お腹 が ゴロゴロ なる。 お腹がゴロゴロする原因

パン、リンゴ、ヨーグルトはNG

お腹 が ゴロゴロ なる

季節の変わり目は人間にとっても体調を崩しやすい季節ですが、うさぎにとっても体調を崩しやすい季節です。 季節の変わり目でうさぎが調子悪くてうっ滞になったので、そのときの症状、様子・対応した方法は以下となります。 もし、飼っているうさぎが同じようなことが起きた際の参考にしていただければと思います。 症状 先日、いつものようにうさぎの朝食をあげようと準備して、 うさぎに与えたところ、いつも、嬉しそうに走り回って喜んで食べるのですが、 今回は、匂いを嗅いだだけでたべようとしませんでした。 「あれ、おかしいな、どうしたのかな」と思い、食べたい気分ではないのかなと考え、そんなときもあるよねって思い、 うさぎが大好物なオーツヘイをだしてみたのですが、 これも全く食べず、じゃあ、ずっと好きでいるペレットをあげてみたけど、ペレットにも興味を持たないでいました。 ただ、じっとしているのではなく、動き回っているので、うっ滞ではないのかなと思い、お腹を触ってみたら、 固くて、これはやばいと、どうしようかと必死に考えました。 ゴロンの仕方もお腹がきになるのか、変なたいせいのごろんの仕方をして、 イライラしているのか、すぐ起き上がってほりほりし、また、ごろんして、また起き上がってほりほりするの繰り返しをしてた。 それからもちろん便秘で全然糞をしなくなりました。 対処方法 どうしてもいかなくてはいけない用事があり動物病院にはいけず、その際にとった対応は以下となります。 お腹をマッサージする お腹を触らせてくれるのでしたら、まずは、お腹をマッサージしてあげるといいです。 ただ、マッサージする際にきつくほぐすのではなく、やさしくマッサージしてあげて中につまっているものをほぐすイメージでマッサージをしてあげるといいかもしれません。 背中をマッサージする なぜ、うさぎの背中をマッサージするのと思うかもしれませんが、うさぎのツボは、背中に集中しているらしくそこをマッサージして、つぼをしげきしてあげるといいみたい• お腹を温めてあげる これも、お腹を触らせてくれるようだったら、手でもホカロンでもいいので、あっためてあげて、うさぎの胃腸を活性化させるといいです。 上記は、あくまでも、暫定処置となります。 今回はこれらを1〜2時間ぐらいやっていたら、うさぎのお腹がキュルキュルと大きめな音で鳴り出しました。 最初は、大丈夫かと心配になりましたが、 しばらくすると便秘が治り、排便をするようになって、もう大丈夫かなとでかけて、夜帰ってきたら、朝たべなかったものがきれいなくなっていて、完璧に復調しました。 うさぎのお腹が鳴るのは、胃腸が動き出した証拠だったようです。 また、参考までですが、お腹の音がするときというのはうさぎさんの場合腸内にガスが多いときによく起きるそうです。 これは胃腸の運動能力が何らかの原因で悪くなったときに、腸内の食塊が発酵し、ガスが発生してこれが動くときにごろごろ音が鳴るという仕組みだそうです。 一番いいのは、やっぱり動物病院行くのがいいので、飼っているうさぎが少しでもおかしいと思いましたら、すぐに、お近くの動物病院に連れてって上げてください。 うさぎは弱い生き物なので、処置が遅れてしまうとすぐに亡くなってしまう場合もあります。

次の

お腹が鳴る原因はコレ!食後なのに鳴るのはなぜ??

お腹 が ゴロゴロ なる

Sponsored Links 空腹の時にお腹が鳴る原因 お腹が鳴る原因の1つが お腹が空腹の時です。 まず、食事をするとその食べた物は胃まで運ばれます。 その食べた物を消化するために胃は収縮運動という伸びたり、縮んだりする運動をして食べたものと、胃液を混ぜて消化しようとします。 胃が食べ物を消化し終わると、空腹状態になり、血液中の糖濃度が低下して、脳は消化が終わり空腹になったことが分かります。 そうすると、脳は次の食事に備えるように胃に伝えます。 胃は大きくないのでいつまでも消化したものを胃の中に残しておくことはできませんので、胃は次の食事に備えるため、消化した食べ物を十二指腸へと送る必要があります。 そうすと、胃は十二指腸へ送るため、再び活発に収縮運動をするようになります。 お腹がなるのは、この胃が 十二指腸へ消化した物を流す時に鳴ります。 胃の出口は小さいため、胃は押すように流してしていきます。 これが空腹の時にお腹がなってしまう原因です。 食後でもお腹が鳴る原因 しかし、空腹ではない時にもお腹が鳴るってこともよくありますのね。 では、なぜ空腹ではない食後にどうしてお腹が鳴ってしまうのか。 それは、先胃で消化されたものが大腸や小腸に運ばれるときに、少ないですがガスが発生します。 その発生したガスが 腸の壁を動かすことによって、食後でもお腹が鳴ってしまいます。 実はそれは病気かも! これまで、空腹と食後でどうしてお腹が鳴るのかその原因を説明してきました。 しかし、ただお腹が鳴るだけでもそれが頻繁に鳴る人は病気かも知れません。 お腹が頻繁に鳴る人の病気に・・・• 呑気症 どんきしょう)• 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん) という2つの病気があります。 呑気症 呑気症は重い病気ではないので特に心配することはありませんが、このまま自分が呑気症だと知らないとお腹が鳴るのが改善されていきません。 ですので、しっかりと理解していきましょう。 呑気症というものは、ストレスなどから唾をのみ込む癖がある、早食いをするなどして 多くの空気を体内に飲み込んでしまう症状です。 空気をより多く飲み込むので胃の中の空気が多くなってしまうため、空腹になった時により、お腹が頻繁になってしまったり、ゲップなどが頻繁に出るようになります。 対策としては、ストレスや不安をなくして、唾をのみ込まないようにしたり、早食いをしないでゆっくり食事をとるようにしたりして 空気を体内に飲み込まないようにしましょう。 過剰性腸症候群 過剰性腸症候群は大腸や小腸の過敏症状によって、• 便秘になる便秘型• 下痢が起きやすくなる下痢型• その2つの方法を合わせたわせた交換型• ガスの過多やお腹の張り・お腹の鳴り・腹痛が起こるガス型 の4つのタイプがあります。 ここでは、お腹がよく鳴る症状のガス型だと思うので、ガス型の治し方として、市販の腸整剤を使えば 腸の環境を整えてくれるので症状が改善されると思います。 この病気は5人に1人がなっていると言われている病気ですが、これに似た症状で、腸に炎症があることがあるので1度は医療機関に診てもらうようにしましょう。 これまで様々なお腹が鳴る原因について説明してきました。 次はお腹を鳴らさないようにするための具体的な方法をご紹介します。 自分のお腹が鳴る原因は空気の摂りすぎが原因なのか、空腹による胃の運動が原因なのかを確認して、お腹が鳴ってほしくない時に、 鳴らないように対策をとりましょう。 大きく深呼吸をする お腹が鳴りそうになったら大きく息を吸って、お腹が鳴るのをやり過ごします。 大きく息を吸うことで内側にたくさんの空気が入るのでお腹が鳴る原因の 胃の収縮運動を抑えることができ、お腹が鳴らないようになります。 授業中でも簡単にできるので、これは鳴るかもと思った時にぜひ、やってみてください。 消化に悪い食べ物を食べる 消化に悪いものを食べることによって、お腹がなかなか空かないので腹持ちがよくなってお腹が鳴らなくなります。 消化に悪い食べ物は、コーンフレーク、納豆、ハム、ソーセイジ、スイカなどがあります。 朝、パンを食べているという人は、パンは消化されるのが早いのですぐにお腹が空いてしまいます。 なので、朝は 腹持ちの良いごはんを食べることをおすすめします。 しかし、消化の悪い食べ物は胃に大きく負担がかかりますし、栄養も偏ってしまうので食べ過ぎには注意してください つぼを押す お腹が鳴るのを防ぐツボを2つ紹介します。 授業中では少しやりずらいかもしれませんが、効果があるのでぜひ、やってみてください。 お腹のへその1から2センチ下を指2本使って強く押す•

次の

お腹がゴロゴロする原因

お腹 が ゴロゴロ なる

配合成分によるもの これに関しては摂取を控えることが大事です。 ノンシュガー甘味料に関しては下痢の原因にもなるので注意が必要。 牛乳は温かくして飲むと緩和できますよ。 慢性化しない為に!これは気をつけよう! ここまでご紹介した中で、 慢性化により危険なのが「過敏性腸症候群」です。 慢性化を防ぐにはどうしたらいいのか? まずは便秘や下痢の一時的な症状を、放っておかないことが大切です。 「たかが便秘・・・」 「ちょっとした下痢・・・」 と、あなどってはいけません! 腸の機能がなんらかのSOSを出しているから起きる症状なので、排便機能はきちんと管理してあげましょう。 また、ストレスが原因で悪化することもあります。 下痢の場合 、「いつ排便衝動が起きるか分からないストレス」が、より症状を悪化させ、慢性化・重症化につながるという見方もされています。 気にしすぎる前に、きちんと対策をしていきましょう。 最後に慢性化につながる症状を紹介しておきます。 ・腹痛が伴う便意で、排便後は症状がなくなる・水のような便・ウサギのようなコロコロした便・あるいはその両方がでる ・睡眠時や休日などプレッシャーの感じにくい場面では起こらない ・1カ月以上そのような症状に心当たりがある この4つの項目が3つ以上当てはまる場合は注意が必要です。 もう慢性化の第1歩を踏み出しています。 一刻も早く医師に相談し、少しでも症状を軽くしていきましょう。 最後に 生活習慣や病気など、臓器が集中する腹部にはさまざまな要因があります。 健康に問題がない場合は生活習慣や食生活に気をつけることで改善されますが、病気には注意が必要。 あまりにもおかしいなと思ったら出来るだけ早く医療機関の受診をしてください。 また、ご紹介した「過敏性腸症候群」は検査でも異常が見つかりにくく、本人の自覚症状によるところが大きいです。 自分のからだをしっかり自覚し、 医師にきちんと伝えることが早期発見の鍵ですよ! サイト内検索 この記事が人気です• 19,981件のビュー• 13,268件のビュー• 12,348件のビュー• 8,763件のビュー• 8,680件のビュー• 8,203件のビュー• 6,568件のビュー• 5,069件のビュー• 4,609件のビュー• 4,366件のビュー カテゴリー• 最近の投稿•

次の