めまい 一瞬 グラッとする。 スマホの使いすぎ?若者もビビる「頭がふわふわする」症状って一体何?

座っている時に一瞬だけグラッとする眩暈があります。今日は午...

めまい 一瞬 グラッとする

- 急なめまいの対処法 - <急なめまいの対処法> めまいとは、 自分の体と周囲との関係が乱れて感じる異常な感覚で、非常に不快感を伴います。 タイプは大きく 回転性めまいと 非回転性めまい 多くは浮動性 の2つに分けられます。 どちらも 発作時は横に寝るなどして、 できるだけ安静にしてください。 自分が楽な姿勢で休む 激しいめまいでも、 姿勢によってめまいの程度が変わることがあるので、自分の 一番楽な姿勢で安静にします。 例えば右耳のメニエール病の人は、左耳を下にして横になったほうが、めまいが軽減することが多い そして、ネクタイやベルトなど、体を締めつける物はゆるめたり外したりします。 光の刺激を最小限に 光が脳を刺激して、めまいの症状を悪化させることがあります。 日陰や暗室で目を閉じて安静にしましょう。 目の前の 動く物も見ないほうが良いです。 外で歩行中にめまいが起きたら・・・ 無理に歩こうとせず、 その場でしゃがむ。 慌てて動くと、つまずいて転んだり、物にぶつかって思いがけない事故やケガにつながることもあります。 そして めまいが少し落ち着くのを待ちましょう。 場合によっては、周囲の人に助けを求める勇気も必要です。 人込みや階段の途中などでは、無理をせず人の手を借りましょう。 動けないような激しいめまいのときは、救急車を呼んでもらって下さい。 運転中では・・・ 運転を続けるのは、事故につながる恐れがあるため危険です。 路肩に寄せてエンジンを切り、シートを倒して休む。 めまいが落ち着くまでハンドルを握らない。 電車中では・・・ 電車の 揺れでめまいが増強することがあります。 電車に限らず、一般に 動いている乗り物の中ではめまいは増強しやすい傾向があります。 めまいに慣れている人は別ですが、初めての人は次の駅で降りて休むほうが安全です。 転落の危険もあるので、ホームの端から離れて。 薬を飲む 薬を処方されている人は、すぐに薬を飲みましょう。 常に持っていたほうが安心です。 <周囲の人ができることは> 1 ゆっくり休ませる: 本人が楽な姿勢であれば、どんな姿勢でも構いません。 楽な服装でゆっくりと休ませましょう。 もしも、手足の麻痺が疑われたなら、 麻痺側の手足を上にして寝かせましょう。 2 嘔吐に備える: 強いめまい発作ほど、吐き気を伴います。 吐き気があるときは 横向きに寝かせ、汚物で喉をつまらせないようにします。 そしてビニール袋、洗面器などを用意してください。 3 症状をチェックする: めまいが起こったとき、一番重要なのは、 脳の病気かどうかのチェックです。 めまい以外に 以下のような症状が1つでもあれば、すぐに救急車を呼んで医療機関へ連れて行くこと!脳卒中 脳梗塞、クモ膜下出血、小脳出血など の可能性があります。 1 呼びかけても反応がない 意識障害。 2 吐き気がとてもひどい 20分安静にしても軽減しない。 3 頭痛がひどい 今まで経験したことのないほどの激しい頭痛。 4 目が一方に寄って動かない 動眼神経麻痺。 5 ろれつが回らない 構音障害。 6 手足が急にしびれている、 力がはいらない 手足の運動麻痺。 <慢性期の生活指導> めまいが軽減し 気分不良がとれたら、下記のことに注意しながら、少しづつ元の生活に戻していきましょう。 1 急に体 頭 を動かさない。 ゆっくり始動する。 2 大きい音を聞いたり、チラチラ 光るものをあまり見ない。 3 階段を下りるときは、 手すりのそばを通行する。 4 十分な睡眠をとる。 5 夜、トイレに行く時のために常夜灯を点けるか、 懐中電灯を枕元において就寝する。 7 出来る限り ストレスを避ける。 8 バランスのとれた規則 正しい食事をとる。 9 徐々に 適度な運動を開始する。 10 医師から薬の処方がある方は、その服用を守る。 勝手に自己判断して中断しない。

次の

「めまい」の原因と対処法、予防方法とは|シニアのあんしん相談室‐補聴器案内‐

めまい 一瞬 グラッとする

【脳・頭・意識】一瞬落ちる。 一瞬グラっとする。 一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。 初めてなったのが3年前くらいです。 ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。 その時、会話は継続してできていました。 友達の声も聞こえています。 なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。 時間は0. 3秒くらいです。 頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。 エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。 周囲は暗くなっていません、見えています。 お風呂でのぼせる現象に近いですが、時間があまりにも短いし、下に落ちていく感覚がありますので、あきらかに「のぼせ」とは違います。 金縛りの経験は数年前に2回ありますが、あきらかに違います。 身体は倒れこんだり、座り込んだりしません。 体勢はしっかりとしています。 3ヶ月に一度くらい間隔で起きます。 現在まで、20回程度です。 おそらく自分では脳に関係している病状だと思います。 自分が一番気になるのは「エレベーターを一階分0. 3秒の一瞬で落ちるような感覚」です。 いずれ医者に行こうかと思っていますが、その前にこの症状に似ている病名、考えられる病名を知りたいと思っています。 また、同じような経験者様の声や、家族の方で同じ症状が居るというかたの話が聞きたいです。 とても一瞬なので周囲の人にはわかりません。 (気づかれません) 【症状説明】 *エレベーターを一階分落ちるような感覚 *会話をしていたり、テレビを観ていたりしていて一瞬体が落ちる感覚。 *頭がグラッと落ちる感覚。 *周囲の音が一瞬絞られるような感覚。 *症状が一瞬(0. 3秒くらい) *意識はある。 *症状の最中も会話はできている *音も聞こえる *吐き気・頭痛はまったく無し。 *倒れない。 *3ヶ月に一度くらい(20回程度) *脈は正常 *どうき・息切れの経験無し。 (どうき・息切れの症状がイマイチわからない) 【プロフィール】 *男 *30代後半 *身体や性格はかなり丈夫なので貧血や腰をぬかすといった経験はまったく無し。 *意識を失う経験は無し。 *人生いままでずっと血圧正常。 *大きな病気無し。 *服用している薬無し。 *酒やらない *タバコ1日、1箱未満。 *過去に薬物使用経験10年程度あり(症状が出る前にとうにやめている) ちょっと、ここ数日何度か連続して起き、最近は起きた後に数秒「よいん」が残るので質問してみました。 過去に薬物経験とありますが、ちょっとこれは説明が難しいのですが自分は薬物との「直接的な関係」はないと思っています。 たとえば「過去に薬物をしていたなら脳が正常ではない」のではないかとかですが、正常か異常かだと「異常」だと思います。 脳に関する異常だととくに目立って自覚はないのですが、経験のない人と比べると少なからず「記憶障害」くらいは後遺症としてあるのではないのかと思います。 もし目立って後遺症がでるならば、臓器にでていると思います。 もしあるとしたなら、「薬物と脳」の関係ではなく、血管注入していたので「血液と脳」に関する問題や、心臓には関係しているとは思います。 宜しくお願いいたします。 投稿日時 - 2012-09-28 01:16:36 一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。 人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。 健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。 心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。 心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。 心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓 血液凝固 を生じます。 血栓が脳の微細血管内で詰まると,脳血栓症 脳卒中の一症状 を起こします。 極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって,ごく短時間に外れて回復するという事例は,四十代前後の成人でも時折見掛けられるようです。 加齢と共に血管老化により危険度は増します。 血栓が大きくなると,極めて危険です。 血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては,命取りになる事も後遺症を残すこともありますが,ほんの一瞬で血管が開通すれば,貴方のような状態にもなり得ます。 大事に至らないためには,心房細動を防ぐこと,血流を良くするために血液の凝固防止剤 いわゆる『血液サラサラ薬』 の服用など,医師の診断による処方投薬等が必用です。 血栓は心臓弁膜の不正常でも起こります。 循環器内科,ハートクリニック等で受診されることをお勧めします。 投稿日時 - 2012-09-28 08:58:51 脳血栓症と出て僕もビビッときました。 なんとなく、そうではないかと思っていたので。。。 過去の例の話を書きましたが、例のものをしていると身体中の水分が出きってなくなり、 顔も身体も一日でこけてしまいます。 いわゆる極度の脱水症状になります。 注射の最中は、針を入れてからいったん血液を吸い込むんですが、入ってきた血液はいつもゼリー状だったのを思い出しました。 いま考えるとそのゼリー状の血液が心臓に入っていたんですね。 おそらく、心臓と脳にはとてもやばい事をしていたのかと思います。 とりあえず血栓の予防を考え、時をみて医者に行こうかと思います。 有難うございました。 投稿日時 - 2012-09-29 02:26:47.

次の

めまい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

めまい 一瞬 グラッとする

そもそもめまいはなぜ起こる? 運動や姿勢のバランスを保つ平衡感覚に何らかの乱れが生じたときに起こるのがめまいである。 目が回る、ふらつく、頭がくらっとするなど症状はさまざまであるが、厚生労働省の国民生活基礎調査によると、めまいに悩む人の数は240万人を上回る。 疲労や体調不良による一過性の症状と考えがちであるが、思いがけない疾患が原因となっているケースも少なくないので注意が必要だ。 平衡感覚は、三半規管が捉えた運動や加速度、重力などの情報が前庭神経を通って脳幹へ伝えられ、さらに視床や大脳皮質にフィードバックされることによって維持されている。 これらの器官のどこかで情報伝達に異常が生じた際に知覚されるのがめまいである。 そのため、めまいの原因となるのは耳または脳の疾患である場合が多い。 症状と原因疾患 目が回るように感じる回転性めまいの多くは、耳の疾患が原因で起こる。 もっとも多いのは耳石という平衡感覚を司る組織の異常から起こる良性発作性頭位めまい症(BPPV)で、めまい症患者の20~40%を占める。 中耳炎や突発性難聴でも同じような回転性めまいが起こる。 回転性が激しく悪心や嘔吐をともなう場合には、半規管につながる神経の炎症によって引き起こる前庭神経炎や、内耳が内リンパ水腫を起こすメニエール病の疑いもある。 また、ふわふわした感覚やふらつくように感じる浮動性めまいは、脳の疾患が原因となっている場合が多く、頭痛や顔面、手足のしびれを伴うのが特徴である。 脳梗塞、脳出血、腫瘍などが原因となっている場合もある。 ほかにも、急に頭がくらっとするめまいは血圧の急激な変化によって脳の血流が不安定になって起こる。 低血圧、高血圧、貧血、高血糖などの全身性の疾患や不整脈が原因となっていることもある。 耳鼻科? 内科? 検査はどこで受けるべき? まずは耳鼻科での検査が一般的だ。 耳の異常を診断するために、視診や触診、聴力検査、三半規管の機能を調べる眼振検査などが行われる。 さらに浮遊性のめまいを感じている場合は、脳の状態を診断するために、CT、MRI等の断層撮影が必要となる。 また、血圧の変動が原因と考えられる場合には、血液検査や心電図などの内科検査でその要因となっている疾患を明確にする。 めまいの原因は多岐にわたり、また複数の疾患が関与していることも考えられるので、耳鼻科に加えて、全身の機能を調べる人間ドックを受診して総合的に判断するのが治療への道を拓く早道である。

次の