国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届。 障害年金で国民年金免除されてる時の納付書について

障害年金を受給したら国民年金は法定免除の申請ができる

国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届

「国民年金保険料免除理由消滅通知書」 先日、日本年金機構から 「国民年金保険料免除理由消滅通知書」 という一枚のハガキが届きました 自分の住まいを管轄する年金事務所からのハガキの ようですが、 内容は 「平成28年3月8日付の国民年金保険料免除理由消滅届を審査した結果、国民年金保険料の免除理由理由に該当していませんでしたのでお知らせします。 これにより、国民年金保険料は、平成18年4月分か納付することとなります。 」 と言ったものでした。 このハガキに書かれているような「免除理由消滅届」など出したこともありませんし、免除申請すらしたことがありません。 年金保険料も、遡って支払えるのは過去2年分と聞いています。 このハガキは何なのでしょうか? 電話をすれば早いのでしょうが、何度か電話をしても話し中で繋がらず、何だか不思議なので他にもこのハガキが来た方がいないかなと思い質問させて頂きました。 補足私の現在の状況などは、この質問に一切関係ありません 私が知りたいのは、このハガキが来た理由、他にも同じハガキが来た方がいらっしゃらないか?です 年金の相談をしたいわけではありません 私は年金保険料の免除申請をしたことがなければ、消滅届なるものを出した事もないのです 「法定免除」を受ける場合は、条件に該当したときから14日以内に、年金手帳を添えて「国民年金保険料免除理由該当・消滅届」を住所地の市区町村に提出することになります。 免除を受けた期間の取扱いは、年金を受けるための受給資格期間になります。 また、老齢基礎年金の金額は、全額免除された期間については全額納付した場合の3分の1、一部免除された期間については全額納付した場合の4分の1免除は6分の5、2分の1免除は3分の2、4分の3免除は2分の1で計算されます。 保険料の全額又は一部が免除された期間については、10年間の範囲内で保険料をさかのぼって納めることができる追納制度があります。 ただし、一定期間を過ぎて追納する場合の保険料は、経過期間に応じて一定の率を乗じた額となります。 どちらにしても年金事務所に問い合わせをして下さい。

次の

障害年金1・2級の方は国民年金保険料を法定免除にできます!

国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届

国民年金保険料免除の条件 国民年金には以下の保険料免除制度があります。 ・(障害・生活扶助などが理由) ・(経済的理由や災害被害を受けた場合) ・ ・(20歳以上50歳未満の学生以外の者) ・ ・ 収入が一定額以下でなければならなかったり、学生である必要があったりと、それぞれ条件が異なりますので、ご自身に該当する免除制度を探してください。 なお、 学生の場合は、法廷免除に該当する場合以外は、学生納付特例となります。 注意してください。 法定免除の条件と影響 障害年金を受けている方や生活扶助を受けている方は、保険料が免除されます。 詳しい条件は、をご覧ください。 他にも災害被害者や障害者、寡婦も利用できます。 詳しくはをご覧ください。 学費や生活費の負担が大変で、国民年金保険料を払えない場合は必ず手続きしましょう。 ただし、には算入されますが、 老齢基礎年金額には反映されないので注意が必要です。 詳しい条件は、をご覧ください。 詳しくは、をご覧ください。 本人の収入は考慮せず、退職した年と翌年度のみ利用できる免除制度です。

次の

国民年金の免除には色々あります。手続きのやり方とどこで行うのかを解説します

国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届

「国民年金保険料免除理由消滅通知書」 先日、日本年金機構から 「国民年金保険料免除理由消滅通知書」 という一枚のハガキが届きました 自分の住まいを管轄する年金事務所からのハガキの ようですが、 内容は 「平成28年3月8日付の国民年金保険料免除理由消滅届を審査した結果、国民年金保険料の免除理由理由に該当していませんでしたのでお知らせします。 これにより、国民年金保険料は、平成18年4月分か納付することとなります。 」 と言ったものでした。 このハガキに書かれているような「免除理由消滅届」など出したこともありませんし、免除申請すらしたことがありません。 年金保険料も、遡って支払えるのは過去2年分と聞いています。 このハガキは何なのでしょうか? 電話をすれば早いのでしょうが、何度か電話をしても話し中で繋がらず、何だか不思議なので他にもこのハガキが来た方がいないかなと思い質問させて頂きました。 補足私の現在の状況などは、この質問に一切関係ありません 私が知りたいのは、このハガキが来た理由、他にも同じハガキが来た方がいらっしゃらないか?です 年金の相談をしたいわけではありません 私は年金保険料の免除申請をしたことがなければ、消滅届なるものを出した事もないのです 「法定免除」を受ける場合は、条件に該当したときから14日以内に、年金手帳を添えて「国民年金保険料免除理由該当・消滅届」を住所地の市区町村に提出することになります。 免除を受けた期間の取扱いは、年金を受けるための受給資格期間になります。 また、老齢基礎年金の金額は、全額免除された期間については全額納付した場合の3分の1、一部免除された期間については全額納付した場合の4分の1免除は6分の5、2分の1免除は3分の2、4分の3免除は2分の1で計算されます。 保険料の全額又は一部が免除された期間については、10年間の範囲内で保険料をさかのぼって納めることができる追納制度があります。 ただし、一定期間を過ぎて追納する場合の保険料は、経過期間に応じて一定の率を乗じた額となります。 どちらにしても年金事務所に問い合わせをして下さい。

次の