キム ヒョンジュ ン ブログ の らん。 プロフィール | HENECIA JAPAN キム・ヒョンジュン日本公式ファンクラブ

「キム・ヒョンジュン」 ブログ検索 皆声.jp

キム ヒョンジュ ン ブログ の らん

さんと、さん、ソ・ガンジュンさん主演の刑事ドラマです。 さん、一大ブームを起こした映画に主演されたことで日本でもとても有名な俳優さんですね。 韓国では本当に有名な国民的俳優さんだと思います。 私、映画はあまり見ないので以外は観ていないのですが、ドラマは「根の深い木「秘密の扉」「浪漫ドクターキム・サブ」と視聴しています。 さんは、「ファンタスティック」を視聴しました。 ソ・ガンジュンさん、「キミはロボット」「第3の魅力」に出演していて、坂口さんに似てると評判の俳優(K-POPアイドル)さんですね。 このドラマのストーリーは 15年前に父親が母親を殺す現場を目撃した少年 は成長し警察官になります。 交通課のヨングンが信号無視をした車にをしていると、運転手は挙動不審になり、ヨングンを刺して逃走してしまいます。 その運転手を捕まえる過程で発砲してしまったヨングンは、なぜか広域捜査隊から厳しい取り調べを受けます。 そのヨングンを監察課の ト・チグァン が救います。 そのまま監察四班に連れていかれ事件の経過を聞かれるヨングン。 この事件には不正警官が関わっていると思った二人はそれぞれ捜査に乗り出します。 この事件に犯人の弁護士になった、検察官から転身した ハン・テジュ も関ることになり、三人は三様ながらも協力して事件を解決します。 不正警官を捕まえますが、その警官は上官でもあるチャン・ヘリョンに撃たれて死んでしまいます。 この事件がを切っ掛けに、次々事件が連鎖して、15年前のヨングンの父親が起こした事件に繋がりって行きます。 15年前に事件を目撃した少年・ヨングン、死体の第一発見者で犯人を逮捕した刑事・チグァン、犯人を起訴した検事・テジュと、三人が各々の思いを抱えながら事件と向き合っていきます。 このドラマの私の一番は トラウマとなる経験の見せ方がすごいです。 韓国ドラマにお決まりのトラウマ。 韓国ドラマの主人公は恋愛ものでも大抵抱えてしまっているトラウマ。 これがサスペンスだとその描かれ方もどれもすごいのですが、この辛い経験、このドラマもズシンときました。 なかでも、弁護士のハン・テジュ。 拘束され暴行され醜くはれ上がった顔のアップが画面に映し出されるんですが、もうそれだけで痛いし、怖い。 なので、このフラッシュバックのように映される思い出に囚われ、かたくなに自分を暴行した犯人を突き止めようとするハン・テジュを観ながら一緒に揺さぶられてしまいました。 韓ドラの心理描写って本当にすごいと、感心していまいます。 ドラマ全体としては、みなさんが鬱々と事件と向き合っているため、じっとりしてます。 出てくる刑事(元刑事)たちが皆あやしく、一つ一つの事件は解決するものの、何一つスッキリしないまま、次へと繋がっていくので何とも言えない感じ。 チグァンなどずっとグレーゾーンを行き来しているため、もうどっちなの?悪なの?ギリギリセーフなの?演じてるのがさんだけにハラハラ、モヤモヤしました。 深淵を覗いて、深淵と目が合って闇落ちしたのは果たして誰?と誰?と不正警官も一人また一人と増えて行き、ラストへ突入していきます。 そして、犯人を逮捕しても、イエーイとは決してなりません。 tyotto-manmaru.

次の

「キム・ヒョンジュン」 ブログ検索 皆声.jp

キム ヒョンジュ ン ブログ の らん

回を追う毎に存在感、印象が強く残る不思議で素敵な女優... 吾輩にとってはですが。 その美しさの秘訣を教えて欲しい。 色んなドラマを見ていますが、僕は「日照り雨」が一番好き。 4話でギュッとつまったいい作品です。 益々のご活躍を楽しみにしています。 韓国1の大女優になってください。 韓国一の美女。 不快通報が一定数を超えたコメントは削除致します。 不快通報により削除されたコメントが一定数を超えたユーザーはしばらくの間コメント投稿ができなくなります。

次の

韓国女優の人気ランキングTOP42【2020最新版】

キム ヒョンジュ ン ブログ の らん

特に最初の、まだチョン家客主が栄えていた頃の、行商人一同でのみんなの掛け声はとても印象に残りました。 そんな日々も呆気なく終わり、行商人として辛い日々を乗り越えてドンドンたくましくなるボンサム。 ソゲと再会したり、ソリンと恋に落ちるものの、ケトル(メウォル)もボンサムが好きで負けらんねぇ!といった三角関係も壮絶でした。 特にケトル(メウォル)のボンサムを想う気持ちは本当に強くて凄かったですよね。 あれだけ好きで、一生懸命ボンサムを助けたり協力してあげていたにもかかわらず、結局実りませんでしたが…。 ケトル(メウォル)がちょっと可哀想だったなぁと思いましたが、ソリンを失ったボンサムも可哀想でしたよね。 そんなケトル(メウォル)に目が離せなかった人も少なくないのではないでしょうか。 そして忘れてはいけないのが、大行首…そう、テヘンスのシンソクチュです! テヘンスの存在感は、まさに圧巻でした。 ソクチュはソリンのことが気に入ったのですが、そんなソリンに対しソクチュは、自分みたいな年寄りが好きだという気持ちは汚いのか?そんなことはないだろう! みたいなことを発言したシーンも印象に残っています。 好きだという気持ちはみんな同じだ、みたいなニュアンスでこう言っていたのです。 (うろ覚えなので全く同じ言葉ではありませんが…) あの時のソクチュがなんか切なかったです…。 また最後にソクチュが1人で屋敷で夕日を眺めながら椅子に座って死んでいったシーンがあったのですが、あれも思わずウルっときてしまいましたね。 テヘンスに上り詰め、地位も名誉も何もかもを手に入れた男がこうやってひっそりと死んでいく…なんか切ないものがありました。 ここで凄いなと思ったのは、 何だかんだボンサムは同じ商いをする身分としてはソクチュのことを尊敬していたという部分。 ソクチュとボンサムの間には色々なことが起こりましたが、それでもしっかりと彼のことを認めていたんですよね。 もっといろいろなことを学びたかったなんて、かっこいいじゃありませんか! 本当に商売人としての生き様がしっかりと描かれている韓ドラですよね。 さて、そんな客主~商売の神~のは、ルナf x があなただけ生きて(君だけ生きて)という楽曲を担当したということも注目されていました。 個人的にタイトルが出るオープニングの音楽もとても印象に残っています。 そのため最後まで目が離せない時代劇的韓国ドラマでした! kandoranomaru.

次の