凱旋 コイン単価。 コンサル「コイン単価の高い中古5号機の高騰は避けられない」

アナザーゴッドポセイドン 設定6の機械割が判明か

凱旋 コイン単価

新台は延期の嵐 パチンコ店休業の影響もあり、4月・5月に出る予定だったスロット新台は延期になったものが多いです。 コロナによる緊急事態宣言が明けてもすぐには元通り・再開というわけにはいかないんですね。 いつ出るの?? 早くて7月! じゃあ新台はいつ出るのか。 7月にたくさん出る予定です!! 早くて7月6日~話題の新台が導入となる予定なので楽しみに待っていましょう! 7月に導入予定の新台一覧 さらにずれ込む可能性もありますが... 戦国コレクション4 6月導入予定だった戦コレ4。 7月6日~導入予定。 8月導入に延期に... 初の6. 1号機ですし楽しみですね。 打ってみたい! ブラックラグーン4 ブラクラ4も7月に! 7月6日~導入予定。 無抽選区間なしの純増9枚!CZ・ATはリゼロタイプです。 カイジ沼 コイン単価が凱旋並みのカイジ沼。 ATの1,200枚到達率は約70%!! 設定1 さらに4thリールというキャラの濃い台です。 真北斗無双 パチンコで大人気の北斗無双がスロットで登場。 天昇でよくね? という印象はぬぐえないですが、まあ北斗シリーズですしどうなるか。

次の

コロナ後の新台はいつ出る?スロット新台カレンダー

凱旋 コイン単価

例 1日で 5万円売り上げた台があったとします。 あくまでも、「現金がサンドに5万円入ったよ!」ってことです。 コイン単価で差枚は関係ありません。 差枚がどのくらいかを表すのは、皆さんにもお馴染みの 機械割・pay outです。 ) この台は 8000G回ったとします。 08円 コイン単価=2. 08円 人気機種のコイン単価ランキング ではここで人気機種のコイン単価のランキングを書いておきますね。 これを見ればコイン単価へのイメージがぐっと湧きやすくなるんじゃないかと思います。 機種名 コイン単価(設定1) まどかマギカ叛逆 まどマギ3 2. 2円 アイムジャグラー 2. 3円 押忍!番長3 2. 9円 Re:ゼロから始める異世界生活 3. 1円 バジリスク絆 3. 4円 ミリオンゴッド神々の凱旋 4. 2円 2 1. 9円 5 1. 5円 6 1. 1円 なんと 設定6で驚愕の1. 1円です! これは抜群の安定感がありそうですね! まとめ この記事ではコイン単価について解説しました。 基本的にはお店やメーカーが売り上げの目安を把握するための数字なのであまりきにする必要がありませんが、僕たち打て側から見たときは、• コイン単価が高い=荒い• コイン単価が低い=安定 というように認識しておけばOKです! 最後まで読んでくださってありがとうございました!.

次の

ミリオンゴッド 神々の凱旋 攻略

凱旋 コイン単価

前回の記事では、5号機の主力AT機が撤去されたらどうなるかについてお話をしていきました。 5号機の主力AT機が無くなると、「コイン単価」が低い機種ばかりがホール設置の大半を占める事になるので、必然的にホールの回収源が失われ、ホールの存続に影響を及ぼすとお伝えしました。 ある意味、 コイン単価は、「台が利益を生み出す力の数値」とも言えます。 基本的に、コイン単価はホール関係の方にとっては、台を設置する 増台する or台を外す 撤去する かの判断材料にもなり、ホール経営のために重要な役割を果たしています。 今回の記事では、そんなコイン単価について、ホール視点ではなく、打ち手視点で見た場合に焦点をあてた、「 コイン単価から見える機種の特徴」についてお話をしていきたいと思います。 コイン単価のおさらい コイン単価とは、「遊技機がコイン1枚で売り上げる数値」の事で、算出式は以下となります。 77 円 となります。 機種毎のコイン単価 5号機と6号機の代表的な機種のコイン単価を例として挙げてみます。 <5号機> 「アイムジャグラー」の設定1のコイン単価: 約2. 3円 「バジリスク絆」の設定1のコイン単価: 約3. 4円 「ミリオンゴッド凱旋」の設定1のコイン単価: 約4. 0円 <6号機> 「HEY!鏡」の設定1のコイン単価: 約2. 5円 「北斗の拳天昇」の設定1のコイン単価: 約2. 9円 「Re:ゼロ」の設定1のコイン単価: 約3. 1円 コイン単価の高低から読み取れる事 上で挙げた機種毎のコイン単価を見ると、「アイムジャグラー」のコイン単価が一番低く、「ミリオンゴッド凱旋」のコイン単価が一番高くなっています。 また、6号機である「北斗の拳天昇」や「Re:ゼロ」のコイン単価は、その間くらいの数値となっています。 ここで簡単な質問です。 「 この中の機種で、設定1を適当に打った場合、どの機種が一番リスキーか? 」 打ち手視点で考えた場合、当然、「アイムジャグラー」のリスクが一番低く、次に「北斗の拳天昇」「Re:ゼロ」、「ミリオンゴッド凱旋」のリスクが一番高いと言えます。 すなわち、 コイン単価の高低は、打ち手にとっての機種に対する「リスクの高低度」とも言えるのです。 コイン単価を求める計算式を見ても分かるように、 「売り上げ額 投資金額 」が大きくなるほど、コイン単価も高くなります。 この「売り上げ額 投資金額 」は、コインを貸し出してもらう際に、「コインサンドに入れた現金」の事でもあります。 途中で初当たりを引いて、持ちメダルになった場合、その持ちメダルを使用した分は「売り上げ額 投資金額 」にはなりません。 なので、 「コインサンドへの現金投入の頻度」がコイン単価の高低とも言えます。 コイン単価の高低を機種で考察 アイムジャグラー 「アイムジャグラー」などのリアルボーナスのみで出玉を増やす機種は、比較的少ない現金で初当たりを引く事ができます。 なので、持ちメダル遊技になるまでが早く、同時に、「持ちメダル遊技区間」と「客滞率 1人のお客さんが打っている時間 」も長くなる傾向があります。 よって、 現金投資の頻度が少ないため、コイン単価も低くなります。 ミリオンゴッド凱旋 「ミリオンゴッド凱旋」などの低ベース 1000円あたりの回転数が少ない AT機は、初当たりを引くまでに多くの現金を使用するスペックで、持ちメダル遊技になるまでにある程度の時間がかかります。 一度当たれば大量のメダルを獲得できるスペックではありますが、リスクの高い機種なので、「持ちメダル遊技区間」と「客滞率 1人のお客さんが打っている時間 」は短くなる傾向があります。 よって、 現金投資の頻度が高いため、コイン単価も高くなります。 まとめ 打ち手にとっての「コイン単価」とは、その機種の「リスクの高低度」と捉えると良いでしょう。

次の