アブローラー 毎日 何回。 腹筋ローラーがなぜ効果的なのかを理論的に解説。メニューや回数、頻度も合わせて紹介。

サイヤマングレート「高速アブローラー」は超上級の腹筋種目であり体幹トレーニング。効く部位や効果・やり方をまとめてみた。

アブローラー 毎日 何回

引用:腹横筋を鍛えるといいこと ・腹直筋・・・シックスパックを作るにはココ!腹筋と言えば大抵ここを指してます。 ・腹斜筋(外複斜筋、内複斜筋)・・・くびれを作る。 腹筋の両サイド。 ・腹横筋・・・内臓を支える。 インナーマッスル。 脂肪も筋肉もないのにお腹が出ているのは、腹横筋が弱く、内臓を支えられず前に出てしまっているから。 腹筋はこの3種類(4種類)に分類されます。 腹筋を割りたい、ウエストを細くしたい場合は、腹直筋、複斜筋を鍛える必要があります。 腹直筋、腹斜筋の鍛え方 腹筋(腹直筋、複斜筋)を鍛えたい場合、 背骨を丸めることが大切です。 もっというと 腹筋は肋骨と骨盤を近付ける働きをしているため、その動きをすれば腹筋は鍛えられます。 ちなみに腹直筋を鍛えるだけで、連動してある程度 複斜筋も鍛えることができます。 逆もしかりで、複斜筋を鍛えると連動して腹直筋も鍛えることができます。 なお、 腹横筋(インナーマッスル)だけは別で、 お腹を凹ませることで鍛えることができます。 腹筋ができない人はここから鍛え始めるといいでしょう。 壁との距離を調整することで、大体20回くらいが限界にするようにしましょう。 さらに、脚の幅を広くするとかなりやりやすくなるのでオススメ! 足を広げた壁コロに慣れてきたら、足を閉じてみたり、壁との距離を広げたり、膝コロ、立ちコロと変えていくことで強度を上げることができます。 アブローラー自体1000円程度なので持っていない方は今すぐ買いましょう! アブローラーがあるとないでは、腹筋の効率が誇張抜きで段違いです。 チューブを使った腹筋 普通の腹筋だと楽勝と言う方は、 チューブを柱にひっかけて持ち、それを引っ張りながら腹筋するのがおすすめ! 結構効きますし、距離を変えることで強度も変えることができます! 難点は柱がないといけないということ。 その点はアブローラーに軍配があがりますが、こちらも簡単で、強度も変えやすいのでおすすめです! こんな感じで柱にチューブをひっかけましょう。 以下のようにトレーニングします。 チューブもアブローラーと同じく非常に安く、他の部位のエクササイズに使えるのでマストアイテムです。

次の

腹筋ローラー(アブローラー)は毎日やるとダメ?筋肉痛などの関係について。

アブローラー 毎日 何回

Contents• 腹筋ローラーについて 腹筋ローラーはこんな感じの筋トレグッズです。 誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。 大きさも小さく、自宅に置いておいてもそれほど邪魔にならないような大きさです。 真ん中にローラーが有って、両方に手で握るようなグリップがあります。 腹筋ローラーがこのようなものだと、まずは覚えておいてもらえればと思います。 腹筋ローラーの使い方 腹筋ローラーの使い方はいたってシンプルです。 グリップ部分を持ってコロコロ、これだけなら誰でも分かりますよね。 でも、いきなり腹筋ローラーを出来てしまう方はかなり限られます!段階があるので、ここで詳しく解説していきます。 膝コロ 膝コロというのは、膝をついた状態で腹筋ローラーを行う筋トレ方法です。 膝をついた状態で四つん這いになりローラーを転がす、かなり簡単なトレーニングです。 逆に言うと、この膝コロすら出来なければ、そもそも腹筋ローラーは使えないということになってしまいます。 全く筋トレをしていないような方だと、この膝コロすらできないかも・・・ でも、大丈夫です。 膝コロの状態でトレーニングすれば、膝コロは必ずできるようになります。 体重が重たい方は最初はかなり辛いかもしれません。 膝コロのコツとしては、あまり出来ない方は最初は手前の方 顔に近い方 でコロコロとやるのが良いです。 腹筋ローラーが身体から離れれば離れるほど負荷が強くなるので、なるべく離さないように練習しましょう。 最初から膝コロで十分に腕を伸ばしきれる方は、それでも大丈夫です。 どちらの方法であっても腹筋には、かなりの刺激が入ります。 まずは膝コロで回数を重ねて腹筋を強化するのがおすすめですね! 立ちコロ 立った状態から腹筋ローラーを転がして身体を保持し、また戻ってくるのが立ちコロです。 かなりの腹筋の強さを必要とするトレーニングです。 腹筋ローラーできるよ!といえば、この立ちコロですね。 この立ちコロを最初からできる人は本当にごく一部の人でしょう。 膝コロとは比べ物にならないキツさです。 かなり筋トレや腹筋をやりこんでいる方でないとできないですね・・・ 立ちコロをやるためには、膝コロでかなり練習を積む必要があります。 膝コロが余裕でできるようになったからと言っても立ちコロはできないので注意が必要です。 そのくらい立ちコロはハードな筋トレです! 腹筋ローラーを行う回数 腹筋ローラーは何回くらいやれば良いのかについてです。 まずは膝コロですが最初は10回を目標にやりましょう。 初心者のうちは10回を目標にして行いましょう。 10回よりも少ない回数で力尽きてしまったら、それはそれで良いです。 もしかしたら1回しかできないかもしれませんし、5回しかできないかもしれません。 かなり腹筋を効果的に強化できます。 立ちコロで10回連続できると相当凄いですね。 回数については特に何回やればいいというものではなく目安です。 できるのであれば膝コロを30回連続でやっても良いでしょう。 腹筋ローラーを行う頻度は? 腹筋ローラーを手に入れると、とにかくコロコロと筋トレをやってみたくなります。 腹筋ローラーを週に何回ほどやれば良いのか?ということについてです。 毎日やりたいという方もいるかもしれないですが、これだとオーバーワークになる可能性が高いです。 できれば腹筋ローラーで追い込んだ次の日はゆっくりと休養しましょう! これは他の筋トレとも同じですが超回復するのを見込んでのことです。 大きな筋肉の部位であれば丸3日間程度、そうでない部位であれば丸2日程度は休息させたいです。 腹筋に関しては、それほど大きくない筋肉ということと、普段から常に使っている部位なので回復は意外と早いです。 とはいっても最低1日のインターバルは欲しいですね。 慣れるまでは2日程度休まないと筋肉痛で全くトレーニングにならないという事もあり得ます。 この辺りは毎日はやらないようにして自分の身体と相談しながら頻度を決めましょう。 筋トレが凄い時は休息をとって、筋トレが和らいできたタイミングで再度腹筋ローラーを行いましょう。 腹筋ローラーの効果 腹筋ローラーをやれば腹筋が割れる!これは確かです。 立ちコロができるようになる頃には間違いなく腹筋は相当に強化されているはず! しかし、腹筋がシックスパックのようになるには筋力だけではいけません。 もちろん筋トレ効果としては立ちコロができたり、膝コロで十分な回数をこなせば間違いなくあります。 だからといってボコボコに浮き出た腹筋になるかどうかは体脂肪などの関係もあります。 最初からお腹が出ている 太っている 場合には腹筋ローラーができてもシックスパックにはならないです! 腹筋ローラーをやり込み他の筋トレの補助にしたり、なども取り入れていく事で脂肪燃焼し、体重が軽くなることでシックスパックが現れます。 つまり、腹筋ローラーの効果は腹筋を鍛えることではあるがお腹の周りを痩せさせることではないという事です。 総合的に筋トレをして、腹筋ローラーも行うようにしたいですね! おすすめの腹筋ローラー 腹筋ローラーはかなり多くの種類が販売されており、一体どれを購入すればいいのか迷ってしまいます。 が、Amazonで購入するとかなり価格が安いです。 そしてレビューも豊富にあるので信頼性も高いですね! ここでは、おすすめの腹筋ローラーを数個紹介してみようと思います。 ALINCO エクササイズホイール 安定感がありしっかりとした作りのALINCOの腹筋ローラーです。 レビュー評価も高く、価格も安価です。 ハンドルにすべり止め加工がされているのと、ホイール部分がダブルホイールになっているので安定感があります。 Soomloom アブホイール Amazonで一番人気の腹筋ローラーです。 何と言っても価格が安いのにダブルホイールで、レビューがめちゃくちゃ評価が高いです。 これを買っておけば間違いないという製品でもありますね。 アディダス アブホイール あのアディダスからも腹筋ホイールが販売されています。 こちらはダブルホイールではありませんが、慣れてきたらシングルホイールの方がバランスを取りにくいので鍛えやすいですね。 本気でゴリゴリに鍛えたい方は、このアディダス製品を選ぶのも良いかも!!! まとめ このページでは腹筋ローラーのやり方や効果、おすすめなどを紹介してみました。 腹筋ローラーは自宅でも大掛かりな筋トレグッズを揃えなくとも腹筋ができるありがたいアイテム! ラバーで保護されているので床を傷めることもなく、筋トレに集中できます。

次の

【初心者】アブローラーのやり方【膝コロを極める】

アブローラー 毎日 何回

どうも!自重トレーニングのマスター・Seikiですよ。 一度に3種目やるわけではなく、日毎にローテーションする感じですな。 で、今日は「高速アブローラー」について語りたい。 「どれくらい往復すればいいのか?」というと、 「腕か腹が限界になるまで」です。 ちなみに私は20回〜30回くらい、細かく往復していますね。 手を限界まで往復させたら、一旦身体を元に戻しましょう。 ・・・いや〜、きついっすよ!! 高速アブローラーの効果・効く部位 アブローラーの立ちコロは腹直筋(6パック)全体に効きます。 で、高速アブローラーも基本的にはそうなんですが、 やっていて気づいたのは、 体幹トレーニングに似ているな ということ。 つまり、筋トレした後の感覚が、プランクなどの腹部体幹トレーニングに似ているんです。 版権: 「腹筋」と一口に言っても ・腹直筋(さらに上部と下部に分かれる) ・腹横筋(インナーマッスル) ・腹斜筋(さらに内と外に分かれる) と様々あるのですが、 普通の腹筋種目だとアウターマッスルである ・腹直筋 ・外腹斜筋 ばっかり鍛えられるのですが、 高速アブローラーは体幹トレーニングも兼ねているので ・腹横筋 ・内腹斜筋 も鍛えられるように思います。 サイヤマンの凄さはすば抜けた体幹の強さ サイヤマンの動画を色々見ていて思うのだけど、彼は 体幹の強さが凄まじい。 だからこそアブローラーをガンガンやっていても腰を壊さないし、 色々な種目にアグレッシヴにチャレンジしていけるのだろうなと思う。 その体幹の強さは、まさにアブローラーにて鍛えられていると 実際にアブローラーで鍛え始めてつくづく気づいたんですよね。 サイヤマンの凄まじさにマジでビビる。。。 立ちコロにしても、高速アブローラーにしても、やってみてつくづく思う。 「サイヤマン、凄すぎ!!」 「サイヤマンは化け物か?!」 とね。 「 アブローラーの向こう側」にしても、普通の立ちコロにしても、 サイヤマンは軽々やってみせるから 簡単に見えるけど、 いざ自分でやってみたらメチャメチャきついんですよね。 あんなにギリギリまで身体を倒せないし、 あんなに軽々と長時間身体をキープできないし、 あんなに高速でスムーズに腕を往復できないです。 「言うは易く行うは難し」じゃないですが、見るとやるとではえらい違いです。 でも、筋トレはできることをコツコツ積み上げていけば 確実に成長を実感できる数少ないトピックなのが魅力であり、 今はどれだけ無様でも、やることをキチンとやってけば、 我々もいつかはサイヤマン級の化け物みたいな腹筋を得られるでしょう。 もちろん、どれくらい筋肉が発達するかは遺伝もあるのでなんとも言えませんが、 それでも限りなく近くことはできますので、 我々もやっぱり頑張らにゃいかんのですよ。 というわけで、お互い頑張っていきましょ。

次の