花子 くん 倒れる。 「地縛少年花子くん」6話。寧々と光は花子くんの秘密を知ろうと… :おた☆スケ【声優情報サイト】

宮川大助・花子

花子 くん 倒れる

概要 ・新たな怪異「ようせいさん」 ・人間である寧々の役割 ・祓い手源光 ・花子くんの過去? ・二人の間にあるものは 新たな怪異「ようせいさん」 花子さんの助手となった寧々は、毎日のように女子トイレの清掃に明け暮れていた。 そんな毎日に嫌気がさしていたある日、授業中に寧々の持ち物が突如として消えるという謎の現象が起きる。 その出来事を不思議に思っていると、友達である葵がこんな噂を話してくれた。 もし、見てしまえば、命まで取られてしまう。 その日、旧校舎へやってきた寧々は、そこで生徒たちが無くした物を見つける。 それは、寧々を導くかのように並んでいた。 その先にあった扉を開けると・・・。 そこには、巨大な化け物がいた。 襲われそうになった寧々を助けたのは、花子さんだった。 花子くんは、「ようせいさん」の正体を寧々に明かすのだった。 人間である寧々の役割 「ようせいさん」の正体。 それは、 「勿怪」という妖怪だった。 昔から人間と近い距離で生活していて、物を盗むいたずらをしていた妖怪。 普通は、人を襲う妖怪ではないらしいのだが、彼らを変えてしまうものがあった。 学校の七不思議は、噂には逆らうことができない。 一度広まってしまった噂に逆らえば、存在ごと消えてしまう。 花子さんは、学校に存在する七不思議を総括し、人間と良い関係を保つという使命があるという。 当然、人を殺してしまうような怪異は排除しなければならない。 そんなこと、花子さんはしたくないのだ。 そうしなくてもいいように、花子さんは寧々にあるお願いをする。 その重要な役目を花子さんは、寧々に託したのだ。 勿怪たちに殺されかけた寧々だったが、快くその願いを受け入れるのだった。 そして、寧々が流した噂は・・・。 そして、寧々はもう一つ叶えた願いがあった。 花子さんは、ずっと友達が欲しかったと呟いた。 それを聞いた寧々は、花子さんの友達になることを決めるのだった。 「花子くんって呼ぶね!その方が友達って感じでいいでしょ」 祓い手源光 ある日、屋上で花子くんと話す寧々。 「イケメンが空から降ってこないか」と理想像を話すと、花子くんは「俺がいるじゃない?」と言う。 その言葉が嘘なのか真実なのか、寧々にもそれは分からない。 そんな話をしていると、校舎の屋根の上に一人の少年の姿が。 彼は、自身を 祓い手の源光と名乗った。 花子くんは言う。 あれは、源家の人間だと。 昔、怪異は妖怪として存在していた。 今よりも遥かに強い妖力を持っていて、それを祓っていたのが源頼光。 彼のご先祖様だった。 彼は言った、「 お前をここで祓う」と。 そして、花子くんに襲いかかる。 源家に伝わる武器を手に花子くんを攻撃する光。 ダメージを受け、倒れる花子くんを寧々は庇う。 「これ以上花子くんを傷つけるなら、怒る!」 そんな寧々に光は、花子くんの過去を話し始める。 花子くんの過去? 光は言う。 花子は、とても危険な妖怪だと。 昔、光の祖母が命をかけて封印したのが花子くんだという。 花子くんは、武器として包丁を使う。 その包丁で昔、人間を殺したことがあると。 その事実を花子くんは、否定することはなかった。 そしてこう言う。 そして、力の差で花子くんの勝利で幕を閉じるのだった。 花子くんは、光に言う。 「身の丈に合わない力が生み出すのは、破滅だけだ」と。 二人の間にあるものは 勝負がつき、花子くんを心配する寧々。 心配するのは、友達だからだと寧々は言う。 しかし、それに対して花子くんは・・・ 「八尋は、人殺しとでも仲良くできるんだ」 その言葉に固まってしまう寧々。 どこか重いものを感じた。 花子くんのことを何も知らない自分を責める寧々。 それでも、花子くんは賑やかなのは大歓迎だと言う。 これから起こる怪異を知りながら・・・。 【地縛少年花子くん】第2話の感想 花子くん第2話!今回も楽しく見させていただきました! 新しい怪異と新しい登場人物、源光くんの登場で物語は一気に進みましたね! 私自身、花子くんの過去が暴かれたときにはびっくりしましたw まさか、このタイミングで明かされるとは思っておらず、不覚でした! でも、この過去は本当にあったことなのかな?と疑問を抱きました。 花子くん自身、そのことを否定していませんが、もっとこれ以上のことがあったのかもしれないと推測しております。

次の

TVアニメ「地縛少年花子くん」、2020年1月9日(木)より放送予定! 花子くん役は緒方恵美、八尋寧々役は鬼頭明里、源 光役は千葉翔也に決定!!

花子 くん 倒れる

祓い屋の少年2 ページ19 祓い屋の少年 得意気に語ると傘を前に突き出し、花子くんとAに向ける光。 「覚悟しやがれ」 高々と跳躍し傘をふりあげる。 花子くんはAを後ろに下がらせると振り下ろされた傘を片手で受け止める。 「"祓う"ねぇ... 君には無理だと思うけど?」 汗がツゥーと落ちるが余裕を見せるように笑う花子くん。 「そうか?」 ニッと光が笑うと同時に傘がバチィと電気が走る。 「残念だったなァ花子」 「... ッッ!!」 感電するかのようにバチバチと雷が全身に流れるとグラ... と倒れる花子くん。 「花子くん!!」 と駆け寄る寧々を制止しAが前に出る。 「花子に何をしたの?」 怒りを纏った声に、先程の勢いはどこへ行ったのか光がだじろぐ。 これは我が源家に代々伝わる退魔具"雷霆杖" 持ち主の霊力を退魔の雷に変換して打ち出す霊杖だ」 ビニール部分を取ると現れる三ツ又の杖。 「それに直接触れるとはとんだマヌケ野郎だぜ!! お前も花子の次に祓ってやるっ!」 標的を変えずAではなく、花子くんに向かう光。 「これで終わりだァ!!」 再度振り上げられる杖。 "やめて!"の叫び声とともに現れる寧々の姿に慌てて足を止める光。 「バッカ野郎! 急に飛び出して来んじゃ... 」 きっと睨む寧々にへにゃぁと表情を緩め敬語になる。 顔を赤めながら、花子くんはどうでも良くなったのか寧々に興味を持つ光に寧々は攻撃を止めるように、悪い怪異ではないと説得する。 「それは違ッ... います!!」 がしっと寧々の肩を掴むと神妙な面持ちで"あいつはタダの怪異なんかじゃない... "と話す。 「あいつはあの包丁で誰かの命を奪ったんだ!」 衝撃的な内容に寧々は困りながら"うそ... "と呟く 「先輩は騙されてるんです! あんな奴ら信用したら駄目だ!! きっと先輩のことだって... 」 何を信じて良いのかわからない寧々はAの顔をみる。 ただ、無表情でただ寧々のことを見返していた。 まだまだ初心者で右も左もわからない状況ですが頑張って更新していきたいと思います。 よろしくお願いいたします。 1月29日 15時 id: - とても面白かったです!更新、楽しみにしています。 頑張ってください。 これから気をつけていきたいと思います。 これからは気をつけてください。 そして更新頑張ってください。 外すのを忘れておりました。 ご迷惑おかけして申し訳ありません。 オリジナルフラグ外させていただきました。

次の

「地縛少年花子くん」6話。寧々と光は花子くんの秘密を知ろうと… :おた☆スケ【声優情報サイト】

花子 くん 倒れる

祓い屋の少年2 ページ19 祓い屋の少年 得意気に語ると傘を前に突き出し、花子くんとAに向ける光。 「覚悟しやがれ」 高々と跳躍し傘をふりあげる。 花子くんはAを後ろに下がらせると振り下ろされた傘を片手で受け止める。 「"祓う"ねぇ... 君には無理だと思うけど?」 汗がツゥーと落ちるが余裕を見せるように笑う花子くん。 「そうか?」 ニッと光が笑うと同時に傘がバチィと電気が走る。 「残念だったなァ花子」 「... ッッ!!」 感電するかのようにバチバチと雷が全身に流れるとグラ... と倒れる花子くん。 「花子くん!!」 と駆け寄る寧々を制止しAが前に出る。 「花子に何をしたの?」 怒りを纏った声に、先程の勢いはどこへ行ったのか光がだじろぐ。 これは我が源家に代々伝わる退魔具"雷霆杖" 持ち主の霊力を退魔の雷に変換して打ち出す霊杖だ」 ビニール部分を取ると現れる三ツ又の杖。 「それに直接触れるとはとんだマヌケ野郎だぜ!! お前も花子の次に祓ってやるっ!」 標的を変えずAではなく、花子くんに向かう光。 「これで終わりだァ!!」 再度振り上げられる杖。 "やめて!"の叫び声とともに現れる寧々の姿に慌てて足を止める光。 「バッカ野郎! 急に飛び出して来んじゃ... 」 きっと睨む寧々にへにゃぁと表情を緩め敬語になる。 顔を赤めながら、花子くんはどうでも良くなったのか寧々に興味を持つ光に寧々は攻撃を止めるように、悪い怪異ではないと説得する。 「それは違ッ... います!!」 がしっと寧々の肩を掴むと神妙な面持ちで"あいつはタダの怪異なんかじゃない... "と話す。 「あいつはあの包丁で誰かの命を奪ったんだ!」 衝撃的な内容に寧々は困りながら"うそ... "と呟く 「先輩は騙されてるんです! あんな奴ら信用したら駄目だ!! きっと先輩のことだって... 」 何を信じて良いのかわからない寧々はAの顔をみる。 ただ、無表情でただ寧々のことを見返していた。 まだまだ初心者で右も左もわからない状況ですが頑張って更新していきたいと思います。 よろしくお願いいたします。 1月29日 15時 id: - とても面白かったです!更新、楽しみにしています。 頑張ってください。 これから気をつけていきたいと思います。 これからは気をつけてください。 そして更新頑張ってください。 外すのを忘れておりました。 ご迷惑おかけして申し訳ありません。 オリジナルフラグ外させていただきました。

次の