株式 会社 マルゼン。 (株)マルゼン【5982】:株式/株価

マルゼン株式会社:会社概要

株式 会社 マルゼン

中国武漢で発生した新型コロナウイルスの日本国内での感染拡大を受け、当社で清掃業務や警備業務を行わせていただいている施設の安全のため感染対策を行っております。 従業員については手洗いやマスクの着用、各職場の休憩室には手指消毒剤を設置しております。 また正しい手洗いや消毒、マスクの脱着や廃棄方法についての指導も同時に行っております。 清掃業務におきましては、「新型ウイルス対策清掃処理要領」を作成するとともに、人の手が触れる箇所を次亜塩素酸ナトリウム(200ppm〜1000ppm)溶液で消毒清掃を行うなどの対応をしております。 体調が悪い従業員については、出勤する前に会社に連絡することと全従業員健康管理の徹底を要請しております。 〒040-0053 北海道函館市末広町22番21号 TEL: 0138-26-9335 FAX: 0138-26-5873• 〒041-1111 北海道亀田郡七飯町本町1丁目3番1号 TEL: 0138-64-4998 FAX: 0138-64-4998• 〒099-6132 北海道紋別市小向19番地3 オホーツク紋別空港内 TEL: 01582-6-2240 FAX: 01582-6-2240• 〒049-0153 北海道北斗市大工川1丁目5番5号 TEL: 0138-73-2988 FAX: 0138-26-5873• 〒062-0922 北海道札幌市豊平区中の島2条10丁目2-12 誉ローヤルハイツ1F TEL: 011-832-5655 FAX: 011-832-5655.

次の

マルゼン (5982) : 企業情報・会社概要 [MARUZEN CO.,]

株式 会社 マルゼン

2006年11月10日上場廃止 本社所在地 〒661-0026 水堂町三丁目18番21号 設立 (45年) (株式会社マルゼン) 事業内容 ドラッグストアチェーンの展開。 なお、関東地方では現在のココカラファインヘルスケアの系列店舗である「」や「ドラッグセガミ」が出店しており、統合後の屋号である「ココカラファイン」も出店している)。 京都府南部とが地盤のを系列に収める。 (22年)に親会社だったが合併によりとなり、と共に同社の傘下に移行となった。 (平成25年)にグループ内の再編に伴ってココカラファインヘルスケアに統合され、「ライフォート」はライフォート発足前の店舗ブランドと共に同社の店舗ブランドとなった。 沿革 [ ]• (45年) - 株式会社マルゼン設立(資本金20百万円、兵庫県尼崎市東難波町)。 (46年) - 現在の本店所在地である兵庫県尼崎市水堂町に移転。 (60年) - 兵庫県にドラッグストアの第1号店として昆陽店を開店。 (9年) - 大阪府に物流センターを設置。 (10年) - 株式会社大阪マルゼン薬局と株式会社播磨マルゼン薬局を吸収合併。 (11年) - 株式会社東京マルゼン薬局と株式会社西宮マルゼン薬局を吸収合併。 東京都に東京支店を設置。 (11年) - 株式会社ピープルマルゼンの営業権を譲受ける。 (11年) - 株式会社イシバシ()の営業権を譲受ける。 (12年) - EDI(電子データ交換)システムを導入。 (13年) - 大阪府にTC(トランスファーセンター)を設置。 大阪府に物流倉庫を設置。 (14年) - に株式を店頭登録。 (15年) - 大阪府門真市の物流センターを大阪府大東市にMDCとして移転。 (16年) - 株式会社神薬堂()との合併に伴い、株式会社ライフォートに商号変更。 合併後の資本金は317,596千円となる。 (16年) - 株式会社ライフォートとしてに1号店オープン。 (18年) - 株式会社ジップドラッグ(旧株式会社ジップ・ホールディングス)と株式移転により共同持株会社 株式会社アライドハーツ・ホールディングス設立。 同日付で当社は完全子会社となる。 (20年) - 子会社の株式会社松ノ木薬品が株式会社ホップスドラッグを吸収合併。 (21年) - 株式会社松ノ木薬品を吸収合併。 (22年) - 親会社の株式会社アライドハーツ・ホールディングスが株式会社ココカラファイン ホールディングスに吸収合併され、同社は 株式会社ココカラファインに商号変更。 当社はココカラファインの傘下となった。 (24年) - ココカラファイン運営のネットショップ「ココカラファイン. ネット ライフォート店」を開設(2013年4月1日付で本店の「ココカラファイン. ネット」に統合し、運営を株式会社ココカラファインOECへ移管)。 2012年(平成24年) - 親会社の社名を冠した「ココカラファイン 瓢箪山店」をオープン。 2013年(平成25年) - グループ内の販売子会社再編に伴い、セガミメディクス株式会社へ吸収合併され、解散(セガミメディクス株式会社は合併により株式会社に商号変更)。 併せて、現在の「ライフォートグループメンバーズカード」はシステム統合に伴い、同年6月をもって終了する予定であることが発表された(終了に先立ち、同年4月からポイント付与単位を税込105円につき1ポイントから税込100円につき1ポイントに変更)。 なお、「ライフォート」、「ライフォート」発足前から展開していた店舗ブランド、子会社から継承された店舗ブランドはそのまま同社の店舗ブランドとして存続。 2013年(平成25年) - 「ライフォートグループメンバーズカード」の利用が同日付で終了し、翌7月1日より「ココカラクラブカード」へ移行。 店舗展開 [ ] (2年)時点で「ライフォート」の店舗ブランドで出店しているのは2店舗、27店舗、47店舗の計76店舗(うち、調剤薬局の「ライフォート薬局」は京都府1店舗、大阪府2店舗、兵庫県7店舗の計10店舗)を展開する。 また、前述のとおり、「ライフォート」発足前から展開してた店舗ブランドや子会社から継承された当時の店舗ブランドのままで展開されている店舗もあり、「マルゼン」が大阪府・兵庫県に各3店舗ずつの計6店舗、「シンヤクドー(神薬堂)」が11店舗・1店舗の計12店舗、「ドラッグストア ホップス」が京都府に3店舗、「ハーティ・ドラッグ マツノキ」が京都府に1店舗それぞれ展開している。 なお、ココカラファインヘルスケア発足後は「ライフォート」での新規開業は行われておらず、店舗の閉店や改装に伴う「ココカラファイン」への店舗ブランド変更により店舗数は減少している。 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

マルゼン株式会社:会社概要

株式 会社 マルゼン

水・・・それはいつの時代も人間生活になくてはならない貴重な資源であり、水なくして豊かな社会はあり得ません。 限りある水をいかに有効に活用すべきかは、今を生きる私たちに課せられた重要なテーマといえるでしょう。 水廻り機器・資材を通して60年以上の歴史を持つ、マルゼンは単に水を手軽に利用するための施設づくりではなく人と水とのより良いコミュニケーションという観点から、きわめて今日的な問題である水質汚濁等の対策商品等にもいち早く取り組み、より豊かな生活文化の提案をめざしてきました。 長年培ったノウハウと技術をいかんなく発揮し、未来の子供たちへ美しく潤いのある住環境を伝え、育むことが水廻り専門の総合商社である私たちの使命だと考えています。 創業 昭和32年6月 資本金 9,000万円 代表者 代表取締役社長 神谷修章 年商 53億円 社員数 90名 業種 上下水道資材及び住宅設備機器販売 取引銀行 りそな銀行 豊中服部支店 三菱東京UFJ銀行 豊中支社 商工中金 梅田支店 日本政策金融公庫 大阪支店 みずほ銀行十三支店 南都銀行江坂支店 京都銀行尼崎北支店 昭和32年6月 営業所豊中市大字菰江35番に於いて丸善商店として発足。 店主は前代表取締役社長葛野善二、取扱品目は上下水道資材。 昭和34年3月 積水化学工業株式会社特約販売店となる。 昭和37年1月 株式会社丸善商店として組織変更。 資本金100万円、代表取締役は葛野善二。 昭和38年11月 本社を豊中市庄内宝町2丁目68番地に移転する。 昭和40年1月 松下電器産業株式会社代理店となる。 滋賀営業所を開設。 昭和42年10月 塩ビ樹脂製品加工工場を開設。 昭和45年4月 社名を丸善管工器材株式会社と改称。 西宮営業所を開設。 12月 東陶機器株式会社特約店となる。 昭和47年4月 京都営業所を開設。 昭和54年8月 滋賀北部営業所を開設。 昭和55年11月 新資本金3,000万円となる。 昭和58年1月 滋賀工場を新設、本社工場を移転する。 5月 高槻営業所を開設。 昭和62年10月 大津営業所を開設。 滋賀工場が日本工業規格表示工場(第587053号 排水用硬質塩化ビニール管継手)となる。 昭和63年10月 宝塚営業所を開設。 平成元年3月 資本金4,000万円に増資。 6月 管工事業許可取得。 大阪府知事許可(般-1)第74962号。 7月 日本水道協会検査許可工場に認定。 平成2年2月 大阪営業所及び本社倉庫新築。 6月 資本金5,000万円に増資。 12月 資本金6,000万円に増資。 平成3年1月 西宮営業所倉庫増設。 7月 大阪中小企業投資育成(株)より1,500万円の投資を受け、資本金7,500万円となる。 平成4年1月 あさひ銀事業投資(株)より1,500万円の投資を受け、資本金9,000万円となる。 10月 播磨営業所を開設。 平成5年8月 (株)丸善ティー・エフ・シーを設立、資本金1,000万円。 10月 製造部門(滋賀工場)を丸善ティー・エフ・シーに営業譲渡。 平成6年9月 滋賀営業所倉庫改装。 平成8年4月 神戸営業所を開設。 平成10年9月 宝塚営業所を大阪営業所へ吸収。 11月 優良申告法人となる。 平成13年4月 子会社(株)丸善ティ・ーエフ・シーを吸収合併し滋賀工場とする。 9月 神戸営業所を西宮営業所へ吸収。 平成20年3月 高槻営業所を京都営業所へ吸収 5月 大阪第一営業所および大阪第二営業所を統合し本社営業部とする。 平成23年2月 播磨営業所を西宮営業所へ吸収。 平成25年10月 滋賀営業所、西宮営業所を各々滋賀支店、阪神支店へ組織変更。 平成26年3月 滋賀北部営業所を滋賀支店へ吸収。 平成28年10月 滋賀支店を滋賀営業部へ組織変更。 平成29年10月 社名をマルゼン株式会社と改称。 平成30年11月 滋賀工場を閉鎖。

次の