離乳食 豆腐 ハンバーグ。 離乳食×豆腐ハンバーグ|子供も喜ぶ栄養満点レシピ6

離乳食に豆腐ハンバーグはいつから? 冷凍保存はできるの? 目的別レシピ集

離乳食 豆腐 ハンバーグ

離乳食を始めるときに食材別のスタート時期や形状・硬さ、さらに進め方の目安などどう進めていくのか悩むママもいるのではないでしょうか。 厚生労働省や自治体の資料を参考にしながら、ママたちによる、いつから離乳食に取り入れたのか、メニュー例や保存方法などの体験談について紹介します。 今回はハンバーグです。 ハンバーグを離乳食で始める前に 離乳食に肉を取り入れるときは、ささみなどの鶏肉から始め、豚肉や牛肉の順に進めていくとよいようです。 ハンバーグを作るときに、パン粉、牛乳、卵を使うことが多く、取り入れるときは、与えたことのある食材を使って調理するとよさそうです。 いつから食べさせてよい? 離乳食の開始時期の目安としては、 ・授乳の間隔があき、タイミングも一定になってきた ・食物に興味を持つようになってきた ・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる などがあげられるようです。 進め方の目安 離乳食初期(5~6カ月) 食事のタイミングは、体調やご機嫌が良いなど子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始めましょう。 離乳食中期(7~8カ月) 離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくようになるでしょう。 離乳食後期(9~11カ月) 生後9カ月頃から、授乳やミルクがメインではなくなる子が増えてくるかもしれません。 1日3回食に進めていくなど、大人と同じ食生活が始まる時期といえるでしょう。 離乳食完了期(12~18カ月) 1日3回の食事のリズムを大切にすることが、生活リズムを整えるきっかけの一つといえそうです。 com 調理用計量スプーンの大さじは15ml、小さじは5mlです。 1mlを約1gとして考えれば、量の目安にできそうです。 鶏ひき肉と水切りした絹ごし豆腐を混ぜて作りました」(30代ママ) ハンバーグを初めて食べさせたときは、豆腐入りハンバーグから始めたというママが何人かいました。 豆腐を入れるとやわらかく、子どもが食べやすい食感になるようです。 肉ハンバーグ 「1歳を過ぎてから、豚と牛の合い挽き肉を使って作りました。 玉ねぎをすりおろし、パン粉をつなぎにして、塩、こしょうで味付けしました。 上には何もかけませんでした」(30代ママ) 完了期になると、大人と同じようなものを食べられそうです。 薄味を心がけ、何もかけなかったママが何人かいました。 保存方法 「ハンバーグを焼き、冷めてから1枚ずつラップに包んでフリーザーバッグに入れて冷凍しています。 お弁当に入れたり、食事に1品ほしいときなどすぐに使えて便利です」(30代ママ) 食事のタイミングに子どもを待たせることなく出せるよう、すぐに食べられる状態に調理してから冷凍保存しているママもいるようです。 気をつけていた点 使う食材 「離乳食の間、卵は使いませんでした」(50代ママ) 「最初は鶏ひき肉、次に豚肉、牛肉と離乳食の進みに応じて、ハンバーグで使うお肉を選んでいました」(30代ママ) 「1歳半の娘が野菜をあまり食べてくれないので、ハンバーグに細かく刻んだ小松菜を少量とにんじんを混ぜて作ります」(30代ママ) ハンバーグに入れる食材は、離乳食の進みや子どもの好みに応じて配慮しているママが多いようです。 手づかみで食べる練習 「子どもが手づかみで食べやすいように、小さめのハンバーグを何枚か焼いていました」(30代ママ) 子どもが自分から食事できるよう、手づかみで食べることを意識して作ってもよいかもしれません。 ハンバーグを離乳食に取り入れよう.

次の

【みんなが作ってる】 離乳食 豆腐ハンバーグ 冷凍のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

離乳食 豆腐 ハンバーグ

1歳半の幼児食ハンバーグに使う肉の種類 離乳食の初期から後期までは脂肪分が少ない鶏挽肉を好んでよく使いますが、幼児食を食べる1歳半くらいになるとそれ以外の豚挽肉や合挽肉、牛肉も使うことが出来るようになります。 一般的に挽肉はいろいろな部分をひいているのですが牛挽肉より豚挽肉のほうが肉質が軟らかいようです。 脂肪分は鶏挽肉よりも多いですが、ビタミンB1、ビタミンB6が多く含まれています。 栄養を積極的に摂取したい幼児食ですので、今回は軟らかく栄養素も豊かな豚挽肉でレシピを作成します。 噛んで食べることに慣れていけば、合挽肉や牛挽肉でも作ることが可能です。 肉の選び方 挽肉は空気に触れる面積が多いため酸化作用を受けやすく、いたみやすい食材です。 よく売れている店で購入して早めに使い切りましょう。 選ぶ時は肉の色に注意しましょう。 表面が黒っぽく変色しているものや、肉汁がパックに溜まっているものは鮮度が落ちている証拠です。 本来の肉の色より白っぽいものは脂肪分が多く含まれているので、なるべく色の良いものを選びましょう。 お財布に優しいのも嬉しいです。 多めに作って冷凍保存しても良いですね。 また、千キャベツやミニトマト、ブロッコリーなどを付け合せてみるのもよいでしょう。 生の千キャベツに抵抗がある場合は軽くゆでてみると良いでしょう。 豚挽肉とキャベツの相性はとても良いのでおススメです。 今回は離乳食を卒業したばかりの1歳半のお子さんの幼児食ということで豚挽肉と豆腐で紹介しましたが、お子様の好みにあわせていろいろなハンバーグを作ってみてはいかがでしょうか?ハンバーグは野菜を細かく刻んで混ぜ合わせるので野菜が苦手なお子さんにも有効です。 もし、みじん切りでも食べないようでしたら、すりおろしてみてはいかがでしょうか?今回は野菜を混ぜ込みましたが、ひじきを使っても美味しいです。 また、料理に興味のあるお子さんは一緒に作っても良いですね。

次の

玉ねぎと豆腐のハンバーグ|離乳食レシピ(管理栄養士監修)|パルシステムの育児情報サイト~子育て123~

離乳食 豆腐 ハンバーグ

1.簡単に調理ができる 柔らかい豆腐は、手でさっと崩すことができます。 ほかの材料を混ぜてこねることもラクチンですし、下ごしらえも簡単です。 2.赤ちゃんが食べやすい 柔らかい豆腐を使っていますから消化・吸収もよく、赤ちゃんにとっても食べやすいメニューです。 手づかみでも食べられるので、中期以降の赤ちゃんには「自分で食べた!」という満足感を与えることもできます。 3.冷凍保存ができる 豆腐ハンバーグは冷凍保存することができます。 焼く前でも焼いた後でも、どちらでもOKです。 時間のあるときに余分に作っておけば、ママが忙しいときの強い味方になってくれるはず。 赤ちゃんのお腹がすいて「待ったなし!」のときも、焼いた豆腐ハンバーグを冷凍してあれば、レンジでチンしてすぐに食べさせてあげられますよ。 離乳食をお弁当にするときに赤ちゃんを食中毒から守るため気を付けたい8か条、1品で大満足しかも冷めてもおいしいお弁当におすすめの離乳食レシピを離乳初期・中期・後期・完了期ごとにご紹介! 4.バリエーションがつけやすく栄養豊富 メインの豆腐に混ぜられる具材は、ひき肉、タマネギやニンジン、コマツナなどの野菜、ひじきやワカメなどの海藻など、バラエティー豊か。 淡白な味の豆腐だから、多くの食材との組み合わせができますし、組み合わせることで栄養価もアップします。 味つけも、塩、しょうゆ、味噌、ケチャップなど、さまざまに変えられるので、飽きません。 あんかけ風にするなど、工夫次第でバリエーションが広がります。 豆腐ってこんな食材 いいこといっぱいの豆腐ハンバーグ、消化・吸収がよいというのは、胃腸の機能が未熟な赤ちゃんにとっては嬉しいポイントです。 もちろん消化・吸収のよさは、食材が豆腐ならでは。 せっかくですから、ちょっと豆腐の魅力に迫ってみましょう。 消化・吸収がよい 豆腐は、豆乳を固めたものです。 豆乳は、ダイズを柔らかくふやかしてミキサーにかけ、どろどろにしたものですから、消化・吸収がよいというのも納得です。 病気の人や高齢者も安心して食べられる、全世代向けの食材なのです。 高タンパク質・低脂肪 豆腐の原材料であるダイズは「畑の肉」と言われるくらい質のいいタンパク質を豊富に含んでいます。 タンパク質は血液や筋肉などを作る上で欠かすことができない大切な栄養素です。 しかも低脂肪なので、その点では肉よりもヘルシーといえます。 冷凍保存ができる 豆腐は冷凍保存ができます。 安くてまとめ買いしたとき、余ってしまったときには、冷凍保存をしてみてはどうでしょうか。 適当な大きさに豆腐を切り、ラップでくるんで冷凍します。 冷凍すると黄色くなりますが、これはダイズの色なので心配はありません。 自然解凍して使うことができますが、冷凍すると食感が変わります。 高野豆腐のような少しボソボソした感じになりますので、煮物などに使うことをおすすめします。 冷凍保存しない場合は、ふたつきの容器の中に豆腐がたっぷりひたる冷水を入れ、ふたをして冷蔵庫へ。 冷水を使うと水道水を使うよりも、日持ちがよくなるそうです。 また、たっぷりの水にひたすことで味が落ちるのを防ぐことができます。 ただし、基本的には、できるだけ早く食べきるようにしましょう。 絹豆腐と木綿豆腐がある 絹豆腐は、豆乳ににがりを加えてそのまま固めたものです。 大きく作って切り分けたものが水をはったパックに入れて売られていますが、水の入っていないパックで売られているものもあります。 こちらは「充てん豆腐」と呼ばれ、豆乳を直接パックに入れて、固めたものです。 小さめのサイズもあり、水入りパックより日持ちするというメリットがあります。 木綿豆腐は、一度固めた豆腐を崩した後、木綿の布を敷いた型に入れて、押し固めて作ります。 タンパク質とカルシウムは、絹豆腐よりも木綿豆腐のほうがやや多いのですが、ほかの栄養に関しては、ほぼ同じとなっています。 食感は、絹豆腐のほうが水分が多く、つるんとしていてなめらかです。 ですから、離乳食初期には絹豆腐のほうがおすすめですが、木綿豆腐は味がしみこみやすいという長所があります。 後期以降には、木綿豆腐も使ってみてはどうでしょうか。 "離乳食の豆腐は、ママにとってありがたい食材のひとつです。 それはどんな点でしょうか。 豆腐の選び方や利用するときに知っておきたいこと、離乳食各期に合わせたお手軽レシピを紹介します。 " 値段が安くどこでも買える 豆腐は、スーパー、コンビニなど、ほぼどこでも買うことができます。 しかも、家計に嬉しいお値段。 それなのに栄養豊富で赤ちゃんも食べやすい食材なのですから、どんどん利用したいところです。 豆腐ハンバーグを作る前に ところで、豆腐ハンバーグは、いつから離乳食として食べさせることができるのでしょうか。 豆腐ハンバーグを作る前に知っておきたいことをまとめておきましょう。 豆腐ハンバーグが食べられるのは、いつから? 離乳食中期以降が安心です。 離乳食初期は、食材の味やゴックンと飲み込むことに慣れる時期。 初期でも豆腐を使うことはできますから、すりつぶした豆腐を食べるなどして、豆腐の味に慣れておくとよいでしょう。 必ず豆腐を加熱してから使う 安全・安心のためにも、豆腐は加熱してから使うようにしましょう。 沸騰したお湯で1~2分加熱してもよいですし、電子レンジで1分程度加熱するのでもかまいません。 水切りする場合は、豆腐をペーパータオルでくるみ、1分~1分半、電子レンジでチンすると簡単です。 ぜひ作りたい!おいしい豆腐ハンバーグおすすめレシピ 離乳食各期に分け、おすすめの豆腐ハンバーグレシピを紹介します。 作りやすい分量のレシピになっていますので、必要に応じて調整してください。 多めに作って冷凍してもよいですし、パパとママのお惣菜にもなりますよ。 離乳食中期(7~8ヶ月) 中期になると、玉ねぎなどのハンバーグの定番野菜はもちろん、小松菜やにんじん、ほうれん草など野菜を食べさせた経験も増えているはず。 中にはあまり赤ちゃんが好まなかった野菜もあるかもしれませんが、ハンバーグなら再チャレンジも簡単で、栄養面もカバーできます。 【シンプル豆腐ハンバーグ】• 豆腐200gを水切りをする。 ボウルに豆腐、鶏胸ひき肉200g、タマネギ、塩少々、片栗粉大さじ1~2を入れてよくこねる。 3を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:2の加熱時間、3の片栗粉の量は、様子を見ながら調節してください。 3でよくこねると、ふわふわとしたハンバーグになります。 パパとママの分は、ケチャップやソースをかけてどうぞ。 【野菜とひじきの豆腐ハンバーグ】• もどしたひじきを細かく刻み、小さじ1の分量を用意する。 みじん切りしたシイタケ、ゆでて刻んだコマツナ、すりおろしたニンジンも、それぞれ小さじ1の分量を用意する。 豆腐200gを水切りする。 ボウルに1と2と3、片栗粉大さじ1~2、味噌小さじ1を入れてよくこねる。 4を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:野菜やヒジキの切り方は、赤ちゃんの成長や好みに合わせてあげてください。 味噌の代わりにしょうゆで味つけすることもできます。 離乳食後期(9ヶ月~11ヶ月) 後期のカミカミ期にはやや歯ごたえのある食感のハンバーグも大丈夫。 塩・胡椒・味噌・マヨネーズなどで味付けをして、赤ちゃんに美味しく食べてもらってください。 【もちもちポテトウフハンバーグ】• 豆腐200gを水切りをする。 ジャガイモ中1個(100g程度)を皮ごと水洗いし、ラップで包みんで電子レンジでチンする。 (竹串がスーッと通るまで)。 ニンジン中1本(100g程度)を粗みじん切りにして、電子レンジでチンして柔らかくする。 ゆでたホウレンソウをみじん切りにして大さじ2の分量を用意する。 1から4までの材料と片栗粉大さじ1~2をボウルに入れ、ジャガイモと豆腐をスプーンなどでつぶす。 その後、手でよくこねて混ぜ合わせる。 5を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:ゆでたホウレンソウの代わりに、コマツナやグリンピースで緑色を添えてもよいでしょう。 食べるときに、ケチャップやマヨネーズを薄くぬってもOKです。 【ダブル豆腐ハンバーグ】• 豆腐200gを水切りする。 ボウルに豆腐、タマネギ、鶏胸ひき肉150g、片栗粉大さじ1~2を加え、豆腐を崩しながらよくまぜる。 高野豆腐をすりおろしながら3に混ぜる。 (好みの固さになるまで)• 4を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:豆腐と高野豆腐を使ったダブル豆腐のハンバーグです。 高野豆腐がつなぎの役わりをしてくれます。 作るときに、塩や味噌少々で味をつけてもOKです。 離乳食完了期(12ヶ月~18ヶ月) 1歳を過ぎた完了期になると、ヘルシーな豆腐ハンバーグは大人の一品としてもそのまま食べられます。 取り分けをするときは、出来上がったハンバーグに後から味をつけるようにしてください。 赤ちゃんが好きなあんかけをかけてあげるのもオススメです。 【豚ひき肉の豆腐ハンバーグ】• ボウルに1と豆腐200g、豚ひき肉200g、塩少々を入れ、よく混ぜてこねる。 2を食べやすい形にまとめる。 油は入れずにフライパンを熱し、両面を中弱火で焼く。 焼き色がついたら水少々を入れてふたをし、蒸し焼きにする。 竹串をさして透明な汁が出てくるようであれば出来上がり! ポイント:豚ひき肉は完了期になれば安心して使えます。 ぜひ新しい豆腐ハンバーグの味を楽しませてあげてください。 なお、焼くときはひき肉から脂が出ますので、フライパンに油は不要です。 【あんかけ豆腐ハンバーグ】• ここまで紹介してきた中からお好きな豆腐ハンバーグを一品作る。 シイタケ1枚をゆでて、みじん切りにする。 片栗粉がかたまらないようにかき混ぜながら、とろみをつける。 とろみのついたあんをハンバーグの上からかければ出来上がり! ポイント:フォークを使って食べられるようになったら、あんかけハンバーグで目先を変えてあげましょう。 アレルギーには気をつけて 栄養豊富で消化・吸収もよく、赤ちゃんにも食べさせやすい豆腐ですが、ダイズアレルギーを起こす可能性がないとは言い切れません。 離乳食初期のころは特に気をつけて離乳食を進めていきましょう。 パパ・ママの分も一緒に作れる豆腐ハンバーグ、入れる野菜や食材をくふうしながら、バリエーションを増やしていってくださいね!.

次の