずと思われやすい人としては、礼儀作法がなっていない人や、時事問題に詳しくない人、自分の価値観だけで物事を考える視野の狭い人などがあげられるでしょう。 世間ずれしている女性の特徴:メリット 世間を渡ってずる賢くなっているのが、本来の世間ずれの意味。 では、該当する女性にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 その答えとしては、次の2点があげられます。 要領良く立ち回れる• 騙されにくい 順番に詳細を確認してみましょう。 要領良く立ち回れる 無駄な時間、労力はもっとも不要なものという意識が強く、物事に優先順位をつけて処理しようとするため、 優柔不断ではなく即断即決できます。 早く決断できるためチャンスを逃しにくく、迷っているコストが削減できるため、別の決断に時間、労力をまわすこともできます。 また、ひとつのことに対して100%を目指そうとしないため、別のことがおざなりになるようなこともありません。 世間ずれした女性には、 手の抜きどころがわかっている人が多いためです。 そのほか、誰に取り入れば自分にとってプラスになるのかを見極める能力が、世間ずれしている女性は長けています。 そしてその 人に取り入るのも非常に上手です。 騙されにくい 騙されやすい人の主な特徴のひとつが、経験が乏しいことです。 世間ずれしている女性は 社会経験や恋愛経験が豊富なため、物事の裏を見抜く力が優れています。 そして、自分にとってマイナスになると判断すれば、その物事に手を出すような真似をすることは決してありません。 近寄りがたいイメージを持たれやすい• 人間関係で疲れやすい すでに実感している人もいるかもしれませんが、具体的な内容を見ていきましょう。 近寄りがたいイメージを持たれやすい 世間ずれしている女性に気安く近づけないような雰囲気があるのは、 自分の意思や物言いがはっきりしているために、サバサバしすぎな性格に思われやすいのが理由のひとつ。 また、 相手のすべてを見透かすような洞察力にも優れていて、それが態度に出ると隙がない、苦手と思われがちなのも理由に含まれます。 人間関係で疲れやすい 自分にとってプラスかマイナスかを見抜く能力に長けている世間ずれした女性ですが、それができるのは 常に損得勘定で動く癖がしみついているためです。 そんな世間ずれした女性は人付き合いにおいて、自分にとって得になるように、関係性を良くしようと表面上は良い顔ができます。 しかし、そのために無理をし続けていれば、自分自身が疲れてしまいます。 世間ずれしている女性は恋愛で有利?その理由は? 結論からいって、世間ずれしている女性は恋愛では不利になりやすいでしょう。 なぜなのかは以下に記していますが、表面だけ取り繕っても長い付き合いになるとボロが出るか、自分自身が疲れてしまいがちなのがやっかいなところです。 可愛げがない女性に映る あまりに計算高いと、 打算が働いているように思われがちです。 また、ブレない意思を持ち、決断力や行動力、相手の心理を深く読む力に優れているため、 1人で生きていけそう、付け入る隙がまったくないと受け取られる傾向もあります。 そのほか、とくに恋愛経験豊富な女性の場合は、初対面の男性の前であっても、誰が相手でも堂々と振る舞うことができます。 また、下ネタが平気な女性も珍しくなく、 恥じらいがなさ過ぎると思われやすいです。 見下されていると感じる 世間ずれしている女性の中には、世間を渡ってしてきた豊富な人生経験に対し、程度の差こそあれ自信を持っている人が多いです。 そしてそのような女性は、 自分と比較して経験値が低い人を馬鹿にする傾向が見られます。 女性が自分の中で思っているぶんにはまだ良いのですが、上から目線な態度が出てしまうと嫌われる原因になるのです。 世間ずれしている女性は結婚に向いてる?相性の良いタイプは? 世間ずれした女性が恋愛で不利になりやすいということで、「結婚にも不向きでは?」と思うかもしれません。 しかし、ここであげるタイプの男性であれば上手くいきやすいでしょう。 優柔不断な人 優柔不断な男性は、何事においても自分で決めるのが苦手で、誰かに決めてほしいとさえ思っています。 そんなタイプの男性に対し、 意思がはっきりしていて即断即決できる世間ずれした女性は相性が良いでしょう。 男性の側からすると、ないものねだりで自分にない部分を持つ女性に惹かれます。 一方の世間ずれした女性の側も、 男性が自己主張の強いタイプではないため、意見が衝突せず付き合いやすいです。 寛容な人 すべてを理解して、受け入れてくれるようなタイプの男性であれば、結婚後も上手くいきやすいでしょう。 女性は 素直な気持ちで接することができ、居心地の良さを感じるはずです。 なお、寛容な人かどうかの見極め方ですが、• 誰に対しても平等に接する• 共感性に優れていて聞き上手• 考え方が凝り固まっていない• 意見を人に押し付けない• 常に冷静で余裕が感じられる これらの中に、満たしている要素が多い男性があてはまるでしょう。 まとめ 本来とは違う意味の世の中の考えから外れているでも、本来の意味の世間を渡ってずる賢くなっているでも、人にいわれて気分が良いものではありません。 世間ずれしている女性の特徴にあてはまると感じた人は変わりたいと思うかもしれませんが、経験によって形成された性格を変えるのは容易ではありません。 もちろん、変わろうと努力するのは悪いことではないですが、世間ずれしている女性には要領が良いなどの武器になる面もあります。 仕事での成功にもつながる要素ですので、無理に捨て去ることはせず、恋愛や結婚に関しては自分の性格と相性が良い相手を選ぶのも良いでしょう。

次の