ショートカットキー エクセル シート移動。 Excelショートカット|シートの移動・選択・追加(Windows/Mac)

Excel 2013 ショートカットキー一覧

ショートカットキー エクセル シート移動

ショートカットを設定する• エクセル全般• ブック• シート• セルの選択• 行と列• 入力・編集・削除• 書式設定• 表示形式• グラフ• マクロ ショートカットを設定する 繰り返し セル結合や塗りつぶしのショートカットはありません。 これらは前回の操作を繰り返すショートカットです。 これで一時的にそれらのショートカットとして使用できます。 ショートカット キーを設定 セル結合や塗りつぶしのショートカットを設定する方法を紹介します。 [クイック アクセス ツールバーのユーザー設定] をクリックして [その他のコマンド] をクリックします。 ショートカットを設定したい [操作] をクリックし、[追加] をクリックして [OK] をクリックします。 セル結合なら「セルを結合して中央揃え」、塗りつぶしなら「塗りつぶしの色」という名前であります。 [セルを結合して中央揃え] と [塗りつぶしの色] が追加されました。 Alt キーを入力すると番号が表示されます。 テンキーを使用するときは Altキーを放してから入力します。 セル結合するには [セル] を範囲選択します。 スポンサーリンク 特殊 ショートカット キー 説明 Alt F10 リボン用のショートカット キーを表示または非表示にします。 F6 ワークシート、リボン、作業ウィンドウ、およびズーム コントロール間を切り替えます。 F12 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示します。 F1 [Excel ヘルプ] 作業ウィンドウを表示します。 F9 すべてのワークシートを再計算します。 PageUp ワークシート内で 1 画面分上にスクロールします。 PageDown ワークシート内で 1 画面分下にスクロールします。 もう一度入力するとワークシート全体を選択します。 追加する範囲の先頭セルに方向キーで移動し、F8 キーを押し、方向キーで範囲を拡張します。 F8 拡張選択モードを切り替えます。 拡張選択モードでは、ステータス行に [拡張選択] と表示され、方向キーで選択が拡張されます。 入力・編集・削除 ショートカット キー 説明 F2 セルを編集モードにします。 F3 [名前の貼り付け] ダイアログ ボックスを表示します。 F7 [スペルチェック] ダイアログ ボックスを表示して、作業中のワークシートまたは選択した範囲内のスペルをチェックします。 アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする。 小数点以下の桁数が 2 で、桁区切りを使用し、負数には負符号 - を使用する数値の表示形式を設定します。 F11 現在の範囲からグラフを作成して、別のグラフ シートに表示します。 このダイアログ ボックスで、マクロの作成、実行、編集、削除を行うことができます。 VBA を使用してマクロを作成できます。 スポンサーリンク.

次の

Windowsでウィンドウ画面移動のショートカットキー

ショートカットキー エクセル シート移動

ブックやシートを切り替えて作業するのが面倒! 普段の業務でExcelをよく使うという人でも、Excelだけをパソコンで開いて作業しているという人は少ないですよね。 多くの人は、Excel以外にもメールやWebブラウザーなど、さまざまなアプリを起動した状態で仕事をしていると思います。 また、複数のシートが保存されたブックで、それぞれのシートを行ったり来たりしながら作業をすることも多いのではないでしょうか。 普段Excelのブックやシートを切り替える際にマウスを使っているなら、今回の記事は必見です! 今回は、Excelのブックやシートを簡単に切り替えられるショートカットキーを3つ解説します。 この3つを覚えておけば、表示したいブックやシートにすぐに移動できます。 いちいちマウスに手を伸ばす必要がなくなるので、作業のスピードが落ちることはありません。 さっそくこれらのショートカットキーを使ってみましょう。 このように[Ctrl]キーを押したまま[PageUp]キーを押していくと、先ほどとは反対に、アクティブシートを右から左へ順々に切り替えることができます。 その場合は、[Ctrl]+[Fn]+[PageUp]や[Ctrl]+[Fn]+[PageDown]というように、[Fn]キーも押す必要があります。 [Fn]キーはノートパソコンや横幅の狭いキーボードにあるキーで、他のキーと組み合わせることで、1つのキーの2つの機能を切り替えられるようになっています。 ただし、[Fn]キーがない機種や、[Fn]キーと組み合わせて使う機能が違っている場合もあるので、説明書などで確認してみてくださいね。 このように[Ctrl]+[Tab]キーを押すと、開いているExcelのブック間で表示を切り替えることができます。 ところで、「別のブックに表示を切り替える」と聞いて、[Alt]+[Tab]キーを思い浮かべる読者も多いかもしれません。 確かに[Alt]+[Tab]キーでも別のブックに切り替えることはできます。 ただし、この[Alt]+[Tab]キーはWindowsのショートカットキーで、起動しているすべてのアプリ間で表示を切り替えることができるキーです。 したがって[Alt]+[Tab]キーを押した場合は、Excelだけでなく起動している他のアプリもすべて切り替えの対象になります。 Excelのブック間だけで表示を切り替えたい場合は、今回解説したショートカットキーを使ったほうがスムーズに行えますよ。

次の

Windowsでウィンドウ画面移動のショートカットキー

ショートカットキー エクセル シート移動

Q a b c d....... 1行目 : ヘーダー 1 2 3 4........ 2行目以降: データ 5 6 7 8......... 一行目は項目が入力してあり、2行目以降はデータが入っています。 このようなシートがあったときに、一行目の項目の文字を縦表示にして(通常はマウスで行を選択して書式設定から変更しています)、さらにそれぞれの列の横幅をデータの幅に合わせて調整(通常はシート全体を選択した状態で境目をダブルクリックして調整しています)し、さらに一行目にオートフィルターを入れるという動作をショートカットキーのみでやりたいと考えています。 残りの、縦表示への変更、列の幅調整のショートカットキーを教えてください。 [Shift]と方向キーで A1:E1 を選択します。 [Alt]を押しながら [O]、[E] の順に押します。 方向キーで"配置"タブを開きます。 [Alt]を押しながら [O]、[C]、[A] の順に押し、セル幅を最適化し、 [Alt]を押しながら [O]、[R]、[A] の順に押し、行高を最適化します。 A ベストアンサー こんにちは。 (1)の場合は、下記のコードを ThisWorkbook に記述してください。 どのワークシートでも機能します。 Range "A1". Value End Sub (2)場合は、下記のコードを標準モジュールに記述しボタンにマクロ登録してください。 (すべてのシートにボタンを貼り付けるのは面倒でしょうから、ツールバーにボタンとして追加すると良いと思います。 ) Public Sub SheetName ActiveSheet. Value End Sub A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1! その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが) 印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。 いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。

次の