のぞみ グリーン 車 座席。 凡人の私が新幹線グリーン車に乗って感じたメリットと普通車との違い

グリーン車の設備、シートとサービス|JR新幹線ネット

のぞみ グリーン 車 座席

駅名 東京 品川 新横浜 名古屋 京都 新大阪 新神戸 姫路 岡山 福山 広島 徳山 新山口 小倉 品川 170 860 2460 1280 新横浜 500 860 2460 1280 410 860 2460 1280 名古屋 6260 4100 4830 4110 6260 4100 4830 4110 5620 4100 4830 4110 京都 8210 4870 5700 5300 8210 4870 5700 5300 7880 4540 5370 5300 2590 2480 3210 2750 新大阪 8750 4870 5700 5300 8750 4870 5700 5300 8420 4870 5700 5300 3350 2480 3210 2750 560 860 2460 1280 新神戸 9290 4870 5810 5300 9290 4870 5810 5300 8960 4870 5810 5300 4000 3340 4180 4110 1080 1730 2570 1280 640 860 2460 1280 姫路 9830 5290 6330 6480 9830 5290 6330 6480 9610 5290 6330 6480 4750 3340 4280 4110 2270 2480 3320 2750 1490 1730 2460 1280 970 1730 2460 1280 岡山 10480 5820 6860 6480 10480 5820 6860 6480 10150 5820 6860 6480 6260 4090 5030 4110 3670 3340 4180 4110 3020 2480 3210 2750 2590 2480 3210 2750 1490 1730 2460 1280 福山 10800 5820 6860 6480 10800 5820 6860 6480 10800 5820 6860 6480 7020 4540 5480 5300 4750 3340 4180 4110 4000 3340 4070 4110 3670 3340 4070 4110 2590 2480 3210 2750 970 1730 2460 1280 広島 11660 6380 7420 7650 11660 6380 7420 7650 11340 6380 7420 7650 8420 4870 5810 5300 6480 4090 4930 4110 5620 4090 4820 4110 5400 4090 4820 4110 4430 3340 4070 4110 3020 2480 3210 2750 1940 2480 3210 2750 徳山 12310 6910 8050 7650 12310 6910 8050 7650 11990 6910 8050 7650 9610 5290 6330 6480 7560 4540 5480 5300 7020 4540 5370 5300 6480 4090 4820 4110 5940 4090 4820 4110 4430 3340 4070 4110 3350 2480 3210 2750 1660 1730 2460 1280 新山口 12640 7460 8600 7650 12640 7460 8600 7650 12640 6910 8050 7650 9830 5290 6330 6480 8210 4870 5810 5300 7560 4540 5370 5300 7340 4540 5370 5300 6480 4090 4820 4110 5080 3340 4070 4110 4430 3340 4070 4110 2270 2480 3210 2750 760 860 2460 1280 小倉 13180 7990 9130 7650 13180 7990 9130 7650 13180 7460 8600 7650 10480 5820 6860 6480 9290 4870 5810 5300 8750 4870 5700 5300 8720 4870 5700 5300 7560 4540 5370 5300 6260 4090 4820 4110 5620 4090 4820 4110 3670 3340 4070 4110 2270 2480 3210 2750 1490 1730 2460 1280 博多 13820 7990 9130 7650 13820 7990 9130 7650 13500 7990 9130 7650 11120 6380 7420 7650 9830 5290 6230 6480 9610 4870 5700 6480 9290 4870 5700 5300 8420 4870 5700 5300 7340 4540 5370 5300 6480 4090 4820 4110 5080 3340 4070 4110 3350 2480 3210 2750 2590 2480 3210 2750 11410 970 2460 1280• 表にまとめた運賃・特急料金はおとなの場合です。 子どもの場合は半額 5円のは数は切り捨て。 ただし半額にならない場合もあります。 特急料金は通常期に普通車の指定席をご利用の場合のもので、閑散期は200円引き、繁忙期は200円増しです。 JR九州内の在来線をご利用の場合、閑散期・繁忙期はありません。 グリーン車、グランクラス、寝台車をご利用になる場合の特急料金は、通常期の料金から520円引きした額(繁忙期も閑散期も同額)に、グリーン料金、グランクラス料金、寝台料金(お とな・こども同額)を加えたものです。 全区間自由席をご利用になる場合の自由席特急料金は、通常期の料金から520円引き 繁忙期も閑散期も同じ。 下記の表は運賃と指定席特急券、自由席特急券をそれぞれ足した料金を比較したものです。 上が指定席料金、中段が自由席料金、下がグリーン車の料金です。 駅名 東京 品川 新横浜 名古屋 京都 新大阪 新神戸 姫路 岡山 福山 広島 徳山 新山口 小倉 品川 2630 1030 3390 新横浜 2960 1360 3720 2870 1270 3630 名古屋 11090 10360 14680 11090 10360 14680 10450 9720 14040 京都 13910 13080 18690 13910 13080 18690 13250 12420 18030 5800 5070 8030 新大阪 14450 13620 19230 14450 13620 19230 14120 13290 18900 6560 5830 8790 3020 1420 3780 新神戸 15100 14160 19880 15100 14160 19880 14770 13830 19550 8180 7340 11770 3650 2810 4410 3100 1500 3860 姫路 16160 15120 22120 16160 15120 22120 15940 14900 21900 9030 8090 12620 5590 4750 7820 3950 3220 4710 3430 2700 4190 岡山 17340 16300 23300 17340 16300 23300 17010 15970 22970 11290 10350 14880 7850 7010 11440 6230 5500 8460 5800 5070 8030 3950 3220 4710 福山 17660 16620 23620 17660 16620 23620 17660 16620 23620 12500 11560 17280 8930 8090 12520 8070 7340 11660 7740 7010 11330 5800 5070 8030 3430 2700 4190 広島 19080 18040 26210 19080 18040 26210 18760 17720 25890 14230 13290 19010 11410 10570 15000 10440 9710 14030 10220 9490 13810 8500 7770 12090 6230 5500 8460 5150 4420 7380 徳山 20360 19220 27490 20360 19220 27490 20040 18900 27170 15940 14900 21900 13040 12100 17820 12390 11560 17170 11300 10570 14890 10760 10030 14350 8500 7770 12090 6560 5830 8790 4120 3390 4880 新山口 21240 20100 28370 21240 20100 28370 20690 19550 27820 16160 15120 22120 14020 13080 18800 12930 12100 17710 12710 11880 17490 11300 10570 14890 9150 8420 12740 8500 7770 12090 5480 4750 7710 3220 1620 3980 小倉 22310 21170 29440 22310 21170 29440 21780 20640 28910 17340 16300 23300 15100 14160 19880 14450 13620 19230 14420 13590 19200 12930 12100 17710 11080 10350 14670 10440 9710 14030 7740 7010 11330 5480 4750 7710 3950 3220 4710 博多 22950 21810 30080 22950 21810 30080 22630 21490 29760 18540 17500 25670 16060 15120 22020 15310 14480 21270 14990 14160 19770 14120 13290 18900 12710 11880 17490 11300 10570 14890 9150 8420 12740 6560 5830 8790 5800 5070 8030 13870 12380 14630 のぞみを西明石から(まで)利用の場合の、運賃は下記の表のとおりです。 駅名 東京 品川 新横浜 名古屋 京都 新大阪 新神戸 岡山 西明石 9,610 6,330 5,290 9,610 6,330 5,290 9,290 5,910 4,870 4,430 4,280 3,340 1,580 2,570 1,730 920 2,460 1,730 390 2,460 860 2,270 3,210 2,480 グリーン車の料金は、通常期の指定席特急料金から520円引きした額(繁忙期も閑散期も同額です)に、グリーン料金(おとな・こども同額です)を加えたものです。 新大阪~博多間を「みずほ」、「さくら」に乗車する場合のグリーン料金は、「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」と同額です。 営業キロ 100キロまで 200キロまで 400キロまで 600キロまで 800キロまで 801キロ以上 グリーン料金 1,280円 2,750円 4,110円 5,300円 6,480円 7,650円.

次の

普通車指定席の設備、シートとサービス|JR新幹線ネット

のぞみ グリーン 車 座席

広告 新幹線のグリーン車の座席は? 新幹線のグリーン車は横4列(2列+2列)です。 新幹線の多くの普通車は横5列(2列+3列)ですから、1列分少なくなっています。 そのぶん座席の横幅は広くなっています。 シートの前後間隔もゆったりしています。 標準的なグリーン車のシートピッチは1,160mmで、普通車の1,040mmより12センチほど広いです。 リクライニング角度も深くなっており、シートを大きく倒すことができます。 新幹線のグリーン車のリクライニング角度は車両により異なりますが、たとえばE2系が26度、E5系が31度です。 全体的におおよそ25度〜31度程度のようです。 リクライニング角度に関しては普通車も結構深く倒れますので、「グリーン車といっても思ったほとではないかな」と感じるかもしれません。 飛行機の「プレミアムエコノミー」レベル グリーン車のシートの質も車種によって多少異なりますが、N700系のシートは「シンクロナイズド・コンフォートシート」というリクライニングすると座面後部が沈む構造が採用されています。 これは日本航空のクラスJに近い構造といえます。 他の車両のグリーン車も、飛行機でのプレミアムエコノミーレベルで、ビジネスクラスほどの快適性はありません。 足元にはフットレスト(足置き)が置かれています。 室内照明は普通車に比べてやや暗めで、寝るにはちょうどいい雰囲気です。 本を読む人のためには、手元を照らす読書灯があります。 座席テーブルも普通車よりは広く使いやすくなっています。 新幹線のグリーン車のコンセントは? 新幹線のグリーン車では、最近の車両では全席にコンセントが装備されています。 おおむね、2010年頃以降に増備された車両はコンセント付きです。 一方、やや古い車両では付いていないものもあります。 たとえばJR東日本のE2系では、初期車両ではグリーン車でもコンセントはありませんが、2010年頃に増備された車両(J70-75編成)にはグリーン車に全席コンセントがあります。 新幹線のグリーン車で全席コンセントが装備されている車両• E2系1000番台 J70〜J75編成• E3系2000番台• E6系• 新幹線のグリーン車は利用価値がある? 新幹線のグリーン車の価値は、座席が良い、ということに尽きます。 「横4列」ですからシート幅が広く、肘掛け部分が大きいので、隣の人と接触することがない、という点でもストレスがありません。 一方で、新幹線は普通車でもリクライニングがそこそこ倒れますし、足も十分伸ばせますので、「普通車でも十分」という意見も多いです。 普通席が満席で、3列シートの中央に座らされると窮屈ですが、普通車の2人掛けに座れるなら、グリーン車と比べて快適性が大きく変わることはないかもしれません。 ただ、実際に利用してみると、静寂さや室内照明の雰囲気も含めて、やはりグリーン車は普通車より快適に感じます。 普通車との差額は2〜3時間で3,000円〜5,000円程度ですから、コストパフォーマンスは悪くはないでしょう。 とくに、普通車が混んでいるときは、グリーン車の快適性は高く、利用価値は高いといえるでしょう。 逆に、普通車がガラガラのときは、グリーン車よりも自由席のほうが開放感があってくつろげると考える人もいるかもしれません。

次の

新幹線グリーン車と普通車との違い 座席設備や待遇の差を写真付きで解説

のぞみ グリーン 車 座席

もちろん時期や時間帯にもよるんでしょうけど、 確実に座れると思います。 ただしこの時点ではまだわたしは「ケッ…やはりグリーン車は所詮金持ちの道楽…」と思っていました。 (性格悪い) 実際わたしが乗った新幹線は、 チケット購入時ですでに普通車指定席の窓際&通路側の席が満席でしたが、グリーン車はガラ空き(3割埋まってるくらい)でした。 それを考えるとグリーン車で窓際の席に座って快適に仕事ができたので、よかったかな…と。 (ここでようやく素直になり始めたw) なるべく移動時に外部環境によってストレスを感じたくない!という人はグリーン車でもいいかも。 ファミリー層や若い層はほとんどグリーン車に乗らない&乗ってるのはビジネスマンやお金持ちそうなじいちゃんばあちゃんがほとんどだったのでみんな仕事してるか、のんびり景色を眺めているか …って人ばかりでした。 だからほんと静かで過ごしやすい。 おかげさまでがっつり仕事に集中できました。 生産性上がりますね~~。 もしかしたら団体客とかが乗ってきたら騒がしくなるかもしれないのでそこはもう運に任せるしかないですがw 2番目のボタンが何かがよくわかりませんでした。 (たぶん空調調節?) 新幹線のグリーン車のメリットまとめ。 というわけで「普通車よりもここがよかったな~~」って思ったのは以下 3つ。 普通車が混雑しているときでもグリーン車は確実に座れそう• 車内が静かなので仕事に集中できる&ゆっくり寝たいときも良さそう• 座席や内装が豪華なのでストレスが全くない。 ひたすらに快適 あとは 気持ち的に優雅な気分を味わえるっていうのもありますねw 機能的なメリットよりも、こういう 内面的なメリットも意外と大きいかもしれません。 ついでにわたしのような凡人が奮発してグリーン車に乗ると、「お金払ったからには有意義に過ごすぞ!」という気持ちになるので集中できるってのもありそうです。 笑 グリーン車に乗るべき人 グリーン車に乗るのをおすすめしたいのはこんな人。 移動時間の質を高めたい人&快適な空間を求める人• 集中して仕事や作業をしたい人(必ずしも静かとは限りませんが …)• 混雑時期で確実に席に座りたい人 車内の雰囲気や移動時の過ごし方にこだわりのある人はオススメです。 「お金に見合う価値はあるか?」と言われたら、もうこれは個人の感覚なので一概には言えないですねw ちなみにわたしは経験してよかったと思います。 基本は普通席でいいかなーって感じですが、 今後も仕事にがっつり集中したいときとかは使おうかな …と思ってます。 逆にデメリット&乗らない方がいい人は? 新幹線に とりあえず乗れればいいって人にはグリーン車の利用価値はあまりないかも。 あと 価格重視の人にはおすすめできないですね。 なんせ数千円高いのでw それと、混雑時には確実に座れそうなグリーン車を利用するってのは良いかもしれませんが、個人的には指定席も自由席もガラガラのときにあえてグリーン車を選ぶ必要性はないかなぁ~と。 凡人なので…… 結局お金に見合った価値を得られるかどうかは本人の気持ち次第なところもあるので、気になる人は一度試してみるのもアリ。

次の