阪神 高速 湾岸 線 通行止め。 交通影響の予測|阪神高速4号湾岸線リニューアル工事||阪神高速

日本道路交通情報センター:JARTIC

阪神 高速 湾岸 線 通行止め

相次ぐ自然災害を受け、阪神高速道路会社(大阪市)は23日、今後の通行止めなどの運用を見直す方針を明らかにした。 地震発生時の通行止め基準は震度5弱から5強とし、対象エリアを細分化してきめ細かな運用を図る。 強風の際は規制基準に達しなくても、同等の予測が出た時点で事前規制することも検討する。 同社によると、6月の大阪府北部地震では道路などに大きな被害はなかったが、全線約260キロが約5時間半通行止めとなった。 これを受け、震度基準を見直すとともに、被害の小さい区間から通行止めを解除できるよう、兵庫県と大阪府を各3エリアに分けて協議する。 県内は「海岸部」「山間部」「垂水」となる見込み。 関係機関と協議し、年明け以降の運用を目指す。 一方、猛烈な突風によりトラックなど計10台が横転した台風21号を受け、早めの安全対策に踏み切る。 現行の基準では、強風による通行止めは「10分間の平均風速20メートル以上」だが、台風24号の接近時は、基準値を観測する前に大半の区間を閉鎖した。 異例の措置だったが、今後はさらに早い段階での実施を検討する。 幸和範社長は「近年の気象予測の精度は上がっている。 安全を最優先にしながら、高速道路の役割を最大限果たせるよう運用の在り方を考えたい」と述べた。 また、台風21号での最大瞬間風速が湾岸線尼崎末広出入り口付近で58・8メートル、台風24号では湾岸線東神戸大橋付近の42・8メートルだった、と発表した。 (竹本拓也).

次の

阪神高速、4号湾岸線と6号大和川線の一部を11月20日~30日早朝に終日通行止め

阪神 高速 湾岸 線 通行止め

4号湾岸線は、大阪の湾岸エリアを南北に通る路線で、阪神高速道路の1日あたりの利用台数約72万台のうち約10万台を占める重要な路線だ。 また、特に大型車の利用が多いため、その繰り返し荷重により、橋の道路床面である鋼床版に疲労亀裂などの損傷が多く発生。 このうち、南港北~大浜区間は開通後約37年が経過しており、鋼床版の疲労対策が必要な橋が集中し、4号湾岸線の中でも特に対策優先度の高い区間となっている。 工事区間は、4号湾岸線(南港北~大浜)延長8. 8kmと、接続する6号大和川線(三宝~鉄砲)延長1. 4km。 通行止めとなる出入口は、4号湾岸線の南港中出入口、南港南出入口、三宝出入口、大浜入口(北行)大浜出口(南行)。 6号大和川線の三宝出入口、鉄砲出入口。 なお、通行止めに先立ち11月6日から20日まで、4号湾岸線(南港北~三宝:延長4. 7km)の区間にて終日車線規制を実施する。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の

日本道路交通情報センター:JARTIC

阪神 高速 湾岸 線 通行止め

阪神高速5号湾岸線 地図 路線延長 5号湾岸線 : 23. 1 湾岸(垂水)線 : 1. 2 km 制定年 開通年 -2026年度 予定 起点 () 主な 経由都市 、、 終点 () 接続する 主な道路 () E93 E28 E94 テンプレート(ノート 使い方) PJ道路 阪神高速5号湾岸線(はんしんこうそく5ごうわんがんせん、 Route 5 Bayshore Line)は、の()からの()へ至る、のである。 路線のうち、 湾岸線8期( - )6. 4キロメートル km および 9期( - 駒ヶ林南出入口)14. 5 kmについては、着工に至っておらず現在も未開通区間である。 この区間は(21年)3月に都市計画決定され、6車線の高架道路が建設されることになった。 尚、阪神高速道路株式会社は2026年度の開通を予定している。 概要 [ ] をに沿って繋ぐ道路で、に次ぐ阪神間の第二ルートとして建設されている。 同じ湾岸線という呼称で、から方面に至るもあり、南港JCTで接続している。 この4号湾岸線と合わせて、「」となっている。 現在のところ、末端に取り残された状態の 湾岸(垂水)線(名谷JCT - 垂水JCT)は接続している 第二神明北線の一部として機能しており、である阪神高速道路は料金を徴収していない。 の管理するにての料金を支払うことで本区間の通行も可能である。 路線名 [ ]• 大阪府道高速湾岸線(阪神高速4号湾岸線と併せて)• 兵庫県道高速湾岸線(六甲アイランド北出入口以東)• 大阪湾岸道路西伸部(六甲アイランド北出入口 - 南駒栄JCT - 駒栄出入口)• 神戸市道高速道路湾岸線(名谷JCT - 垂水JCT) 出入口など [ ]• 未開通区間の名称は仮称。 出入口番号 施設名 接続路線名 起点 から 備考 所在地 5-01 ・方面 0. 0 神戸方面入口 5-02 () 2. 5 神戸方面出入口 神戸方面接続 - 4. 2 泉佐野・大阪市内方面出入口 - - 神戸方面 5-06 8. 7 神戸方面出入口 5-07 5-08 11. 7 大阪方面出入口 5-09 14. 1 神戸方面出入口 5-10 15. 0 大阪方面出入口 - - 神戸方面 2017年1月廃止 - - 神戸方面 5-11 芦屋鳴尾浜線 17. 6 神戸方面出入口 5-12 サンシャインワーフ方面 18. 7 大阪方面出入口 5-13 六甲アイランド方面出入口 5-14 21. 2 大阪方面出入口 ・ 乗継 5-15 5-16 22. 0 大阪方面出入口 ・ 乗継 - - 垂水方面出入口 事業中2026年度開通予定 - - 大阪方面出入口 事業中2026年度開通予定 - - 垂水方面出入口 事業中2026年度開通予定 - - 大阪方面接続 事業中2026年度開通予定 - - 垂水方面出入口 調査中 - TB(名称未定) - - 大阪方面 調査中 5-17 E93 - 大阪方面出入口 未供用 5-19 5-20 5-21 E28 E94第二神明北線() ・方面 名谷JCT、垂水JCTの出入口番号はには表示されていない。 兵庫県神戸市垂水区名谷町 歴史 [ ]• (平成3年) : 港晴出入口 - 中島出入口間開通。 (平成6年) : 中島出入口 - 六甲アイランド北出入口間開通。 (平成7年) : ()により被害を受け、一部区間が不通となる。 全面復旧は同年。 (平成10年) : 名谷JCT - 垂水JCT間開通。 (平成21年) : 湾岸線8期(駒ヶ林南出入口 - 名谷JCT間)6. 4 km・9期(六甲アイランド北出入口 - 駒ヶ林南出入口間)14. 5 kmの都市計画決定。 (平成25年) : 北港西出入口を「湾岸舞洲出入口」に名称変更。 (平成29年) : 甲子園浜出入口の入口料金所設置に伴い、南芦屋浜本線料金所と西宮浜出入口の出口料金所を廃止。 (平成31年) : 南芦屋浜本線料金所跡に南芦屋浜PA供用開始。 2026年度 令和8年度 六甲アイランド北出入口〜31号神戸山手線開通予定• 未定:名谷JCT〜31号神戸山手線開通予定• 正連寺川大橋(北港JCT - 中島TB)• 神崎川橋(北港JCT - 中島TB)• 中島川橋(中島PA - 尼崎東海岸)• 西宮浜大橋(甲子園浜 - 西宮浜)• (深江浜 - 魚崎浜) 885 m• 六甲アイランド大橋(魚崎浜 - 六甲アイランド北) 道路情報ラジオ [ ]• 桜島(天保山 - 湾岸舞洲)• 中島(湾岸舞洲 - 中島)• 甲子園浜(鳴尾浜 - 西宮浜)• 」と放送される。 所轄警察 [ ]• 阪神四ツ橋分駐所 : 大阪府内• 京橋分駐隊 : 兵庫県内(名谷JCT - 垂水JCTを除く)• 湾岸線の住吉浜と神戸線のもしくは(をして)の間で乗り継ぎ制度が実施されている。 排気ガスやによるの元凶とされるを湾岸線へ誘導するため、のあっせんに基づき、料金を200割り引くが試行されたが、見るべき成果は得られなかった。 8期の駒ヶ林南出入口 - 名谷JCTはを含む長大トンネルで計画されており、費用面・技術面・運用面(は水底トンネルを通行できない)での困難さが予想される。 また、9期の六甲アイランド北出入口 - 駒ヶ林南出入口はであるを横断するが港湾関係者との調整が進まず、(平成21年)3月まで決定さえされていなかった。 そのため、並行するハーバーハイウェイを活用する案も候補として上がったが、活用する場合に容量不足になるなどの問題が多い。 (平成15年)に9期についての検討を行う大阪湾岸道路有識者委員会が設立され、(平成17年)1月までに16回の委員会を開いて提言をまとめた。 この提言を受けて同年に兵庫県は都市計画手続きを開始し、2009年(平成21年)3月に都市計画決定した。 しかし同年内にからへの政権交代が起こると、民主党政権が掲げた「コンクリートから人へ」の大号令のもと全国各地で公共事業が中止・凍結され、当道路も例外ではなく事実上の棚上げ状態となった。 5 km区間が建設費に関する県と市の負担割合の目途が立った事で、整備が進められるとの報道がなされた。 報道によれば、事業と国直轄事業を組み合わせた手法を取り入れる事で神戸市の負担を軽減し 、また4者協議において更なるコスト削減策や残る未整備区間の方向性も併せて検討するとしている。 2016年度から 西伸部(六甲アイランド北 - 駒栄)として直轄事業化される予定だった。 そして12月22日、国土交通省・ 阪神高速道路・兵庫県・神戸市は六甲アイランドで西伸部の起工式を行った。 事業費は5000億円で、完成まで10年を見込んでいる。 (で直結)• (で接続)• (で接続:事業中)• E93(で接続)• E28(で接続)• E94(垂水JCTで接続) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の