御仏前 漢字。 御霊前と御仏前の違いと意味、香典袋の書き方の基本は?

香典のルール&マナー|ゼクシィ

御仏前 漢字

このページの目次• 御霊前と御仏前の違いは?どんな意味? 文具店やコンビニで熨斗袋のコーナーを見ると、弔事用で圧倒的に種類が多いのが「 御霊前」と「 御仏前 または御佛前 」です。 それだけ一般的な熨斗袋ということなのですが、この 御霊前と御仏前はいったいどのようなときに使うのでしょうか?その違いと意味をまずは見ていきましょう。 御霊前と御仏前 御佛前 はいつ使う?何が違うの? 御霊前は主に通夜や葬儀で使います。 仏教・キリスト教・神道のどの宗教でも使用できます。 ただし、蓮の花の模様がある香典袋は仏教のみです 一方の 御仏前は仏教における四十九日以降に使います。 主にお盆やお彼岸、年忌法要といった仏教の法事に使います。 四十九日が境なのはなぜ? 仏教の教えにおいて、人が亡くなると7週間 49日間 は霊となり彷徨います。 その間、遺族が一心に冥福を祈り、7週間経った日に成仏 仏さまになる するのです。 つまり、四十九日前は霊の前に供えるものなので「 御霊前」、四十九日後は仏の前に供えるものなので「 御仏前」となるわけですね。 浄土真宗に関する注意点 仏教のなかでも、 浄土真宗に関しては「御霊前」を使いません。 なぜなら「往生即成仏」という親鸞の教えがあるからです。 浄土真宗においては、亡くなってすぐ仏様になるので、 通夜や葬儀であっても「御仏前」を持参するのが正解です。 ただし近年は、喪主サイドですらこの事実を知らないことが多く、浄土真宗の葬儀であっても「御霊前」を持参する人がほとんどといったことも。 浄土真宗の教えに従って御霊前は使いたくないが、かといって御仏前を持参して「御霊前じゃないの?」と思われたくない…。 そうご心配の方は、「 御香料」という名目で持参するといいでしょう。 「御香料」は単に「お香をお供えします」という意味なので、 仏教の宗派関係なく使用できます。 香典袋の書き方の基本 香典袋の書き方には決まったルールがあります。 基本をおさえて失礼のないようにしましょう。 基本1:弔事には薄墨で書く 不祝儀には薄墨を使うのが基本です。 これには「涙で墨がにじんでしまった」や「突然のことで墨を磨る時間がなかった」といった意味が込められています。 故人が亡くなってすぐ執り行われる通夜や葬儀に濃い墨を使っては、「亡くなる前から墨の準備をしていた 予期していた 」ということになり大変失礼ですので気を付けてください。 なお、四十九日以降の法要については、あらかじめ日程が決まっていることなので、濃い墨を使っても失礼にはあたりません。 基本2:宗教による香典袋の違い ・仏教:前述のとおり、四十九日以前は御霊前、以降は御仏前を使います。 浄土真宗は最初から御仏前を使います。 宗派に関係なく御香料を使っても大丈夫です。 また、蓮の花の模様がある香典袋は仏式のみです。 ・キリスト教:御霊前も使えますが、「御花料」のほうがより一般的です。 白の無地か白百合や十字架が書かれている香典袋を使います。 ・神道:御霊前が使用できます。 あらかじめ神式と分かっている場合は、「御榊料」「御神前」「御玉串料」などが良いでしょう。 香典袋下段の書き方 1)基本的な書き方 下段の真ん中に会葬者のフルネームを書きます。 2)夫の代理で会葬する場合 下段の真ん中には夫のフルネームを書き、名前の左下あたりに「内」と小さく書き添えます。 3)夫と連名にする場合 下段真ん中に夫のフルネームを書き、夫の名の左隣に妻の名を並べます 妻の苗字は書きません。 夫婦揃って会葬する場合でも、夫のみの名前で香典を出して大丈夫です。 ただし、故人が妻の縁者であったり、妻と繋がりの深い方の場合は連名にすることがあります。 4)会社で香典を出す場合 下段の真ん中には役職名とフルネームを書きます。 会社名は右側に名前よりも小さな文字で書きます。 役職名が長く氏名と同じ行で書けない場合は、氏名の右隣に書きますが、その場合でも氏名は下段真ん中から動きません。 5)上司の代理で会葬する場合 上司の氏名に「代」の字を小さく書き添えます。 上司の名刺を預かり、右上に「弔」の文字と自分が代理で会葬した旨を書いて香典袋に添えて出すと、相手にわかりやすくて親切です。 6)職場で連名の場合 3名までの連名であれば、氏名を並べて書くことができます。 その際、一番右側に最も役職の高い人を書き、左へ役職順に書いていきましょう。 御霊前の中袋の入れ方と中袋がない時の書き方 中袋へのお金の入れ方 通夜や葬儀へ持参する香典の中袋へ入れるお札は 旧札にしましょう。 「突然のことできれいなお札を用意できませんでした」「予期していなかった」という意味が込められています。 手元に新札しかない場合は、 真ん中に折り目を入れて使用感を出しましょう。 四十九日以降の法要はあらかじめ日時が分かっているものですから、新札を入れても差し支えありません。 不祝儀の場合は札の肖像がない方 裏 を前にして入れます。 祝儀の入れ方と逆ですので注意してください。 香典の相場や香典の渡し方、マナーについては以下の記事を参考に失礼のないようにしましょう。 関連記事 中袋の書き方 1)金額を書く 中袋の前中央に金額を縦書きします。 「金、壱萬円 または圓 也」のように旧漢数字で書きます。 その場合は裏面の金額欄に金額を書き、表面には書く必要はありません。 2)住所と名前を書く 中袋の裏面に住所と名前を書きます。 筆や筆ペンで細かい字が書きづらい場合は、筆ペン風に書けるペンを使うときれいに書けます。 3)姓が変わって間もない場合 結婚して姓が変わって間もない場合であっても、香典袋へは新姓で書きます。 ただし、受け取る側が混乱しそうであれば、中袋の裏面氏名欄に新姓で氏名を書き、その左側に で旧姓を書くと親切です。 中袋がない場合は? 香典の金額が5千円以下の少額の場合、中袋のない簡素な香典袋を使うことがあります。 その場合は香典袋の裏面に住所・氏名・金額をしっかり記入しましょう。 まとめ 故人を偲び冥福を祈るために、礼儀を重んじ失礼のないようにしましょう。 とくに 香典袋は、会計管理のために遺族の手元に残るものです。 遺族の心中を察し、お手を煩わせないよう、必要な情報は全て書くのがマナーです。 香典の額で悩むことがあると思いますが、故人や親族との関係性をよく鑑みて決めましょう。 渡した香典の額は、今後同様のやり取りがあった場合の基準となります。 自分の親族に不幸があったとき、相手に負担をかけてしまうこともありますので、 適切な額を渡すべきです。 また、香典袋は金額に応じて、中袋の有無や結び切りの色、短冊の有無などで 豪華さを調節できます。 5千円以下の香典で豪華な香典袋を使ったり、逆に1万円以上で中袋のない香典袋を使うのは、とても恥ずかしいことです。 注意してくださいね。 尚、香典を包む袱紗(ふくさ)に関する決まりについては以下の記事をご覧ください。

次の

「御香奠」と「御香典」は同じ意味で使われていますか?

御仏前 漢字

不祝儀袋の「御霊前」と 「御仏前」の違いは? 仏式では、四十九日までは故人の霊がこの世にとどまっていると考え、通夜~告別式で霊前に供える香典は「御霊前」。 四十九日の法要からは、故人は仏になったと考え「御仏前」。 ただし浄土真宗では、霊は存在しないという考えから通夜~告別式でも「御仏前」。 仏式のどの宗派か分からない時は「御香料」か「御霊前」で。 仏式か、神式の葬儀なのか、 宗旨が分からない時は? お寺で行われる葬儀なら仏式、教会ならキリスト教式と分かりますが、斎場で行われる場合は宗旨が分からないことも。 そんな時は、銀一色の結び切りの水引をかけた無地の不祝儀袋を用意して「御霊前」とすれば、オールマイティに使えます。 礼を尽くしたいなら、忙しい遺族に訊ねるより、葬儀会場に連絡を入れて確認を。 香典の中身を、うっかり 入れ忘れた時は? あってはならないことなので、香典を持参する時は最後にもう一度確認を。 通夜に渡した香典の中身を入れ忘れたのなら、告別式にもう一度うかがい、受付で理由を話して再度香典を渡すようにします。 告別式に入れ忘れた場合は、遺族に連絡をして自宅にうかがうか、お詫びの手紙を添えて香典の郵送を。 連名が慣例ではないなら、「おつきあいが深かったので個人で出したい」と告げて、仲間から外してもらいましょう。 ひと言声をかけることを忘れずに。

次の

のし袋 表書き・文字見本|祝儀袋の書き方|くれ竹筆ぺん

御仏前 漢字

今や人生100年時代とさえいわれているほど長い一生の中で、親しい方とのお別れに遭遇する機会があるかもしれません。 そして、親しい方に別れを告げる場である葬儀や、故人の冥福を祈る場である法事の際に必ず持参するものの1つとして挙げられるのが香典袋です。 香典袋については古くからいくつかのマナーがありますが、そのうちの1つが表書きにまつわるもので、一般的には御霊前や御仏前と書く場合が多いでしょう。 しかし、表書きによって守るべきマナーや書き方、気を付けるべき点はいろいろあります。 そこで今回は、主に葬儀や法事に関するマナーの知識を身につけたい方向けに、法事に持参する香典袋の 表書きが御仏前の場合のマナーや書き方などを中心に見ていきますので、終活の際にお役立てください。 なお、今回の内容は以下のポイントに沿って進めていきます。 御霊前との違いも含めて御仏前がどのような表書きなのかについて見たところで、ここからは 御仏前の適切な書き方について詳しく見ていきましょう。 主に使う墨の種類や金額の書き方、名前の書き方、使う筆記用具の種類などの項目に分けて説明していきます。 薄墨で書くの? 御仏前に限らず香典袋にいろいろ記す際に最初に気を使うことになるのが、 使う墨の種類です。 よく「葬儀の際には薄墨を使うのがマナー」などといわれますが、法事でよく使われる御仏前の香典袋の場合はどの種類の墨を使えばよいのでしょうか? 初七日法要の場合 初七日法要は故人が亡くなった日から7日目に行われる法要のことですので、多くの宗派では香典袋に御仏前ではなく御霊前と記します。 ただし、浄土真宗や曹洞宗の場合は四十九日以前でも御仏前と書くのがマナーです。 さて、初七日法要に持参する香典袋に使う墨ですが、 薄墨を使うのがマナーとされています。 四十九日より以前であるため、まだ故人を失った悲しみを表現する意味合いで使われます。 法要の1つである初七日に参列する場合、持参する香典の表書きはご存知でしょうか?こちらの記事で解説しております。 是非ご覧ください。 初盆 新盆 法要の場合 初盆は、故人が亡くなられてから初めて迎えるお盆のことを指し、お盆の行事に加えて、僧侶を招いて法要を行います。 盆法要の際は、 薄い墨ではなく普通の墨で書きます。 また、表書きは御仏前、御供物料と書きます。 一周忌以降の場合は御仏前? 一周忌法要以降でも香典袋の表書きは御仏前です。 すでに四十九日の段階で仏様になった故人に対してお供えするという意味合いがあるからです。 なお、一周忌以降でも使う墨は 普通の墨というのが一般的なマナーです。 金額の書き方 表書きが御仏前であっても御霊前であっても、香典袋にお金を包む際の 金額の書き方もまた重要な要素です。 ここでは、金額の書き方について見ていきましょう。 漢数字を使う 香典袋に包んだ金額について書くときは、原則として 漢数字を使います。 ただし、 普通の漢字ではなく旧字体で書くのが一般的なマナーです。 例えば一万円を包んだ場合は、「金壱萬圓也」というように書きます。 ちなみに「也」は、金額の書き足しなど改ざんを防ぐためにつける字です。 また、他の漢数字については以下のような書き方をします(四や九は縁起の悪い数字のため不使用)。 より正確には、裏側の右側に大きく書くようにします。 中袋がない場合は? 香典袋によっては中袋がない場合もあります。 このとき、どのような書き方をすればいいのでしょうか? 中袋がない場合は、 表袋の裏側の左下に住所とともに記します。 もちろんこの場合も旧字体の漢数字で書くようにしましょう。 名前の書き方 金額とともに香典袋に書くべき重要な項目が名前です。 ここでは香典袋への 名前の書き方についても説明していきます。 個人の場合 個人名を書く場合は、そのまま 香典袋の表側の下半分の中央に縦書きでフルネームで書くようにします。 なお、夫婦のどちらかが代理人として出席する場合は、出席できない方の名前を書いたうえで左下に小さく「内」と書きます。 家族で連名の場合 家族で参列する場合は原則として 世帯主の名前のみを表袋の表側の下半分の真ん中に記します。 「〇〇家一同」というように書きそうになりますが、これは正式なマナーにはそぐわない方法です。 夫婦連名の場合 法事に香典袋を持参する際に 夫婦で連名にする場合もあります。 この場合は、表側の下半分の中央部分に夫の名前を書き、その隣に妻の下の名前を書きます。 ただし、場合によっては夫の名前だけでもよいこともあります。 4人以上の連名の場合 故人が勤めていた職場の部署の同僚など複数人が連名で香典を手渡す場合もあります。 このような場合の書き方としてはどうすればいいのでしょうか? まず、 表袋の表側の下半分の真ん中より右側に小さめの字で会社名を書き、その左隣に部署名などを入れます。 部署名には「〇〇課一同」というように表記するといいでしょう。 会社名を書くことも また、故人が勤めていたり親しくしていたりした企業が香典を手渡すという場合もあります。 この場合の書き方は、まず表袋の表側の下半分の真ん中より右側に小さめの字で 会社名を書きます。 そして、 その左側に代表取締役の役職名を小さく書いたうえで、その下に代表取締役の名前をフルネームで書きます。 住所は中袋に書く 香典を手渡す方の住所については、 中袋の裏面左側に金額とともに記します。 この時、単に住所を記すだけでなく、郵便番号や電話番号なども記しておくと香典返しの際などにご遺族の方が作業をしやすくなります。 ちなみに、香典返しが不要の場合はその旨を住所欄や金額欄の隣に記しておくとよいでしょう。 御仏前は筆ペンで書くの? 最後に、御仏前の香典袋の表書きなどを書く際に、どのような筆記用具を使えばよいのかについて見ておきましょう。 これは表袋に関しては 筆や筆ペンで書くのが正式なマナーです。 御仏前以外の表書きについて 香典袋に書かれる表書きは御仏前以外にもさまざまなものがありますが、宗派や宗教によっては表書きの違いをしっかりと区別しないと手渡される相手方の気分を害しかねません。 ここでは、 御仏前以外の表書きについて詳しく見ていきましょう。 仏式の場合 仏式の場合は御仏前のほかにも御霊前や御香料といった表書きがあります。 ただし、浄土真宗の場合は表書きについては気を付ける必要があります。 まず、 浄土真宗の場合は御霊前は決して使いません。 これは浄土真宗では霊魂は存在しないと考えているためです。 このほか御香料や御香典は浄土真宗であっても他の宗派であっても表書きとして使うことができます。 より正確には、御香典は仏教でも相手方の宗派がわからない場合にもよく使われます。 神式の場合 神道形式の葬儀や法要では、亡くなった人はその家の守護神になるとみなされているため、ほとんどの宗教や宗派で使うことができる 御霊前のほかにも 御神前も表書きとして使うことができます。 加えて、葬儀・法要共にお供えする玉串や榊の費用という意味合いで 御玉串料や御榊料、御神前と似た表記である 御神前料も神式ではよく使われます。 キリスト教式の場合 キリスト教式の場合でも多くの仏教の宗派や神式で使われる 御霊前を使っても問題はありません。 ほかにも 御花料(あるいはお花料)や御ミサ料(カトリックのみ)といった表書きも使われます。 御仏前の入れ方 御仏前の香典を手渡す方法としてはどのようにするのがマナーなのでしょうか? ここでは 香典の適切な渡し方について見ていきましょう。 渡すタイミングは? 法事の際に香典を手渡すタイミングは、 法事の会場に到着した段階で施主の方に手渡すようにします。 ただ、地域や宗派によっては慣習が異なる場合もあるため、他の参列者の動きに合わせて渡すようにすれば無難でしょう。 袱紗(ふくさ)に包んで渡す 香典は単に手で直接手渡すのではなく、 袱紗と呼ばれる進物を進呈する際に包む専用の包みに入れて手渡します。 そして弔事の場合は包む袱紗の色(紫色や寒色系)にも気を使う必要があります。 詳しいことは「終活ねっと」の以下の記事をご覧ください。 御仏前とは仏式の法事でよく使われる香典袋の表書きである。 また一部宗派では法事だけでなく葬儀の段階でも御仏前を使うことがマナーとされている。 御仏前の書き方としては、初七日(浄土真宗や曹洞宗)法要の際には薄墨を、四十九日法要以降は普通の濃い墨を使う。 金額は基本的に中袋の裏側に旧字体の漢数字を使って書く。 名前の書き方は個人の場合や家族で連名の場合などケースによりさまざまなのでそれぞれの適切な方法に基づいて書く。 住所も中袋の裏側に金額の隣に記す。 なお、御仏前は表袋は筆や筆ペンで書くのが正式である。 御仏前以外の表書きは宗教や宗派によってさまざまである。 仏式であれば御霊前や御香料などがあるが、浄土真宗では御霊前は使われない。 また、神式の場合は御神前や御玉串料などが使われ、キリスト教式の場合は御花料などが使われる。 御仏前の入れ方として用いる水引きは黒白もしくは双銀の場合が多い。 お金を包む際にはなるべく古いお札を用意して、肖像や額面が印字されている側を裏に、肖像が袋の底側に来るように入れる。 御仏前を渡すタイミングは法事の会場に到着した段階で施主の方に渡す。 ただし、直接手で渡すのではなく袱紗に包んだ形でお悔やみの言葉を述べてから差し出す。 法事を欠席する場合は後日現金書留で郵送する。 御仏前の金額の相場は、自分自身の立場や故人との関係の深さによって変化してくる。 基本的に御仏前は法事の場に香典を持参する際に使われますが、使う墨の種類や金額と名前の書き方などに注意していれば大丈夫です。 法事に出かけることは長い人生の中であることかと思いますので、終活の一環として香典袋などのきちんとした書き方やマナーを習得しておくとよいでしょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の