さだまさし 替え歌。 Hな替え歌 関白宣言(淡白宣言/さだまさし) : カラオケで皆を笑わせよう! 笑える 面白い替え歌

関白宣言 さだまさし 歌詞情報

さだまさし 替え歌

ACジャパン 支援キャンペーン 「にゃんぱく宣言」 2019年7月1日に公開されました。 ACジャパンの新しいCMが さだまさしの関白宣言を元にして猫の終生飼養をテーマにしたことが話題に。 内容は 猫を飼うときは正しく 最後まで責任を持って飼いましょうというもの。 多頭飼育崩壊に注意促す この猫目線の歌詞に注目。 この「にゃんぱく宣言」の 作詞作曲はさだまさし本人で 本家関白宣言を元に 猫の終生飼養をテーマに書き直したもの。 ネットでは 「けっこう好き。 ペット側から飼い主への提言。 」 「めちゃかわいい」 「よいなぁ」 「素晴らしい」 「大事なことが詰まってる」 「本家なので説得力がある」 「わんぱく宣言も作ってください」 とかなり絶賛されたくさんのコメントが寄せられている。 別のチャンネルで ゲーム風のBGMと自然の音を 合わせてみた作業用音楽を アップしています。 こちらも チャンネル登録、 いいね、コメントなど してくれたら嬉しいです!.

次の

さだまさし、新曲『緊急事態宣言』初披露「歌うのではという声が…頭にきて作っちゃった」

さだまさし 替え歌

歌手のさだまさしが7日、インスタグラムで「『緊急事態宣言』に今思うこと」と題した文章を投稿し、共感の声が上がっている。 さだは月額制公式サイトに投稿した文章をそのままインスタグラムにアップ。 普段は有料会員しか読むことができない文章だが、より多くの人に呼びかける意味を込めて、誰でも読めるインスタグラムに「全文」を掲載した。 さだはまず、医療従事者や、生活インフラに関わる「休むにも休めない」数々の仕事に従事している人々へ感謝を伝え、ミュージシャンを含めた、働くにも場所がない人へ「負けるな」とエールを送った。 そして日本での緊急事態宣言が強制力を伴わないことから「一見緩やかで、何も変わらないように感じるでしょうが、実はこれは日本が民主主義国家であることの証明なのです」と訴えた。 そして「『自由な国』である証なのです。 誇りに思うべきことです。 だからこそ守り抜きたいのです」とも強調。 新型コロナウイルスとの戦いは「戦争」ともしるし、「しかし国同士が争う『戦争』と決定的に違うことはこの病魔との戦いは『私たち国民』の力だけで乗り越えることができる(また、乗り越えなければならない)ということです」ともつづった。 また「経済のことについて、行政について、あれこれ言って解決するものであれば、申し上げたいことは山ほどありますが、ここは涙を呑み、言葉を呑んでまずは危機の回避に力を尽くす時だと思います」とも呼びかけ。 最後には「誤解を恐れずに言うなら、我々はこの新型コロナとの戦いに於ける『戦友』です。 共に力を合わせて戦いに勝ちましょう!生き抜きましょう!母の命日の夜に」で締めくくられている。 かなりの長文だが、心を動かされた人は多く、湘南乃風の若旦那も「本当にそう思います」などコメント。 他にも「医療従事者です。 さださんのメッセージを読んで涙が溢れました」「心にすっと入ってくる言葉でした」「一緒に頑張りたいです」など300件を超えるコメントが寄せられていた。

次の

さだまさしが「緊急事態宣言」とあう新曲を発表してしまう!関白宣言を超える

さだまさし 替え歌

【画像をクリックすると動画になります】 緊急事態宣言が発令されて1週間経ちましたけど、5月6日までは、まだまだ長い道のりのように感じられ、目の前が暗くなり先の見えない恐怖が襲ってくる感覚に囚われています。 本来は家にいなくてはいけないのですが、今のところ 時差出勤で週1〜2回くらい出社をしており、電車に乗りますが、外出する人が減った分、空いているのはいいんですけど、そうすると まばらに人が座っているんで、どこに座っていいかの選択が難しい状態になっています。 とても氣を使う状況です。 電車に乗っている皆さんも見えない敵と戦っている状況なので、もしかしたら、その見えない敵を持っているかもしれぬ人が近くに来たとしたら、あんまりいい気持ちはしないんじゃないかなと。 そんな状況下なのに、銀座線の電車内で、わざわざマスクを外して話をしている男性2人組が、近くに座っていたのは流石に参りましたね。。。 「なんで? マスクを外すんだろう、デリカシーがないな。 」って。 よっぽど、席を移ろうかと思いましたけど。 いやだ、いやだ、見えない敵と戦っている状況だからか、そんな汚い気持ちまで持つようになってきちゃっている自分。。。 でもでも、ある意味、この状況下において外出するのは、命を張っているようものです。 どこを舞っているのか分からない敵なので 防ぎようもないし。 なので、息をしたくない状態に陥ります。 マスクをしている分、余計に息苦しくなり・・・ 本当に、ある意味 命懸けです。。 時差出勤で帰りが遅くなったからか、大江戸線のホームはガラガラ。 ちょっとでも 頭やのどが痛くなると、もしかしたら・・・感染したのではないかと胸が張り裂けるような思いをするのも、もうイヤです。 そんな中、旦那が またまた元気の出る動画を紹介してくれました。 大好きな さだまさしさんが『緊急事態宣言の夜に』という歌を披露してくれていました😊 そうだよな、『〇〇宣言』といえば、すぐに思い浮かぶのは『関白宣言』と言っても過言ではありませんから。 今更ながら知ったのと言われそうですが、『緊急事態宣言の夜に』の歌は心に染み入りました。。。 今一番に心配なのが、医療関係で勤めている娘のことです。 感染させちゃいけないことと、感染させることもいけないということで、当分の間、家には帰れないそうなのです。 心配するだけで涙が流れ、どうしてこんなことになってしまったのだろうと嘆いてばかり。 さだまさしさんの歌声は、失望している気持ちを溶かしてくれました。 私だけじゃないんだよ、みんな、みんな、大切な家族のことを思っているんだよ。 みんな、みんな、見えない敵と戦っているんだよ。 ライフラインが整っているのは救いです! 感謝です!! 整っているのは、そこで働いて下さっている方たちが 日夜頑張ってくれているからこそです。 さだまさしさんの お誕生日が4月10日で、「バースデーだから生でさだまさし」で披露されたという『緊急事態宣言の夜に』の歌。 緊急事態宣言が発令された4月7日は、さださんのお母さま喜代子さんの命日だったそうです。 老衰による多臓器不全のため、2016年、90歳でお亡くなりになったそうです。 さださんの中でいろんなことが重なったこともあるのでしょう。 『緊急事態宣言の夜に』の歌詞には、その想いが詰まっているように感じました。

次の